<   2017年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
法被のその後
d0064859_11292845.jpg

ご心配頂いている法被ですが手術は土曜日の午後無事に済みました

面会は退院時まで許可がもらえませんでしたが
今の法被に必要なのは自己満足の面会より回復が一番
術前、獣医から納得できる説明を夫と共に聞かされていたので
ただただ退院出来る日を待っているところです

その代り電話は毎日でもOKだと言われてきましたので
昨日も今日も獣医と話をして法被の様子を聞き安堵しているところです

術中 脊髄や神経に対する圧迫を取り除く為に電気メスを使うのですが
その小さな振動が神経を痛めてしまう事があり
術後、後ろ足に麻痺症状が現れるようですが
今の所法被にはその様子は見られないとの事です

法被は馬尾症候群の可能性があると言われこの手術を受けたのですが
尾骨・骨盤・下腹・陰部・坐骨神経などの末梢神経と複雑に連結しているらしいので
勃起も陰部の末梢神経の障害が現れているのではないか…

また法被の場合は肛門反応も鈍いらしく
このまま進行して排便のコントロールも出来なくなる障害の現れも心配でした
勃起抑制の効果が現れるのは最低でも2ヶ月くらいかかると聞いています
ですので術後も日に何度か勃起はあるようです

ギブスをした状態でちょこちょこ歩いているようです
食事もちゃんと出来ている様子ですし
このまま事前に聞かされている諸々の後遺症が現れず
2月11日 夫と2人で迎えに行くのを楽しみにしています
[PR]
by r-petal | 2017-01-30 11:30 | ワンズ | Comments(2)
法被の事
喪中でしたので新年のご挨拶は控えさせていただきましたが
大変大変ご無沙汰しておりまして 管理人失格ですね(^_^ゞ
三ワンズ共々今年もよろしくお願いします
d0064859_215913.jpg



年が変わってから父の愛犬だった法被の勃起の事で
都心の循環器専門の獣医に問い合わせメールをしたところ
脊髄病変が濃厚のためMRIの検査が必要との回答をもらったので
(ヘルニアになった部位に陰茎の支配神経が入っている場合
法被のように1日に頻度の勃起を持続する可能性あるらしい)
先ずは主治医からMRIの予約を入れてもらい
自宅から54キロ離れた動物病院(松本市)で一泊検査を受けた所
脊髄の馬尾(ばび)と呼ばれる箇所にヘルニアが見つかりました
d0064859_20503314.jpg

d0064859_20505677.png

法被は父が生前中も度々勃起を繰り返していましたが
その時は私たちが訪問して嬉しくて興奮した時でした
d0064859_20512942.jpg

勃起後、自力でペニスを包皮の中に納めることが出来ず
獣医の提案で包皮を伸ばしてペニスが入りやすくするなど
術法は違いますが二度の手術を受けたのですが
いずれも手術は失敗に終わっています
我が家に連れてきてからは私が手伝って元に戻しているのですが
時に2センチくらい露出している状態で敏感な部分からの感染が心配でした
d0064859_20525379.jpg


d0064859_8191393.jpg


最近は 排尿した後、寝て起きた時など
突然勃起してしまったり 回数も以前より多くなってきました
可哀想な事に勃起したことで血流も激しくなるため
出血量も以前より多くなってきました 敷いて置いた段ボールに血痕もあるので出先から戻った時に法被が勃起したか否かわかります
d0064859_08024510.jpg


MRIの結果からではヘルニアがあることが分かっても
脊髄の神経がどれほどのダメージを受けているのか予想が出来ないので
最悪手術をしても効果がないかもしれないと言われました

それでも少しでも治まる可能性があるのなら何とか
何とか治してやりたい!
その願いを込めてヘルニアの手術を受けることに決めました

手術日は今月28日 土曜日です

経過が良ければ法被は二週間後に退院が出来るので
2月19日 父の一周忌の法要には間に合います

YUKI家一族みんなであなたを応援しているからね!
 一緒にがんばろう!
[PR]
by r-petal | 2017-01-26 20:55 | ワンズ | Comments(2)