<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
花吹雪
時を四日ほど戻し、義父訪問の後夫と馬見塚公園を訪れた 
d0064859_16173279.jpg

d0064859_1755371.jpg

池を一周する間に桜とミツバツツジを観賞できる
d0064859_16453520.jpg

d0064859_1795142.jpg



桜花もミツバツツジの花も役目を果たし今は葉と交代
d0064859_16184064.jpg

d0064859_16151017.jpg



池に浮かぶ花びらも
d0064859_16204445.jpg



風で地面に身を寄せ合う花びらも全てが今年は余計に愛おしく思えた
d0064859_1621189.jpg



見上げれば花吹雪
d0064859_16214634.jpg



車を更に走らせ林道の山頂から中央アルプスを撮影
手前の人口スキー場(Vの字)の雪は全く消えているのに対して中央アルプス山頂は冠雪
d0064859_1623815.jpg

d0064859_16244163.jpg

まだまだスキーやスノーボードが楽しめそう…って私はしないけれど(=v=)

さて、花吹雪をイメージした石けん
d0064859_16274516.jpg

ただ今熟成中で解禁日は5月中旬


話題が石けんに移ったところで今度は紙吹雪のお話
と言っても紙ではなくやはり石けんのお話

手作り石鹸の世界でもそれなりの専門用語があって
切り端や薄切りの石けんを更に切ったものをコンフェと言うそうな
英語のconfettiの略で紙吹雪を意味する

地震直後に作った石けんもやっと解禁日が来たのでラッピングし、昨日全国各地へ発送した
d0064859_16291470.jpg

今年は特に東北方面へ数多く向かいますよ!(^^)!
と言ってもたった一人で全作業を担当しているので数は限られちゃうけれど

今回は3種類の石けんラベル…急いでいたので確かめず先ほど画像を見て気が付いた

コンフィって…(汗)
d0064859_16293760.jpg

お腹が空いていたのか(大汗)
届いた皆様にお願い:各自で訂正してちょ((^┰^))ゞ 正しくはコンフェティソープ

で…これがそのコンフェティソープ はちみつたっぷり♪
d0064859_16304981.jpg

ダックスは長女の手作りはんこ♥


そしてこちらも桜のコンフェを使った石けん
d0064859_16334264.jpg

昨日型入れして先ほど発泡スチロールの蓋を開けてみたところ
こちらの解禁日は今から一か月後 底っちょの桜はどうなっているのかなぁ~

今回も桜 桜のブログでした

さて明日はお天気が良ければ親父殿と再びしだれ桜を見に行くよ~
また焼きたてお煎餅が食べれるかなって…そっち(笑)
[PR]
by r-petal | 2011-04-28 17:03
桜花爛漫
土砂降りの南信州から地元の桜便りをお届けします

15日(金曜日)
毎週この日に遊びに来る父と3ワンコの散歩中の話題は桜
光前寺のしだれ桜はまだ蕾だよと言うと
「春日城跡のソメイヨシノは咲いているぞ」と父

じゃあこれから花見物に行こうと誘うと意外にも父はその気になった
(急な誘いは大概気乗りしないと断るのが常だから)

自宅で水分補給のお茶を飲んだ後
それぞれの車に乗り先ずは動物病院に寄ってフィラリアの薬を購入
続いてコンビニに寄ってサンドイッチとおにぎりを購入
いざ春日城跡へ♪

坂を上って本丸跡地に向かうと殆どの桜は蕾が多い
d0064859_1575125.jpg



橋を渡った向こう側は日当たりが良いのかほぼ満開
d0064859_159591.jpg



でも…如何ぞ強風でゴミが目に入って痛いのなんのって(コンタクトしてます)
d0064859_159374.jpg

d0064859_15112674.jpg
  

昼食も落ち着いて食べるどころではなく花見は短時間で終了(汗)
現地で解散

20日(水)
友達が高遠の酒蔵に染めの仕事を納めているので
彼女の休みのこの日に2回目の花見に出かけた
前日は冷たい雨だったけれどこの日は打って変わって晴天で無風だった

毎年この時期に着る縦縞の小紋と
今回初の雪輪と鹿の子柄の名古屋帯 草履は義母の形見の品
d0064859_15132064.jpg



話は冷たい雨の前日に遡り 思いつきで小さな桜のアップリケ作った

と言うのは
雪輪の柄に桜の柄が入っていると"花吹雪"を連想させると小耳にはさんだので

先ずはパソコンで原画を編集してカードに記録させ
d0064859_15201896.jpg



後はミシンが勝手に縫ってくれて
d0064859_15205697.jpg



ヒートで焦げないようにカットしていきます(実際は焦げた個所あり(苦笑))
d0064859_15211746.jpg

d0064859_15215577.jpg



それを帯の後ろと前に大小一つずつ縫い付け完成!
d0064859_15214027.jpg



ハイ、翌日に戻って…
現地(高遠)では先ずは昔造り酒屋だった黒松仙醸にて4種ほど日本酒を試飲し
d0064859_15224522.jpg

d0064859_1523711.jpg

気合を入れてタカトウコヒガンザクラが咲く城址跡へ徒歩で向かった
高遠は本当に桜の町です
d0064859_15233366.jpg


コメントはいらないですよね 暫しご観覧を
d0064859_15285839.jpg
d0064859_15291654.jpg

d0064859_16185442.jpg

d0064859_15295525.jpg
d0064859_15301762.jpg
d0064859_15304278.jpg

d0064859_1615699.jpg



優に2時間をそこで過ごし夫と娘たちに土産を買って帰った

22日(金)
一週間前慌ただしく花見をした父と今回はしだれ桜の花見に出かけた
場所は光前寺 ちょっと早過ぎましたね~
d0064859_15315255.jpg



それに色も薄めに思えます
d0064859_15324642.jpg

d0064859_15333062.jpg

d0064859_15335719.jpg

これは来週もう一度行かなくちゃかな(笑)

花見の後は団子ではなく
d0064859_15342640.jpg

「おじさん、上のり2枚くださいな」

焼き立てお煎餅をその場で食べちゃいました
あらま、ハッピーが狙ってましたね(笑)
d0064859_15345693.jpg



家に戻ってお昼は桜うどん
d0064859_15351275.jpg



デザートは桜せんべい(笑)
d0064859_1537093.jpg



そして父が帰った後はせっせと型抜き
d0064859_15471986.jpg

サクラ型の小さな石けんたち

そして〆はやっぱりこの話題

高遠で夫に買ってきた土産は酒蔵限定の原酒 辛口吟醸
d0064859_15474389.jpg



そして逆に夫から1ヶ月前にもらったバレンタインデーのお返しがこれ
d0064859_15575431.jpg

新潟は大吟醸の越後桜

そのボトルにお友達から頂いた桜柄の着物を着せました♪
d0064859_15584523.jpg

着物も帯も全てが桜柄
d0064859_15591171.jpg


今も降り続く激しい雨
桜花よ もう少し咲き続けておくれ
[PR]
by r-petal | 2011-04-23 16:27
インディゴ
昨夜宮城県沖で発生した地震で更に被害を受けた友が居ます
ニュースだけでは事情が詳しくわからなかったので
安否メールを送るのを随分躊躇しましたが思い切って!

津波警報で夜中に一時避難したようです
再びガスも電気も止まってしまい 家の中の様子もまた変わったようです
「また一からやりなおし 大丈夫大丈夫 なんとかなる」と彼女
私も負けてはいられないぞ!
    **************

我が家の庭もやっと春らしくなってきた
白花のスノーフレークたちの芽が出て
d0064859_153962.jpg



背丈の低いチューリップたちもこんにちは
はて?何色だっけ
d0064859_15395363.jpg



こちらは黄色の花のニッコウキスゲ
d0064859_15424071.jpg



花ニラもぞろぞろと… 多分青色だと(汗)
d0064859_1543887.jpg



アジサイの赤ちゃんもあちらこちらから顔をだし
毎年雪が降ると集められた雪の下で頑張ってたね
d0064859_15461133.jpg


 
心配したヨウテイのラベンダーにも新芽が出てきた
d0064859_15463560.jpg



マローブルーは…まだまだ冬眠中かな? 
待っているから早く出ておいで

そして最後は翔&迅のサラダ
蕪の新芽(笑)
d0064859_15473425.jpg


別皿で人参の芽も育ててます♪

*****************
さて本題
藍の花はこのブログの何処かにあると思うのだけれど見つけられなかった  
d0064859_15481669.jpg

この画像は2008年7月、当時のブログには
「藍の葉を自分で摘み取って生葉染めをしたいなぁ」
…と記させていたけれど未だ夢のまま(笑)
そんな風に沢山の夢は積み上げられたままの状態だけれど


今回はその一つが叶ったお話

シルクミュージアムで大判の暖簾布を染めたのは今から8年も前の話

その後足跡柄の暖簾は毎年夏の間YUKI家のダイニングの入り口に飾られていたけれど
d0064859_15552643.jpg

徐々に徐々にその色は褪せ、シミが付き一昨年から登場することはなかった
d0064859_1555465.jpg

いつかこの暖簾の染め直しをしたいと思いつつまた1年が過ぎてしまっていた

やっと重い腰を上げたのは3月15日
あの恐ろしい地震と津波が発生して4日後だった

作業の間、被災地の友の事を思いながら(彼女は染めの専門家)
柄の一つ一つを縫い絞っていた
d0064859_1612477.jpg

d0064859_162122.jpg



2時間ほどの縫い作業を終え 工房の社長さんが調合した藍鍋へ投入(今回は人口染料)
この暖簾の為だけに色を作ってもらったら物凄い金額になるけれど
ハッピの注文が入っていた為色試と言う事で染め代は上得意扱いで値引きしてもらえた

鍋の中の暖簾はどんどん色付き
d0064859_163142.jpg

人口染料と言っても発色過程は藍と同じだそうで
むしろそれより濃色になって結果大満足

8年前の落款もどき 当時我が家には未だ迅が居なかったので翔だけだったけど
d0064859_16335100.jpg



今回はちゃ~んと迅の名前もミシン刺繍をした
d0064859_1643193.jpg

型染めの暖簾は絞り暖簾に大変身! どう?
d0064859_1651265.jpg

d0064859_165415.jpg


もう一つおまけ
ネットショップで藍草(葉と茎を乾燥させたもの)を購入した
d0064859_1661779.jpg

勿論用途は手作り石鹸
ただ色々調べてみると乾燥した藍葉に含まれる藍色の色素インデゴは
水にも油にも溶けないらしい(それじゃあオイル浸けしても無駄って事?)
一旦色素をアルカリにさらし… あぁ~化学の世界で我が頭は爆発寸前(汗)

こりゃ石けんにたどり着くまで遠い道のりになりそうだ
[PR]
by r-petal | 2011-04-08 16:15