<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
旧時を懐かしんで
古いアルバムからフランスと
d0064859_13571825.jpg



イギリスの紙幣が出てきたけれど
d0064859_13574829.jpg

既に交換期限が終わってしまっているのだろうな…
34年前だったらそこそこの値段だったろうけど
今は大した金額にはならないだろう 
オークションにでもと思ったけれど思い出の一品としてこのままで…

**********************
三日前に突然届いた封筒
差出人を見ると○○中学校 同窓会とあり
代表名はうっすらと記憶が残っている程度
多分旧姓が記されていなかったら首を傾げていただろう

37年経って初めての同窓会の招待状だった
日にちは来年1月2日
長女が結婚式を挙げた会場で行うようだ

直ぐに過ぎった結論は 無理!

元日は夫の実家へ出掛け
二日は私の実家へ 三日は娘達夫婦が集まる日
四日はもう夫が仕事始め
正月三が日は私用で出掛ける事など出来るはずもない

ほぼ諦め気分で夫にこの事を話すと
「親父さんの後に行って来いよ 初めてなんだろう 」とあっけなく返答されて 
え??? え!!!

一昨日
出席はまだ決まらぬまま幹事の方に電話をしたがその内その気に傾いてきた
序に当時登下校一緒だった友達の住所と電話番号を聞いた
昨夜思い切って彼女に電話をしてみると「本当にYUKIさん?」と弾んだ声が返ってきた
「声そんなにハスキーだっけ?」と聞かれ ただいまちょっと風邪気味で…と

どれくらいの時間、会話をしていたんだろう
結局まだその同窓会に出席するか否かは結論に達しなかったけれど
一度何処かで再会しようと決め、受話器を置いた*^-^*

時は遡る 
37年前に…

3階に当時の思い出の品はないかと探したが見つからなかった
多分実家に残してきたのだろう
まさか明日やってくる父に探して持ってきてとは頼み辛いので
近日中に探しに行ってこようかな

34年前の思い出に出会ったのもつい最近
d0064859_1421173.jpg

1976年 当時高校3年生 もう卒業間際のアルバムだ
冒頭のぴん札はこのアルバムの中に納められていた

d0064859_13594929.jpg

d0064859_1401148.jpg

d0064859_1402938.jpg


パスポートはあるんだから切れない内に また(=v=)いつか
そうそう*^-^*無理と決め付けず

保存状態が余り良くなくて画像も薄れ気味だけど17歳の私
34年前はマリー・アントワネットの様にふくよかだったわ(笑)
ベルサイユ宮殿内
d0064859_1411394.jpg



チュイルリー公園
d0064859_1413659.jpg



ウィンザー城
d0064859_1415889.jpg

眺めていると旧時に思いが馳せる
 同窓会 出席してみようかな
[PR]
by r-petal | 2010-10-28 14:27
美味しいお話♪
午前中
長女が手作りエコバッグの最後の仕上げにやって来た
ソーイングが苦手な娘がバッグ縫い80%自力で頑張りました

仕上げと言っても娘はネームアップリケの色を決めただけなんだけど(笑)
d0064859_15542872.jpg

プレゼント相手は娘の親友で来月名古屋で結婚式を挙げます

二人は小中学校いつも一緒だったし
その関係は遠距離になっても変わらなかったし
大事な娘の友達は私にとっても大事な人だし 
娘には土曜日の留守中、翔&迅の世話もしてくれたし 
これもしょうがないなぁ~とミシン刺繍してました(* ̄m ̄)
d0064859_15522439.jpg


****************
その土曜日の事
お友達ご夫婦の一人娘さんが松本へ嫁ぎ その挙式に夫婦で参列してきました
今日はその時の美味しいお話(笑)

式場へ向う車が自宅に来る1時間ほど前の話から
夫の友達がわざわざキノコを届けにきてくれた
d0064859_1555329.jpg

今までにない一番の大きさの松茸とずぼうと言うキノコ

もうこんな事はないかもしれないがYUKI家は今年19本の松茸と
採りたてのくろかわ茸も頂いた
正直毎年頂く雑キノコは下処理された物ばかりでその大変さを知らなかった
半世紀生きても未だ未だ知らぬことばかり 人生学びは続きますね

今回の着物は挙式に3回 その他のパーティーでも袖を通していますが
d0064859_17562243.jpg

これはリサイクル品で1つ紋の訪問着

d0064859_15561877.jpg

柄が気に入って買ったこの金地帯もオークションで 1,000円でした

染工房に勤務しているお友達にこの帯を見せたところ
「水花と蝶の紋ね」と即答…さすが専門家といたく感心しました

更に翌日その名を探してくれ携帯に家紋を添付して送ってくれました
d0064859_15565817.jpg

名は沢潟蝶

ここからは私も彼女に続けと調べてみました
沢潟(おもだか)は日本十大紋の一つで
池や沢 田んぼに自生する水草で可憐な花を咲かせるようです
別名「勝ち草」と呼ばれ武人の家紋として普及したそうな

購入した帯は蝶でしたが鶴が描かれた家紋もありました
これもまた学びですね

高速で1時間ほどの式場に早目に付いたのでカフェでアイスティーを頂きました
d0064859_15573814.jpg


序に夫とツーショットを…
d0064859_15582683.jpg



大聖堂で人前式
(神父は居ません。両親や親族、友人などの前で結婚を誓い合います)を行い
フラワー・シャワーで更に祝福し
d0064859_15595391.jpg

d0064859_1604268.jpg



バルーンリリース
d0064859_1611710.jpg
 
晴天の空にその日のゲスト全員で二人の幸せを願って一斉に飛ばしました
d0064859_162820.jpg



ショコラ君とプリンちゃん 愛犬2匹のウエルカムボードを通過して
d0064859_1623330.jpg



種々あるドリンクの中から私はカシスとリキュールのグラスを片手に席についた
d0064859_163199.jpg



その後ビールとミニオードブルで時を過ごし主役の入場を待った
d0064859_1655030.jpg

d0064859_1662831.jpg



ロゼのシャンパンで乾杯した後フォアグラと大根の一品が登場し
d0064859_167270.jpg



白豆など野菜具沢山のクリームスープパイでほぼ満腹状態で暫く休憩
d0064859_1674141.jpg



新郎新婦がケーキ入刃した後
d0064859_1684236.jpg



ロングケーキは3人のスタッフにより場外へ運ばれて行った
d0064859_16104277.jpg



真鯛とホタテのマリアージュはフランスローヌ地方の白ワイン付きで頂き
d0064859_16111123.jpg



メインの牛フィレステーキとリゾットの時にはイタリアプーリア州の赤ワインが供でした
d0064859_16114520.jpg

d0064859_16122143.jpg



2階からお色直しをした新郎新婦が入場し
d0064859_16125740.jpg



切り分けられたケーキが運ばれてきて
d0064859_16135368.jpg



お友達ご夫婦・新カップルと記念撮影した後
d0064859_16144376.jpg



抹茶のスフレグラッセやマカロンのデザートはアールグレイの紅茶で頂きました
d0064859_1615207.jpg



披露宴も大詰めに近付き キャンドルサービス
主役が各テーブルの一人に火を点すとその人は次の人のキャンドルを点します
私は夫からその火をもらいお隣の方へと繋ぎました
d0064859_1616839.jpg

全ての方のキャンドルが点ると二人の幸せを願いながらその火をそっと吹き消します

両親への感謝の時
一人娘を嫁がせる父親は一筋の涙を光らせていました 
その涙は頬を伝わり 太目の首に達する前静かに消えました
近所だし誘ってあげるからまた夫婦で一緒に飲もう(笑)

式場を出たのは7時過ぎ 辺りはもう真っ暗
沢山の花のお裾分けを頂いて
d0064859_16183685.jpg

家に到着して何だかんだと片付けをしていたらもう9時近く
でもこれだけはやっておかねば!

出発前に頂いたずぼう茸の下処理
(長時間そのままにしておくと土臭くなってしまうらしい)
d0064859_16193586.jpg

夫が出掛ける前に石尽きを取り除いてくれたので
大鍋で2回に分けて10分ほどキノコを湯がいた
(きのこが縮んでゴミや木の葉がはがれてくる)
笊に移して再び洗って直ぐ食べない分は密封して冷凍庫へ

昨日の晩 あの巨大松茸を大雑把にざく切り
d0064859_16202854.jpg

5合の米の上にドサッと乗せてタイマーをセットして寝た
d0064859_1621345.jpg



今朝炊きあがったご飯はこんな感じ
d0064859_16212235.jpg



とても釜の中でかき混ぜれないので寿司桶に移した
d0064859_16214613.jpg



夫の今日のお弁当(笑)
d0064859_16221717.jpg

おかずは塩鮭とシュウマイと卵焼き
(追記 あろう事かマジで間違えたのを夜発見!
慌てて訂正したけど・・・遅かった(笑)
バウさん、みーとさん、犬好きかあさん笑ってやってね)

昼は娘達がやって来て一人2膳食べて釜の松茸ご飯はお☆し☆ま☆い
[PR]
by r-petal | 2010-10-25 16:35
もうちょっと
先ほどフジとツガルを交配させたシナノスイートを頂きました*^-^*
d0064859_1218665.jpg

甘みが強く酸味が少ない林檎だそうな

今年は18本の松茸を頂き・・・・
炙り・味飯・茶碗蒸しと美味しく頂きましたが
d0064859_121901.jpg

やはりこれで喉を潤したいでしょ(笑)
d0064859_12194618.jpg

温めの燗にすると におうんだなぁ~~~余計に*^-^*

**********************
10月6日に仕込んだ2バッチの石鹸は1週間後に切り分けられて
ただいま熟成中
d0064859_12211128.jpg

毎日立てたり寝かしたり…全面が均等に乾燥されるようコロコロさせてます
この石けんの解禁日は来月7日 もうちょっとですね*^-^*

13日
孫達専用の(便乗して私も使っているけれど)ベビー石鹸を作った

アボカドとひまし油 
このオイルが加わっただけでマルセイユ石鹸以上のまろやかさが出る
d0064859_12222463.jpg

その違いは泡立て器で混ぜている手にも伝わってくる

この生地だと鹸化時間もぐっと短く7時間で型入れが出来る
d0064859_12225424.jpg



そして石鹸の汗(?)
d0064859_12231390.jpg

この水滴はベビー石けんの中から出てきたものではなく
空気の水分が引き寄せられたもの

生地に含まれているグリセリンのいたずら…
ではなく保湿効果が高い証拠*^-^*
そして脂肪酸と苛性ソーダがせっせと反応して石けんになろうと頑張ってる姿

頑張れ!頑張れ!

そのベビー石けんも2日前カットした
d0064859_12235999.jpg

ヤバ!S の文字が・・・上下逆?!?(∩_∩;)


こちらはとても柔らかいので扱いもそっと優しく優しく…
d0064859_1224476.jpg

私がコールドプロセス法で手作り石けんを作り始めて1年が過ぎた
まだまだ日々学び 日々ちょっとだけ前進

手作り石けんと出会えたのもDON さんのお陰
しかも今回は私の撮影した花から素敵な絵手紙を描いてくれました

赤蕎麦の花 今年は猛暑のせいか濃淡の花が目立ちましたが
返ってそれが新鮮に感じました
d0064859_12252683.jpg



コスモス:ディープレッドキャンパス
d0064859_1225493.jpg

私が上手く撮影出来なかった管状花(黄色い部分)が見事に描かれています


明日はお友達ご夫婦のひとり娘さんの結婚式
夫と共に招待されました 
d0064859_12274878.jpg

明日式を挙げる世界中の新郎新婦さんおめでとうございます
そして
明日天気になぁれ~~♪
[PR]
by r-petal | 2010-10-22 12:48
多分・・・15回目
ちゃんと記録を付けていなかったので回数が合っているか(苦笑)
2008年からスタートした車中泊は多分今回で15回目だと…
(車内1泊を1と数え)

ペット同伴のペンションの旅からテント(食事用)を張って車の中で寝る様になって3年目

毎回何かしらバージョンアップしている車中泊に今回新しい仲間が増えました
d0064859_15462860.jpg

パワーエアポンプ内蔵エアーベッド(車のバッテリーで膨らみます)
以前のエアーベッドはコンプレッサーで膨らませるタイプで
普段は孫たちの昼寝用に使って穴があいてしまって使用不可能

今年3回目の車中泊の目的地は岐阜県高山の古い町並み(2回目)と
道の駅荘川(初)内の桜香の湯

この日は秋の高山祭「八幡祭」と重なって混雑が予想されたので朝7時に出発
朝食も車内で済ませた
10時に高山市に着いたもののどの駐車場も既に満車マーク
30分位市内をウロウロ…夫もちょっと焦り始め会話が減り(怪し~い雰囲気)

5つ目(?)の駐車場も満車だと警備員 
そこを通り抜けて二股の道のどちらに行こうかと停止していると
偶然、道に立っていたおじいさんと夫の目が合ったらしい 
向こうから話し掛けて来た
事情を話すとそのお宅の駐車場が空いているから止めていいよと言われた

発つ時に相応の駐車代を渡すつもりで好意に甘えさせてもらった
渡りに船を得た思い(感謝)

素敵な展開に気分良くして(笑)11基の屋台を求めて八幡宮表参道へ向った
(屋台場所も詳しくおじいさんが教えてくれた)

屋台がずらりと揃ってます
d0064859_15554798.jpg

d0064859_1556621.jpg

犬連れでこれ以上先に進むのは無理だったので断念した 

昨年7月に訪れた古い町並みを今回は人力車に乗ってゆっくり堪能してきました
d0064859_1558219.jpg

曳き人は高山の歴史を語りながら案内してくれます

例えば 町並みに電線がないのは屋根の軒下を通しているからとか…
d0064859_15582843.jpg



平屋より2階建ての家の方が新しい建物とか…
d0064859_15593124.jpg



コンビニの看板も町並みに合う色に塗り変えられているとか…
d0064859_15595772.jpg



ここのにぎり寿司は人気があるとか(笑)
d0064859_1604780.jpg



これは人間用のかんじき(荘川の里にて撮影)だけど
d0064859_1623963.jpg


こっちは馬用のかんじきで今では無病息災などのお守りとして売られているとか…
d0064859_1615921.jpg



杉林が茶色に変わりお酒がしっかり熟成された証拠ですね 買い頃♪
d0064859_1641531.jpg



途中雨が降ってきました
曳き人は私達が酒好きと知ってか酒造の前で撮影してくれました(*≧m≦*)
d0064859_1632877.jpg

さて問題! 私達はこの後どちらの酒造から購入したでしょう(笑)

人力車は歩道を走っても良いのね(驚)
d0064859_1652186.jpg

犬が人力車に乗っている!
と言う珍光景ですれ違う人たちから結構カメラで撮影されました(笑)


楽しい30分間を経て
早速人気の飛騨牛のにぎり寿司を… お皿はおせんべい エコですねぇ
d0064859_166943.jpg



舩坂酒造の深山菊と原田酒造の山車と迷いましたが…
時は八幡祭り 山車(屋台)に引かれてやって来たので山車の原酒の菰樽と
秋限定のひやおろしを選んだ
d0064859_1664542.jpg



夫は熱々の飛騨牛のコロッケを食べ
d0064859_1672190.jpg



約2時間ほどの見物&買い物を済ませて
親切なおじいさんのお宅へ戻ると丁度ご夫婦で昼食中
ささやかな気持ちも添えて代金を払おうとしたのですが
「いらない」とどうしても受け取ってくれませんでした

荘川の里では昔人の生活と知恵の家々を眺め
d0064859_16101714.jpg

分厚い茅葺の屋根をふと見ると時を経て植物たちと共存していた
d0064859_16105338.jpg


小雨が降り始めたので車に戻り今夜の宿地 荘川の道の駅へ向った
エアーベッドのスイッチを入れると数分でパンパンに膨れ上がりました~
d0064859_16113537.jpg



散歩の後早速桜香の湯へ
d0064859_16133523.jpg



露天風呂からの眺めは信州のそれと似ていて近くに山々が迫っています
でも信州の山より幾分低めかな

待ち合わせ時間の30分後、館内のお食事処へ

秋限のビールと
d0064859_1614893.jpg



豆腐ステーキ
d0064859_16143271.jpg



鶏ちゃん(飛騨地方で食べられている鶏肉を使った料理)
d0064859_16145637.jpg



甘辛タレの手羽先と
d0064859_16154247.jpg



サラダ
d0064859_1638981.jpg



温泉卵が何と50円
d0064859_16161289.jpg


休憩後今度は時間制限なしの入浴(大概夫は先に車に帰ってます)

夏日の様な1日に翔&迅も疲れて8時少し過ぎには就寝(笑)

翌11日(月曜日)
車中泊の時は 夫が朝食準備を行います(湯を沸かすだけだけど)
d0064859_1617488.jpg



翔&迅も朝食を待ちきれない様子
d0064859_16182177.jpg

d0064859_16195564.jpg



特に翔(笑)
d0064859_16203251.jpg



帰路 土岐のアウトレットに立ち寄って夫の買い物に付き合った

昼 〆はやっぱりSAのお蕎麦
d0064859_16214065.jpg



今回の旅は高山のおじいさん、おばあさんのお陰で
お金では買えない素敵なものを授かった気がします

帰ったその晩にまたまた松茸を頂きました
d0064859_16222371.jpg

今年は豊作なの?
[PR]
by r-petal | 2010-10-12 16:58
秋って素敵!
先日ご近所からもらった松茸は
茶碗蒸しと
d0064859_9112920.jpg



新米こしひかり(これも頂き物♪)で松茸ご飯を作った
d0064859_9115393.jpg

これから日本酒の仕込みが始まるし
ワインの新酒も楽しめるし…秋って素敵(笑)

***************
昨日次女親子と父&ハッピーを連れて飯島町のコスモス畑を訪れた
d0064859_926666.jpg

今回賢くんが休日だったので長女親子は不参加


今日明日、コスモス祭りが行われる会場は地元の人たちの準備の真っ最中
昨日の天気は最高(今日は雨)見物客も疎らで狙い通りの花見日和*^-^*

畑に設置された脚立からその様子を撮影
d0064859_9135060.jpg

d0064859_9152538.jpg

デジイチは標準レンズで撮影したので今一

コンデジのマクロで何枚か
イエローキャンパス
d0064859_9161578.jpg



ディープレッドキャンパス
d0064859_9465036.jpg



道路脇に咲いていたこちらも素敵
d0064859_9174191.jpg

d0064859_9182011.jpg



大輪コスモスの花の大きさは私の拳位
d0064859_919652.jpg



その後道の駅で持参したおにぎりを食べ
ハッピーを我が家でシャンプーし親父様は2時頃ご帰宅

父が帰った後、前日発泡スチロールに入れて置いた石けんを取り出した
d0064859_9272357.jpg

d0064859_9274115.jpg


時を3日戻して石けんつくりの様子から(10月6日)

今年7回目の石けん作り
オイルはお馴染みのオリーブオイル(ヒュアとエクストラバージン)保湿の役目
石けんの泡立ちを良くする役目がココナッツオイル 
溶け崩れを抑えるパーム油を使用

オプションで今回はラベンダーパウダーとウルトラマリンのバイオレット
d0064859_9282712.jpg



それにゴートミルクパウダー(ヤギの乳)を乳鉢で出来るだけ細かくすり、混ぜ合わせた
d0064859_929063.jpg



別オプションはオリーブリーフにグリーンクレイと
d0064859_929217.jpg

ヨーグルトパウダーを同じく乳鉢でゴリゴリと…前日の下準備完了

3種40度のオイルと苛性ソーダを25分しっかり混ぜ
ラッピングをして(14:35)型入れのタイミングを待った
d0064859_9295596.jpg



翌朝7時 型入れまでもう少し
d0064859_9301943.jpg



8:17 カスタード状になったトレイスにコーヒー蜂蜜を加え更に保湿効果アップ
d0064859_9304391.jpg



2種類の石けんはそれぞれマーブル模様にして型入れした
ラベンダー石けん(型入れ前)
d0064859_931489.jpg


オリーブリーフ石けん(型入れ前)
d0064859_9322527.jpg


発泡スチロールで24時間寝かせた石けんは型から取り出され更に1週間自然乾燥
その後適当な大きさにカットして更に3週間自然乾燥
熟成中に色は少し薄くなると思うけど
このワイン 石けんの解禁日は11月7日

秋はせっけん作りにとても適した時期

ここの所色んな事でちょっと頑張った私に嬉しいお届け物が
何と昨日また松茸を頂きました
d0064859_934485.jpg

今夜は日本酒を人肌に温めて炙りで頂く予定です

ほんと秋って。。。*^-^*W
[PR]
by r-petal | 2010-10-09 09:46
祖父母参観と秋味
衣替えの1日(金曜日)
翔&迅のハウスも衣替え
d0064859_10222952.jpg

快晴だったのでハウスと一緒に翔&迅も天日干し(笑)
d0064859_10232073.jpg


そしてその日の午前中
初めて保育園の祖父母参観に行ってきましたが
出掛けのかか(私)はちょっとむくれておりました

だって…
園では給食を孫と一緒に食べます
おかずは園で用意してくれますがおにぎりは各自持参です

とうごはおばあちゃん(賢くんのお母様)が参加
ねねはおじいちゃん(渓くんのお父様)が参加

私はこう言う場合どっちのおばあちゃんで良いのでしょうね(*≧m≦*)
話がわき道へ逸れました(苦笑)

今回は渓くんのお母様が仕事でやむなく来られなかったので
かかがおじいちゃんの分とねねのおにぎりを作りました(計8個)
食器も3人分用意しました
他にデジイチ コンデジ 水筒 食と撮の2つのバッグになりました

更に前日次女からビデオカメラを渓くんのお父様に渡してくれと頼まれて
もう一つ荷物が増えバッグが3つ
しかも当日は賢くんのお母様と徒歩で園に向かう事になってました
確かに体力はあるけれどそれってあんまりじゃないですか~~~

…と、むくれていたら出掛ける数分前に次女がやって来ました
「祖父母と園児と一緒に登園して来ててもう結構集まってるよ
母さん荷物が大変そうだから送っていくよ」

最初からそう言うのが当たり前でしょと言うと
「最初から素直にそう頼めば良いのに」と娘
互いに変な意地を張っていた模様(笑)

途中で賢くんのお母様を拾って園に向った

数分後、渓くんのお父様も到着(車で40分ほどかかります)
例のビデオカメラ(笑)を渡して撮影を依頼しました ヤレヤレ

教室に貼られているとうご&ねねの絵
d0064859_10292963.jpg

まぁなんて素敵なワイングラス
d0064859_1030291.jpg

と思ったら 運動会の玉入れでした(∩_∩;)

9時半ゆうぎ室へ移動
未満児組、年少組、年中、年長組みの発表会を前列で見つめていましたが
とうご&ねねの時だけ通路に移動してカメラ撮影

歌 トンボのめがね
d0064859_10261881.jpg



続いてお遊戯「てんとう虫のサンバ」
懐かしのチェリッシュの曲

ねねのボンボンも快調に回ってますね~~
d0064859_1025078.jpg



所がとうご…ボンボンではなく手で顔を覆ってしまいました(汗)
d0064859_10253587.jpg

運動会のオープニングの記憶が蘇りました

楽しく踊るねねに比べて
d0064859_10265544.jpg



とうごは遂に一度もボンボンを手にする事はなく
d0064859_10273021.jpg

てんとう虫のサンバは終わりました
d0064859_10275171.jpg


ねねの話では練習の時はちゃんと踊っていたらしいから本番に弱いタイプ?
これも振り返ればきっと良き思い出になることでしょ(多分)

祖父母で触れ合う時間もあり、とうごは賢くんのお母様と 
ねねはかかとわらべ歌やお寺の和尚さんでじゃんけんポンをしました
渓くんのお父様はその様子をビデオ撮影していました

昼食は各自が好きな場所にシーツを敷いて
園から八宝菜汁と磯香和えとゼリーが出ました
とうごはねねよりも食欲があり
「かか、とうごのおにぎりと交換しよう」って言われ
長女が握った鮭にぎりとかかの握った栗入り味ご飯と交換しました

帰りは昼食分の重さがなくなり
大分軽くなったバッグと例のビデオカメラを持って賢くんのお母様と徒歩で帰宅しました

自宅のドアを開け居間に行くと…二人の娘達が遅い昼食を始めるところだった(笑)

さて、美味しい物のお話
週末どっと頂き物があったので皆さんにもおすそ分け*^-^*
洋菓子屋でパンつくりは頷けるけど にんにくと生姜のパウンドケーキって(*≧m≦*)
d0064859_10313357.jpg

早速土曜日の晩主人と仲良く半分こ♪ 生姜は昔食べた生姜せんべいを思い出しましたが
にんにくはお菓子と言うより…ん~何だ(笑)

更に珍品 パティシエなのに裏メニューでこんなの作ってます
モヤシの乾物
d0064859_10315360.jpg



シジミの乾物
d0064859_10321359.jpg




今回は切干大根の乾物を頂きました 全て酒のつまみにぴったり合いそう まんまにさんから
d0064859_10323940.jpg



ちょっと小さなサイズの松茸(ご近所のお友達から)
d0064859_10335521.jpg

松茸酒にしようかご飯にしようか炙りにしようか検討中*^-^*


キノコの名前を聞いたけど忘れました(毎度)
赤紫でヌルヌルしてて下ろし大根で頂きました(渓くんのお父様から)
d0064859_1035758.jpg



黒いのは…まだ保存中 すき焼きにしようか鍋にしようか♪ (ご近所のお友達から)
d0064859_10355931.jpg

共に綺麗にして茹でてくれてあり感謝感謝です


ワインで有名な桔梗ヶ原の葡萄(義母さんから)
d0064859_10375891.jpg


これで栗なんかもらえたら最高なんだけど(笑)
[PR]
by r-petal | 2010-10-04 10:48