<   2009年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧
お野菜とお料理 そのまんま(*^m^*)
【野菜ネタ】
今年もミニ菜園作りました~~
作物はミニトマト・中トマトなど7本
とうがらしにキュウリ、ピッコロ人参
ジャンボカラーピーマン(白と紫)とオクラ
この後もう一品増えるかも(*^m^*)

トマトの花が咲き(27日撮影)
d0064859_8411410.jpg

実がなり始めた(今朝撮影)
d0064859_8472988.jpg

d0064859_8492941.jpg

キュウリの花も咲き(27日撮影)
d0064859_842599.jpg

小さな実・・・さっき気が付いた
d0064859_10252252.jpg

ジャンボカラーピーマンもスモールな実が育ち始めてる
d0064859_8435685.jpg

種でから育てたピッコロ人参
d0064859_8444539.jpg

【料理ネタ】
突然話題は変わるけどこれ分かりますか?
d0064859_8502726.jpg

芋がら(里芋の茎のことをずいきと呼ぶそうな それを乾燥させた物)
初物!です
脂肪をほとんど含まないので低エネルギー
加えてカリウムや鉄、食物繊維が豊富な食材をネッ友さんから頂きました
しかもレシピ付きで(*^m^*)
さっそく水で戻して油揚げ、人参、こんにゃくなどと煮付けました
d0064859_852345.jpg

野沢菜を炒めたような食感が懐かしい!

お次!(笑)

地元のとうふ工房で発売されている信州産大豆のおから
豆乳以上に栄養価が高くて安い
d0064859_10331344.jpg

これを使って一品 
このレシピは別のネッ友さんから♪

おから100%のポテトオカラサラダ
おからをレンジでチンして後は普通のポテトサラダと作り方は同じ

定番のハムやキュウリの他にカニ缶丸ごと(頂き物だけど)
d0064859_856275.jpg

そして初挑戦!玉ねぎのスライスを加えたら・・・食感が素晴らしい!
d0064859_857821.jpg

マヨネーズの量は夫と好みが違うのでどっちが私か区別が付くように
夫はゆで卵の白味
d0064859_8572675.jpg

私は(マヨネーズが少ない分)黄身をトッピング(* ̄m ̄)
d0064859_8585116.jpg

ほんと・・・ポテトサラダとほぼ同じ
[PR]
by r-petal | 2009-05-30 09:06
お酒色々
父と話をするとつい「決めた?」って
催促しそうなので今日は電話なし(笑)

気晴らしに今日は私の好きなネタ=お酒

我が家に遊びに来る方の手土産は決まってアルコール類
まぁもらって全然困らないんだけど何故か直ぐ空になる
夫はそれらを集めて眺める・・・って趣味はなく
即!栓!オ~プン!!タイプ
一方父にしろ義父さんにしろ何年物?って位サイドボードの中のお宝物
それらは何れ我が家の物になるのは必然(*^m^*)

我が家にかろうじて残っているその希少な酒色々
特に県内産を一挙公開

先ずは2006年から我が家にある珍品 城戸ワイン
d0064859_17521887.jpg

良くぞ今まで残っていると感心かも(* ̄m ̄)
このワインの飲み頃は今年の8月
夫の誕生日に部下の方からプレゼントされたもの
3年間長かった・・・もうじき解禁 私の誕生日に飲もうっと(笑)


【栗どっこ】 
d0064859_1754361.gif

県内小布施町の道の駅「オアシスおぶせ」でしか買えない
小布施栗100%使用の限定品 この焼酎は先週空になりました

【鴻山】
d0064859_17543113.jpg

これは長女の婿宅から頂いた土産品
浮世絵師葛飾北斎を小布施に招いた鴻山(こうざん)に因んだ酒らしい
d0064859_17545130.jpg

冷蔵庫で冷やしてなるべく早く・・・・とあるが隠してあった冷酒
遂に見つかっちゃった(*≧m≦*)

【駒ケ岳】
d0064859_17553184.jpg

これは次女の婿宅からの頂き物
モルテージ・シングルモルト駒ヶ岳10年は市場在庫限りで販売終了
d0064859_17555917.jpg

多分ネットでしか買えない代物かも・・・故にこれももう少し夫からかくれんぼ

洋酒2種 これは海外旅行のお土産に♪
d0064859_17562630.jpg

あえて名は告げず・・・
何故か私が飲みたいのに飲ませてもらえない代物(笑)

*番外編*
多分知ってる方が多いかも(謎笑)
これは県内産ではなく九州福岡県産の焼酎リキュール
【さくら咲く】
d0064859_17565817.jpg

琥珀色の液体がアルカリ系の水で割ると・・・桜色に変化するお酒
随分これで盛り上がったなぁ 
d0064859_1758197.jpg

1本だけ残っているけれどこれは義父さんの父の日プレゼント
(実家の父には我が家滞在中に一緒に酒盛りして終わりました)

酒好きでない方、最後までお付き合いありがとうございました
さて・・・晩酌の準備しなくちゃ!(* ̄m ̄)
[PR]
by r-petal | 2009-05-27 18:02
決まらない・・・
先週ブリーダーさんから
「もう一週間したら個性も出てくるからその時に決めましょ」と言ってくれ

今日は決めなきゃ!と父と再び会いに行ったけど・・・
中々決められない(父が)

茶黒の方が可愛いなぁ と父
じゃあ翔のような犬が良いって事だねと言うと
翔か・・・と言う(どう言う意味よ)

じゃあ黒の麻呂にする?と聞くと
真っ黒か~と今一はっきりしない

結局YUKIならどうする?となる

私なら迷う事無くブラックタンを選ぶけど・・・・一つ心配事がある
この子の左目は初めて会った時から目に傷が出来てしまっていた
片目が完全にあけられない状態
他の子の爪らしきものが当たったのか
よくあることらしくて目薬で今治療中らしいけど完治に時間がかかるらしい
それにもしかしたら・・・・の可能性もあると言う

来月には業者も来るらしいからレッド二匹の内画像の右側の子か
(父さんには悪いけどこの子は翔の小さいときにそっくりだ)
d0064859_181744.jpg

ブラックタンの子のどちらかに決めてきた
d0064859_18193963.jpg

6月2日 今度こそどの子にするか決めなくちゃ!

そして肝心な名前
ピースの時は娘たちが考えた名から私が決めたが
今回はみんなが考えた名を父に決めてもらう事にした
YUKI家、こう言うことは結束力が固いので(笑)

父さんの希望で難しい名前はなしと言う条件で候補は8つ
d0064859_18203688.jpg

勿論誰がどれを考えたかは父には内緒(* ̄m ̄)
今夜プリントアウトした子犬の画像と
候補表を眺めてじっくり考える事だろう(*^m^*)
[PR]
by r-petal | 2009-05-26 18:25
5月21日
母の祥月命日だったのでいつものメンバーで墓参りに行ってきた
父さんはバケツとタワシを持参

「ピースはピースばあばとねんねしてるんだよね」とねね
とうごと一緒に墓掃除を手伝ってくれた

*********************

昨日真向かいのご主人の出棺と葬儀に夫と二人で参列してきた
遺族には私の長女と同学年の娘さんが居てとても人事に思えなかった・・・

彼女が嫁ぐ時父親にその姿を見せられなかった事を悲しむだろう
あの世の父親も心残りだろう

夫は同じ父親として
私は病に負けなかった事
改めて私たちがなすべき一つを果たせて良かったと感じた

午後二人で高原に向かいマレットゴルフを楽しんだ
d0064859_17205829.jpg

d0064859_1721255.jpg

私に勝ってもちっとも自慢にならぬと言っていた夫は
28~36の最終ホールで私に負けた(笑)

プレー中、コースの脇で射干(シャガ 別名胡蝶花)を見つけた
d0064859_1762329.jpg

d0064859_17825.jpg

場所を移してヤブランの群生に会い
d0064859_17152059.jpg

d0064859_1718161.jpg

d0064859_17284765.jpg

我が家のより立派なすずらん群生とも出会った
d0064859_17191633.jpg

d0064859_17201243.jpg

d0064859_17313536.jpg

[PR]
by r-petal | 2009-05-21 17:33
伴侶犬
宗教上の観点から
人と動物は同じ墓に入れてはいけないという考え

土に埋め自然に帰してあげるのが一番と言う考え

数片の小さなお骨をお墓の横にそっと埋めるなど
他の方や祖先の心情を害さない程度なら構わないと言う考え

そして最近の墓事情は共に生きたペットも一緒に埋葬したい
と願う人へ向けた新しいタイプの墓地があるらしい
業者の金儲けに乗せられて・・・って気もするけれど
これも時代よね

結局は個人の価値観によって意見は分かれ(当然だ)
これが正しいとか間違っているとか決められないように私は思う
ただ現実的に実家は今の菩提寺の檀家である以上
その規定等に従わなければならない
先ずは坊様にその事を尋ねてみた結果
「原則的にお施主様の考えにお任せしております」と返ってきた
この言葉に一番喜んだのは父だった

昨日、娘たちと実家で昼食を共にした後
父の伴侶犬ピースの骨壷と母の三回忌の塔婆を持って菩提寺へ出掛けた

三回忌法事の日(日曜日)の土砂降りと打って変わり
さわやかな五月晴れ、ほぼ無風で線香の火も直ぐ点いた
ピースの骨壷は父さんの手によって母の骨壷の隣にそっと置かれた
墓には母一人だけだったのがピースが加わった

娘たちと寺の駐車場で解散し
父と私は翔が生まれた犬舎へ向った

4月22日生まれ 生後26日目
翔の父親(アロウ)の孫になるのがこの3ワンズ
d0064859_9272344.jpg

全てオスで翔と同じレッドのパピーが2匹と
d0064859_9283011.jpg

ブラックが1匹
d0064859_9285597.jpg

父はどの子にしようか決めかねている・・・と言うより
ダックスの生まれたてパピーを見るのが初めてなので
あのペチャ鼻がピースの様に長くになるのが納得できないらしい(笑)

一ヶ月経つと個性も出るらしいのでもう一週間待つことにした
果たして父はどの子を伴侶犬として選ぶのだろう

7年ぶりに翔の母親(ポッキー8歳)にも会って来た
d0064859_929411.jpg

今はもう出産・子育てを引退して穏やかに暮らしているかと思いきや
めちゃめちゃ元気!びっくりした
翔は母親のカール毛と父親の体系を引き継いだのだろう
アロウは現在老犬の域に達して寝ている時が多く
ドッグフードは食べられなくなり鶏肉生活だと言っていた

話は前後するけれど母の三回忌は通常と違う展開になった
事の始まりはピースの通夜の晩、父が漏らした一言だった
「あの坊様はピースの供養もしてくれないかな?」
あの坊様とは仏壇の開眼供養以来メル友になってくださった菩提寺の坊様の事

そりゃ無理だよ 
でも遺影を置くのを許してもらえるかもしれないとメールを送った所
「ピースに何かしてあげたいという気持ちの前を私は素通りする事は出来ません」
と返事が届いた ありがたいな 
これは忠義を尽くしたピースの徳だ

母の三回忌の法要中とうごもねねも良い子で居てくれた
その後引き続いてピースのためのお経を皆で読み上げ焼香も済ませた

花も動物も私たち人間も
この世に生まれるのは成し遂げる何かがあると言う
私は何を成し遂げるために生まれてきたのだろう
そんな事を思いながら坊様の話を聞いていた
[PR]
by r-petal | 2009-05-19 09:41
何はさておきの話
夕べの会話
「明日は記念日だけど忘れてるだろう」

・・・・・・しまった!
法事の準備で頭が一杯ですっかり忘れてた(汗)

と言うことで・・・・・
今日は27回目の結婚記念日
何はさておき(笑)
早速今夜の祝杯準備をせねば! 
何飲もうかなぁ~~そっち(*^m^*)
******************
数日前の翔&迅のシャンプー
まずは乾きの早い迅坊 
そして乾燥に時間を要する翔くんの順番

一人で二ワンは結構腰に来るのよね(その前にカットもしたし)
外は最高のお天気
残りは天然のドライヤー(お日様)で乾かす事にした
胸毛のカットが不揃(大汗)
d0064859_7334440.jpg

何はさておき、半乾きの迅坊 かわゆい♪
d0064859_7371471.jpg

翔くん。。。(汗) ねぇ! モデル犬やる気ある~~??
d0064859_7373661.jpg

翔の顔は全部同じ(*≧m≦*)
d0064859_8121968.jpg

d0064859_814457.jpg

[PR]
by r-petal | 2009-05-16 07:40
母の日に纏わる話
今年娘たちからもらったカードには笑えた

長女は花と一緒にチョコレートをくれた
チョコ2枚買うとメッセージを書ける箱が付いてくるらしい
そこにはとうごが描いた「かか」らしき私の顔と
娘が描いた「少女のような」私の顔があった(笑)

次女のカードは郵送されてきたがあるケーキ屋が企画したカード
その店でケーキを買うと
店内で娘が書いたメッセージカードを送ってくれるサービス
このカードが送られてきた日に差出人の娘は我が家に居た(笑)
因みに娘が買ったケーキは届かなかったけれど(* ̄m ̄)

カードの言葉は画像の通り
d0064859_17415260.jpg

私も母への感謝の気持ちは同じなので
娘が送ってくれたカードをミニ仏壇に供えた
まるで私がそれを贈ったかのように(笑)
私の行為もあの世の母は笑っているかもしれないな

****************
母の日前日

「お母さん母の日参りに行く?」
何それ?
娘によるとお線香のCMらしい
余りテレビを見ない私だから知らなかったし(笑)

別に母の日に限らなくたって毎月お参りしてるし
今度の日曜日は三回忌だし・・・
家にも実家にも母の遺影があるし仏壇はあるし
そこらじゅうに母は居る!
・・・と思っても墓前に立つとやっぱり違うんだなぁ
もうじきそこにはピースも入る事になるから益々墓参りが楽しみになりそうだ
ピースの納骨に関しては母の三回忌が過ぎた頃また触れるとして

10日母の日
義父母を迎えに行き、上伊那郡高遠町をドライブした
まずローズガーデンに向かった
d0064859_17452148.jpg

ここはまだ蕾すら先なのは承知で立ち寄った(下調べのため)
d0064859_17473015.jpg

新芽が綺麗 何かエネルギーをもらった気分になった
d0064859_17463136.jpg

開花の頃もう一度行く予定

次は牡丹で有名な遠照寺を訪れた
義父は花はもう遅いだろうと言う
夫は今朝の新聞で咲き始めてると言う
私は・・・・
うわさで聞いた2,000株もの牡丹が咲く姿を想像して出掛けてみると
殆どがまだ蕾 ガッカリ
d0064859_17494555.jpg

それでも中には気の早い満開な牡丹もあったので
画像だけ納めて車内で待つ義母さんに見せた
d0064859_17504324.jpg

咲きごろは母の三回忌の日当たりだろうな
来年を期待しよう

義母さんが一番来たかった場所は道の駅 南アルプスむら
ここのミニクロワッサンが大好評で
d0064859_1842815.jpg

電話予約をして置かないと買えないらしい
残念ながら他のパンで我慢してもらったが
こりゃもう一度連れて行けって事かな(*≧m≦*)

庭での焼肉会は喜んでもらえたみたいで二人でお昼寝をした後帰って行った
[PR]
by r-petal | 2009-05-13 18:01
花色々
眩しい! 久しぶりの快晴♪
庭の朝露が乾いたら翔&迅のヘアカットにシャンプーと忙しいぞ!

その前にブログアップ(笑)

連休後半はあちこち花見に出掛けた
そこに母とピースが居るようで・・・・

見頃を逃してしまった花や例年通りに咲かぬ花
人生と一緒で好機を逃したり思うように行かなかったり・・・
それでも焦らず自分らしく時を過ごしていこう♪

2日
父と夫、三人で松川町台城公園にツツジを見に行った
d0064859_8141224.jpg

ちょっと遅かったが見頃ばかりが良いとは限らぬ
d0064859_8152532.jpg
 

5日
伊那市の花の会が休耕田を利用して芝桜で花富士を咲かせている
d0064859_853633.jpg

d0064859_8172275.jpg

今年は所々花が咲かない箇所が目に付いた
長年の事だからそんな年もあるさ
d0064859_8175761.jpg

姉の家の周りは梅やら林檎畑に囲まれている
普段は気にも留めず通り過ぎていたが思わず車から降り暫し眺めた
d0064859_8192131.jpg

こんなに間近で林檎の花を見るのは初めて
d0064859_8194692.jpg

今回は触らなかったし(笑)
d0064859_8204145.jpg


6日
土砂降りの雨の中喬木村の阿島の藤に会いに行ってきた
d0064859_8323710.jpg

川端沿いの藤は見頃を過ぎていたけれど
d0064859_829960.jpg

有料の(¥100)の園内は今が見頃
紫・ピンク・白と3色の藤の花が連なって咲いていて見事だった
d0064859_8232212.jpg

d0064859_8302270.jpg

d0064859_830505.jpg

d0064859_8311774.jpg

d0064859_8314372.jpg

d0064859_832572.jpg

またつぶやいちゃうけどこんなに間近で見るの・・初めて(* ̄m ̄)

番外編
4日
娘ファミリーと庭で焼肉のはずが次女夫婦(婿殿が風邪気味)が欠席
毎回誘っても来なかった父が珍しくいそいそと(笑)やってきた
食後ほったらかしになっていた松の剪定をしてくれた
今後父さんが我が家に来る回数が増えそうだ
d0064859_835019.jpg

[PR]
by r-petal | 2009-05-09 08:43
命の日

ピース
大好きな二つの命の日が同じ月になるのは偶然なのだろうか

また流れは必然であるのか分からないけれど
幼い時から抱いた父親への反感は
母の介護時、憎しみを抱いたこともあった

所が母の他界後慎ましくピースと過ごす父の姿を見て
私はとんでもない思い違いをしていたのではと気付かされた

更にピースの余命が少なくなって来たとき
父はピースを膝に乗せ1日の殆どを一緒に過ごした
その姿はまるで親子のようで
もしかしたら母には出来なかった夫婦のようで

ピースが最後まで父を慕う姿は私の不孝を見せられた気がした
ありがとうピース

*******************
4月30日

二日前の診察時
獣医はいずれ腹水からの苦しみがやってくると言った
それだけは避けてやりたかった
そして遂にその日が来た
ピースは大好きだったささみさえ食べなくなった
トイレもしなくなった
起き上がることも出来なくなった
体はがりがりになったにお腹は更に膨れてきた

苦しみが襲ってこない内に楽にしてあげなきゃ
獣医に電話を入れ1日の昼、安楽死を頼んだ

2日の午前中に火葬の予約を入れた

父さんはピースの棺を作り始めた
久しぶりの機械の音が居間に聞こえて来たとき
私の膝で体を横たえていたピースが顔を上げ私の顔を見た
ピースごめんよ

5月1日
朝6時45分
「YUKI、ピースが死んじゃったよう」父からの電話だった
出勤前の夫と駆けつけた時
ピースは薄目と口を少し開けていた

明け方ふと目覚めるとピースの頭は敷き布団からはみ出していたと言う
「こっちにおいで」と側に寄せ何か話している内に父もウトウトしたらしい
6時半頃 
さて起きるぞとピースを見ると既に息を引き取っていたと言う

ピースは私たちが我が身を責めぬよう
心残りにならぬ様、自ら逝ってくれた
苦しんだ様子もなく本当に穏やかな顔をしていた
半口はきっと父さんに礼を言ったのだろう
ピースに感謝すべきで悲しんではいけないと思った
とはいえ・・・・涙は止まらない

病院でピースの目を閉じてもらった
400mlの腹水を抜いたと言われた

夕方父はピースの棺を持って我が家に来た
d0064859_1114392.jpg

父の到着後娘たち夫婦も集まって場を盛り上げてくれた
ピースのお陰で賑やかな楽しい通夜だった
娘夫婦が帰った後も父と夫と三人でピースの思い出話が続いた

深夜、夫と翔&迅が父と同じ部屋で寝てくれた
夫と寝ていた翔が明け方になると
父の布団にもぐり込んで行って腕枕で寝ていたらしい
きっとピースの代わりをしてくれたのだろう

私は
酒臭くて(自分を棚に上げ)むさくるしい輩と寝たくなかったので
棺を寝室に運んでピースと寝た
ピースと寝るのは父の入院以来だ
悲しいはずなのに
涙が流れ落ちてくるのに
はしゃいだ気分になった
ピース、添い寝は久しぶりだね

5月2日
目覚めた時、ピースはうっすらと目を開けていた

ピースの棺は父と夫と私が乗る車に乗せた
若夫婦と孫たちは後続で
我が家から35キロ離れた下伊那の火葬場へ向かった

火葬時間は1時間
スタッフは顔を真っ赤にし汗をかきながら
ピースの骨をひとつひとつ、丁寧に丁寧に拾ってくれた
歯だと思っていたそれは・・・爪だった
ピースのほぼ全ての骨は丁重に壷に納められた
d0064859_11144138.jpg

父はその晩も我が家で過ごし3日の朝ピースと共に帰って行った
5月3日 迅5歳の誕生日だった

ここ数日一緒に過ごし感じたことがいくつか
父は心配したほど喪失感はなく
寧ろ心から最後まで世話してあげたと言う達成感の方が強い

逆に心配なのは父の体力だ
ピースの症状が悪くなるに従って側に居る時間が長かった分
殆ど外出も体を動かす事もなかったので足腰が大分弱くなっている
1日中一人きりでテレビ相手はやはり父にとって好ましい生活ではない

父さん、もう一度子育てしてみる?
「もう死ぬのを見るのは嫌だ」

大丈夫、父さんの方が先だから
父さん亡き後は私がちゃんと面倒を見るよ
「次はおれかぁ また最初から出来るかなぁ」

出来る出来る! 父さんは人との付き合いは下手だけど
犬の育て方は最高だったよ

翔の実家で私たちが伊勢参りに出掛けた頃生まれた子犬が居ると聞いた
母の三回忌とピースの納骨が済んでから
父と会いに行こうと思っている
出来るだけ長く母犬と一緒に過ごしてから家族に迎えようと思う
[PR]
by r-petal | 2009-05-07 11:28
母の元へ
d0064859_1337571.jpg

ガーベラはピースの名付け親の次女が大好きな花
明日父がピースの為に作った棺に敷きつめて見送りします

早朝6時半
ピースは口を少し開け旅立った
きっと父に別れを告げたのかもしれない

獣医が処置をしてくれ
腹水を取り除いてくれた

ピースの腹部はまだ温かく
まるで寝ているかのような穏やかな顔をしています

今月は母の三回忌
ピースは母の元へ行ったのかな・・・

応援してくださった皆さん
本当にありがとうございました
[PR]
by r-petal | 2009-05-01 13:38