<   2008年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧
ワイナリーフェスタ2008
日曜日のお話です、このフェスタが始まって今年で4年目
私も4回目の参加で皆勤賞(*≧m≦*)
d0064859_8251379.jpg

いきなりだけど 1,500→2,200→2,200→2,800

何の数字かと言うと当日チケット代の値段
フェスタが開催された初年度から比べたら1,300円も値上がっている
来年は2倍になってしまうのかは定かでないが…

今年はお友達が前売り券を用意してくれたので500円安く手に入ったが
お気に入りのkidoワイナリーも駅前試飲のみになってしまったし
そろそろワインフェスタは卒業して諏訪の日本酒巡りのみにしようかな(そっち)

当日のハプニング 
前日から鼻水で苦しそうだった夫が出発1時間前に参加を断念
熱はないし前売り券2枚を無駄には出来なかったので
後ろ髪を引かれる思いで(*≧m≦*)夫に駅まで送ってもらった

同駅から染め物屋の社長と(父とほぼ同じ年:初参加)
そこから4つ目の駅で若旦那が乗車(私とほぼ同じ年:初参加)
次の駅で染め物屋勤務のお友達(私と全く同じ年:3回目の参加)
以上4人が揃って目指すは塩尻

私はこの染め物屋でアルバイト経験があるし
普段も何かとお世話になっていて、気の合った社員旅行になった感じ
やはり奇数より偶数の方が楽しかろう(* ̄m ̄)

現地に着いて先ず、お友達のけいさんと一年振りの再会を祝してハグ♪
その姿を後から見ていた染め物屋の社長が驚いていたらしい(笑)

夫の前売り券は偶然にもお友達のお友達が居たので買い取ってもらえた

受付でおつまみとグラスが入った白いビニール袋を紐解くと
過去、黒と赤の繰り返しだったワイングラス、今年は新色で朱色だった
我が家のグラスも三役ならぬ三色揃い踏み(笑) 1杯約60ml
d0064859_8562981.jpg

そのグラスを持って早速駅前試飲コーナーへ 
軽く数社のワインを試飲した
お気に入りのkidoは長蛇の列だったので帰りに寄ろうとシャトルバスに乗った

最初はアルプスワインへ
駅前で別れたけいさんと早くもバッタリ♪

2006年のマスカットベリー赤の辛口を試飲し
善光寺竜眼の同じく2006年物の白 やや辛口
メルロー2007年 10ヶ月間樽熟成中の赤を楽しんだ後工場見学をした

アルプス社もブランデー作りに力を入れているらしいが
社員のおじさんの説明では…
ワインの原酒を10年熟成させるとあの琥珀色に変わっていくらしい
それがこのブランデー ザ・アルプス12年 有料試飲で1口量100円
d0064859_8111934.jpg

社長さんがご馳走してくれましたm(_"_)m 美味

見学を終え休憩所でおつまみを食べながら今年のワイン2種を数杯
d0064859_8343835.jpg

やっとバスに乗車して信濃ワインへ
ここでは2003年のシャルドネ 白の辛口と
初めてここを訪れた時口にした記念のナイアガラのシュール・リーを頂いた

そして夫が毎年飲んでいたコンコードの原酒1995のブランデー
1年に一樽しか出来ない貴重な原酒を夫に代わって飲み干してきた 
これも妻の役目だ(笑)
d0064859_8443490.jpg

時は既に昼時、次のワイナリーに向う前にお蕎麦屋に立ち寄った
d0064859_8175651.jpg

店内は満席で戸口を開けると5組ほど待ち客が居た
「急ぐ旅でもない、ゆっくり待とう」と社長さん
せっかちな夫が居たら先に行くと言い出したろう(笑)

30分ほど待ったろうか名を呼ばれて中席へ 
所が10割蕎麦やキジ蕎麦は既に完売
海苔トッピングのざる蕎麦はお品書きになかったのでもり蕎麦を注文
d0064859_8581840.jpg

社長さんは蜂の子なんぞ注文(長野県人がみな食べてると思わないでね)
あえて小さめの画像で…
d0064859_8185485.jpg

3箇所目は井筒ワイナリーへ
昨年と同様、画像入りのオリジナルワインを作った
d0064859_8192832.jpg

屋外で果報シャルドネ白 辛口 同じくメルロー赤再び白(笑)
d0064859_8213463.jpg

2階に移動して有料試飲コーナーへ
またまたシャルドネゴールドの白をグラス1杯

五一ワイナリーに移動するとけいさんと3度目の再会♪
龍眼の辛口の白ワインで乾杯
続いてマスカットベリー赤の辛口を頂いた

ここでまたまた貴重なワインを社長さんからお裾分け
貴腐葡萄のワイン1999 値段は何と1本24,000円
残念ながら超甘口で…私の口には合わなかったが
有料試飲は1杯1,000円也 みなで回し飲み(笑)
d0064859_91669.jpg

今年は1つ1つのワイナリーをじっくり居座っていたので既に最終バスの時間
kidoワイナリーの駅前試飲を楽しみに戻ってみたら…
既に会場は片付けられた後だった(TmT)

発車時刻まで時間があったので今度は暖かいなめこ蕎麦を食べて乗車
d0064859_824073.jpg

地元駅に夫が迎えに来てくれていて
その晩は夫が用意してくれた鯛のシャブシャブで1日が終わった(感謝)

*************
つぶやきなのでさらっと…
明日早朝(11日)従姉の夫の葬儀で夫と東京へ出掛ける

彼女からアプリコットと言う名の喫茶店を営んでいた彼を紹介されたのは
互いが未だ独身時代だった30年近く前の事だ

二人の結婚式の時の彼の顔よりも
2年ほど前会った彼の顔よりも初めて会ったあの姿の方が鮮明に残っている
54歳…人生はかくも儚い
[PR]
by r-petal | 2008-10-30 09:06 | Comments(12)
冤罪を被ったセイタカアワダチソウ
動機:夫が昨日和歌山出張だったので思い出した話

陳述1:もう一昔以上前の話だけれど
夫が和歌山県に出張していた時,三度その地を訪れたことがある
名古屋から新大阪までは新幹線なので短時間だけれど
そこから紀勢本線はローカル線なので2時間と少し乗車した

当時車窓から黄色い花の群生を見て驚いた私に
「あの花が花粉症の原因だ」と話してくれた記憶がある
d0064859_7443971.jpg

夫はその花を麒麟草だと言っていた
多分出張先の誰かからそう聞いたのだろう
私もずっとそうだと思い込んでいた
その花は正に夫の外敵 
随分花粉症や鼻炎で苦しめられた頃だった

陳述2:母が未だ在宅介護だった頃週に1度、日中我が家で過していた
送り迎えの車中、天竜川沿いにいつしか群生したその黄色い花を指差し
「母さん、あの花が夫の鼻を苦しめている元なんだって」と言ったものだ
d0064859_7445961.jpg

母は既に認知症も進んでいたので私の言葉を記憶することもなかったろう
間違った事を覚えないで良かったのかも知れない

陳述3:我が家の真向かいの家は5年前住宅の一部から出火した
幸い負傷者は誰もいなかったがその後この家は空き家になっている
色々噂は流れたが出火原因は未だ分らず時が経っている
正直放置されたままの状態でジャングル化していく庭が
玄関前にあるのは気持の良いものではない

普段なるべく見ぬようにしていたその奥庭に
ふと気がつけば夫の外敵だったあの花が群生してるではないか!
d0064859_7465091.jpg

娘達も季節の変わり目色々な花粉で困っているので
何か対策はないものかと調べていたら驚く事が分かった

立証1:まず夫の言っていた麒麟草とは全くこの花と違う
葉がサボテンのような多肉植物だった (植物図鑑より)
d0064859_7483649.jpg

まあね。。。私も植物に詳しくないから疑いもしなかった(初動ミス)

立証2:続いて「黄色い花 花粉アレルギー」と検索すると
秋のブタクサ、ヨモギと出てきた
ブタクサを見ても花が全然違う

更に「ブタクサ 黄色い花」と検索すると多件ヒットし
セイタカアワダチソウとブタクサの混同が触れられていた

私はつい昨今セイタカアワダチソウと言う名を知ったわけで…
己が花粉症とは無縁だったので大変恥ずかしい結果になった(恥)
救いはこの花は私同様結構誤解されていたようだ

★10年ほど前はブタクサと書いてあってセイタカアワダチソウの写真だったとか
★花粉アレルギーや喘息の元凶であるなどの濡れ衣を着せられたこともあったとか

判決:セイタカアワダチソウは虫媒花であり花粉症等の原因ではなかった 無罪

それを知ってヤレヤレと安堵の胸をなでおろしつつ
長年の冤罪を晴らした花だったのね。。。と言うお話でした

ただ調べた証拠記事は随分古かった。。。今更~~!と笑ってやって(* ̄m ̄)
[PR]
by r-petal | 2008-10-24 08:06 | Comments(24)
季節の食材 松茸と銀杏と松茸話
先ず松茸の話
ここ数年、松茸生産量が日本一の信州
泥棒被害も後を絶たず農家も神経をとがらせている様だ

今年は早くも2箇所からお裾分けを頂いてYUKI家も新記録の本数になった
今月早々に届いた小振りの松茸はその日の晩割いて炙って食べた
d0064859_1443565.jpg

翌日は少し炙りスライスにして日本酒へ
d0064859_14435928.jpg

更に翌日は定番の松茸ご飯
d0064859_14454129.jpg


続いて銀杏話
夫が昨日、会社帰りにファームに立ち寄って銀杏を買ってきた
d0064859_14474460.jpg

早速フライパンで殻ごと炒り(夫が)
食卓に運んで殻を口で割りながら酒のつまみに食べていた

翔&迅のご飯の用意をしていると「ヤバ!」と夫
どうやら銀杏の殻で被せた歯が取れてしまったようだ(>▽<)

自分が余り食べないので無関心だったけれど
これ以上治療費がかさむと家計費にも響くので(笑)ネット検索

レンジでチン…作戦で試してみた

私はパン!とかドカン!って言う爆発音が大の苦手なので
5粒だけ封筒に入れ それを更にB5版の封筒の中に入れた
口をそれぞれ二折りして900Wで40秒 
パン!パン!と2度大きな音がして封筒は風船の様に膨らんだ
ちょっと長すぎた様で3粒破裂してしまった

2度目は30秒 やはりパンが2回 今度はマズマズかな
100%の成功率じゃないけれど歯が欠けるより良いだろう 
d0064859_14482436.jpg


最後に再び松茸話
次女の嫁ぎ先からのお裾分けが届いた♪
d0064859_14503819.jpg

早速あちらのお母様にお礼のメールを送ると
松茸酒にでもすると思ったのだろうか
「くれぐれも飲みすぎにご注意ください」と返信されてきた(_□_;)!!

それじゃあ今夜は 晩酌抜きで 炙り松茸にしよう…(^O^)□
残りは銀杏も利用して茶碗蒸し~~♪

【追記】
晩は網焼き
牡蠣、イカ、こんにゃくに長ネギを大皿に盛り夫の帰宅を待つ
帰宅した夫が松茸を手で裂いた(これが楽しみらしいから)
d0064859_8485265.jpg

今回は松茸の他に舞茸も炙ったがこれが予想以上に美味
d0064859_8503448.jpg

私はやっぱりこっちの方が好みだな♪ (どっち)
[PR]
by r-petal | 2008-10-21 14:58 | Comments(14)
五十肩
雨のコスモス鑑賞の翌日から皮肉にも晴天続きo(__)o~
夜桜とコスモス
母は余程人混みが嫌いと見受けられる(笑)

冗談はさて置き、誕生日を過ぎてから途端に…
もしかしたら徐々にかもしれないけれど
強靭な骨を父から引き継いだにも関わらず左肩から二の腕に痛みがある

気がついたのは朝のテレビ体操をしている時だった
四十肩を経験した夫が「そりゃ五十肩だ」と言った
どうすりゃ治るの?と聞けばほっときゃその内自然に治ると言う

人事だと思っていても何れ我が身に伸し掛かってくるんだ\(-"-)/
と・・・諦めず
避けられないのなら少しでも症状が軽い方が自分も楽だし…
とネット検索をしていると面白いページを見つけた

五十肩のメカニズム
まぁ商品情報は別にして五十肩検査法を試してみた

すると私は両腕がピタッと耳の横まで届いちゃった(^▽^)b
と言う事はどやら五十肩じゃないかも(* ̄m ̄)

でもこの痛みはやはり何か原因があるはずよね

そもそも五十肩は肉体を酷使している職業の人に多く発症しそうだが
現実はその逆で、教職者や事務職など肉体労働をしない人に多い傾向があるらしい

ストレッチもサボってるしパソコンに向かっている時間も多くなったし
やはりこれが一番の原因だ
本格的な五十肩にならぬ様先ずはサイトじゃないけれど転ばぬ先の杖
食事と運動の改善に出来るだけ努めようっと

娘&孫達、そして翔&迅と散歩するコースには
牛さんに会い
d0064859_8275881.jpg

合鴨さんと出会う
d0064859_8285660.jpg
 
お馴染みのメンバーは午後に到着予定だから
今日もこのお散歩コースを歩くよ♪
[PR]
by r-petal | 2008-10-18 08:34 | Comments(6)
雨のコスモス
毎年飯島町で行なわれるコスモスまつりに
数年前から見に行くのが恒例になったが今一情報がつかめず
日曜日ネットから見た花の様子は未だ開花がまばら…
今週末が見頃になるだろうと計画していたらトンでもない勘違い
逆に見頃が過ぎてしまっていたo( _ _ )o

今日を逃したらもう来年までお預けになっちゃう
あいにく天気は朝から雨 時間が経つに従って雨脚が強くなるし…
気温は低めだったので連れて行って殿&姫に風邪を引かせたら困るので
帰りを待つよう娘達に連絡して先ずはレッスンに向った

1時間後ラルフの家を出る時、雨は幾分小降りになっていたが未だ迷った
信号機で一旦家路に向う為左折したけれど直ぐに気が変わって逆戻りした

やっぱり行こう

何もコスモスの花など…と思われるかもしれないが
夜桜にしてもコスモスにしても季節の移り変わりを母親と過したい
特に母は秋が一番好きだった
だから生前十分に連れて行ってやれなかった場所へ毎年行こうと決めていた
例え雨が降ったとしても母は付いて来てくれるはず
そう言えば桜の夜桜も大雨だった ついてないね、母さん

2日前にイベントも終わったコスモス会場は路上に数台車が止まっていた
咲き開いたコスモスを摘んで直ぐに車に戻り帰って行く人ばかり
じっくり見て歩いているのは私だけ?(笑)
d0064859_17223584.jpg

殆どの花は雨水の重さで頭を垂れていたが
これだけ群生していると見事だ
d0064859_17361750.jpg

見晴台に上って北からぐるっと辺りを見渡した やはり来て良かった
d0064859_17234578.jpg

d0064859_17243371.jpg

d0064859_17264234.jpg

d0064859_17274590.jpg

d0064859_1729672.jpg

d0064859_17423358.jpg

来年こそ見頃のコスモスを!
母さん、また一緒に見に来ようね
[PR]
by r-petal | 2008-10-14 17:53 | Comments(20)
骨太美人
美人は余分だったな…(笑)
今夜は夫が本社との会合と飲み会で帰宅は…いつだ??(笑)
娘達が帰ってぽっかり空いた夜の自由の時間、ブログアップに費やした

昨日10年振りに骨密度検査を受けてきた
半世紀生きた事だし 色々区切りの年だし

実は今回は自信がなかった…

10年前の私は大病もせず
ジムに通ってバリバリ運動をやっていたし
食事も気をつけていたのでBMI指数が17,99 かなり筋肉質
骨密度(カルシウム量)は0.711
同じ年齢の女性の平均値と比較すると110%
また若年成人(22~44歳)と比較しても同値の110%だった

因みに80%以上が正常
70%以上~80%未満で骨量減少の疑いがあり
79%以下が骨粗鬆症と判断される

自分なりに努力してたし当然の結果だ…と自負してた
それほど体力に自信があった年代だった

所が…その後の10年間には色々あって
運動どころか食欲もない日も続き
生きる気力もなくした時もあった

術後のリハビリで水中エアロビや水泳など数年間続けたが
母の痴呆が進行した頃には再び全て中断
やっと最近定着した朝のテレビ体操を細々続けているのみ
家事や子守と全身運動は別物 使う筋肉が大分違う
食事も余りバランスが良いと威張れないし…

検査当日の昨日の朝、夫は「ある意味結果が楽しみだな」と言った
私は10年前の結果はおのぼれで落胆にならなきゃ良いけど…そんな思いだった

問診票を書き簡単な質問を受けてから体脂肪や身長を測った
予感的中 身長は10年前より0.5センチ縮んでいた
体重も1.5キロ増加してるし…BMIも18.7
縮むし増えるし 筋肉が落ち脂肪が増え、サボった当然の結果だよね
 
測定器が置かれているバスに移動して検査を受ける時点では
半分諦めの境地で左手を見つめていた

数分で結果が出て手渡された紙の数値を見てビックリ!!
d0064859_1933467.jpg

骨密度(カルシウム量)が0.711 10年前と全く同じ!

同年齢の平均値と比較すると118%と10年前より結果が良かった
…と言う事はこの年代は閉経も関係して密度が落ちる年齢でもあるのだろう
当然若年成人(22~44歳)も10年前と同値の110%

ルンルン気分で保健婦さんの前に坐って検査結果の用紙を手渡した
彼女は一目見て「凄い結果ですね!今日一番の数値です」と言った 
実は…と怠けた10年間の運動の話をすると
「YUKIさんはご両親から良い骨を受け継がれた事もこの結果の一因ですね」と言われた

その通りですねと言い返すまでに少し間が空いた
私は検査の結果に有頂天になって大事な事に気付いていなかった
今も そして10年前も

私は生まれた時にサラブレッドの様な立派な体をもらったんだ
特にずっとずっと反抗的だった父親と同じ様に丈夫な骨を…

これからは5つ言いたい小言を3つで我慢してやろう(* ̄m ̄)
その内もっと老いたら1つにしてやろう…ごんぶとの骨をくれた恩返しだ
同時に自分の体、大事にし過ぎず・・・労わってあげようっと♪

帰り道、買い物をしていると次女が代表で検査結果を問うメールが届いた
おめでとうの祝い言葉と一緒に届いたのは撮り終えたばかりの殿&姫の画像だった

先ずとうご
d0064859_1982189.jpg

そしてねね
d0064859_1983516.jpg

「かか」って呼ぶねねの声が聞こえた気がした
[PR]
by r-petal | 2008-10-10 19:27 | Comments(33)
参加予告 ∀(^-^)
毎度、大した話題ではないのですが(汗)

YUKI家のダイニングは対面式キッチンで
シンクにミニカウンターがあり
その向こうがリビングになっているオープンタイプ

朝食前、夫はテーブルに坐って迅を膝に置き新聞を読む

私は足元から翔の熱い視線を受けながら
夫のお弁当と朝食の用意で奮闘する
これが普段の朝の様子

今朝は昨日の南部教授、小林教授、益川教授との3人に続き
下村氏と連日のノーベル賞快挙の話題で一盛りあがりした

味噌汁の味見をしていた時夫が奇声をあげた
「あ!俺とYUKIだ 写真に写ってる!!」と言った

ガスコンロを弱火にしてテーブルに駆け寄ると
夫は地方紙の秋の観光ガイドを読んでいた

上伊那地方の秋のイベント紹介欄には木曽町の福島関所祭りと
箕輪町のもみじ湖夢まつりにヴァンデルングと何れも不参加

夫の指差す記事は右下のお馴染み【塩尻ワイナリーフェスタ】だった

緑の男性が夫と思った私は「全然違うじゃん~」と反論して戻りかけた
d0064859_955431.jpg

「ここ ここ」と更に指差す場所を目を細めて見ると・・・・

(*≧m≦*)ホントだ 無理やり拡大したので見辛いけど
私達の後姿が写っていた(笑)
d0064859_961768.jpg

去年アルプスワイナリーで試飲している画像だった
よくもまぁ見つけたものだわ(* ̄m ̄)

…と言う事でちょっと早い予告宣言
今年も26日(日)ワイナリーフェスタを楽しんできます♪
既にお友達に頼んで前売り券なども購入してあるし・・・∀(^-^)
d0064859_912929.jpg

[PR]
by r-petal | 2008-10-09 09:18 | Comments(6)
今更だけど・・・週末の事(笑)
毎度の事ながら
その日の日記をその日の内にアップ出来ない私(笑)

先ず先週の土曜日の事だけど…(*≧m≦*)
夫がゴルフに出掛け
日中は久しぶりに一人で有意義に時間を過した(一人ランチもしたし♪)
夕方次女親子がやって来て夫と私を乗せ駒ヶ根高原のこまくさの湯へ
一足遅れに長女親子も現地に到着

夫は一人、男湯へ消えて行った(寂)

ここは大風呂の他に薬湯とジェット風呂・サウナがあり
そして露天風呂はこんな感じ(パンフレットより)
d0064859_15395019.jpg

間近に中央アルプスの山を望めるのよね~

1回目は簡単に…と言っても殿と姫が一緒だとかなり慌しいが
長湯をせず休憩所へ

夫は一足先にフライドポテトをつまみにビールを飲んでいた
私も早速500mlの缶ビールを買い
つまみはこれ、伊那谷名物 馬のおたぐり
d0064859_15433441.jpg

お銚子のつまみはこれ
蕎麦からあげ 味付けは塩だけだからこそ美味
d0064859_15444643.jpg

2回目の入浴時 夫は殿をお供に男湯に消えて行った
今度の後姿は嬉しそうだった

あ!殿のお茶ボトルを渡すのを忘れ(汗)
男湯の入り口で思いっきり大きな声で夫の名を呼ぶと
殆ど肌を露出した夫の姿が(* ̄m ̄) 
目を背けてボトルを手渡した(微汗)

姫は大人3人に独占されてご満悦だった

皆より一足先に出て髪を乾かしながらパックをしていると
後からやってきた姫は私の顔を見て母親の元へ逃げて行った(大汗)

現地解散 長女親子はアパートへ 次女親子は我が家にお泊まり
土曜日はこんな風にリラックスな1日を終えた

翌日曜日、夫は肉体労働日で私は秋の収穫日

7時から隣組の公園掃除に参加した夫は9時には休日出勤で出社して行った
私と次女親子は一足先に姉の家を訪れた

家を隔てた真向かいの道には大きな栗の木があり沢山の栗イガが落ちていた
栗の実はないかな~~と探していると後方でカ~ンと音がして…
見つけました! 落ちばかりの栗ちゃま(*^_^*) 
d0064859_1546594.jpg

撮影用にもう一度イガに入ってもらったら出す時痛いのなんのって
小細工すると痛い目に合う(自滅)
でも自分の頭の上に落ちてこなくて良かったわ(* ̄m ̄)

姉宅でお茶をご馳走になっていると珍しいお菓子を1つ頂いた
南信州市田の干し柿を丸ごと使った源 吉兆庵の粋甘粛(すいとうしゅう)
季節限定の高級和菓子でお一つ何と500円 りっぱな木箱に入っておりました
d0064859_15462923.jpg

干し柿の中に白餡が詰め込まれまわりを羊羹でコーティングしてあります
d0064859_15464535.jpg

お茶とコーヒーでお腹が一杯になりかけた頃
夫が会社を一時抜け出して来て私達と姉宅で合流
裏庭に積まれている古材の山を皆でトラックに積んだ
この古材は父の風呂場の薪になる 
長靴と軍手スタイルで一汗かいた

薪置き場の近くの畑でオクラの木を発見
d0064859_15483787.jpg

実はオクラの木も花も見るのは初めて、子供の様に大興奮
d0064859_1549176.jpg

来年は私もオクラを作るぞ~~!!

白蕎麦の脱穀もそろそろだろうな
d0064859_15523716.jpg

d0064859_1552522.jpg

周りの林檎畑も収穫間近
d0064859_15531181.jpg

ホント…姉様が住んでいる所は我が家より更に自然が一杯だわ

夫はこの後父の家に薪を運んでそれらを収納して会社に戻った
私達も後から父に会いに行き、自宅近くの児童公園へ向かい
午後のイベント、アンパンマンショーを姫たちと見物した
丁度バイキンマンがアンパーンチを食らった所(*≧m≦*)
d0064859_15545616.jpg

公園内の赤とんぼも鑑賞していた(* ̄m ̄)
d0064859_15565277.jpg

夕方この日の夫の労力に感謝の気持ちを込めて
先月末届いた季節のワインセットから
フランス産のスパークリングワインと好物の牛モツを用意した
d0064859_1643235.jpg

その晩も次女親子が泊まったので賑やかな夕食であった
おしまい(笑)
[PR]
by r-petal | 2008-10-07 16:12 | Comments(16)
パスタな日
先週金曜日のお話
ゲートボール大会に参加した義父さんに代わって
義母さんの病院付き添いを頼まれた
前夜の電話では足が痛いので病院から直接自宅に戻る事になっていた

が…翌日現場で採血が済んで会計待ちになった時点で
「YUKIちゃん、お昼を食べて帰ろう」と言い出した

食べようって言ってもまだ10:15
レストランなんて開いてないし,ご希望はパスタだと言う
…さてどうしよう

長女に電話を入れ某パスタ屋さんの開店を確認すると11時半だと言うし
時間つぶしに立ち寄ったストアの2階のレストランが開いていた
テナントだから開店していて当たり前か(笑)

私達はここで凄い早いランチを取ることにした(* ̄m ̄)
義母さんはミートソース
私はボンゴレビアンコ
d0064859_821049.jpg

白ワインなんて我が家じゃお料理にまで残らない使わないし
ワクワク気分で待っているとトイレに行きたいと言い出した
治療の為に利尿剤を服用しているので頻度、もう3回目だ

調理場に声をかけて車椅子でトイレに走った
所が2階のトイレは全て和式で身障者用のトイレはない(汗)
1階まで行っていたら間に合わないので凄い焦った
何とか事を済ませてレストランに戻ると
テーブルにはスパゲティがセットされた所だった ヤレヤレ

来月77歳になる義母さんは親父と似た所があり
身内一同結構振り回されているがハイカラな人でもある
追求心が旺盛で母になかった素直さが時には羨ましいと思った事もあった

最初はパスタをフォークですくいすすっていた義母さん
途中からフォークに巻き付け始め
それが出来なくなると左手でスプーンも使い完食した
右手に少し障害があるので使い慣れた箸を勧めたが最後まで使わなかった

上手にフォークとスプーンを使うのねと言うと
私の食べ方を見てまねたと言う
そこが母にはなかった先ずやってみたいという好奇心だった

店内を見て周り義母の家に戻った
二人で食後のコーヒーを飲んでいると12時のチャイムが流れた(笑)

お次はトヨタの代理店へ
車検代を納めたら馴染みの店員さんが領収書と白い箱をくれた

予約の取れないレストランで有名なイタリア料理店
“ラ・ベットラ”のオーナーシェフがデザインを監修したお皿だそうだ
箱を開ければ何とペアバスタプレートが2枚入っていた(* ̄m ̄)
今日はパスタに縁がある日なのね

そのプレートを使って翌日私だけのランチを2種類作った
d0064859_8221086.jpg

緑の模様、ハーブのセイジプレートには
しょうゆ味のツナスパゲティ(かいわれ大根とハム)
d0064859_947799.jpg

赤い模様、同じくハーブ:パッションフラワーには
タラコスパゲティ(パセリときざみ海苔)
d0064859_9472943.jpg

たまには自宅でこんな気持ち的贅沢を味わっても良いよね(*^_^*)

*フォークとスプーンを使って食べるのは
イタリア北部の田舎と子供だけだそうだ
正式なマナーはフォークで丸めてパクっと食べる

日本人がスプーンを使うようになったのは
アメリカ人が使っているの真似たと聞いた
でも義母がスプーンを使って食べたとしても変ではないはず
大事なことはマナーはどうあれ自分の手で食事が出来ると言うこと

母は長期の入所中、右手が殆ど動かせないほど機能が落ちてしまった
フォークもスプーンも使わず おかずを手づかみ で食べていた
一部の介護員はこの行為を止めさせ
スプーンで食べるよう再三意見していたが母は従わなかった

私は手づかみも立派な食事法だと思っている
認知症の年寄りにとって自ら食らうことは生きる為の戦いと同じだ
決して恥ずかしい行為ではないと母から学んだ
[PR]
by r-petal | 2008-10-06 08:33 | Comments(10)
恒例の天日干し
d0064859_1134950.jpg

このトマトちゃんとオレンジちゃんの登場も5年目か?
結構縫い目のほころび(縫えや!って言われそう)や
凹み(翔が上に乗って形が歪んでる部分あり)
洗っても落ちないシミや床部分の小さな穴…

寒い時期が長い信州だから本当に重宝している翔&迅のハウス
来年は新居にしてあげようかなぁと思いつつ翔&迅と共に天日干し(笑)
d0064859_1162812.jpg

信州はここ数日大変良いお天気で
お天気様々だ
[PR]
by r-petal | 2008-10-04 11:09 | Comments(8)