<   2008年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
サマージャンボ胡瓜
今年初挑戦した胡瓜栽培には色々学びが多かった(笑)
まさか胡瓜がこんなにも多種あると知らなかったし
我が家の胡瓜だけ中々大きく成長しないので
肥料が足りないのか、土壌が悪いのかと心配したり
やっと大きくなったかと思えば他所様と形が違うし…
こりゃ胡瓜の祟りかと思ったり(TmT)

ほんと。。。バウさんがその正体を教えてくれるまでは
心配で心配で不眠症になりそうだったわ(自爆)

この辺のお店でも滅多に見かけないが(実際に見たことない)
漬物屋さんは四葉系の胡瓜がないと商売が出来ないそうだ
そんな胡瓜の苗が我が家にやってくるのも何かの縁よねぇ

そう思って色々試したんだけど微妙に頭部側に苦味が残ってしまうから
下の一部分以外は翔たちでさえ食べません(* ̄m ̄)

味噌味の漬物にも飽きたし
さて…どうしようか どうしようかと毎日眺めていたら
2本だけ異様に大きくなり(*≧m≦*) 
いっそ初栽培の記念としてどこまで大きくなるかほっておいた
d0064859_15571139.jpg

先日トマトの様子を見に行った夫が
この2本の垂れ下がった胡瓜で頭を打ったと言うので
他に怪我人が出ない内に遂に切る事になった
大体通路に胡瓜のトンネルなんて作るから頭を打つんだと思うけど(笑)

見た目より実際に手にとってみるとスゴ!
真ん中の胡瓜が我が家の収穫サイズ
d0064859_15584733.jpg

翔と並べるとこんな感じ
d0064859_1612451.jpg

迅だとこんな感じ
d0064859_1622232.jpg

今一ピンと来ないと思われるのでこれならどう?
d0064859_1631834.jpg

ここまで来ると正確な長さと重さと太さが知りたくなってきて計測開始

長さ43.5cm 
d0064859_16222524.jpg

重さ470g
d0064859_1684367.jpg

太さ14cm
d0064859_1695475.jpg

まさにサマージャンボ胡瓜に育ちました(笑)

さて・・・どうしようかこのジャンボ(汗)
d0064859_1851927.jpg

やっぱり漬物よねって事で別味の漬物を作ることにした(大汗)
某地方新聞に紹介されていたカリカリキュウリ
酢とみりんと醤油 これだけ♪
調味料を鍋に入れて煮立ててキュウリを入れて沸騰させ
鍋の底を氷水で冷やして煮汁が冷めたらまた火にかけて沸騰
これを4、5回繰り返してシワシワになったら出来上がり
d0064859_16123079.jpg

シャキシャキ感はジャンボよりチビの方がありジャンボの負け
やっぱり育ち過ぎはダメよね(TmT)

胡瓜に纏わる話はまだまだ続いてまして…

生食胡瓜を収穫出来ないのはそりゃ気の毒だと
義父さんが夏胡瓜の苗(種類は不明)を買ってきてくれちゃって(TmT)
しかも3本も…(1本は植えた翌日枯れてしまいました トホホ)
d0064859_16143155.jpg

義父さんの手前只今残り2本を枯らさぬよう水やり必死です!
果たしてこの2本の苗から無事収穫出来るのだろうか・・・また不眠症だわ
来年はもう・・・胡瓜は義父さんにお任せしようかしら(*≧m≦*)
[PR]
by r-petal | 2008-07-29 17:18 | Comments(10)
恒例の夏季文化講座
恒例と言っても私の受講は二度目(笑)
毎年この時期、母が眠る菩提寺で行なわれる無料講座は
私たちが結婚した頃から開始され今年で26回目だそうだ

因みに去年の講師はチベット声楽家のバイマーヤンジンさんだった
**********

「どうぞ夏季文化講座の際には、
侍従(父親)を伴ってご光臨されますように」
とメル友の坊様が誘ってくださったので昨日は侍従を伴った(笑)
d0064859_9153373.jpg

10時からの講演より大分時間前に到着したので先ずは父と墓参り
そして会場の洗心閣、脇庭で抹茶と羊羹を頂いた
d0064859_9163950.jpg

今年の講師は地元伊那谷出身の後藤俊夫映画監督
演題は「ふるさとへの思い」
d0064859_9174184.jpg

同時に監督最新作の「Beauty うつくしいもの」が上映された

物語は昭和10年長野県伊那路村
半次(片岡孝太郎)雪夫(片岡愛之助)歌子(麻生久美子)
3人の幼馴染が村歌舞伎と戦争を通してどう生き抜いたか
監督の根底には反戦の意図も込められているが
老いて外見は変わり果てても内から湧き出す美がある事を
そして薄れつつある大事な文化を後世に残すべきだと訴えていた

映画の舞台となっているのは、南信州の伊那谷
私が住む地でありながらその美しさをつい軽視したり忘れがちになっていた
監督の様に私も一度はこの地を離れてみる事が大事なのかもしれない
な~んて…今はムリムリ(* ̄m ̄)
でももしかしたらそんなチャンスが…♪

映画を見ながらふと、思い重なることが一瞬あった

女形を演じる半次と雪夫は舞台ではいつも一緒だった
そんな2人を舞台の袖から見守る歌子
彼女は雪夫といつも一緒に居られる半次を羨ましく見つめていた
勿論雪夫も歌子を慕いながら結局戦地へ旅立ってしまう
半次は自分の存在をどう思っていたのだろう

母の死期が迫って来た時、母の人生を思った
もし晩年の母の側に私がいなかったら、母は私ではなく父を頼り
もしかしたら全く違った夫婦仲ではなかったのだろうか
半次と雪夫が私と母であったように
舞台袖の歌子は父ではなかったのだろうか

もう過ぎさった事だから今となってはどうにもならないけれど
現実として言えるのは
母が先立ったからこそ父親とこんな時間が持てたのだと思う
もし逆だったら
私は一度として父親に情の欠片も抱く事無く別れていただろう

講演の後父親と一緒に買い物をし一緒に昼飯を食べ家路に着いた

「何だ 食べるもの食べたら帰るのか…」
私は帰ってからも色々忙しいの! じゃあね(* ̄m ̄) 
私ってホンと優しい娘だわ(笑)
[PR]
by r-petal | 2008-07-28 09:28 | Comments(4)
二年越しの…
昨日の夕方、出張から帰った夫が一言
「紀州より信州の方が涼しいなぁ」
前日、暑い暑いと愚痴った自分に反省
************
姫と殿がまだ娘たちのお腹の中に居た時に
1枚だけ裁断してそのままになっていた娘たちと私のカフェエプロン
二年の歳月を経てやっと完成した(* ̄m ̄)
赤のドットが次女で青のドットは長女のエプロン
d0064859_892165.jpg

最近縫い物をする日が定着しつつあり
余程急ぎの洋服直し依頼がない限り
毎月末の木・金の夫が出張でいない晩にまとめて縫うようになった
夕食の支度の心配はないし
夜は丸々自由に使えるし~~(笑)

一昨日は託児所を閉鎖して
朝の10時から夜の10時半までみっちり縫い物をした
午前中はお友達への贈り物を縫い上げ
昼食抜きで残り2枚のカフェエプロンの裁断から開始した

所が居間では暑くて…玄関のホールに移動
上はキャミ1枚で下は半パン姿(下着じゃないよ)
さすがにいきなり玄関ドアが開けられたら困るので鍵をかけた(* ̄m ̄)

布を裁断していると迅がやって来て…座り込んだ
d0064859_8194885.jpg

迅くんそこはお昼寝場所じゃないよ(笑)
d0064859_8202795.jpg

その内 翔もノソノソやって来て…
d0064859_8205276.jpg

こんなにくつろがれちゃ仕事が出来ないし(*≧m≦*)
d0064859_8212679.jpg

裁断が終わって居間でミシン縫い
すると2ワンも移動してきてふと見りゃこんな具合に寝てるし(笑)
d0064859_822209.jpg

アイロンがけも暑いので再びホールに移動
すると翔&迅も付いて来て
抱っこしてもらえない代わりに私のストーカー(笑)

気がつきゃ夕方6時 
さすがにお腹が空いて翔&迅と夕食を済ませて再びミシンの前へ

ミシンのライトの暑さにアイロンの蒸気の暑さ
水分補給の為缶ビール蓋をピシュッと開けて!(違うか(笑))でも最高だったぁ

一気に調子が上がって…遂に完成

撮影は翌日に回して
テーブルの片付けも翌日に回して
洗い物も翌日に回して
寝た(自爆)

茶色のドットは私のエプロン
このカフェエプロン もう4枚ほど縫っているけれど凄い重宝してます
何と言ってもお腹のポッコリが隠せちゃう優れもの(* ̄m ̄)


ポケットにはデジカメを忍ばせられるので
シャッターチャンス逃しませんでぇ~~(笑)
d0064859_8235321.jpg

ななめ後
d0064859_8241059.jpg

[PR]
by r-petal | 2008-07-26 08:35 | Comments(8)
くるくるの。。。
まとめブログですが(笑)

=日曜日=
義母に会いに行ってから前日に引き続いて姉に会った
今度は誕生日の祝い膳
と言ってもご本人様はめでたくないだろうが(笑)

「またそれ」って娘たちの声が聞こえそうだけど
d0064859_10561011.jpg

私は明太子スパゲティーをオーダーした(* ̄m ̄)
トッピングにトロトロの半熟玉子が何とも美味
ドリンクバーだったのでホットコーヒーを5杯も飲んだ

その日の夕方、ねね親子が泊まりに来たが鼻水タラタラ
38.3℃ どうやら夏風邪を引いた模様
でも元気で食欲があった 姫は体力がついたものだ

=月曜日=
翌日にはねねの熱は下がったが鼻づまりで機嫌が悪かった
動物園に行く計画を急遽取り止めたのに
この日の夜、とうごも熱を出した
この先も何かの流行り病はきっと2人が同時に罹るだろう
そして二親子はここに集合して来るんだろうな(苦笑)

その晩、ねねは夜中3時頃までぐずって大泣きだった
必死にあやす娘の姿が昔の私で
声を荒げて泣くねねの姿は昔の娘の姿に思えた
しゅり…貴方はよく入院したよね

=火曜日=
すっかり寝不足で娘と「眠い、眠い」と連発
逆にねねは夜中と打って変わって超ご機嫌麗しく迅と遊んでいた
d0064859_16261797.jpg

手土産を持って長女のアパートへ
とうごもねね同様元気で食欲もあった 熱も平熱に戻りつつある
殿もしっかり逞しくなった 

自宅へ戻って昼食時
「もう一晩泊まって行ったら?」
半ば冗談で言ったつもりが本気に取られた(笑)
のんきのようだが渓くんも来月滋賀の研修から戻ることだし…良しとするか

3時のおやつは庭のテント下で涼みながら・・・
心なしか迅の顔が引きつっているようにも見える(笑)
d0064859_16253870.jpg

昨夜はねねもぐずる事無くほぼ静か~に寝てくれた

そして今日、台風親子は午前中にアパートに戻って行った
静寂だ…(* ̄m ̄)

雑用を済ませて翔&迅のシャンプーをした
立派な尻尾は翔
d0064859_1627130.jpg

でも体はこんなにクルクルのカール毛で乾くのに凄い時間がかかる
d0064859_16272868.jpg

ドライヤーの前に沢山のタオルを使用しないとびしょ濡れ状態
ホント手がかかる
d0064859_16274297.jpg

実家のピース同様ほうきの様な貧弱な尻尾は迅(笑)
d0064859_16283720.jpg

翔と違ってストレートだからほっときゃその内自然に乾いてしまう
楽だよ~~
d0064859_1630530.jpg

まだまだ手のかかる孫たち&犬とそうでない犬(笑)
[PR]
by r-petal | 2008-07-23 16:45 | Comments(4)
神葬
今朝収穫した我が家のトマト
遂に大★中★小と育ちました
d0064859_10211521.jpg

*********
さて本題、
結婚式と葬儀…どちらの参列数が多いかと考えると
幸いにしてまだ祝いの席の方が圧倒的に多いが
葬儀の方が異なった式に参列している
昨日の葬儀もまた初めての様式だった

正式には神葬祭または神式葬儀というらしい
事前に知らなかったので会場の様子にちょっと驚いた

従姉の自宅、安曇野には近辺に寺がなく神社に依頼したと聞いたが
坊様がいらして経を唱える仏式葬儀が普通だったので
不謹慎ながら神職者の一挙一動に目を見張っていた 

仏葬と神葬の大きな違いは僧侶ではなく神主が執り行い
横笛と太鼓の演奏の中、神職者たちが入場してきた
途中琴の音も加わり葬儀ではない式典を
古式ゆかしく執り行なわれている感覚に陥る

数珠も線香も使わない
焼香の祭は玉串(榊などの木の枝に紙垂を付けたもの)を供えた
その時ニ礼二拍手してもう一度一礼
手を合わせる際は音を立てない忍び手で行なった

読経の代わりに祭詞が読まれ故人の生涯、家族との歴史が触れられていたが
独特の言葉や言い回しで全てを理解するのはちょっと難しかった

96歳、天寿を全うし、大家族に見送られ素晴らしい葬儀だと思う半面
これは式場側の悪い仕来りだと思うが毎回思う事がひとつ

弔電…故人と殆ど繋がりがない議員族を筆頭にダラダラと読み上げ
遠方でやむなく参列出来ない大事な親族、知人様たちを
名前だけ読み終える司会進行は如何なものかと…

そんな憂いを一掃してくれた言葉で締めくくりたい

故人には孫が10人、ひ孫が11人居たので
老父の棺はこの子らが担いで自宅から霊柩車に移されたらしい
「あなた達が担いだ棺の重さがおじいさんの命の重さですよ」
と神官が孫たちに仰っていたのが心に残った

当然小さな体だ、大人数で担げば寧ろ軽く感じるだろう
実質の重さの事を意味しているのではなく
子孫をこれだけ残し愛しんできた爺様の存在の重さなのだろうな
[PR]
by r-petal | 2008-07-20 10:30 | Comments(10)
胡瓜に集まる生き物たち
虫嫌いの人はスルーしてね(*≧m≦*)

昆虫やカエルをこんなに間近でみつめるなんて何十年ぶりだろう
つい嫌悪感を抱いて目を逸らしていたのに

案外私は虫嫌いではなかったのかも(* ̄m ̄)
**************
いきなり昆虫が出てきて失神したら困るので
我が家の今日の収穫野菜を・・・・
ゴーヤみたいな四葉胡瓜も今日は10本収穫出来ました
ミニトマトに加えて中玉トマトも1つ取れました
大玉トマトもいよいよ色付き始めて収穫ももう直ぐかな
d0064859_17405237.jpg

7月8日
小雨の日に蝸牛が葉っぱに乗っかっていた
d0064859_17413860.jpg

7月9日
あら~~次女が大嫌いなカエル
でも姫は「かーくん」と親しげに呼んでいるけれど
d0064859_17423188.jpg

7月13日
小さな小さな天道虫 種類なんて知りません
d0064859_1743148.jpg

7月16日
3日前の小さな天道虫が大きくなったのか 全く別種か?
別柄の天道虫が現われました
d0064859_17435494.jpg

7月17日
雌花に蜂もやって来て…こちらは余り歓迎出来ないけれど
d0064859_1143634.jpg

そして今日は…虫の名前は知りません(笑)
d0064859_17445679.jpg

かーくんも暑いのか日陰にいました
d0064859_17454714.jpg

そして胡瓜に集まる虫を食べる蜘蛛も・・・・
d0064859_11441357.jpg

小さな体だけれど・・・これも命

明日は従姉の舅さんの葬儀に参列してきます
享年96歳大きな命を終えました

追伸です
単純計算だけれどもしも愛する母がその年まで一緒に居てくれたら
私は会社勤めの定年を過ぎてました
介護に定年なんてないけれど老いても母の世話をしたかった
[PR]
by r-petal | 2008-07-18 17:59 | Comments(13)
粋なはからいで…
ほぼ毎日ネットでお話していても中々会う事が出来ない女3人組(笑)
そんな願いはまりむうるのまんまにさんの粋な計らいで叶えられました

バウさんのお宅の牛ちゃま(牛と言ってもワンちゃんですよ)と
みーとさんのお宅のみーと猫ちゃま
可愛くてあま~い、おふたりが我が家に遊びに来てくれました

かぁちゃんの古い知り合いのバウ家の牛ちゃまは翔がお相手して
d0064859_14285920.jpg

迅~~みーと猫ちゃまはお年だから大事にお相手してあげてね(* ̄m ̄)
d0064859_14292013.jpg

何?良く見えない?

ではではお一人ずつドアップでご紹介
牛ちゃま
d0064859_14295472.jpg

みーと猫ちゃま
d0064859_1430105.jpg

翔&迅のオーダークッキーでお世話になったまんまにさんから
キュートなお裾分けを頂きました

そうそう先日新潟県から笹団子が届き
d0064859_14394180.jpg

今日は和歌山県からバレンシャオレンジが届きました
d0064859_14411028.jpg

毎年こうやって果物を玄関ホールに飾って置けれたけれど
明日殿&姫たちに襲撃されそうだ(TmT)
今日1日だけこのままで楽しみましょう♪
[PR]
by r-petal | 2008-07-17 14:48 | Comments(15)
藍の里で・・・
染色体験で何度か訪れるシルクミュージアムに
今日はちょっとしたお仕事で出掛けてきました

先ずはミュージアムで育てられている藍の様子
d0064859_17471346.jpg

藍の葉を自分で摘み取って生葉染めをしたいなぁ
秋頃また訪れて藍の花画像も撮りないなぁ
と…やりたいことばかり(* ̄m ̄)

館内にはお蚕様も住んでいるので当然桑の木もあり実もある
d0064859_1748880.jpg

今回引き受けた仕事はミニ着物作りの講習会
詳しく説明すると、他県からはた織り体験で数日滞在していたお客さんが
偶然館内に展示してあった私の縫ったミニ着物を見て
自分で作った人形にやはり自分で縫った着物を着せたいと思ったようだ
その為仕事依頼が来たのは3日前の土曜日の朝だった

引き受けた以上いい加減な仕事はしたくなかったので
日曜日返上で講習する要点をレポートにまとめた

9時に館内に到着すると生徒さんはもう到着して待機していた
早速持参したお人形を見せてもらいながら
気に入った生地を選んでもらい着物の型紙作り
講習時間は3時間だったのでお友達と分担作業で手際良く♪

…と予定通りには行かず、身ごろに袖を縫い付けて一休み
昼食休み1時間をはさんで延長講習になった

ランチは館内のバイキング
これが結構人気があって毎日大賑わいらしい

最初にこれらと野菜サラダもう1皿を食し
d0064859_17491576.jpg

お替りしたのはこれら
d0064859_17502320.jpg

デザート代わりに4皿目(*≧m≦*) 
仕上げにホットコーヒー
d0064859_17513335.jpg

完全に食べ過ぎてます(笑)

あっという間に1時間は経過して
食後の休みもなく午後の講習会は始まった(>▽<)

衿付けと裾のふき付けなどは半身だけ教えて
後は用意したレポートを参考に自宅で縫うようにしてもらった
予定時間を2時間ほどオーバーして今日の仕事は終わり~~

縫いながらふと閃いた事が一つ★
d0064859_18333021.jpg

ねねのお気に入りの人形、メアリーちゃんの浴衣でも作ってあげようかな
[PR]
by r-petal | 2008-07-14 18:05 | Comments(14)
続:可愛いお客様ビッキー♪
*******10日
今年もネッ友のMatyaさんがビッキーくんをお供に遊びに来てくれました
今回で3度目、この時期に遊びに来てくれるのが毎年の恒例になりそうです
去年Matyaさん御一行が会いに来てくれた時は姫と殿は未だ8ヶ月と7ヶ月
その後の成長にビックリしていました
姫はMatyaさんがくれた絵本に興味津々
d0064859_10114250.jpg

最初の遊び場所は例のドッグラン
迅がいつもの様に走り
d0064859_10131749.jpg

翔もビッキーも走りました 
d0064859_10133311.jpg

が・・・
ビッキーはどうもボールには余り関心がありません(笑)

日陰でのんびり休んでいました
d0064859_10135014.jpg

この笑顔がチャームポイントなんだなぁ
そしてこの飲みっぷりも豪快だなぁ
d0064859_1414201.jpg

殿&姫もすっかりドッグランに慣れました
d0064859_1014885.jpg

d0064859_10152046.jpg

味ご飯のおにぎりランチの後全員揃って記念撮影のはずが
d0064859_10354657.jpg

シャッターが下りる前に姫が椅子から脱走して写っていません(*≧m≦*)

次は駒ヶ根高原へ移動
こまくさ橋を渡って再度全員揃って記念撮影を試みたが
またまた姫が脱走してそれを追って次女も姿を消し
今度は親子で写っていません、似た物同士です(笑)
d0064859_1016935.jpg

ハーブや山野草の植物園を散歩して
d0064859_14172971.jpg

d0064859_10165196.jpg

d0064859_10171358.jpg

d0064859_10173286.jpg

我が家に戻り早速庭でビアガーデン♪ 
ビッキーの視線の先は・・・・
d0064859_1018032.jpg

Matyaさんがつまんでいるチーズ♪
d0064859_10182745.jpg

殿&姫たちはおやつの後、砂場遊びに夢中
d0064859_10185582.jpg

娘たちはMatyaさんから頂いたシフォンケーキとプリンに夢中

缶ビール2本飲んだのでちょっと夕食の支度は大変でした
それに翔とビッキーの下からの視線が熱かった(* ̄m ̄)
d0064859_101915100.jpg

夫を交えて夜の歓迎会
d0064859_10201223.jpg

早速富山名産の純米吟醸立山を頂き宴は深夜近くまで続きました
が…例年の如く夫は途中で寝てしまいました(笑)

*******11日
朝食後、お弁当作りをしていると 
翔はMatyaさんにちゃっかり甘えていました
d0064859_10204738.jpg

迅はビッキーが姿を消すとMatyaさんの所へ
d0064859_1474940.jpg

本当に迅はビビリ屋で困ったもんだ(笑)

お弁当を持って先ずは見晴らしファームへ
ダチョウさんを見てきました

じ~と見つめる迅と
d0064859_1023395.jpg

余り関心がない翔
d0064859_10232779.jpg

お次はお馬さん、こちらも関心がない翔は知らん顔
d0064859_10251474.jpg

ビッキーはMatyaさんに抱かれてお馬さんと超接近距離
d0064859_1025343.jpg

この後大きく口を開けたお馬さんにさすがにビックリして尻尾が下向き
大きいから迫力あるもんね(* ̄m ̄)

フォームと言うだけあってこんな珍しい野菜を見つけました
d0064859_1026160.jpg
 
はて…何ざんしょ?黄色いシマ瓜かカボチャか?

一通り散歩した後大芝高原へ移動
迅やビッキーが凝視している先には…
d0064859_10263164.jpg

物凄い数の鯉ちゃんたち(* ̄m ̄) 迫力満点
d0064859_10264599.jpg

鴨軍団を見て
d0064859_10274935.jpg

芝地で暫し休憩
d0064859_1028319.jpg

d0064859_10284646.jpg

その後中ノ島に移動してお弁当タイム
d0064859_10291024.jpg

デザートは少し離れた手作り工房で抹茶のジェラート♪
d0064859_10292434.jpg

テラスでかなりのんびり時を過しMatyaさんは信州を離れて行きました

来年もYUKI家一同で熱烈歓迎するからビッキーとおいでね
[PR]
by r-petal | 2008-07-12 10:39 | Comments(6)
ダチョウのステーキ
七夕の日に生まれたお友達の誕生日祝いをあるレストランで・・・
久しぶりにダチョウのステーキを食べた
最後に食べたのは3年前だったかな

福井のお友達が泊まりに来てくれた時と
愛媛のお友達ご夫婦が来てくれた時以来だ

これが3年前のステーキ
d0064859_1795677.jpg

そしてこれが今日のステーキ
店主もステーキを比べられているとは知るまい(*≧m≦*)
d0064859_1711173.jpg

違いは野菜の形と肉の焼き具合かな(笑)
変わってないのはお肉の量とお値段(* ̄m ̄)

追記
別画像を見つけたので追記
同じく2005年母と一緒に食べたダチョウのたたき
d0064859_7284597.jpg

[PR]
by r-petal | 2008-07-07 17:24 | Comments(8)