<   2007年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
続・続クリスマスプレゼントの話
昨日は宅配便ラッシュ♪

1便目は夫の為に購入した例のシニアグラス(超ミニサイズ)
d0064859_95122.jpg

クリスマスは過ぎちゃったけれど心待ちしていた宅配
一応プレゼントだから夫が帰って来るまではそのままに・・
宅配のお兄ちゃんも忙しいのか「ハンコは良いです~~」と荷物を手渡して去って行った

2便目は気がついたら玄関続きのホールにポツンと置かれていた
チャイムを押したのだろうが私が二階で掃除機を使っていた為気がつかなかった
こちらはお兄ちゃんだかおじさんだか不明だが・・・急いで去って行った模様(笑)
箱を開けると・・・ネッ友が手作りで編み上げてくれたベビー服セットと手作り玩具等々
d0064859_9513078.jpg

午後来た長女は早速翔悟にそれらを着せて持ち帰ってしまった
夫に見せたかったのに・・・・
次女は今日来るので喜ぶ顔が目に浮かぶ(*^_^*)

手作りと言えば同じくネッ友から正にクリスマスの日に手作りプレゼントが届いた
d0064859_106468.jpg

改めて手作りって良いわ~~

3便目は配達日を2時~4時指定してあったが5時を過ぎても配達されない
結局1時間半後に届いた
ブツはタラバとズワイガニのしゃぶしゃぶセットで
大晦日の晩夫と2人きりで食べちゃう(*^_^*)
d0064859_951585.jpg

さて夫も出張先から戻り早速3日遅れのクリスマスプレゼントを手渡した
封を開けると思った以上に小さなシニアグラスが出てきたが・・・
ふと見ると傷がある!!!
発送前から付いていたのか発送中に付いたのかは不明だけれど
封にはちゃんと【精密機械に付き衝撃厳禁】のラベルが付いているのに・・・
急いで電話をしようにももう夜だし・・・(こんな事なら昼間開けてみるべきだったと後悔)
明日電話をしようと発送元を見たら奈良県(遠い・・・)

「あなた、明日会社から電話して」(良い子はマネをしてはいけません)

もしかしたらもうショップは年末休みに入ってしまったかもしれない・・・
朝一で一応ショップにメールも送っておいたが
夫へのクリスマスプレゼントは年始明け以降だろうな(>▽<;; あ~ん
[PR]
by r-petal | 2007-12-29 09:53 | Comments(2)
冬の夜長
今朝夫が和歌山に主張して今夜は不在
一頃は一人で夜を過すのが寂しい時期もあったが(遠い目・・・)
今は夕食も作らなくて良いし好きな事をして過せるのでちょっと嬉しい(*≧m≦*)

日中信州はとても暖かくてお出掛け日和りだったので
翔&迅を連れて近くの高原へ出掛けて来た
夏場あんなに賑わった観光地も閑散としていた

この地には沢山の温泉宿があり母とふたりで何度かホテルに一泊したっけ・・・
そんな思い出に浸りながら散歩を楽しんだ
駒ヶ池は薄っすら氷が張っていてビックリ

帰ってからネットで長女の誕生日祝いのプレゼントを検索している内に
ブックカバーのサイトを見つけた(娘のプレゼントは一応内定)

実は前から洋書カバーが欲しかったんだよね~~
でも今私が愛読している本は日本で出版されているのではないのでサイズが合わない
調べてみると四六判に近いサイズである事が分った
カバー地は帆布の手頃価格から皮製のお高いものもあるが
今一気に入った物が見つからない
それに今夜使いたいのに間に合わないし・・・

それなら作っちゃいましょう!と結論に達し
カバー生地で適当なものがないかと押入れを物色
エプロンを作った余り布のヒッコリーデニムがあったので
夕方から製作に入り、たった今さっき出来上がりました(*^_^*)

ワンポイントに肉球のミシン刺繍と私の名前を入れ
d0064859_2059697.jpg

同じく肉球をフェルトに刺繍してしおりを付けた(これが可愛いんだ~)
d0064859_20481294.jpg

軽く晩酌を済ませてぬるま湯でゆっくり読書を楽しもうっと(笑)

今読んでいる本は「ラブストーリー」
ソン・イェジン、チョ・スンウの韓国映画ではありません(*≧m≦*)
1970年にヒットしたアリ・マックグロー/ライアン・オニール主演の「ある愛の詩」です
d0064859_20485855.jpg

洋書の多読を始めていよいよレベル3に到達!
(因みにレベル6が目標だけどかなり先になりそう・・・)でも頑張るぞ!っと(*^_^*)
Book Description
Oliver Barrett meets Jenny Cavilleri.
He plays sports, she plays music. He's rich, and she's poor.
They argue, and they fight, and they fall in love.
So they get married, and make a home together.
They work hard, they enjoy life, they make plans for the future.
Then they learn that they don't have much time left
[PR]
by r-petal | 2007-12-27 21:00 | Comments(0)
続クリスマスプレゼントの話
昼間・・・娘たちと孫たちそして翔&迅とクリスマスパーティーを行なった
d0064859_92217.jpg

今年はお互いにカード交換のみ!と言う決め事だった
が・・・娘たちは密かに用意してくれていた
d0064859_942854.jpg

実はこのリングとピアスは既に先週お目にかかっている

時は先週の金曜日 場所はとある雑貨店にて
娘たちと買い物に行った折私の目を惹き付けた品々だった

ねぇねぇ・・・この指輪どう?と聞くと
「また指輪? 年を考えなよ」と言われた

暫くしてこの三連大きさ違いのピアスを手に取り
じゃあこのピアスは?と聞くと チラ見して一言
「似合わない 却下」とダブルパンチを食らった

私はその後アクセサリー売り場を離れ別のセクションに移動
娘たちは私が去ったのを確認した後これらをレジに運び包装してもらったらしい

母と私の関係とは全く違う
娘たち流の母親への接し方なんだ・・・
照れ臭くて余り口に出さないけれど娘たちの気持ちに感謝せねばな!と思う

1日遅れたけれど今日は父とクリスマスパーティー
昨日のメンバーがそっくり実家に移動してお昼を食べます(*^_^*)

翔トナカイも昨日で見お納めだな
d0064859_9141174.jpg

[PR]
by r-petal | 2007-12-26 09:17 | Comments(0)
Merry Christmas クリスマスプレゼント話
ま。。。娘たちが嫁ぐ前からそうだったけれど毎年クリスマスは夫と2人きり
寂しいとかつまらないとかそう言う感情はなく もう慣れた(*≧m≦*)

その昔、夫の家では小さい頃からクリスマスケーキを買って
プレゼントをもらい・・・と過してきたらしいが
私の家では余りクリスマスは重視されていなかった
多分母が仏教信者だったせいもあるかも・・・

そんな家庭だったけれどたった一つ 
今でも手元に母親からのクリスマスプレゼントがある
d0064859_11355476.jpg

手回しのオルゴール 曲は『ロミオとジュリエット」
私が大好きな曲で携帯を持つ様になってから着信メロディーはずっとこれ(笑)
多分私が英語に興味を持ったのはこの映画が原点だったのかもしれない

蓋を開けるとボールペンで
【1975、12クリスマスプレゼント】と書かれている
d0064859_1137952.jpg

32年前からずっと私の側にあったんだ・・・・

瀬戸物だからそこらじゅう割れた箇所があるけれど
その度接着剤で補修したが蓋と本体の蝶番は外れたままだったが
今年父が見事に直してくれた(*^_^*)

日曜日 夫と買い物に出掛けた
お目当ては孫たちのクリスマスプレゼント
その折何か欲しいものはないかと夫に尋ねると「何もいらない」と言う
その理由に一発殴りたくなった
「買ってもらえば買わなくちゃならない」\(--;

バッグ売り場で立ち止まった私にこう言った
「そのバッグ買ってやろうか」
一瞬さっき不快にされた夫の言葉をそのまま言い返そうと思ったが素直にウンとうなずいた
d0064859_1140156.jpg

A4版のファイルがスッポリ入る
「レッスン用にバッグが欲しかったんだ! ありがとう」

夫からのクリスマスプレゼントはその場でもらえたが
私のプレゼントはその日の夕方ネットから注文したのでいつになったら届くことやら(笑)
プレゼントはこれ さて・・・何でしょう(笑)
d0064859_1142585.jpg

答えはこちら
[PR]
by r-petal | 2007-12-25 11:54 | Comments(0)
誕生日と月命日
母が亡くなって毎年12月は祝いと祈りの日が続く事になった

12月20日 昨日は母の誕生日だった 生きていてくれたら84歳
早朝母の遺影回りに4つの蝋燭の火を点けた
火は外出時に一旦消し戻ってきてから再び点火 
就寝時まで蝋燭の火を絶やさなかった
d0064859_11325936.jpg

ブログの1年前の母に会いに行って来た
それを読み終え更に2年前の母の誕生日を訪ねた
どちらも笑顔の母の顔が残っていて・・・辛いけれど大事な宝のページだ

そして昨日は今年最後の受診日 〆は脳外科だった
S大から出張医師だったので患者はそう多くなく余り待つ事無く呼ばれた

所で患者の待ち時間って英語で何て言うのか調べると
patient waiting とあった
で一節 
The patient waiting takes a long time とラルフに言ったら・・・
(患者の待ち時間は凄い長い)

そんな名詞(patient waiting)はないと言われた(*≧m≦*)
どうも最近和英辞書には間違いが多々あることが分ってきた
正確には
Waiting for the doctor takes a long time だそうだ

脳外科医は7日のMRI画像を見て「異常なし」と診断してくれた(*^_^*)

気を良くして長女のアパートに寄って一緒にお昼を食べ
その後我が家に長女&次女も集まって母の誕生日祝いをした
ハートのチョコレートケーキにプレーンヨーグルトをかけて母の仏壇へ
「ばあばはきっとこんな甘い物はいらないと
文句を言いつつ全部食べるよね」と娘たち
確かに母ならそう言いそして平らげるだろう(笑)

そして今日21日は母の月命日だ
昨日が誕生した日で今日は亡くなった日 母さんらしいや

もう直ぐ昼時
2人の娘もやって来るだろう
いつものメンバーが集まって先ずは父に会いそして母の墓参り 
途中で誕生日祝いの花でも買って行こう

少し前洋書の Fly away homeを読んでいて心に残る一節があった
父親と娘は親鳥を失った渡り鳥グースたちを先導して
カナダから南へ向かう途中、父親は小型機のアクシデントで怪我を負い
娘と一緒に飛ぶ事が出来なくなる場面がある
目的地の湿地帯まで後30マイル 一人で飛ぶ事を躊躇する娘に
交通事故で失った母親の事を言い聞かせながら娘を励ますシーン

"You can. I know you can. You and your mum are the same.
She went and followed her dream. You can too. This is your dream.
She's here. She is. She's next to you.
She's in the geese, she's in the sky, she's all around you. She is.
And she'll help you"
私はこの文面が出て来た時思わず本を一旦閉じてしまった
無意識に私はsheを母に、そしてyouを私に変えていたのかもしれない
[PR]
by r-petal | 2007-12-21 11:36 | Comments(0)
話半分に・・・(*≧m≦*)
明日脳外科受診があるので夫の実家訪問を今日に変えてもらった
義父さんもゲートボール大会で不在だったので丁度良かったのかも

今に始まったことではないがどうも義母さんの話には尾ひれがついて
金魚が鯉に変身してしまう傾向がある(笑)

そんな時は密かにこう言ったりして

I try to take my mother-in-law’s story with a grain of salt.:-D
義母さんの話は話半分に聞く様にしている(笑)

take it with a grain of salt=not take entirely seriously
(一粒の塩を加えて食べる→信用できない→話半分に聞く)

所で・・・今夜は夫の友達と忘年会がある
また飲み会か。。。もううんざりだわ(*≧m≦*)

mixiサイトに同じ日記を載せたら長女からコメントが付いていた
>また飲み会か。。。もううんざりだわ
その言葉・・・話半分に聞いておくわ(by K)

[PR]
by r-petal | 2007-12-19 14:09 | Comments(0)
Everything panned out
Yesterday, we had a party to celebrate Nene’s first birthday
I was glad everything panned out.

pan out = work out successfully / become possible end up

折角毎週幾つかイディオムを勉強しているのでそれを使って短い英文に挑戦!
これなら朝のテレビ体操同様続けていけそうだ(笑)
因みに今月3日から始めた週日のみの朝のテレビ体操、
お陰さまで3週目になりました
その成果が早くも現われたのか娘のアパートに遊びに行った時
ゲームソフトのwii fitを使ってバランス年齢を測定したら
何と!【35歳】と言う驚くべき結果が出た(*^_^*) 
凄い!(こんなに驚くと実年齢がバレそう(笑))))

元へ・・・
昨日 某料亭で孫の一人、冬音の初誕生日の祝い膳を行なった
渓くんのご両親と長女夫妻 我が長女夫妻に私たちと総勢大人10人+お子様3人
pan out 「pan」は単独で鍋の意味もあるけれど
このイディオムは動詞として使われて
「計画が上手くいく・成功する」と言う意味
何せ若夫婦が初めてホスト役をするので凄く心配した
でも一番は主役の冬音が最後まで笑顔で無事済んだことで先ずは成功!
と言ったところだろう
南信州では人間の一生と餅の一升とをなぞって
一生(一升)食べるのに困らないよう
また一生(一升)健康に育って欲しいと願いを込めて赤子に餅を背負わせる儀式がある
d0064859_92174.jpg

一生に一度だから夫は泣いても転んでも良いから背負わせてみたらと言ったが
用意された風呂敷が小さいこともあり半分以下に減らしたので冬音は転ぶこともなく
風呂敷包みを背負って(皆の声援も功を奏し)笑顔で歩き回っていた
d0064859_823193.jpg

来月はもう一人の孫、翔悟の初誕生日だ
[PR]
by r-petal | 2007-12-17 08:28 | Comments(2)
親子っていいな(*^_^*)
三週に渡って続いた五つの検査も終わって結果を聞きに外科を訪れた
昨夜夫から「結果を聞くまではドキドキするよな」と言われたけれど
そのドキドキ感は多分夫と私では違いがあるように思う

正直癌に関して万が一悪い結果が出たとしたら・・・・
私は6年前退院した時に既に決めた事があって多分その意志は変わらないだろう
ただ、脳に関して何らかの問題があった場合・・・・・
これは出来るだけの処置はしてもらおうと思っていた
母と共に過した結果自分の意志で自分の末路を決めれない状態では困るからだ

起床して携帯をチェックすると娘たちからメールが入っていた
深夜送られてきたものだった
「病院に行っている間に実家に行って母さんの帰りを待っているからね」とあった
嬉しいなと思うと同時にありがたいなと思った

出掛ける支度をしているとまた娘からメールが届く
「何時に家を出るの?」

予約は10:30amだけれど1時間位早く行くつもりだった
実は午後2時から歯科受診もあって(どちらも怠った結果まだ治療中)
どうしても午前中に外科診察が終わらないと困るので・・・

9時45分 もう少しで病院に着く頃また次女からメールが届いた
「もう出た?」 今Bストアの前を通過したよ(笑)

駐車場に車を止め、携帯をマナーにして真顔で玄関に向かって歩いていると
後ろから誰かが小走りに走ってくる足音が聞こえた
多分親子連れで母親の歩調に合わせて子供が必死に走って付いて来る・・・
そんな感じだったので無視(*≧m≦*)

自動ドアが開いた瞬間背後から「お母さん」と声がして振り向くと・・・
2人の娘が孫を背負って真っ赤な顔をして立っていた
親子連れには間違いないが子供が走っていたのではなく我が子だった(笑)

冬音はぱっちり目を明けていたが翔悟はマザーコートにすっぽり覆われて寝ていた
「ずっと隠れて母さんの到着を待っていたんだよ」と娘たち

「家で待ってるから早く帰っておいでね」そう言って見送ってくれた

私は・・・・
娘たちを抱きしめてから院内に入って行った

早めに来て正解
結局呼ばれたのは11時を過ぎてからだった

医師の話は以下
CTから婦人科系疾患があるがこれは治療中なので継続 肺その他異常なし
マンモグラフィー・エコーからも乳房に異常なし 
血液検査HDL-C(善玉コレステロール値)がちょっと高いが軽度である事
TP から始まるお決まりの数値も全てOK

MRI脳血管で左一部に細くなっている血管があるらしいので
専門医脳外科の診察を受けることになった
外科医も言っていたが私は高血圧でもないし不整脈もない
血液検査も動脈硬化系を心配する数値ではないので多分大丈夫ではないかと言われた

外科医が紹介状を書いてくれて脳外科の診察は20日に決まった
12月20日は亡くなった母の誕生日だ
母さんがきっと私を守ってくれる!そう思った

帰りにストアで娘たちと食べるお昼のおかずを買って家路を急いだ

午後は歯科の受診を済ませてから父の家に寄ってきた
30日に行なう餅つきの打ち合わせ(笑)

今回約1時間半程の待ち時間の間読んでいた本はFly Away Home
d0064859_19144784.jpg

原作は知らなくても多分映画で観た人も多いのでは?タイトルは「グース」
ジェフ・ダニエルズが父親役でアンナ・パキンが16羽のグースの母親役を演じている
私も数年前夫と映画館で観たあの映画の原作を読めるなんて・・・ちょっと感激
と言ってもこの本もレベル2だから高校生初期の知識で十分楽しめる

交通事故で母親を亡くしたエイミーが別居中の父親と暮らすことになる・・・・
大好きだった母親と大嫌いだった父親 心の葛藤が理解出来る
閉ざされたエイミーの心を開いたのは同じく親を失った16羽のグースたちそして
大嫌いだった父親だった・・・・ 今日は24/39ページでストップ
本当は一気に全部読み終えたいけれど次の本がないので楽しみに♪

現実と本の世界のダブルで親子って良いなって思った日(*^_^*)

synopsis
Amy Alden finds an abandoned nest of goose eggs and brings them home.
The baby geese think that she is their mother and follow her wherever she goes.
Amy and her dad know that the geese must fly south for the winter,
but first they will have to teach them to fly away home.
[PR]
by r-petal | 2007-12-12 19:20 | Comments(0)
検査終了~~
午前中に実家に行くと・・・あれ?車がない
ピースがしっぽを大振りして迎えてくれた
仏壇に線香をあげながら「母さんおはよ! 父さんは買い物かな?」と尋ねる
父は決まった日の決まった時間に買い物に出掛けた模様

置手紙を残して外に出たら帰って来た
父さんごめん 今日はコーヒーを飲んでいる時間がないんだ
外で立ち話をして次に伯母の家に向かった
ベルを鳴らしてドアノブを回すと鍵がかかっている
あら~~こちらも不在か

先月大動脈瘤の手術を受け退院後初めて会いに来たけれどすれ違いだった
玄関先に果物を置いて病院へ向かった
(伯母も検診で病院に行っていたらしい すこぶる元気)

予約時間より大分早いけれど廊下で読書を楽しんだ
呼ばれるまで夢中で読んでいたので時間はあっという間だった

今回の本も前回と同じ作者Tim Vicary
タイトルは Death in the Freeze
ちょっと怖いお話(*≧m≦*)
d0064859_16201238.jpg

レベルは2だから辞書なしで十分スリル感も味わえる

MRI検査が終わって会計を済ませてから水分補給の為地下の食堂に向かった
昼食抜きだから食堂の中に入った途端お腹がグー(笑)
何か食べようか迷って結局コーヒーだけ飲んで自宅に戻った

5つの検査は無事終了した
来週の受診で検査結果を聞くまではさすがの私もちょっとドキドキだ

Book Description
Ellen Shore's family is an ordinary American family,
and Ellen is six years old when her brother Al is born.
Her parents are very pleased to have a son, but Ellen is not pleased, because now baby Al comes first.
And when they are adults, Al still comes first.
He begins a rock band and makes records.
Soon he is rich and famous - very rich,
but he gives nothing to his sister Ellen.
She has a difficult life, with three young kids and very little money.
And she learns to hate her rich, famous, unkind brother . . .
[PR]
by r-petal | 2007-12-07 16:21 | Comments(2)
無言実行?それとも有言実行?
d0064859_751261.jpg

1ヶ月前の画像ですが孫たちです(>▽<;;
d0064859_8274812.jpg

始めは一箇所が・・・
d0064859_828437.jpg

今現在、我が家の座敷には障子は貼られていません(涙)
夫が全てはがしました さて・・・どうしましょう

早いもので冬音は今月下旬に1歳になります
5歩位かな・・・ヨチヨチ歩きも出来るようになりました
*********

無言実行?それとも有言実行?
私は・・・どちらかな?と自問自答すると
有言実行派(*^_^*)

決めた事に対して周りに何一つ口には出さす事を達する人
逆に周りにその決め事を口に出してから行動を開始する人

人それぞれ考えが違うから甲乙つけがたい
どちらが正しいとか理動的だとかカッコいいとか・・・

私事で言わせてもらうと有言実行の方が結構プレッシャーになる
ヘタすりゃ私自身の信用も失うことになりかねない(笑)

前置きがすご~く長くなったけれど
そう大した事を有言したわけではなく一昨日からある事を始めました
続けました!今日で無事3日目です 

明日止めたら私は三日坊主だと夫からも娘たちからも笑われます
そうならない為に有言したのです! 頑張るぞ!!!

肝心な有言内容ですが・・・
「テレビ体操」を週日は続ける事!でした(*^_^*)

6:29am夫が出勤します
見送りを済ませてテレビチャンネルをNHK 教育番組に変えます
1分後朝のラジオ体操が始まります あのお馴染みの(笑)
テーブルを部屋の端に寄せます 
でないと手を伸ばした時に椅子に手を思いっきりぶつけて
涙が出ます(経験済みです)

先ずは手足のストレッチから
画面を見て肩幅に足を広げて運動を始めると
翔&迅はソファーでじっと私の行動を見ています

翔は何を思うのかステップ台に下りてきて心配な眼です
迅は丸くなって寝ていますが目だけはこちらを見ています

体操が第一か第二かは日替わりで今日は第一でした
若い頃は何となく気恥ずかしくて
チョコチョコっと手足を動かしていたので大した事だと思わなかったけれど
動く筋肉と呼吸を意識しながら体操をしていると結構体がホカホカになる
10分間だけだけど肩のコリなどほぐれる感じ♪

「いつまで続く事やら・・・」
と一言残して出勤した夫の言葉には負けないぞ!っと(*≧m≦*)

因みにラジオ体操の後は英会話も放映されるおまけつき(*^_^*)
早朝体と頭の体操を済ませ今日も一日爽やかに(笑)
[PR]
by r-petal | 2007-12-05 07:50 | Comments(0)