<   2007年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
1年8ヶ月
久しぶりのブログ
次女夫婦の引越しなどがあって暫くアップ出来なかった
  **********
2006年3月8日に受けた診察を最後にストップしていた診察を今日受けてきた
何と1年8ヶ月ぶり
その時のブログのタイトル ひと区切り
今読み返してみて・・・あの時の主治医とのやり取りが蘇る
結局私は新しいM主治医に引継ぎをしないまま時を過してきた
勿論その間 夫や娘たちそして友達からも何度も勧めはあったが
「今は忙しくて・・・だからその内にね・・・」

確かに母の事 娘たちの妊娠そして出産で忙しいのは事実だったが
それを口実にしていただけだった

実は先週の金曜日微熱とかなり激しい頭痛で半日ダウンしていた
出掛けに夫から病院へ行けと言われたが結局行かなかった
解熱剤で下がった事と気温が低くて外出する気になれなかった

高熱ではないのに何故かウトウト状態で2度も同じ夢を見た
母が臨終した直ぐ後で私は母を抱きしめて大声で泣いている姿だった
目が覚めると夢同様に本物の涙が流れていて・・・夢のような現実のような・・・
これは一体何を意味するのだろう しかも同じ夢を二度も見るなんて

遺影の母の顔を見ていて
「YUKI、健康にだけは注意して元気で過しておくれよ」
母がよく口にした言葉が聞こえてきた気がした
さすがの私も母の願いには弱い(*≧m≦*)
覚悟を決めM医師の担当日を調べて今日久しぶりに外科外来へ
ホント医者嫌いで困るわ(笑)

予約なしなので待ち時間の長さは覚悟をしていた
8時少し過ぎに自宅を出て診察に呼ばれたのは10時少し過ぎ 
今日は血液検査とマンモそして超音波を受け他の検査日を決めてきた
CT検査が明後日の30日 MRI検査が12月7日 
その検査結果報告と再診が12日と決まった
会計を済ませたらお昼になっていた
やっぱり診察をサボっていたツケはしっかり付いて
毎週検査通いになってしまった(>▽<

脳のMRIは私の癌に関しては受ける必要性はなかったのだけれど
今回で2度目の激しい頭痛、もしかしたら血管に何かあるのかもしれないし
母と同じ病気では困るし(高血圧・不整脈はないからそう心配はしていないが)
これも安心を得る為にM医師に検査依頼をした

病院の駐車場から心配してくれた家族や友達にメールを入れると
公言通りに病院に行った事へのお褒めの言葉が返って来た(*≧m≦*)
何か私って凄い手のかかる存在だったかも(笑)

長い診察の待ち時間を快適に過す為Amazonからこの本を用意しておいた
White Death:Tim Vicary
d0064859_1715148.jpg

英語学習者向けに分りやすい英語で書かれているので
高校生初期レベルで十分楽しめる 是非お試しあれ(*^_^*)

Book Description
Sarah Harland is nineteen, and she is in prison.
At the airport, they find heroin in her bag.
So, now she is waiting to go to court.
If the court decides that it was her heroin, then she must die.
She says she did not do it.
But if she did not, who did?
Only two people can help Sarah: her mother, and an old boyfriend who does not love her now.
Can they work together? Can they find the real criminal before it is too late?
[PR]
by r-petal | 2007-11-28 17:19 | Comments(6)
I'll Always Love You
今週は娘や孫たちが来ない2日間を図書館で過した
水曜日実家の近くにある市立図書館で約2時間程読書で楽しみ
一緒に行ったお友達とランチを済ませた後父の家に立ち寄った

木曜日は義母さんの誕生日祝いを済ませてから
夫の実家近くの別の市立図書館で同じく2時間ほど読書を楽しんだ

図書館を訪れるなんて30年振り 多分高校生の時以来だ
もっともあの頃は映画本が高くて買えなかったので
勉強と言うより雑誌を読んでいた

今も図書館でぶ厚い資料を片手に何か調べているのではなく・・・
洋書の絵本を読みあさっています(笑)
まさか学生時代大嫌いだった英語にこんなに夢中になるとは思わなかった

文庫本 酒井邦秀著:快読100万語!ペーパーバックへの道(未だ読み途中)
にちょっぴり影響されて洋書の絵本に興味を抱いた

日頃辞書を引かなければ意味が分らない勉強ばかりしていたので
いや、むしろそんなやり方ばかりしていたので
意味の分らない単語をほうっては置けない・・・
でも結局時間と共に忘れてしまう
で・・・思い出せないと自己嫌悪や自信喪失
これでは学生時代と何ら変わりのない勉強方だった(笑)

私が残りの一生をかけて続けていく学習はこれでは息切れがしてしまう
唯でさえ体力的に息切れを感じているのに(*≧m≦*)

薄いものなら1冊ほんの5分程度で読み終えてしまう
たかが絵本と思っていたが辞書なしで理解出来ると言う満足感
ストーリーは単純だけれど本来人として持つべき気持ちを再認識させられる
そんな絵本を次から次へと読んでいる内に昨日感動して涙した本に出会った
d0064859_8243063.jpg

I'll Always Love You
ダックスのエルフィーと主人公僕との話
少年が小さいときから一緒に育ったエルフィー
人間と犬とでは育つスピードが違いすぎる
未だ成長過程の少年とピークを過ぎて年老いていくエルフィー
ある日少年が目覚めた時直ぐ側でエルフィーは亡くなっていた・・・

決して難しい単語も表現も使われていないのに
その後の少年の気持ちに共感と感動して目が潤んでいた
「大好きなんだよ」言葉は発してこそ伝わるものだ

「僕はエルフィーが大好きなんだよ」
少年がいつも犬に語りかけていた言葉
多分、将来少年に新しい動物家族が増える時が来るかもしれない
それでも「僕はずっとずっとエルフィーが大好きなんだよ」
そんな気持ちがI'll Always Love Youに込められている気がする
きっと少年は新しい家族にもエルフィーと同じ様に愛情を注ぐだろう

私も母親とそう言う語り合いをしながら一緒に過してきた
「私は母さんが大好きだよ」 認知症の母を抱きしめて本音を吐いた
普通だったら気恥ずかしさで言えなかったかも知れない
でも声に出して伝えて良かったんだ

翔&迅が居て 冬音&翔悟と言う孫も増えた
私が母を思う気持ちはこの先も生前と何ら変わらない
そして私も少年と同じ様に新しい家族に母親と同じ愛情を注いで行こう


*****
洋書、特にハードカバー本は目が飛び出るほど高い
絵本1冊で¥2,000なんて当たり前 出来るだけ図書館を利用して
それでも尚手元に置きたい本は購入する事にした

冬音と翔悟がもう少し大きくなったら読み聞かせしたいな(=v=)
[PR]
by r-petal | 2007-11-16 08:31 | Comments(2)
一点物の価値・・・引き染め編
金曜日のお話

久しぶりに自分用のお弁当を作って友達が勤める工房へ行き、染を楽しんで来た
今回は鹿の毛のハケを使って染め上げる「引き染め」の技法を
にわかじたてで教えてもらいスカーフ染め・・・かなり無謀な挑戦だったけれど
友達が布の張り方やハケの使い方を教えてくれ
一番大事な色合せを工房の社長さんが請け負ってくれて
私の希望の色を調合してくれました 同じ色は二度と出来ない・・価値ある色です
(二周り年が離れているけれど社長と言うより優しい職人風おじいさん(笑))

振り返ってみたらオリジナルのスカーフを作りたい!と言う私の我がままに
染めのプロ、2人がプライベートに教えてくれた結果になりましたm(_ _)m

先ずはスカーフ生地の四隅を張り木でしっかり張り
d0064859_17393279.jpg

お次はスカーフ地に染料の吸収を良くするよう地入れ作業
d0064859_17413150.jpg

ふのり(寒天みたいな半透明な液)を端からハケでむらなく引き乾燥させる
私がこの工程をしている間に社長さんが色合せをしてくれていました

詳しいプロセスは素人の私では理解不可能で
d0064859_17425145.jpg

とにかく熱湯に染料をあれやこれやとまるで調味料の如く混ぜ合わせ
それを小布に塗っては色の出来具合を確認 ドライヤーで乾燥させて更に確認
d0064859_17442354.jpg

気に入った色が出来きなければまた始めからやり直し・・・
結構熟練された目と経験と勘勝負

素人の私から見たら家庭科の調理実習と科学の実験が一緒になった感じ(笑)
d0064859_17453482.jpg

社長自ら調合してくれたプロの染料をド素人の私が引き染めm(_ _;)m
今回は赤みのかかったグレー濃淡2色のぼかし染めに挑戦
d0064859_17473238.jpg

先ず一面に薄めのグレーを塗り
半面は濃グレーを重ね塗りして濃淡の境目はハケでぼかした
塗りあがったスカーフを色ムラが出来ないようゆっくりストーブで十分乾かして・・・・
d0064859_1748465.jpg

生地が触れ合わないよう新聞紙で包んで蒸し器で蒸気をあてる
やっぱり染とお料理は共通点があるのかも・・・と思いつつ
d0064859_17503525.jpg

お昼になったのでここでお弁当を食べておりました(笑)

15分ほど蒸したらスカーフはスイミングタイムになり水槽の中で色落し作業になった
この時点では藍の様な青色が全く違う色に変化する・・・染って本当に奥が深い
d0064859_17515987.jpg

・・・・とここで時刻は1時を過ぎてしまった(>▽<;;

私のスケジュールでは1時半から長女の孫の子守が入っていたので
染めはここで一旦中止・・・ではなく実はお友達に後の工程処理をお願いして自宅へ戻った

我が家には娘2人に孫2人が既に揃っていた(*≧m≦*)

2時から長女が歯医者治療を受けている間次女親子と
長女の孫を連れて実家の父に会いに行き恒例のお茶タイム(笑)
d0064859_17532970.jpg

約1時間後長女を再び歯医者に迎えに行き帰路

工房へ寄り友達が洗浄から乾燥までを済ませてくれた我がスカーフを受け取り自宅へ
アイロンをかけて・・・完成~~(*^_^*)
d0064859_17555475.jpg

どのスーツにどんな結びでお出掛けしようかな・・・などと想像してほくそ笑んだ

普段何かと軽視されそうになる手作りやプロの技
確かに似たような物が100金に出回っているけれど一点物の価値は
比べるのに値しない・・・絶対に!
[PR]
by r-petal | 2007-11-11 18:18 | Comments(6)
紅葉
最近寒くなって特に朝晩は震えています(*≧m≦*)
でも昨日の日中は暖かかったので
次女と冬音、翔&迅を連れて駒ヶ根高原に行ってきました
d0064859_982450.jpg

紅葉はまだ早かったかな?でも所々の木々は赤や黄色に変わっていて凄い綺麗!!
d0064859_984492.jpg

そこで食べた濃厚なアイスクリームや焼き立てパンも最高だった!!
d0064859_99104.jpg

翔&迅は自家製おやつ:スライスされた乾燥砂肝を堪能(*^_^*)
**************
autumn colors

It has been cold lately and I shiver especially in the mornings and evenings.
But during the day it was warm yesterday so I went to the Komagane highlands with my younger daughter, grandchildren and my dogs.
It was not at their best yet, but some leaves have turned red or yellow.
How splendid!!
We ate a cup of thick ice cream and freshly baked bread there. 
They were also beautiful!!

Shou and Gin were satisfied with dehydrated gizzards which were homemade food :)  :-)  =)
[PR]
by r-petal | 2007-11-05 09:30 | Comments(10)
新しい食器
d0064859_9524363.jpg

金曜日の夕方作った寒天ゼリーケーキを土曜日にやっと食べられた翔&迅(笑)
画像は朝食の様子 撮影なんか良いから早く食わせろ!と2ワンの目

作るのに結構時間がかかったのに食べる時間はあっという間に終わった
それでも良いや こんなに喜んでくれるのなら

お誕生日を機に食器を変えた!!
d0064859_9502174.jpg

これは翔の誕生日プレゼントにとお友達がプレゼンとしてくれた物
驚くなかれ!翔だけではなく迅にまでオリジナルの絵柄と名前入りの特注品
しかもずっしり重いステンレス製
これなら鼻で押されて食器が移動してしまう事もない
d0064859_9514797.jpg


翔&迅・・・大事に大事に使わせてもらおうね(*^_^*)
PS 飛び入り参加で駆けつけた娘たちからきゅうりのプレゼントもありました(*≧m≦*)
[PR]
by r-petal | 2007-11-04 10:00 | Comments(0)
6歳の誕生日にカンパイ!!!
私が退院した数日後、夫からメールが届いた
そこにはこう書かれていたっけ
夫から見たら私はまるで生きる望みを失っているようだって
その通りだった 確かに私は生きる自信を失い始めていた
でも翔が我が家に来てくれてから私は前向きで元気になれた
ありがとう翔 あれから6年が過ぎたんだ
**********
今日は我が家のアイドル犬、翔の6回の誕生日
人間に換算すると40歳になるらしい
来年は一気に44歳
そしてそう遠くない将来、翔は私より年上になるんだろうな・・・

去年は母の世話や2人の妊娠さんでバタバタして
翔の誕生日を祝ってあげる心のゆとりがなかった
だから今年は盛大に誕生日パーティーをしてあげたいな

6歳の誕生日に乾杯!!!
d0064859_8373474.jpg

* 味付けは一切なしの豚肉と鶏肉とライスのハンバーグと
生クリームの代用としてミカンの寒天ゼリー使用
d0064859_8375668.jpg

翔&迅君・・・待ちきれない様子だす(*≧m≦*)
d0064859_8381824.jpg


Cheers on his sweet 6th birthday!!!

A few days after I got out of the hospital, my husband sent an e-mail to me and he wrote this: it seemed as though I lost my zest for life
Yes, he was right. I had begun to lose the confidence to live.
But I have been more positive and cheerful since Shou came to our house.
Thanks Shou
It has been six years since then.
************************
Shou is an idol of my house and today is his sixth birthday.
He is about 40 years old if he changes himself into human.
He will be instantly 44 years old in next year.
And he will be older than me in the not too distant future….

I had a hectic time, taking care of my mother and two pregnant my daughters so I could not afford to celebrate his birthday last year.
That’s why we want to have a magnificent party for him this time.

Cheers on his sweet 6th birthday!!!

*I cooked a no seasoning cake which was made from ground pork, chicken and rice.
I substituted orange-agar jelly for fresh cream on the top
Shou and Gin can hardly wait. :-)
[PR]
by r-petal | 2007-11-03 08:40 | Comments(0)