<   2006年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
スヌード
ワンちゃんを飼っていないお友達も閲覧しているのでちょっと解説
スヌード:垂れ耳や耳の長いワンちゃんのお食事タイム中
耳にフードが付き汚れてしまうのを防ぐ耳あてみたいなもの(*≧m≦*)
********
先週の金曜日 母が我が家に来た時に作り始めたスヌード。。
やっと出来上がりました
ブツはネットや雑誌でしか見たことがなく今一実態が不透明
どんな生地・形が良いのか全く未知の世界
翔&迅の首の太さを参考に適当に布を切ってゴムを通しました
迅は翔より細いからこの位で良いかな~~
この適当さがやっぱり失敗の元(*≧m≦*)
ちょっときつめになっちゃった 爆))))))
ま。。。要は食事の時耳と胸毛に付かなきゃ良いのだからこれで良しとしよう!

今回はフェルト地を使い翔迅の名前入りワッペンを作りました
d0064859_9572714.jpg

d0064859_9414144.jpg

ワンコのワッペンは市販のものだけど
いつかこんな刺繍ワッペンも出来たら良いな~~
夢はドンドン広がります (=v=)ムフフ♪

着用時の画像。。やっぱりネッシースタイルよね 爆))))))
先ずは翔
d0064859_943199.jpg

で。。。迅
d0064859_9452454.jpg

見た目は笑えちゃうけどこれで食後のブラッシングの手間が省けました(*^_^*)
[PR]
by r-petal | 2006-02-27 09:50
初体験:車内一泊プチ旅行
旦那さん、久しぶりの土日休み
翔&迅を連れて早朝散歩に出かけました
d0064859_14274231.gif

その後桜で有名な高遠の温泉に。。。
翔&迅は次女ちゃんとお留守番
桜の湯:ここの湯は40度で少々温め 私好みの温度です
アルカリ性が強くお湯もぬるぬるして気持ちがいい~~
一度目は軽く入浴を済ませて大広間でビールを一缶 たまりません(*≧m≦*)
地酒の黒松仙醸も少々頂いて夫はゴロリ
ここの所ちょっとお疲れ気味だったのでのんびり出来たかな(*^_^*)

二度目は露天風呂にも入り私もゆっくり疲れを取ってきました

帰宅したのが午後2時
未だ日も高く夫が布団やら毛布を車に運び始めた
何してるの?
「ちょっと車でお昼寝に出かけないか?」と夫
天気も良いし 暖かだし(=v=)ムフフ♪翔&迅一緒でそれも楽しいかも。。。
直ぐ出掛けるかと思いきや 洗車し始めた
\(--; ォィォィ 夕方になっちゃうよ。。。
私は近隣の。。川原辺りに車を駐車してそこでお昼寝をするのかと思っていたら
夫は車の中で一泊して翌朝帰るつもりでいたらしい
。。。仕方がない おにぎりでも握るか。。
翔&迅のごはんやおやつを用意して いざ出発~~

目的地は漠然としていて今年2月4日に開通された権兵衛トンネルを経て木曽路へ
着いたら適当に食事をして何処かで一夜を車の中で過すと言う
。。実に夫らしい発案(*≧m≦*)

権兵衛峠を越えて木曽路に出掛けるプラン。。。
実は3日後お友達と行くはずだったのに妻が夫より先に峠越えするのは面白くないらしい
。。。これまた実に夫らしい考えだ 

トンネルを超えあっと言う間に木曽に着いてしまった

中仙道:先ずは奈良井宿を訪れた
時刻はもう夕方 宿場内のお店も閉店の用意を始めていて人影疎ら
d0064859_14294279.jpg

次に夜のねぐらを求めて近くをドライブ
二箇所 適切な場所を発見。。。道の駅の駐車場
ここならトイレもあるし自動販売機もあるし 決定!

お次は今夜の夕食場所
これが中々良いレストランが見つからなくて時間はドンドン過ぎて辺りも真っ暗
道路沿いにあったレストランに入った
メニューをめくっていると面白い文字を発見
d0064859_14335033.jpg

【気は長く 心は丸く 腹立てず 口慎めば 命長かれ】 
なるほどね。。。字体がその思いを表している

車に戻って宿泊場所の道の駅に戻って翔&迅の夕食を済ませて近くの芝でトイレ散歩

軽く車内で一杯飲んで(*≧m≦*) さて。。就寝~~

所が所が迅くん 車の音やら電車の音 
入れ替わり駐車される車のドアの開け閉めの音や人の気配が気になるのかその都度
【ウォウォウ~~】と雄叫びを上げる (>▽<;;
加えてヒーターを付けて車内を暖めたせいか乾燥して喉が痛いしとても寝ていられない 
暫く頑張ったけど限界(TmT)
「もっと静かな別の場所に移動しよう」と夫

車を走らせたけど結局良い場所が見つからず。。。夜中に家に帰ってきました(>▽<)
やっぱり寝慣れたベッド最高! 初車内宿泊は幾つかの課題を残した旅でした(汗)
先ずはトラブルメーカーの迅。。。何とかせねば!(苦笑)
[PR]
by r-petal | 2006-02-26 14:36
葬儀の様子 そして。。。
昨日は夫の叔母 義母の姉ですが
ここの所体調が思わしくない義母の代理として葬儀に参列してきました
出棺は10:30予定ですが叔母の家は自宅から離れている為7:30慌しく家を出ました
長時間翔&迅は留守番の為 夫に早朝散歩に連れ出してもらいました(*≧m≦*)

私が過去参列した葬儀は皆【葬式仏教】
宗派によって多少の違いはあるでしょうが
つまり僧侶が行なう葬儀や回忌法要でした

でも昨日の葬儀は【友人葬】と言って僧侶は居らず
故人の家族・ご親族・友人で執り行なわれました
通夜には夫も私も参列しませんでしたが
僧侶ではなく喪主の息子さんが読経したそうです
葬儀当日も出棺前・火葬前後・骨上げの際 その息子さんが読経していました

結婚式も地方により種々様々でしょうが
葬儀ほど様式の違いが激しい物はないな。。。そう感じました

独特な葬儀に加えて身内と言っても私たちの結婚式以来交流がない叔母や叔父
従妹も大きくなって結婚して子供が出来て~~ってな感じで殆ど見知らぬ身内
結構立ち振る舞いも嫁として義母の代理として気を使う~~(>▽<;;
しかも最後の儀式の精進落しを済ませる頃には日も暮れ夕方
心身共に疲れて帰宅しました

自宅の駐車場に着くと真っ暗な家の中から翔&迅の出迎えの声が聞こえてくるんだけど
足が浮腫んでヒールが履けない (TmT)

玄関に入って灯りを付けて郵便物を抱えて家の中へ
翔&迅の熱烈歓迎を受けて夫の入浴中に簡単に夕食準備に取り掛かった(*´ο`*)
電子レンジがチ~ンと鳴る間 郵便物のチェックをしていると。。。
w( ▼o▼ )w お友達の茶介ママさんからの封書発見!!

何だろう? ちょっと帰宅直後より元気になったりして(*≧m≦*)

封を開いて先ずは同封された手紙を読ませてもらった
昨今にない直筆 これだけだって嬉しいのに
包装をといてみると。。。目に付いたのはburberryのロゴ
d0064859_1249754.jpg

(=v=)ムフフ♪ 今でこそ夫のお気に入りブランドFILA品が多いけど
burberryって思い出があるのよね~~
そう言えば最近は高校生のマフラーでお馴染みだけど 
若い頃イギリス文化に結構ハマッてた私 
かのキャサリン・ヘプバーン(知らないか)の素敵なコートの裏地がburberryで
勿論本物なんて高くて手が出ないから似たような裏地で作ったコートでキャサリン気分
。。。懐かしいな~~
な~んて昔を回想していたらすっかり疲れてたの忘れてた 

ピンク地で周りがチェック柄の品良いハンカチは私様に
そしてもう一枚のリバーシブルになっているパイル地のハンカチは。。
勿体無いけど(*≧m≦*)夫のダッシュボードの上に飾ろうっと!

茶介ママ ありがと!
思うに茶介くんが居たからこんな素敵なプレゼント頂けたのね(=v=)
[PR]
by r-petal | 2006-02-23 12:57
久しぶりの。。。
昨日アップしたブログの続きです

叔母の見舞いを済ませ家に戻ってきました
「出かけようか」と夫が一言

買い物?
「翔&迅連れて散歩に行こう」
叔母の姿を見たせいなのか
長時間留守番をしていた翔&迅の運動をさせたかったか
いつもならゴルフの練習場に出掛ける夫が
一緒に散歩に行こうなんて珍しい(*≧m≦*)
d0064859_1711448.jpg

自宅から車で10分ほど走った大田切川に長い遊歩道があります
少々風は冷たかったけれど川の流れる音を聞きながら
ゆっくりと二人&二ワンで周りの景色を楽しみながら歩きました
d0064859_17122745.jpg

「上流から石が流れてきて随分川の流れも変わったな~」と夫
そうね 自然は凄い力よね

「この水溜りなら夏 翔&迅を連れて泳ぎに来れるよな」
ほんとうだ。。流れもないし 水遊び楽しめそうね

そんなたわいもない話をしながら
ふと夫に手を差し出した
私も叔母の姿に少なからず心の乱れと
ふいに感じた寂しさがあったのかもしれない
握り返してくれる夫
誰もいないし爆))))))。。
暫くこのままで。。。。と思ったら
お散歩途中のおじさんと白ワンコに出会っちゃいました~~(*≧m≦*)

明日は叔母の葬儀
義母の代理で私も夫と共に参列してきます
[PR]
by r-petal | 2006-02-21 17:17
尊厳死
今日のブログはちょっと深刻な話題かな?

尊厳死とは
助かる見込みの全くないままに長期間にわたって植物状態が続いたり,
激しい苦痛に悩まされ続けている患者に対し,
生命維持装置などの人為的延命を中止し,
人間としての尊厳を維持したまま死を迎えさせること。goo辞書より


長年自宅での闘病生活の中
先月の下旬 夫の叔母が緊急入院した
先週末いよいよ危篤状態に陥ったと知らせが入り
義父母 夫と見舞いに駆けつけた

入院当初はまだ家族の問いかけにもうなずく事は出来た
肺炎を併発して日々衰える体力 呼吸困難 
医師は勿論家族の強い願いで人工呼吸器を付けた
私たちが駆けつけた時 義叔母は全く意識のない状態で
唯、機械的に呼吸をしていた。。。否させられていたと言った感じだった

これはあくまでも私個人の意見だけれど
人工呼吸器を装着して呼吸をしていたとしても、
それが一時的な処置でしかなく
勿論 最終的に退院して通常の生活に戻れるというのであれば
治療の一環と思えるけれど
強制呼吸を続けさせ回復の見込みがないのならば
それは治療とは思えない気がする

一方家族としたら一時でも長く生かせてあげたい!
当然の願いだとも思える 難しい選択だと思う

でも延命のために人工呼吸器を装着するというはそれはある意味で
人の命に無意味な時を強いていることになるのではないか
むしろ死を迎える準備をさせてあげるべきではないだろうか

病室を出る時私は夫にこう言った
「私がもしあの状態に陥ったとしたら延命措置はしないでね」
夫も同じ思いだった
「俺の時にもやめてくれよ」

縁起でもない。。と思われるかもしれないけれど
一端人工呼吸器が装着されれば
一定の手続きを経なければ外すことができないという現実がある
自分たちだけではなく年老いた両親の事もある
事前にこんな話し合いも必要な時期ではないだろうか

私たちが見舞った叔母。。。その数時間後息をひきとったと知らされた
葬儀は明後日に決まった
[PR]
by r-petal | 2006-02-20 11:48
駒ヶ根高原
今日は2月とは思えないほど暖かな日でした
日中もファンヒーターを付けなくてもいられる位(=v=)ムフフ♪
お天気もまずまずだったので雑用を済ませて
午後翔&迅を連れて駒ヶ根高原に行ってきました
真冬にここに来るなんて。。。。

30分ほど高原内をあちらこちら散歩を楽しみました
道路は雪も殆どなかったけれど
ここ数年氷もなかった大沼湖がほぼ完全結氷w( ▼o▼ )w オオォォ!!
d0064859_16375617.jpg

当然噴水もストップしていて晩秋に来た時と景色も違って見える

池の周りには残雪があって翔のお腹ビッショリになってしまいました
しまった~洋服を着せてくるべきだった(>▽<;;

高原から吊橋を渡って向こう岸に行こうとしたら翔君突然ストップ
ゴ~ン ゴ~ンと不気味な音 
川向こうで何やら工事をしている音らしい
確かに何となく異様な音に聞こえる
いくらリードを引っ張っても頑として動かない
その内Uターンして駐車場へ歩き始めた
翔の尻尾はしっかり下がったまま 迅は全然平気そう(*≧m≦*)
この状態でドンドン歩いていく
d0064859_16435061.jpg

翔って私の車分かるのかしら? ふと思った
もしかしたら凄いおりこうさんで認識してるかもしれない(親ばか(*≧m≦*)
リードをゆるめて翔が行く方向に私が付いていく事にしてみた
十数台止まっている駐車場に着いた
辺りを見回す翔。。。。
d0064859_16441610.jpg

私の車は直ぐ側にあるのに近付こうとしない
あちゃ~~やっぱり認識してない(TmT)ウゥゥ・・

「翔君 あっちに車あるよ」と指差すと
分かったのか分からないのかスタスタ歩き出した

お!その調子 その調子(*^_^*)
お見事車の前で止まりました
d0064859_16445834.jpg

ドアを開けると座席にさっと飛び乗り。。。
は足の長さが足りなくて出来ませんでした爆))))))
d0064859_16452011.jpg

さて出発~~とエンジンをかけたらグッドタイミングで雨が降り出した。。とさ
d0064859_16454356.jpg

[PR]
by r-petal | 2006-02-14 16:47
母の顔
2月初のブログ。。。随分サボってましたm(_ _;)m

先週末から今週始めは刺繍に時間を費やしていました
今回もプレゼント用に幾つかの刺繍をしたのですが
一つ目は入院そして手術が控えていたお友達のお母さんへ
リハビリを済ませ退院出来るのは春が近くなってからだと聞いていました
その間いつも一緒だったラサアプソのひろちゃんと長い別れです
彼女のお母さんの気持ち。。よく分かるんです
私も過去数回の入院時 家族は毎日会いに来てくれました
でも。。犬は入室出来ない 当たり前だけどそれがとても寂しかった

私に出来る事は何かないのか。。ずっと考えて出た答えはこれしかない
ひろちゃんの刺繍(*^_^*)
これならベッドの側でお母さんと一緒に居られる
ひろちゃん刺繍に【いつもいっしょ】の言葉を添えました
d0064859_16401726.jpg

手元にあったひろちゃんの画像は
ちょっと室内撮影だったので暗い感じになってしまいましたが
入院に間に合うようエクスパックで送りました
彼女から「入院中だけでなく 母は ずっとこの刺繍は大切にしてくれるでしょう」
って言葉をもらえました(*^_^*)
手術も9日に無事終え 今はまだまだ食事も満足に取れない状態ですが
焦らず回復に向かって欲しいと願っています

二つ目 これは昨日23歳の誕生日を迎えた長女へのプレゼント
何を贈ろうか迷っていた時以前作った翔と迅の刺繍入りバッグが欲しいとリクエスト
正直プレゼント選びで頭を悩まさなくてホッとしました
同じ刺繍画像では面白くないので別バージョンの翔と迅をバッグに刺繍しました
その画像がこれ。。。先ずは翔
d0064859_15165140.jpg

そして迅
d0064859_1517455.jpg

三つ目。。。。これはワンコ刺繍ではありません
今回人間の顔に初挑戦!!(*≧m≦*)
いやはや ワンコ以上に苦労しました爆))))))
が。。。刺繍顔は年寄りなのでしわがあっても当然
もし娘の顔だったら「こんなシワない!」ってクレームが付きそう(*≧m≦*)
d0064859_14572485.jpg

今日は母の日だったので家に連れて来た母に早速披露
「私? そっくりじゃん!」と大喜び
「YUKIの顔も隣にあったら寂しくないのに」って母
私の顔ねぇ~~~考えておくわ 爆))))))
[PR]
by r-petal | 2006-02-10 15:18