2015年 10月 16日 ( 1 )
翔 またまた病院
・・・と言っても今回は半日の預かりで済みましたが??

最近腰のくびれがなくなって 
太った???!!とは思ってたのですが
とんでもないことの前兆だったのですね

一昨日の昼前急に吐き出しまして
正確に言うと 吐く姿勢をとっても吐けない…
見るからに辛そうでその内
苦しいのか聞いたことのない泣き声を発し始め…

これはだたごとではないと 直ぐに車を走らせ気が付いた!
水曜日はかかりつけの病院はお休み
それに自宅からちょっと時間がかかり過ぎる!

一番近い病院へ向かいながら電話を入れると
(Bluetooth使用)緊急オペで手が離せないと言われ
別の病院へ!向かう

混んでいたけれど奥のオペ室に通され待機

直ぐにレントゲン撮影され
d0064859_14534571.jpg

胃にガスがパンパンにたまっていて
胃拡張か
胃捻転の疑いあり

いずれにしても緊急処置が必要で
横っ腹の毛を広範囲に剃られて
ど太い注射器で胃の中のガスを吸い出しました
d0064859_14542294.jpg

上下2枚の画像はそれぞれ左が受診した時の胃の様子で
右は注射器で胃のガスを排出した時の様子です

今後ガスがたまる様子がなければ夕方帰れるが
「胃捻転なら緊急オペ…」なんて脅かされて
結局その日の夕方自宅に帰れましたが
翔はすっかり体力を使い果たしてその晩は爆睡

ガスがたまらないようにする薬(3日間)と
胃の働きを活発にする薬(8日間)飲んでます
胃拡張のはっきりとした原因はわかりませんが
処置が遅くなると命に関わることもあるようで
今後も要経過観察となりました

昼間はお気に入りの布団の上で寝ていることが多く
散歩のときは翔だけ抱っこしてます
ありがたいことに
ご飯の時は俄然 お目めぱっちりです!

11月3日は14歳になる翔なのでした…
[PR]
by r-petal | 2015-10-16 14:56 | ワンズ