2015年 09月 15日 ( 1 )
【頑張れ 翔!】
まさか父の後に翔まで病気になるとは思いませんでした…

ご報告が遅くなりましたが父の抗がん剤治療は順調で
主治医の許可がもらい先週の土曜日に自宅に戻り
処方箋の薬で治療を続けています(1クール中/6クール)

祝!退院と喜んだのもつかの間
その日の晩、翔がバリウム検査の為動物病院に1泊入院しました
前日からの嘔吐と下痢 胃腸炎かと思ったのですが…

原因はまだはっきりしませんがレントゲンから
胃と十二指腸の間に3㎝ほどの何かがあると疑われています

通常バリウムを飲むとドンドン胃から腸へ流れるのですが
翔の場合は2時間の時点でも胃にとどまったまま流れず
d0064859_9302542.jpg

4時間後にやっと移動を始め
15時間経って大体が腸へ移動していたようです
d0064859_9304088.jpg

帰宅してもその日は全く食欲もなく殆ど寝たままの状態で
水しか飲んでくれませんでした

獣医の指示で
注射器から無理やりドッグフードのふやかし汁を飲ませていましたが
翌日お友達の励ましメールの中に
やはり翔と同じような症状の時に
リゾット風の食事を作ったら食べてくれたと聞き
ふと閃いて冷凍鹿肉を茹で 
その煮汁ごとミキサーでスムージー風にしたところ
昨日からそれを少しずつなめてくれるようになりました
嘔吐が心配なので先ずは50g/1日から始めて
今朝は80gに増やしました
d0064859_9365761.jpg


【胃と十二指腸の間に3㎝ほどの何かがある・・・】
夫も私も一体何が翔の体内に起こっているのか知りたいので
獣医と相談して明後日 17日木曜日
松本市の大きな病院でCT検査を受けることにしました
ただ翔の場合は高齢の為 大事を取って一泊入院になりました

翔は帰宅後 形のないドロドロ便が続いていて
1日中殆ど眠っていますが お蔭さまに嘔吐は治まり 
娘が来たり夫が帰ってくると
迅と法被に続いて玄関まで迎えに行けるようになりました
[PR]
by r-petal | 2015-09-15 09:39 | ワンズ | Comments(6)