ハピの助の目
こんなお酒もあるのね
d0064859_16105494.jpg

ミニチュアダックス バソットグランデ(黄)とバソットピッコロ(白)
d0064859_1638849.jpg

たった100mlだけどそれぞれ1本19,800円
誰かプレゼントしてくれないかな(大爆)
**************
来週第二回目のワクチンの前にフィラリアの薬と
健康診断、特に左目の診察を受けてきた
ハッピーは待ち時間の間、全然震えていなかった
d0064859_15135050.jpg

あちこちキョロキョロ 興味深々
d0064859_15155212.jpg



ハッピーの病院選び、正直随分迷った

ピースが元気だった頃お世話になっていた病院は候補から外した
素人の私でさえ変だと思ったピースの体
年のせいだと判断した獣医には目のリスクがあるハッピーは任せられない

ピースの病気後お世話になった病院も候補から外した
確かにこの獣医は知識が豊富でピースの異変を一目で気が付いた
私は一時期この獣医なら!と思ったこともあったけれど
最終的にここでも治療の限界がある
それと検査と薬が多い気もする その為他の病院より治療費が高くなる
ただこの病院はペットサロンもあるせいか爪切りは他より安い 
翔&迅はこれだけ利用している(* ̄m ̄)

歯がゆいけれど近隣には本当に信頼できる獣医が居ないのが現状だ

結局ハッピーが犬舎に居たときここで目の治療を受けた経緯もあるし
翔&迅も時々お世話になっているので
父さんの家からは少し遠いけれど我が村のS病院を選んだ

ハッピーの体重は2キロと500グラム 確実に成長しているよ♪

「ブリーダーからこの子の目の事は飼い主から承諾を得ていると聞いてたけど
まさかYUKIさんとは驚いたよ」と獣医

それってどう言う意味だ(?)

ハッピーの左目の病名は色素性角膜炎
障子のような薄い膜を通して見ている状態で視力はある

ブリーダーが事前に説明してくれたように
母犬の爪がハッピーの角膜を傷つけ炎症を起こしてしまった
事故は未だ目の明かぬ内に起こったので
瞼が腫れてくるまで炎症に気付くのは難しいと言う

獣医はその治療過程で透明な角膜に色素が入りこんだ後遺症で
炎症の発見と治療が遅れると赤い血管すじが残ったり
ハッピーの様に結合組織が残って白くなることもあるようだ
ブリーダーの早期発見が大事だったと言う

両者の言葉は私たちにとっては結果論で今更どうにもならない
それよりハッピーには今後の経過観察が大事なことで
将来起こりうる組織の拡大やドライアイの前兆を見逃さないこと
ハッピーの異変を見逃したら今度は失明に繋がる
目の潤いの有無と目やにのチェック
定期的な検診など気にかけてやらねば!

病気と治療リスクを承知の上で家族に迎えたハッピーは
もしかしたらピースよりやっぱりハッピーな犬なのかもしれない♪

受診の後父は我が家に寄った

翔&迅、2ワンに吠えられ怯えさせたら可哀相だとしっかり腕の中でガード
所が暫くするとハッピーは私の腕で暴れ始めた
え?!降りたいの?
そっと床に降ろすと翔&迅はおそるおそる近寄ってきた・・・
と!
ハッピー速攻で彼らに飛びついたのでお惚けコンビは逃げ出した(笑)

床はフローリングなのでハッピーは上手く歩けない ソファに移動
すると翔が駆け上がってきた 迅は父の膝に非難(* ̄m ̄)
d0064859_1524177.jpg

翔とハッピーは親戚らしい そのせいか互いが気になる様子
d0064859_15263893.jpg

こりゃ3ワンズが一緒に遊ぶのもそう遠くないだろう(*^m^*)
[PR]
by r-petal | 2009-07-08 15:37
<< 手びねり粘土 自分ながら >>