信じる事で・・・
可憐だけれどちょっと怖いすずらんの横に
3色の小さなガーデンダリアが咲いている
d0064859_16134890.jpg

何か奇跡が起こりそうな・・・
d0064859_16143539.jpg

そう信じながら眺めています
d0064859_1614517.jpg


ピースの診察日
珍しく父は駐車場で私を待っていた
待ち合わせ時間より10分も早く着いたらしい
ピースに対する思いの表れだろう

父によると朝は殆ど食べなかった様だがピースも珍しく鼻が濡れていた 
今日は調子が良いのかな?
d0064859_16152437.jpg

家では無反応のピースが他の犬が気になるらしい
身を乗り出して盛んに様子をうかがい威嚇の声を発した(迫力ないけど)

大学病院での受診は無理だと断った
糖尿病などの検査も断った

獣医はホルモン剤の薬だけは続けるよう勧めた
確かに1ヶ月前の検査では
ホルモン数値は最低値から正常範囲内ギリギリまで上がっていた
薬の効き目はその子その子によって違いがあるらしい
もしかしたらもう少し続ける事で状態が良くなる可能性もある

判断を父に委ねると困り果てていた
どうしたものかと私の顔を見る 
父さんはその可能性に賭けてみたいのだろう

「ピースが口から食べられる内は続けてみる?」
父はその言葉を待っていたかのように同意した
四六時中世話をしている父の思いはピースの思いと一致していると信じたい
同様に必ず薬の効果は現れると信じよう

排便は毎日ではないが3日前と今朝と下痢が続いたので便検査を受けると
食べた物が消化されてはいない様だ(機能低下症の一症状でもあるらしい)
整腸剤も追加された

今日の病院での父の様子や
喉につかえぬようピースの為に小さく小さく肉を切っている姿をみて
これからはピースと父さんセットのサポートが必要になりそうだ
明日も笑顔でピースに会いに行こう♪
[PR]
by r-petal | 2009-04-23 16:26
<< せっかちな・・・ 可愛い花には・・・ >>