組織病理の結果
「YUKI、ピースは白血病なの?」
姉からの突然の電話でつい「誰が言ったの?」と逆に質問した私

白血病だと姉に話した従姉も又聞きらしいが噂の出所は誰でも良いや
根も葉もない噂には間違いないのだから

ただ未だにピースの病名に辿り着かないのは事実
でもそろそろ治療目的を決める時期が来たように思う

完治目的にすべきか対症療法にすべきか

********************

ピースの組織病理(頸部と背中のしこり)の検査結果がやっと出た
まさか日曜日に獣医から電話が来るとは予期していなかった事と
丁度ドライブ中(夫が運転)だったので治療法の即答が出来なかった
話しは事を急く事態ではなかったので
予定の診察日(26日は抜糸)に改めて話し合いの場を持つ事になった
d0064859_16394047.jpg

一足先に着いた父はピースを抱き待合室の椅子に座っていた
ピースは私の顔を見ると
父の腕から飛び降りそうな勢いで大暴れし吠えてくれた

筆記用具を忘れたのでもう一度車に戻ると
待合室から後を追うピースの鳴き声と父がなだめる声が聞こえてくる
「直ぐ帰ってくるから大人しくしていろ」と叱られていた

ピースのその姿を見て『決まりだな』そう思った

獣医はピースの組織を検査したASCどうぶつ皮膚病センターの報告書と
それを元に分りやすく書き直してくれたメモ書きも用意してくれていた
筆記用具不要だったわ(*≧m≦*)

ピースは皮下脂肪織を中心とした化膿性肉芽腫で
組織が皮下脂肪織炎と合致したらしい

困った事にこれまた原因が多彩で
感染・物理的刺激・薬物・脂質代謝障害・免疫異常・・・・きりがない
ただ脂質代謝障害の中には甲状腺機能低下症があり
ピースは今、その治療薬を飲んでいる

もともと甲状腺ホルモン剤は吸収悪い薬剤らしい
仮に消化器の機能が低下していたとしたら更に体内への吸収は悪くなる

ピースの症状が改善されないのは機能低下によるものか
薬の量が少ないのかどちらか(後者に期待したいところだけど)

消化器機能低下の有無より皮膚科獣医のコメントに従い
先ず薬を増やしてみる事にした
三週間後、薬が効いてくればピースの血清が上がるはず
治療を始めて元気と食欲が出てきたんだから
方向は間違っていないと信じたい

・・・とここまで決め
電話で即答出来なかった皮膚科センターでの受診の話しを断った
理由はただ一つ ピースの為

日曜日、獣医から日本で有名な皮膚科獣医N氏の受診の話があった
ピースの肥厚した皮膚は脂肪細胞から毛包に及んでいて
普段Mダックスで見かける組織像と異なっているようだ
今回の様に広範囲に見られることは殆どないという

もし私達が望めばセンターで診察治療を引き受けたいと言われた

当初私は交通手段などの理由で(東京調布市)無理だと思った
でもそれは二の次で一番大事なのはピースの体だ

長旅で知らない土地に行き、色々な検査をされる事は
体力のない今のピースにはかなりのストレスになる
それよりも父の側で出来る処置を受け、静かに暮らす方が
ピースにとっては何よりの治療の様な気がする

今日は皮膚生検査後中止していたシャンプーを再開
皮膚感染を予防して保湿してあげるのが私の役目
ちょっと面倒だけど美味しい手作りご飯を作ってあげるのが父さんの役目

これで良かったんだ
[PR]
by r-petal | 2009-02-27 16:56 | Comments(12)
Commented by DON at 2009-02-27 18:51 x
側にいてあげることがピースちゃんにとって幸せだと思います。
Commented by 犬好きかあさん at 2009-02-28 10:50 x
ピースくん 難病なのかも知れませんが 皮膚の悪性疾患を
想像していた私  今すぐ命に関わるものではないと分かり 良かったというのが正直な気持ちです  常日頃私は 我が家のワンコが
病気になっても転院はせず かかりつけ医で可能な範囲で 
苦痛も最小限で…と考えています 人も犬も免疫疾患が増えて
いるのでは!?と思うこのごろです  ピースくんは YUKIさんとの
関わりが嬉しいのだと思いますが いかがですか。。。
Commented by YUKI at 2009-02-28 11:52 x
DON さんもそう思いますか?ありがとうございます
1日殆どじっとしていて呼びかけにも反応しなかったピースが
ここまで感情露に動けるようになってくれてそれが嬉しくて♪
後は・・・発毛してくれたら万々歳なんですけどね(*^_^*)
Commented by YUKI at 2009-02-28 11:53 x
もしかしたら先天性なのかなと思う時もあります
当時クリームは大変珍しく
随分危険な繁殖をされた犠牲の子に思えます
室内犬を飼うのに全く知識がなく
ただ母の為に私が選んだピースですが
暫くは我が家で一緒に居た大事な家族です
ピースはご存知の通り誰よりも私に懐いてくれます
でもピースにとっての一番はやっぱり父なんですよ

>かかりつけ医で可能な範囲で・・・
犬好きかあさんは以前同じ事を仰っていましたね
信頼置ける医師と出会えるのは動物に限らず私達も同じですよね
私も歯科医と獣医は巡り会えたかな・・・と思います
Commented by 犬好きかあさん at 2009-02-28 14:35 x
私も ホワイティの心雑音や肝機能が正常でないことが
先天性かも知れないと思いました そして犬を飼うという意味が
解っていませんでした… 昨年頃から意識しはじめました(^^ゞ

ピースくんも お父様も お互いの支えになっているのですね。。。
それを支えているのがYUKIさんですね。。。
 
Commented by さくらこ at 2009-02-28 15:30 x
YUKIさんが色々考えた末、選んだやり方に間違いはないと思います。
誰よりもピースくんの事を見て、思っている方だから。

近所のワンちゃんたちを見ていて、雑種の方が丈夫で、しかも賢いかも・・と、これはあくまで我が家のさくらと比較して感じたことなのですが^^;、純血統を守り抜くことや、珍しい種類・・自然のままなら滅多に起こらないことを人為的にしていくことも、問題が色々あるのですね。

うちでは就職を目前に体調を崩し、やはり一番の原因はストレスや睡眠不足のようで、治療も大事だけど、それより何より休める時はゆっくりと休みなさい、と言っていたところです。

ピース君の疲れるようなことを少しでも避けていく工夫・・大事なことだと私も実感しています。
Commented by YUKI at 2009-02-28 15:34 x
犬に限らず生き物を飼うという事は半端な気持じゃ無理ですよね
近年は室内犬が増え、生活を共にする時間が多くなり
そして人間同様必ずやってくる病気や老いの世話
金銭的な負担なども視野に入れなければいけないのですよね

私も犬好きかあさんと一緒でした 
だから初犬ピースには沢山の失敗談があります

人社会の付き合いが不器用な父
ピースもまた人や犬と付き合いが苦手な犬なんです 
似たもの同士ですね(笑)
そう言われれば私は父と周りの橋渡しをしているのかも(笑)
Commented by YUKI at 2009-02-28 15:55 x
さくらこさんコメントありがとう♪
息子さん大丈夫ですか?
食事面やさくらこさんの厳し~い助言と(*^_^*)W
本人の十分な睡眠などで内からの免疫力を付けて
早く回復されますように!

確かに犬に限らず寒さ知らずで
飛び回っていた昔の逞しい子供達の方が強かったような
話しは少し逸れますが快適な暮らしは何時しか自らを弱めているように
自然界も私達人間の手で破壊していますよね 
いつか自滅しそうな危機感を覚えます

ピースは最悪事を乗り越えたと思うので
後はのんびり療養してもらいたいな・・・と思います
逆に父には単調だった日々に自分がしなければならない仕事が出来
良い刺激になったと思われます(笑)
やっぱり二人は良いコンビかと(* ̄m ̄)
Commented by みーと at 2009-03-01 00:13 x
調布か~うちからだと近いんだけどなぁ~・・・・慣れない所で長旅でストレス、負担かけて治療しにくるより、やっぱりゆっくり出来る範囲での療養と治療のほうが、ピース君にとっても負担が少なく安心だと思うわ。
Commented by とむ at 2009-03-01 21:28 x
「これで良かったんだ 」YUKIちゃんのこの言葉にピースに対する、いままでのYUKIちゃんの苦しい気持ちと時間を感じるた。土曜日にひょっこり友人夫婦が遊びに来て、昨年の暮れに愛犬を看取ったと・・。「もう少し一緒にいたかった」などと言われ、同時にYUKIちゃんを思い出し、しばし無言・・。いまでも落ち込み気味の彼等を見ていると病気でいても自分を愛してくれている方々に囲まれているピースは幸せかな?って。その分、お父上やYUKIちゃんは複雑に辛いかなぁ・・。
Commented by YUKI at 2009-03-02 08:46 x
末期癌だった犬が飼い主の側に居られるようになって
その癌が小さくなったって話しを読んだ事があるんだ
色々なストレスを減らしてあげた結果
その犬の免疫力がアップしたんだと思った
それほど怖いストレス
ピースにとって理解出来ない治療行為が返って
悪化させている事だってあるかもしれない

みーとさんの言う通りだね
いつも応援ありがとう
Commented by YUKI at 2009-03-02 08:47 x
とむさん、気持察してくれてありがとう
自分の事ならもう少し冷静になれるんだけど
小さな体だけに不憫でね

いつかは私達もとむさんのお友達ご夫婦同様に
看取る日が来るのを心に留めておかなきゃだね
けど早死にはダメ 順番通りに逝かなくちゃ!
とむさんも体大事にしておくれよね
私も晩酌ちょっと減らすから(* ̄m ̄)
<< 個展 小さな。。。 >>