治療開始
改めて記すのも何だがピースの顔は飼い主(父)にそっくりだ(笑)
d0064859_9942.jpg

4月撮影 この頃より体重はかなり減った

**************
火曜日、すっかり元気になった義父と二人で野沢菜を洗って漬けた
我が家は漬けないからお裾分けしてもらおうっと(* ̄m ̄)

初診から二週間が過ぎた昨日、ピースの治療が始まった

病名はまだ確定出来ていないが国内で行なわれた内分泌検査で
総サイロキシン(T4)は基準値より低く
逆に甲状腺刺激ホルモン値は高かった事が分った
まだアメリカに送られた遊離サイロキシン(FT4)の結果は送られて来ないが
ピースの抜け毛の状態を診た獣医はホルモン剤服用を開始した
(1週間でピースの体は所々地肌が見える位まで抜け落ちていた)

見た目は酷い状態だけれどピースは逆に活気が出てきた
多分2週間飲み続けてきた抗生剤が
体のどこかに起していた炎症を抑えたのだろう
元気な頃に比べたらまだまだスローだけど食欲も出てきた

もし仮にピースの病気が甲状腺異常ならば治療薬で更に元気になるだろう
そしてその薬はピースの健康を保つ為に一生不可欠になるだろう

もし仮にピースの症状が改善されない場合は
副腎皮質機能克進症(クッシング病)の疑いで再び検査を受ける事になるが
その先は余り良い結果が待ってはいない

来週の金曜日再び受診
獣医から病名は甲状腺機能低下症だったと終止符を打ってもらいたい

今日のブログをどう〆ようか随分迷ったが
ピースの病気を機にやっと信頼出来る獣医と出合えた事と
温かい友の存在に感謝したい
[PR]
by r-petal | 2008-12-06 09:25 | Comments(6)
Commented by Matya at 2008-12-06 11:35 x
診断が待ち遠しいようなそうじゃないような、
でもとりあえず元気が出てきてご飯も食べれるようになったようで一安心ですね!
信頼できる獣医さんの存在も心強い!
どんどん回復していくことを祈っています。。
Commented by 犬好きかあさん at 2008-12-06 19:37 x
ピースくんの病状に合った治療が為されるといいですね!?
YUKIさんが記すくらいだから きっと 良い獣医さんなんでしょうね。。。
Commented by みーと at 2008-12-07 00:53 x
アメリカからの結果・・・結果待ちって嫌ですよ・・・ね。ホッとする結果にせよ、残念な結果でも早くハッキリした答えが欲しいですよね。ピースちゃん、元気がでてきて食べれるようになってきた、良い兆しですね
Commented by YUKI at 2008-12-08 08:12 x
Matyaさんおはよう
例え一生薬が手放せなくなったとしても
獣医の診断が正しければピースはホルモン剤で元気になれる
ただ高額な医療費負担になるけれど
それを厭わぬ父の気持が嬉しい
応援ありがとうね
Commented by YUKI at 2008-12-08 08:12 x
犬好きかあさん、おはようございます
ピースは2年近く別の病院で月1の定期健診を受けていましたが
結果、病は見落とされていました
最近開業したこの病院へは
躊躇する父を説得し半ば無理やり連れて行った所です
症状に合わせた病院選びは必要だと思います
彼は新しい知識、新しい技術を得た獣医と感じました
応援ありがとうございます
Commented by YUKI at 2008-12-08 08:13 x
みーとさんおはよう
検査の結果待ちの辛さはみーとさんも何度も味わってるもんね
病名が分れば治療法も決まる
効果が出ればピースは元気になれる
応援ありがとう
<< 着物パーティー 小康状態 >>