車中泊  紅ズワイガニと深山の湯
「カニを食べに行くぞ!」で決まった新潟県行き
現地で目的を済ませたら県境まで戻って温泉を楽しむ…
夫らしい計画だ(笑)

8月、初めての車中泊は石川県山中温泉ゆけむり健康村
9月、静岡県と境の阿南町かぐらの湯に引き続いて
11月、今年最後の車中泊旅行は
新潟県との境、北安曇郡小谷(おたり)村の道の駅になった

3度目、準備も大分手馴れてきて
今回は外での食事は無理そうなのでテーブル類は省き
布団の上にボアシーツを敷き毛布など防寒寝具を持参し
そして今回から車中泊専用のコンパクト枕が備わった(* ̄m ̄)

天気はまずまず
9時半頃には大町市、青木湖を通過 山々はこんな感じ
d0064859_1029657.jpg

白馬村ではこんな感じ
d0064859_10293988.jpg

11時半には第一の目的地
新潟県糸魚川市国道8号線上の道の駅マリンドリーム能生に到着~
d0064859_1035927.jpg

早速「かにや横丁」で紅ズワイガニを物色
d0064859_1033363.jpg

立ち並ぶ店先で無料のカニを何本か試食した
値段はどこもそう変わりなく800~3,000円
d0064859_10383746.jpg

夫が1,000円のカニを5匹購入すると2匹おまけしてくれたらしい

ホタテや甘海老、ブリなどを婿殿のお宅へ発送してもらい
娘や孫たちに食べる煮干やアミえびを購入
d0064859_10572020.jpg

多くの客は店で買ったカニに殻入れの容器を借り
裏手にある能生海洋公園内の芝生や堤防で
かなりの海風を受けながら食べていたが私達は持ち帰り用にしてもらった

代わりに施設内のレストランで見た目よりあっさり風のもずくラーメンを食べた
d0064859_10394117.jpg

道の駅を出て能生海水浴場の弁天岩に立ち寄ったが凄い風
d0064859_1041111.jpg

帽子を押さえながら曙橋を渡って岩へ 
d0064859_10414127.jpg

私は左側から更に細い石階段を登って行くと鳥居に到着
右から登った夫は更に天辺の灯台まで到着したが・・・・
d0064859_10422280.jpg

我が身が飛ばされそうな風力で直ぐ降りてきた

来た道を更に戻り南西に位置する道の駅 親不知へ
この日の海岸は波が荒かった
翔は何を思うのか波に向かって吠え続け
d0064859_10424980.jpg

迅は何を思うのかそんな翔に向って吠え続けていた(やかましや…)

突然の波をかぶり更に興奮
d0064859_1043872.jpg

d0064859_11134482.jpg

確か富山の海でも海に大興奮したっけ(* ̄m ̄)
来年は海水浴に連れて来てやろうかと夫

新潟県滞在はこの2時間だけ(笑)
来た道を更に戻って今日の宿泊地、道の駅小谷村に3時頃到着した
実はこの駅 
新潟に向かう途中、下見で立ち寄った時も駐車場は満車に近い状態で
3人の警備員が車の整理に大忙しだったが客足は幾分減ったものの賑わっていた


道の駅入り口奥に光るモニュメント発見
d0064859_10434016.jpg

平成7年7月に
新潟県上越地方と長野県北部の道路と鉄道に甚大な被害をもたらした災害があった
この復興工事中に新たな土石流の災害が起こり
亡くなった作業員十数名を追悼する災害復興記念公園が作られた

で…何故に恐竜のモニュメントかと言うと
小谷村は日本最古の恐竜の足跡の化石がある所として有名らしい
従って恐竜はこの村のシンボル的存在
d0064859_10444312.jpg

子供の恐竜は母親を見上げている
d0064859_10474127.jpg

親恐竜は翼竜を咥えている…何を意味するのだろうか
d0064859_1049894.jpg

道の駅内の温泉が空くのを待ちながら
その恐竜親子の直ぐ横のベンチでカニを食べる夫婦
夫は完全にカニムードでカメラ無視
d0064859_10494361.jpg

夕方になってくると客は一気に少なくなり駐車場も静かになって来たが
私達の様に車中泊する車は20台以上は残っていて
犬連れであったり老夫婦であったり、仲間であったり
車は本格的なキャンピングカーは勿論、軽キャンピングカーもあった

薄茶色の深山温泉には食事前と後
そして就寝前と3回も入って大満足の1日目を終えた
d0064859_10504718.jpg

一気に2日目の報告もしたいけど明日夫が大阪→その翌日中国出張へ旅立つ予定
その時着用するワイシャツの袖丈直しをしなくちゃなので続きは後日
あ!午後は託児所も営業だった(* ̄m ̄)

続く
[PR]
by r-petal | 2008-11-04 11:16
<< 翔の誕生日と犬に纏わる話し 都会の火葬事情 >>