都会の火葬事情
享年56歳の故人と残された遺族を語るのは辛いので
あえて別の視点から葬儀について綴った

今年夏に神葬儀に初参列したが昨日の葬儀も初宗派、天台宗だった
経は声明(しょうみょう)、初めて耳にした節の経だった

東京は通夜が重視されていると聞いていたが私達は葬儀に参列
早朝6時近く、親族6人で練馬区に向った
d0064859_16101665.jpg

十分時間の余裕を持って出掛けたので斎場には早目に着いた

坊様は葬儀から火葬、精進落としまで1日中遺族に寄り添っている感じで
もしかしたら田舎の坊様より坊様らしい接し方だったかもしれない
多分これは檀家数の違いが大いに関係するだろう
例えば総合病院に勤務する医師とそう忙しくない町医者の様に・・・
今回は宗派云々より都会とこちらの火葬の違いを目の当りにした

火葬場では驚くことばかり、先ず公営と民営の2種があり
民営では一般火葬室とカーテンで閉ざされた特別火葬室がある

これに関して都会の火葬事情を検索してみると
新幹線で大阪行くのに自由席か指定席かグリーン席を選ぶのかとあった
色々事情もあるだろうが何か虚しい
まぁ戒名の違いでランク付けされるのも如何なものかと思うが

確かに自由席と言われる大部屋は私達遺族一同の直ぐ隣でも
その一つ隔てた炉の前でも同時進行で火葬が行われ
最後の別れを惜しむというより次から次へと時間の空間

火葬時間も1時間弱と短い
骨あげの放送が入った時、早過ぎる時間に信州組は思わず顔を見合わせた

しかも炉から出された遺骨は職員があれよあれよと言う間に
壷に収められる骨とそうでない骨に分け
2人の職員が残った遺灰を箒で掃き、次の故人の為の準備を始めた

主だった遺骨は同室の片隅に運ばれ簡単な説明の後遺族で骨あげが行なわれた
本当に時間の空間 
更に驚いたのは職員は遺骨を素手で納めた事
熱い骨は急激に冷やされたのではないかと思った位だ

1日の葬儀数の違いから都会ではこれが当たり前の事なのだろうが
我が地では炉からそのままの状態で別室に移動し
白手袋をはめた職員が丁寧に丁寧に扱ってくれる

私は都会のこのスピードには付いていけない
やはり田舎の葬儀を望みたいところだ

*********
上京は急な出来事だったけれど以下は先月から計画されていた事
明日、新潟県へ1泊2日のプチ旅行に出掛けます
今回はお馴染みの車中泊なので翔&迅も一緒(*^_^*)

宿泊場所はその日に長野県に戻り恒例になった道の駅の駐車場
当地の深山(みやま)温泉を楽しんできます
何やら鉄の成分を含んだ湯の色は茶色を帯びているとか…

明日はゆったりのんびりふるさと情緒・・・になれば良いけど
[PR]
by r-petal | 2008-11-01 16:15 | Comments(18)
Commented at 2008-11-01 18:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-11-01 18:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by みーと at 2008-11-02 00:16 x
その土地土地で風習やらに(特に冠婚葬祭は・・・)違いはありますよね。通夜が重視というよりは、やはり告別式や葬儀までは、なかなか身内(本当に近い親戚)じゃないと参列も気が引けるとか、日中やる葬儀に仕事や家庭事情の都合がつきにくいというのもあってか、通夜なら短時間でお焼香して参列できるから、という感じになっていますね。火葬場の骨あげまでの時間はどんどん短くなっています。高温の短時間で焼く炉が導入されているので・・・ヘンな言い方だが混み合っているというか、火葬場も数をこなせるようになっているというか・・・。素手で骨壷へ納めたって?!う~ん、それは初めて聞きました。私も何度も参列しているけれど、別室とまではいかないが、炉の前に専用の台があって、そこに乗せられたお骨を手袋してちゃんと説明しながら納めてくれてたけれど。今は、皆忙しいとか、何度も集まるのはと、告別式、葬儀、火葬、初七日法要といっぺんにお坊さんのお経もあげてもらって済ませてしまうパターンが殆どですね。それと、この頃は、ご遺体を長期おいてもおけないので(火葬場の都合などで)お骨にしてしまってから、葬儀する場合もあるそうですよ。
Commented by DON at 2008-11-02 08:49 x
昨日変なコメントしてゴメンナサイね。
早とちりして失礼しました。
私も自分の父の火葬の時、お骨を乱暴に扱ったので、
その担当の方に言いました。
「大変申し訳ないが、貴方は次の人の時間とか考えて
急いでおられるかもしれませんが、遺族にとって
かけがえの無い人のお骨です。
もう少しゆっくり扱ってくれませんか?」・・・・・・・と
本当は腹がたって怒鳴りたかったんですが、父は喜ばないだろうと思って涙ながらにこらえて伝えました。
結果、丁寧に扱ってくれたので、言ってよかったと思ってます。
Commented by YUKI at 2008-11-04 11:30 x
都会の通夜の参加事情、詳しく綴ってくれて
大変参考になりました
みーとさんの几帳面さがとても現われている文面です

素手の件はきっと慣れからのうっかりなのかな?
余り気持の良いものではないよね
同席していた親族からちょっと怒りの声もあったの

みーとさん、こちらの葬儀は通夜の後
火葬してから葬儀と言うのが殆どです
本当に土地土地で違いがあるのね
Commented by YUKI at 2008-11-04 11:30 x
DON さん、全然気にするコメントではありませんからね
葬儀は今生の別れですものね
大事にして欲しいと望むのは当然ですよね
特殊な仕事ですからその点は担当の方も気をつけていただかねば
私もDON さんの気持ちに添いたいな
Commented by まんまに at 2008-11-04 12:58 x
昨日叔父の納棺で埼玉まで行って来ました。
82歳でした。
私はこの歳まで納棺を経験していませんでしたが
何でしょう?お通夜より告別式より悲しかった.....。
棺に納める行為そのものが自分達の手で行われる事が
直接的だからでしょうか?
これで私の父親の兄弟は5人全員居なくなりました。
叔父は生前短命だった兄や姉の分も生きると言っていました。
もう20代後半になる叔父の孫娘がすがりついて泣いていたのが
目に焼きついています。
よっぽど可愛がってもらったのでしょう。

あちらでは久しぶりに子供のころみたいに兄弟で
釣りにでも行くのでしょうね。
6日がお通夜で行ってまいります。
淋しい話ですみません..........。

Commented by バウ at 2008-11-04 13:42 x
母の時・・・
焼きあがった後、骨壷に拾った骨を入れる寸前で気づいた私がいけないのだが・・・父には腹が立って文句を思わずいったがw
かなり小さい骨壷だったのね
当然かなり残ったわけよ・・・・気になるし、可愛そうで聞いたわよ
次の方の為に綺麗に全部取りまして(焼き盆から灰と一緒に全部)焼骨堂に納めて供養を致します。との返事・・・
ん?
と思いつつ聞いていたら他の人と同じ堂なんだよね・・・@@;
もう一つ骨壷どうにかしてくださいってお願いしたけどダメだった。

Commented by バウ at 2008-11-04 13:43 x
↑の続き

だから、わたしは遺言で全て灰にして持ち帰ることと海へ散骨することだけを残しているのよね・・・
知らない人と一緒に更に自分の上へ知らない人の骨や灰が積まれるなんて・・・いや定期的にどこかへ埋められるかもしれない・・・そう思ったら嫌だな・・・と思ったんだよね
母にはすまないと思いつつもどうする事もできないことが辛いわ。
墓参りもバーチャルで、出かけずとも墓参りも出来る時代・・・
そんなものなら墓もいらないし、盆と彼岸だけの墓参りもしなくてもいい。海なら何処へ行っても(海外でも会える)

どちらも考え方なんだろうけど・・・。

人の心だけは変わらないでいてほしいものだと思う・・・。
おくる気持ちがあればそれで、まだ納得もできるかな
Commented by YUKI at 2008-11-04 17:18 x
すみませんなんてとんでもない
まんまにさんお疲れ様でした
叔父様のご逝去を悼み謹んでお悔やみ申しあげます

>棺に納める行為そのものが…
故人を偲ぶときの悲しみは皆さんそれぞれで
私は火葬場の別れです

私は父方の兄弟とは訳があって付き合いはない分
母方のとは繋がりがとても深いです
まんまにさんも寂しくなりますね
故人をそこまで悲しんでくれるなんて注いだ愛情の深さを感じます

どうぞ故人の思い出話を残された遺族の方たちと
存分に語ってあげてきてくださいね
Commented by YUKI at 2008-11-04 17:20 x
地方によりやり方が違うだろうけど
骨壷を用意するのは葬儀屋ではなかったのかい?
残った骨などのその後は聞かずにいたけれど
焼骨堂に納めて供養してもらうんだ…

昨今は散骨や樹木葬と自然葬が社会的に認められつつあって
バウさん同様、私も生前にその意志を伝えることも大事だと思うよ
私達はそれでも良かろうがジジ、ババさんたちは例え一部だけでも
お墓と言うちゃんとした場所に納まりたいわけよね
それも故人の希望だから叶えてあげるのが勤めだと思ってる
Commented by YUKI at 2008-11-04 17:22 x
続き
一方父さんにはもう常々永代供養の話をしているよ
菩提寺のメル友の和尚様とも相談して申し込みをしようと思っている
現実問題として何れは無縁墓地になるのは分っている事だし
私達夫婦もその道を歩む事になるだろうから
時が来た時に私も娘達に意志を伝えておかないとだね
自分の最後の始末だもんね
海かぁ それも良いかも
長野には海がない分娘達にご足労をかけるが
これ位はしてくれるだろう(笑)

だけどバウさん、私は思うけどバウさんのお子らは
盆や彼岸だけの墓参りでは済ませないと思うよ(* ̄m ̄)
とは言えこれはまだまだ先の話
しっかり強かに生きねばね!
Commented by バウ at 2008-11-04 21:24 x
YUKちゃま・・・すまないねぇ。。。
お墓という穴倉には入りたくないのだよw
それも・・・あの人等とは(笑)

多分、毎日祈ってくれるだろう^^だから尚更あんな所は嫌だよ。
形として残る物がなければ枷にはならずにすむし気も楽だ。

葬儀屋が用意した骨壷だよ~それが小さかったのだよ・・・葬儀屋によって内容は違うだろうけど・・まさか骨壷までとは思わなかったわさ~@@;
Commented by まんまに at 2008-11-04 22:09 x
YUKIさん!自分もバウさんと同じ!
千の風になりたい!
もとより閉所恐怖症なもんで(笑)
暗い、狭いは多分だめ!
やっぱり散骨してもらいたいタイプなのだ!
そもそも死ぬという事は肉体が滅びる事ではなく
忘れ去られること事だと思っている。
形のあるなしは関係ないようなそんな思考なのです。
まあ、人それぞれに思考そのものが
各自デフォルトなのですが........。
Commented by みーと at 2008-11-05 02:06 x
私も、死ぬのも生まれるのも宇宙(地球の)のサイクルのひとつ、と思ってるから、自然に還りたい。宇宙の塵になるのが希望だけど、宇宙葬はお金もかかるし、難しいようなので、海にでも散骨希望派です。バウちゃんじゃないけど、夫の方の墓に入る気はハナからナシ!最悪実家の墓かなとは思うけど、後を守る(継続)人がいないしねぇ・・・
Commented by YUKI at 2008-11-05 11:16 x
バウさんの思いは今までの付き合いから気持は理解出来のよ
一昔前なら顰蹙を買ったろうが今は個人の願いを
尊重する方向に変わってきているのではないだろうか
否、せめて最後くらい束縛されたくないと願いたいんだね

ただねバウさんを偲びたいお子らの願いも聞く耳持ってあげてね
双方が納得出来る形が一番だ

葬儀屋なら御身の大きさが分ると思うんだけどなぁ
それとも最小限の量とか決まってるのかな?
今回のコメントでその折にはその件聞いてみる気になったよ
Commented by YUKI at 2008-11-05 11:16 x
まんまにさんらしい願いだと思います
体は墓地にありますが霊魂は千の風…母もそうであって欲しい
でも忘れ去れるのはもっともっと先の事で
血縁が深い人にはそうであって欲しくないな
現に私は常に母親を慕う事が供養だと思っています

各自デフォルトとなるとお決まりのコースになりかねないので
バウさんの様に生前の意思表示は必要かと…
Commented by YUKI at 2008-11-05 11:17 x
みーとさんもそんな思いを抱いているのね
宇宙葬!!!そんな散骨方もあるの?驚いたわ
海散骨もチャーターとか代行、沖縄散骨とこれもビジネス化なのね
夫の実家では早期の墓建立希望で色々検討中
でも私達の代はもう後を継ぐものが居ないから
両実家の後始末は私達夫婦が済ませて行かないと…
<< 車中泊  紅ズワイガニと深山の湯 ワイナリーフェスタ2008 >>