冤罪を被ったセイタカアワダチソウ
動機:夫が昨日和歌山出張だったので思い出した話

陳述1:もう一昔以上前の話だけれど
夫が和歌山県に出張していた時,三度その地を訪れたことがある
名古屋から新大阪までは新幹線なので短時間だけれど
そこから紀勢本線はローカル線なので2時間と少し乗車した

当時車窓から黄色い花の群生を見て驚いた私に
「あの花が花粉症の原因だ」と話してくれた記憶がある
d0064859_7443971.jpg

夫はその花を麒麟草だと言っていた
多分出張先の誰かからそう聞いたのだろう
私もずっとそうだと思い込んでいた
その花は正に夫の外敵 
随分花粉症や鼻炎で苦しめられた頃だった

陳述2:母が未だ在宅介護だった頃週に1度、日中我が家で過していた
送り迎えの車中、天竜川沿いにいつしか群生したその黄色い花を指差し
「母さん、あの花が夫の鼻を苦しめている元なんだって」と言ったものだ
d0064859_7445961.jpg

母は既に認知症も進んでいたので私の言葉を記憶することもなかったろう
間違った事を覚えないで良かったのかも知れない

陳述3:我が家の真向かいの家は5年前住宅の一部から出火した
幸い負傷者は誰もいなかったがその後この家は空き家になっている
色々噂は流れたが出火原因は未だ分らず時が経っている
正直放置されたままの状態でジャングル化していく庭が
玄関前にあるのは気持の良いものではない

普段なるべく見ぬようにしていたその奥庭に
ふと気がつけば夫の外敵だったあの花が群生してるではないか!
d0064859_7465091.jpg

娘達も季節の変わり目色々な花粉で困っているので
何か対策はないものかと調べていたら驚く事が分かった

立証1:まず夫の言っていた麒麟草とは全くこの花と違う
葉がサボテンのような多肉植物だった (植物図鑑より)
d0064859_7483649.jpg

まあね。。。私も植物に詳しくないから疑いもしなかった(初動ミス)

立証2:続いて「黄色い花 花粉アレルギー」と検索すると
秋のブタクサ、ヨモギと出てきた
ブタクサを見ても花が全然違う

更に「ブタクサ 黄色い花」と検索すると多件ヒットし
セイタカアワダチソウとブタクサの混同が触れられていた

私はつい昨今セイタカアワダチソウと言う名を知ったわけで…
己が花粉症とは無縁だったので大変恥ずかしい結果になった(恥)
救いはこの花は私同様結構誤解されていたようだ

★10年ほど前はブタクサと書いてあってセイタカアワダチソウの写真だったとか
★花粉アレルギーや喘息の元凶であるなどの濡れ衣を着せられたこともあったとか

判決:セイタカアワダチソウは虫媒花であり花粉症等の原因ではなかった 無罪

それを知ってヤレヤレと安堵の胸をなでおろしつつ
長年の冤罪を晴らした花だったのね。。。と言うお話でした

ただ調べた証拠記事は随分古かった。。。今更~~!と笑ってやって(* ̄m ̄)
[PR]
by r-petal | 2008-10-24 08:06
<< ワイナリーフェスタ2008 季節の食材 松茸と銀杏と松茸話 >>