厚生年金記載もれ…私のケース
先月下旬私の元にも【ねんきん特別便】が届いた
確かめてみると結婚前の厚生年金加入時期が記載されていなかった

もれがあった場合加入していた年度など記入するようになっていたが
専門学校を卒業した後の記録なんて曖昧で自信がない

頭の片隅の話だが、昨年母が亡くなってから
今だ実家にそのまま残されているの私の部屋を整理をした
その時30年前近くの明細書が出てきて驚いた記憶がある…
あれをどうしたっけ? 
去年の事すら覚えていないのだから情けない(TmT)

もしかしたら捨てたかも…ダメ元で実家に出向いた
突然の訪問に驚いた父を尻目に(* ̄m ̄)
早速自分の部屋に入り大箱を開けた
B5サイズの封筒の中に昭和54年からの明細書や源泉徴収票が残っていた
後から処分するつもりだったのは丸めた紙くずと一緒の事から明白だった

父にその事を話すと
「それみろ、捨てるのはいつだって出来るんだ」と意気揚々と言った
何か…自分の性格が親父に似てるみたいで喜べなかったが
よし!これで確たる証拠が出て来たわけで一安心した

直ぐに返信する予定が安心しきって今日までダラダラ…

今日は義母さんを連れて外出したので
序にその後、直に社会事務所へ出向いて来た
お陰さまで手続きもその場で完了し新しい加入記録書も作ってもらえた

職員の対応は昔とは打って変わって大変低姿勢で
事細かく私の質問にも丁寧に説明をしてくれた
           ↓
記載もれ
*****私の場合******
d0064859_16521623.jpg

1997年(平成9年)1月
オレンジ色の年金手帳はブルー色の年金手帳に変わった

以前、国民年金・厚生年金保険・共済組合の各公的年金制度では
それぞれ別の年金番号が付けられていたらしい
それを統一する為に共通した「基礎年金番号」が付けられる事になった

当時社会保険庁は基礎年金番号を知らせる往復ハガキを発送したらしいが
それが完全ではなかった
と言うのは住所記録を重視していなかったので
住居の変更があった場合ハガキが確実に届かなかったケースもあったらしい

私は結婚し名前と住所が変わりその後もう一度引越しをしていた
正直往復はがきをもらった記憶がない これも「もれ」の一因だろう

もう一点
5年前、年金手帳を紛失している事に気がついて再交付してもらった
基礎年金番号に変わった後なので新しい年金手帳はブルー色になった
当時まさか厚生年金記載漏れの問題が発生するとは思わなかったので
退社後の国民年金に途切れがなかったか確認したのみ
まさか国民年金と厚生年金の番号違いがあるのも知らなかったし
私の手落ちとは思っていないが信頼しすぎた甘さもあるのか?
いずれにしても解決出来てヤレヤレだ

社会事務所を出てどうせここまで来た序だ
ピースの顔でも見ていくか 父さんの顔はそのまた序で(笑)
3時のお茶に付合ってきた
d0064859_179563.jpg

さて、次女の婿殿が2日ほど出張だそうだ
土日と娘親子が泊まるようだ
YUKI家は休日返上で託児所営業予定(* ̄m ̄)
[PR]
by r-petal | 2008-10-03 17:10 | Comments(4)
Commented by lemomama at 2008-10-03 19:15 x
あら~やっぱり漏れがあったのね~。
私はその往復はがきを無視しちゃったから、ちゃんと勤めていた時代のが記載されていなかったの。

でも、まあ、一件落着!
Commented by みーと at 2008-10-03 23:37 x
けっこう、漏れあるんですね・・・・
託児所開設ですか~YUKI家は週末は賑やかだ♪
Commented by YUKI at 2008-10-04 08:24 x
やっぱり・・・って文面にその数の多さを感じますね
lemomama さんも私と同じ理由のもれだったのね
でも(* ̄m ̄)無視しちゃだめよ~~

そう言えば過去 lemomama さんもそれを扱った日記書いてましたね
先ほど過去日記読んできました(笑)
Commented by YUKI at 2008-10-04 08:24 x
平成8年以前に厚生年金から国民年金になった人には
往復はがきが届いているはずなのよね
でもその「はず」も徹底した作業じゃなかったから
あやふやになって今に至ったわけで・・・・

そうなのみーとさん、休日営業(笑)
今夜はみんなで近場の温泉に行ってくるよ(*^_^*)
<< 恒例の天日干し 手作りキャラメル >>