秋の陶芸とかじかの湯
別のシーズンの陶芸もあり?って突っ込まないでね(笑)
多分もう二度とないから(* ̄m ̄)
*************
お猪口(おちょこ)とは
日本酒を飲むときに用いる陶製の小さな器
または上が開き下のすぼまった小形の盃の事
形状は釣鐘形か円筒形で、大きさは用途等によって区々である

一方ぐい飲みとは
やや大ぶりで、底の深い杯とあった

じゃあタンブラーは
容量はかなり幅があり180mlから300mlといったところ

要するにそれぞれアバウトじゃん(笑)

だが、私の作った器は猪口なのかぐい飲みなのか
それともタンブラーなのか…それが問題だ (; _ _ )/
d0064859_8124925.jpg

最初に自己作品を披露しておけば怖いものなしだわ(笑)
後はスタッフの施釉の技術で多少の見栄えの変化を期待しよう(* ̄m ̄)
******************
あの旅行から10日後、再び下伊那の阿南町を訪れた

旅行記最後に決意を述べたように例の陶芸体験工房のリベンジ(笑)
だって、やっぱりMyお猪口作りたいじゃなぁ~い(=v=)

夢ばかり大きくても実際陶芸なんてやった事がない二人
出来栄えをそう期待していなかったけど…
もうちょっと何とかなるとは思ってた((( T_T)

工房開館時間の9時に到着するとまだ誰もいなかったので
スタッフの方々と直ぐに打ち合わせが出来た

夫は徳利とお猪口を希望
私はお猪口だけで…と言うと粘土の量からだと5つ位出来るらしい
そんなにMyお猪口は要らないので
じゃあ大きめのタンブラー1個を追加した
今思うと、お猪口5つに専念していたらその内1つはまともな物が出来たかも

泥除けエプロンを付けて
電動ろくろの使い方を教えもらって先ずはタンブラー作りから

難しい かなり難しい(_ _,)/~~  
それは言い訳だって夫に言われたが私の長い爪が結構邪魔なの(хх)

「カメラを見てごらん」と夫 見れるわけないじゃん★O=
d0064859_8142351.jpg

目を離なさなくてもこんなに歪んじゃうし(TmT)
d0064859_8144047.jpg

私は普通のタンブラーを作るつもりだったのに
ろくろの回転を見ていたら頭の中にカラーの花が浮かんできて
「その花の様な口にしたいんです!」と叫んだ

頭のイメージ画像
d0064859_8215485.jpg

唐突過ぎて咄嗟に花の名が出て来なくて(微汗)
身振り手振りで説明したけど(しかも土付きの手で 大汗)
初体験者扱いに慣れているはずの指導員をすっかり困らせてしまった(冷汗)

奥さん…ご希望の口の形が分りません(/--)/ (by夫&指導員)
で…アタフタしてたらこんな形になってしまったし(/--)/
d0064859_8245611.jpg

カラーとはほど遠い(自爆)

気を取り直して残りの土で今度こそ待望のマイお猪口作り
雑念を取り除いて今度こそ集中集中
ろくろは威勢よくグルグル回るうちに器はドンドン大きくなって…
飲み口をどうしようかなぁなんて余計な事をまた考えちゃったから
あ・・・・手があたって歪んじゃった
d0064859_82617100.jpg

トドメに爪が側面に当たって変な模様を作ってしまった
d0064859_8274141.jpg

アドバイス:回転中は余計な事をしないようにしましょ

もうこれ以上手を加えない内にろくろから切り離しましょうと彼
すっかり見放されてるし。・°°・(>_<)・°°・。
陶芸は私の世界ではなかった

私の過程を結構笑ってくれた旦那様の作品
悔しいけど私よりかなりマシ(* ̄m ̄)
いかに私のお猪口(と言えるか)が大きいか分るよね(笑)
d0064859_8281727.jpg

乾燥から素焼き、施釉、本焼などの仕上げはスタッフにお任せして
(仕上がりまで1ヵ月半かかる予定)
釉薬ともう一種の薬掛けの色を指定して隣接されているかじかの湯へ移動
d0064859_830599.jpg

露天風呂はこんな感じ
d0064859_831209.jpg

温泉近くの池の中にはかじか…ではなく鯉が一杯
d0064859_1094268.jpg

そう言えばかじかの骨酒は天然岩魚の骨酒以上に美味と聞く
試飲してみたいなぁ

山菜の王、タラの木発見! 
この枝がやがて落ち来春タラの芽が出てくるのね。。。天麩羅
d0064859_10111059.jpg

お食事はここ
d0064859_8314086.jpg

品数が余りなかったけどあっつ熱のから揚げ定食を食べ
d0064859_8315842.jpg

ちょっと早い柿の里と梨の里、林檎の里を素通りして我が家へ
d0064859_8334930.jpg

今回お留守番だった翔&迅の元へ無事帰宅~~ 

笑いすぎたり落ち込んだり、かなりの喜怒哀楽な1日で疲れたわ(TmT)
[PR]
by r-petal | 2008-09-22 08:54 | Comments(10)
Commented by DON at 2008-09-22 10:35 x
いやぁ~とっても充実した一日でしたね。
おそらく時間はアッという間に過ぎたんじゃないでしょうか?
陶芸は、私の退職後の趣味として今から計画してあります。
そして、蕎麦打ちも・・・・・・・
yukisんの作品ですが、私は味が合っていいと思いますよ。
とにかく、楽しく拝見させていただきました。
唐揚げ美味しそう・・・・・・・・
Commented by バウ at 2008-09-22 10:39 x
花瓶かいw
ごめんごめん(笑)

自分がよけりゃいいんでないの?
ちょこちょこ継ぎ足さなくてすむし便利じゃんw(え?そういう事でもないって?w)
旦那ぽんと仲良く有意義に時間を過ごせて、わたしは見てて嬉しいわ^^

そっか
タラの芽が・・・
あれは、まっこと天麩羅がうんま~いよねん(コラコラ
Commented by YUKI at 2008-09-22 16:20 x
ある意味充実と言えるかもDON さん(笑)
陶芸はDON さんの退職後の趣味ですか…なんかピッタリ合う気がする

そうですかぁ そうですよね!
均整がとれたタンブラーなんかは100金でさえ手に入りますもんね
あれだけ個性的で味な作品は売ってませんもんね(買い手もないけど(笑))

唐揚げ、そりゃ美味 揚げたてですもの(*^_^*)
Commented by YUKI at 2008-09-22 16:22 x
花瓶に見えたバウさん、正解です
作った私でさえいっそ花瓶にしよかと思ったもん(笑)

>ちょこちょこ継ぎ足さなくて…
ありがと~~~それを強みに旦那に反論出来そう
もうずっと笑われっぱなしだったの(TmT)
と言う事で仲良くない(* ̄m ̄)

タラの芽、山菜の女王のこしあぶら(あぶらこし)♪
信州は色々な山菜が美味しいよ
天麩羅はバウさんが作ってくれたらもっと美味しい!

Commented by バウ at 2008-09-22 17:21 x
おっしゃ^^天麩羅作りにいこ。w
材料しっかり集めといてよ・・・わたしは山の中は(藪)怖くて行けんからw
こういう時こそ、旦那ぽんの出番だわね
Commented by YUKI at 2008-09-22 18:07 x
おっし!山菜集めは任せておいて!
ダリは当てにならないけどダリの友達のにしやんが調達してくれるよ~~(* ̄m ̄)
明日の晩会うからおねだりしておこうっと(また飲み会かい(笑))
Commented by みーと at 2008-09-22 23:36 x
陶芸リベンジ行ってきたんですね!作品、いい感じの形ですよ~!!味わいがあるこういうのが、おもしろい!釉薬がかかって焼き上がりが楽しみですね~!電気ろくろはむずかしい・・・1年位陶芸もやったんですけど(月2~3回ペースで1年位)うまくつかいこなせなくて、いつも回転台みたいな手まわしろくろでやってました。
お風呂もいい感じでいいな^^タラの芽の天麩羅・・・じゅるじゅる~~~よだれが出ちゃう
Commented by まんまに at 2008-09-23 10:16 x
陶芸いいですね!
食べて終わってしまう仕事をしていると
なおさら半永久的に残る物造りにあこがれます。
近くに陶芸教室があるので今度行ってみようかな!
色んな形のぐい呑みを作ってみたい。
ちなみに昨日久しぶりの休みでロックグラスを
買いに行ってきました。
また「いいちこ」の減る量に拍車がかかりそうです(笑)
Commented by YUKI at 2008-09-23 10:57 x
え~~みーとさん陶芸経験者
キャ!(〃∇〃)恥ずかしい~~
そうなのリベンジ(笑)
味わいがあるって感想ありがとう
釉薬に凄い期待してるのよね私(* ̄m ̄)

ここ最近お風呂に恵まれてて(笑) 
タラの芽が食べれる季節に逆戻りして欲しいよね
Commented by YUKI at 2008-09-23 10:58 x
まんまにさん、ロック用のマイグラスをゲットしてきたのね
作る気ないけどガラスは難しいだろうなぁ(* ̄m ̄)
 
確かに食べて形はなくなるけど
作品はちゃんとお客さんの舌と心の目が覚えていてくれる
まんまにさんの名前は不滅よ(*^_^*)

近くに折角の場所があるのなら一度は挑戦してみるのも良いかも
今度お店でぐい呑みを見かけると別の視点から作品を見れると思います

まんまにさんはいいちこがお気に入りなのね〆(._.)メモメモ


<< 信州の肉と藍の花 イカ墨スパ >>