秋の陶芸とかじかの湯
別のシーズンの陶芸もあり?って突っ込まないでね(笑)
多分もう二度とないから(* ̄m ̄)
*************
お猪口(おちょこ)とは
日本酒を飲むときに用いる陶製の小さな器
または上が開き下のすぼまった小形の盃の事
形状は釣鐘形か円筒形で、大きさは用途等によって区々である

一方ぐい飲みとは
やや大ぶりで、底の深い杯とあった

じゃあタンブラーは
容量はかなり幅があり180mlから300mlといったところ

要するにそれぞれアバウトじゃん(笑)

だが、私の作った器は猪口なのかぐい飲みなのか
それともタンブラーなのか…それが問題だ (; _ _ )/
d0064859_8124925.jpg

最初に自己作品を披露しておけば怖いものなしだわ(笑)
後はスタッフの施釉の技術で多少の見栄えの変化を期待しよう(* ̄m ̄)
******************
あの旅行から10日後、再び下伊那の阿南町を訪れた

旅行記最後に決意を述べたように例の陶芸体験工房のリベンジ(笑)
だって、やっぱりMyお猪口作りたいじゃなぁ~い(=v=)

夢ばかり大きくても実際陶芸なんてやった事がない二人
出来栄えをそう期待していなかったけど…
もうちょっと何とかなるとは思ってた((( T_T)

工房開館時間の9時に到着するとまだ誰もいなかったので
スタッフの方々と直ぐに打ち合わせが出来た

夫は徳利とお猪口を希望
私はお猪口だけで…と言うと粘土の量からだと5つ位出来るらしい
そんなにMyお猪口は要らないので
じゃあ大きめのタンブラー1個を追加した
今思うと、お猪口5つに専念していたらその内1つはまともな物が出来たかも

泥除けエプロンを付けて
電動ろくろの使い方を教えもらって先ずはタンブラー作りから

難しい かなり難しい(_ _,)/~~  
それは言い訳だって夫に言われたが私の長い爪が結構邪魔なの(хх)

「カメラを見てごらん」と夫 見れるわけないじゃん★O=
d0064859_8142351.jpg

目を離なさなくてもこんなに歪んじゃうし(TmT)
d0064859_8144047.jpg

私は普通のタンブラーを作るつもりだったのに
ろくろの回転を見ていたら頭の中にカラーの花が浮かんできて
「その花の様な口にしたいんです!」と叫んだ

頭のイメージ画像
d0064859_8215485.jpg

唐突過ぎて咄嗟に花の名が出て来なくて(微汗)
身振り手振りで説明したけど(しかも土付きの手で 大汗)
初体験者扱いに慣れているはずの指導員をすっかり困らせてしまった(冷汗)

奥さん…ご希望の口の形が分りません(/--)/ (by夫&指導員)
で…アタフタしてたらこんな形になってしまったし(/--)/
d0064859_8245611.jpg

カラーとはほど遠い(自爆)

気を取り直して残りの土で今度こそ待望のマイお猪口作り
雑念を取り除いて今度こそ集中集中
ろくろは威勢よくグルグル回るうちに器はドンドン大きくなって…
飲み口をどうしようかなぁなんて余計な事をまた考えちゃったから
あ・・・・手があたって歪んじゃった
d0064859_82617100.jpg

トドメに爪が側面に当たって変な模様を作ってしまった
d0064859_8274141.jpg

アドバイス:回転中は余計な事をしないようにしましょ

もうこれ以上手を加えない内にろくろから切り離しましょうと彼
すっかり見放されてるし。・°°・(>_<)・°°・。
陶芸は私の世界ではなかった

私の過程を結構笑ってくれた旦那様の作品
悔しいけど私よりかなりマシ(* ̄m ̄)
いかに私のお猪口(と言えるか)が大きいか分るよね(笑)
d0064859_8281727.jpg

乾燥から素焼き、施釉、本焼などの仕上げはスタッフにお任せして
(仕上がりまで1ヵ月半かかる予定)
釉薬ともう一種の薬掛けの色を指定して隣接されているかじかの湯へ移動
d0064859_830599.jpg

露天風呂はこんな感じ
d0064859_831209.jpg

温泉近くの池の中にはかじか…ではなく鯉が一杯
d0064859_1094268.jpg

そう言えばかじかの骨酒は天然岩魚の骨酒以上に美味と聞く
試飲してみたいなぁ

山菜の王、タラの木発見! 
この枝がやがて落ち来春タラの芽が出てくるのね。。。天麩羅
d0064859_10111059.jpg

お食事はここ
d0064859_8314086.jpg

品数が余りなかったけどあっつ熱のから揚げ定食を食べ
d0064859_8315842.jpg

ちょっと早い柿の里と梨の里、林檎の里を素通りして我が家へ
d0064859_8334930.jpg

今回お留守番だった翔&迅の元へ無事帰宅~~ 

笑いすぎたり落ち込んだり、かなりの喜怒哀楽な1日で疲れたわ(TmT)
[PR]
by r-petal | 2008-09-22 08:54
<< 信州の肉と藍の花 イカ墨スパ >>