神葬
今朝収穫した我が家のトマト
遂に大★中★小と育ちました
d0064859_10211521.jpg

*********
さて本題、
結婚式と葬儀…どちらの参列数が多いかと考えると
幸いにしてまだ祝いの席の方が圧倒的に多いが
葬儀の方が異なった式に参列している
昨日の葬儀もまた初めての様式だった

正式には神葬祭または神式葬儀というらしい
事前に知らなかったので会場の様子にちょっと驚いた

従姉の自宅、安曇野には近辺に寺がなく神社に依頼したと聞いたが
坊様がいらして経を唱える仏式葬儀が普通だったので
不謹慎ながら神職者の一挙一動に目を見張っていた 

仏葬と神葬の大きな違いは僧侶ではなく神主が執り行い
横笛と太鼓の演奏の中、神職者たちが入場してきた
途中琴の音も加わり葬儀ではない式典を
古式ゆかしく執り行なわれている感覚に陥る

数珠も線香も使わない
焼香の祭は玉串(榊などの木の枝に紙垂を付けたもの)を供えた
その時ニ礼二拍手してもう一度一礼
手を合わせる際は音を立てない忍び手で行なった

読経の代わりに祭詞が読まれ故人の生涯、家族との歴史が触れられていたが
独特の言葉や言い回しで全てを理解するのはちょっと難しかった

96歳、天寿を全うし、大家族に見送られ素晴らしい葬儀だと思う半面
これは式場側の悪い仕来りだと思うが毎回思う事がひとつ

弔電…故人と殆ど繋がりがない議員族を筆頭にダラダラと読み上げ
遠方でやむなく参列出来ない大事な親族、知人様たちを
名前だけ読み終える司会進行は如何なものかと…

そんな憂いを一掃してくれた言葉で締めくくりたい

故人には孫が10人、ひ孫が11人居たので
老父の棺はこの子らが担いで自宅から霊柩車に移されたらしい
「あなた達が担いだ棺の重さがおじいさんの命の重さですよ」
と神官が孫たちに仰っていたのが心に残った

当然小さな体だ、大人数で担げば寧ろ軽く感じるだろう
実質の重さの事を意味しているのではなく
子孫をこれだけ残し愛しんできた爺様の存在の重さなのだろうな
[PR]
by r-petal | 2008-07-20 10:30 | Comments(10)
Commented by 犬好きかあさん at 2008-07-20 16:29 x
神式葬儀は天皇家で執り行われるのをTVで見ただけで一般人には
馴染みの低いものですね 従姉さんのお舅さんの葬儀に出られたのには
訳があるのですか?関係からすると薄いと思ったものですから…
葬儀は静かにこじんまりと近しい身内だけで行いたいと考えていますが
個人の意見だけでは すまされない義理・交際がありますね
そう言いながらも私は 自分の結婚式は2人だけで軽井沢高原教会で
挙式だけしましたし 両親の葬儀も身内だけで行った経緯があります
非難?それらしきものは耳にしました。
安曇野かぁ… 遠~い昔に あんなに遠い所とは思わず 女友達と2人
旅行し ペンションに泊まりました(今は無いかも ペンション白馬)
Commented by みーと at 2008-07-20 17:42 x
神式葬儀は1度だけ出た事あるな~
あとキリスト教式も1度
それぞれ違いはあれど、亡くなった人を想って弔い送り出す儀式・・・
私は限りなく無宗教に近いので、できれば「お別れの会」みたいなのがいいな~と遺言書いてあるよ。
Commented by バウ at 2008-07-20 19:04 x
うちの実家も代々、神式だよん。
装束がちと違うだけで色は祝いと同じ<神主
雅楽は奏者が最近では少ないのでテープも多くなったらしいけど田舎はまだ爺様(ぉぃ)がズラ~っと並んで太鼓に鐘に、しちりき(ひちりき)と幻想的ではあるけれど・・・わたしは好きじゃない(きゃ~~@@;不謹慎)w

大事なのは故人を送る気持ちだよねん
YUKIちゃまの違和感・・・分かるぅ~~~
お疲れさんでした(ハグ)
Commented by YUKI at 2008-07-21 12:32 x
>犬好きかあさん
ズバリお答えします(笑)
私たち従姉って皆が叔父や叔母好きで結束が強いのです
確かに故人とは血縁はありませんが葬式には参列しあっています
私は従姉内で一番年が若いのでこれからの事ですが
仮に夫の両親が亡くなった場合
葬儀の最後まで一緒に居てくれるはずです

確か犬好きかあさんのご両親の時は家族葬だったと記憶しています
その折に何かしらの波風があったでしょうね
昔に比べたら田舎でも簡素化にはなりましたが
本家ともなると親族の目がまだまだ厳しい所も残っています

ペンション白馬をちょっと検索してみましたが
白馬○○と言うのは何件かありましたが
もしかしたらもう閉鎖になっているのかもしれませんね
Commented by YUKI at 2008-07-21 12:33 x
>みーとさん
キリスト教式って一度もないの
娘さんが信者だったけれど葬儀は仏式だった

>亡くなった人を想って弔い送り出す儀式…
誕生の次に大事な儀式だもんね
出来ればみーとさんみたいに故人の意思を尊重した形で
お見送りをしたいよね
そして周りもそれを受け入れてくれれば良いのにね

色々な柵がなければ私も知人と身内だけに送ってもらいたいな
Commented by YUKI at 2008-07-21 12:33 x
>バウさん
へぇ代々神式なんだ
こっちは凄い若いそれも女性だったよ
彼女が笙(これは名前を知らなかったから形を頼りに調べたよ)
を吹いていたよ
バウさんはお好きでないのね(* ̄m ̄)

仰るとおり大事なのは故人を送る気持ちなんだけど
昨今は進行を式場に任すから仕方ないかもしれないけれど
何かねぇ・・・・

式場内冷房効きすぎて寒かったし(TmT)
Commented by バウ at 2008-07-21 15:42 x
巫女さんは玉串運んだり華を飾ったりもいだり(棺に入れる分と持ち帰る分と墓場への分でバタバタしとったw)

へい。好きじゃないっすw

寒かったのか~風邪でも引いたらどうすんだよねぇ~
仏様も鼻水でてたかもだね
思いっきし、カトちゃんみたいに「ふぇ~っくしっ!」ってやったら良かったね(コラコラ)
Commented by 犬好きかあさん at 2008-07-21 22:23 x
お返事ありがとうございますm(__)m結束の強さがよく分かる内容でした
田舎は隣近所の目も気遣わなければならないという話だけは
父存命中に耳にしていました 長年たいした交流もなく過ごしてきたので非難の声は気にしなければ済むもので良かったです 母の時は
どうしても…ということで 男女合わせて3人のいとこ+2人が参列して
くれました
Commented by YUKI at 2008-07-23 11:31 x
>バウさん
こちらは巫女さんスタイルじゃなくて服装は男女統一されていたよ
そうそう、仏式は初七日って言うけど神葬は十日祭って言うんだね

服装に問題ありだよね 男の人は式中は式服着るから暑いんだろうね
女性は思いっきり半袖だもんね 
そっかぁカトちゃんくしゃみをすれば気を利かせてくれたかも(* ̄m ̄)
Commented by YUKI at 2008-07-23 11:31 x
>犬好きかあさん
故人、または喪主など、お付き合いの深さが基準になりますよね
田舎はとりあえず一周忌が終わるまでは何かと気忙しいです
場所によっては七回忌まで主な親戚を呼ぶようですが
母の三回忌は孫は呼ばず
父と姉、そして私たち夫婦だけでお寺で済ませます
<< くるくるの。。。 胡瓜に集まる生き物たち >>