ネットカフェにて
サブタイトル:バックアップを怠るな!

2008年、新しい年が明けて早半月が過ぎた
ブログは去年の下旬でストップしたまま…時が止まってしまっていた

年末は父と娘夫婦と孫たちと賑やかく餅つきを済ませ
年明けは去年に比べたらのんびり過ごしてマズマズだったのに
夫の年始休みの最後の日 1月6日の早朝、次女の電話で起こされた
原因不明の激しい下痢と腹痛、一時意識が朦朧としてトイレで倒れたと聞き
未だ夜明け前に夫と急いでアパートに駆け付けた
寝ていた冬音を渓くんに任せて娘だけ連れて自宅に戻った
本人はノロかロタウィルスではと思い入院覚悟をしていた様だが(笑)
下痢も時間と共に徐々に落ち着いたので結局我が家の食事療法で大事無く済んだ
ヤレヤレと思った翌日は歯科受診で翔悟を預けに来た長女が喉の痛みを訴えた
病院から戻った娘の顔は発熱の為真っ赤…38.5度

次女親子と長女親子を預かる事になったが長女の風邪が次女たちに移ったら困るので
次女と冬音は前日同様座敷に床を、夫と翔&迅は居間に布団を持ち込んで寝てもらった
長女と翔悟と私は2階の私たちの寝室で寝た
翌日病院で検査を受けた長女はインフルエンザにはかかっていなかった
2度目のヤレヤレだった

所が事はこれで終わらず今度は夫
次女親子が帰り長女親子も今夜が最後になる夕方、帰宅した夫の鼻血が止まらない
この日の午後耳鼻科で受けた鼻茸除去の手術箇所からの出血が原因だった
鼻血は時間が経つにつれ酷くなり口に滴り落ちるほどになった
耳鼻科は診療時間後不在のため電話は通じなかったので
自宅近くの別の耳鼻科で緊急処置をしてもらった 処置時間は2時間半
あいにく看護師がいなかったので私が夫の頭を抑えていた
鼻腔に7枚もガーゼを押し込まれた痛みは壮絶なものだろう、
痛がる夫の頭を抑える私も必死だった
家に戻った時は夜中の11時近く、夫も私も疲れ果てた 

3日間日替わりで続いた看病で4日目の晩は大爆睡だった
ほんと…魔の3日間だった
悪い事は3度起こった、これで終わり…と思った矢先…

我がパソコンが故障するなんて…勿論ありえることだけれど起こって欲しくなかった
過去バックアップを怠った事などなかったのに
慣れからの怠慢、気の緩み、過信…昨年は1度もやらなかった
電源が入らない原因が分からないが
マザーボードではなくハードディスクに異常があった場合全てのデータが消えてしまう
大事な画像は元より膨大な記録も失ってしまうかもしれない危機感
改めてバックアップの大切さを味わった

このネットカフェを訪れるのは3年振りだ
型の古いデスクトップパソコンだったのに今は真新しく綺麗な室内に変わっていた
心地よく溜まっていた調べ物に1時間ほど没頭した後残りの時間をブログに回した

実はブログのアドレスもパスワードもはっきり覚えていない
ブログは検索すれば探し出せるが管理者ページが開くのか、
果たしてうら覚えのパスワードが合っているのか… 一か八かだった
そう言えばこのブログを始めとした種々のパスワードも書き写していなかったっけ
怠慢が引き起こした代償は大き過ぎた お馬鹿な私、改めてそう思う

パソコンを修理に出して今日で5日が過ぎた…

ネットを離れていた数日間読書に没頭した
The Horse Whisperer 映画のタイトルは「モンタナの風に抱かれて」
d0064859_14552942.jpg
ロバートレッドフォードが監督&出演している
One winter morning in New York State, there is an accident on an icy mountain road.
Thirteen-year-old Grace and her much-loved horse, Pilgrim, are very badly hurt.
Her mother believes Grace will only recover if her horse can be saved. Can the Horse Whisperer nurse Pilgrim back to health?
驚いたのは結末が本と映画では全く違っていた事
映画より本の方が衝撃的な終わりだった

そしてCambridge社 Two Lives 
d0064859_14555369.jpg
In the small Welsh village of Tredonald, Megan and Huw fall in love.
物語はパート1と2に分かれている
彼らの若かりし頃の人生と運命に引き裂かれてから50年後の彼らの人生、ちょっと逸る気持ちを抑えきれず途中を飛ばして最後先に読んでしまった(笑)
レベルは共に3rd(Pre-Intermediate) 約1200語の単語で構成されている
ケンブリッジ社の本は登場人物が冒頭に紹介されていたので
名前を覚えるのが苦手な私には大変親切だった(笑)

そして今読んでいる本も1995年に映画化されたBrave heart(ブレイブハート)
メル・ギブソン主演 13世紀のスコットランドに実在した人物で独立と開放を目指して
戦った戦士の半生を描いたヒストリーロマン
d0064859_14561734.jpg
Braveheart is the true story of William Wallace, Whose love for his country gave hope to his people.
映画はチラ見しかしていない 
私は戦争ものがどうも悲し過ぎて苦手…
事実Two livesより前に読み始めたがウォレスの妻が殺されたシーンで本を閉じてしまったが再度挑戦を始めた所だ

おっと家に戻る時間だ 確かにネットカフェのパソコンは最新型になっているが
やっぱり自分の物が一番入力しやすいな…
早く我が元に無傷で戻ってくることを願って…
[PR]
by r-petal | 2008-01-17 15:02 | Comments(2)
Commented by satsuki at 2008-01-20 01:29 x
時差だ~!なんて思いながら、拝見してます。
YUKIさん、今日はありがとうございました。
私、よく考えたら、17日の晩から今までPCは開いていたけれど、
ネットはやっていませんでした。
だから、今日のYUKIさんとの会話と、YUKIさんのブログ、
時差でした~
とてもよくわかりました!
私も会社PCの不具合が昨年暮れから続き、
PCトラブルって、本当に大変~_(._.)_
そう実感したので、YUKIさんのお気持ち、すごくわかります。
早く戻ってくる事を願いながら。
そして、大切なデータが破壊されていない事も願いながら・・・・
おっと、こんな時間になってしまいました・・・(^_^;)
Commented by YUKI at 2008-01-22 13:03 x
【satsukiさん】
ご心配頂いたパソコンは今日のブログでも触れましたが昨日戻ってきました
そして大切なYUKI家皆の大切なデータも損なわれる事なく無事でした

私は個人なデータですがこの間satsukiさんとの話の中で
企業でのデータ管理の責任とその大変さを知りました
そして先ほどSATSUKI さんのブログの画像紛失を目の当たりにして
私もSATSUKI さんの気持ちすごくわかります
コメントありがとうございました
<< 自宅にて 続・続クリスマスプレゼントの話 >>