何かなぁ~・・・・
ゲートボール大会に出場する義父の代わりに
義母さんの診察の付き添い
今日は病院で待ち合わせをした

診察は予約になってはいるが同じ時間帯に何人か入っているので
毎回義父は受付が始まる7時少し前から病院玄関で待機して
外来予約の1番を取るらしい そしてまた自宅に戻り
診察時間の8時少し過ぎに義母を乗せて再び病院へ

診察が終わると会計と処方箋を待たずまた自宅に義母を送り届け
再び病院へ戻り薬と会計を済ませてくる 
義父は日に3度往復する事になる
これを何十年も続けてきているわけだ

病院の待ち時間が長いと具合が悪くなるらしいが
何かなぁ~・・・そこまでする必要性があるのかは分からないが
私にそれをして欲しいと言っている訳ではないので
今は余計な事は言わない方が良いだろうが
義父が将来出来なくなった場合
私に同じ様にして欲しいと言われても絶対に無理だ

8時半 私が待合室に着くと義父はゲートボール会場へ向かった
その15分後に2週間に一度の内科診療が始まった
30年近く私はこの義母さんの主治医を見てきたわけだが
一度として信頼感を持った事がない
(良い医師は開業していなくなってしまうのが現状だ)

特に義母さんが入院している時の回診なんて
これが医師だろうかと思わせる
この人がこの病院の副院長だと言うから
何かなぁ~・・・ため息が出る

今回の診察も先ずベッドに寝ていて
主治医に話しかける義母の声に耳を傾けようとする態度がない
ただひたすらカルテを読みあさり次回の診察日を早くも決め
「6週目と8週目だな」と看護師に予約カード記入をさせ
やっと義母の顔を見て・・・一言
「先ず痩せることだね」で、カルテを閉じた 僅か数分
まるでこの診察は次回の予約日を決める為だけに感じる

\(--; ォィォィって感じで
「母が最近頻繁に目が回ると訴えているのですが
脳外科の検査は半年後でも本当に大丈夫でしょうか?」
堪らず私も口を挟んだ

先月20日 義母は脳外科で右脳内に動脈瘤があるのが分かった
動脈瘤自体はさほど心配した大きさではなさそうだが
半年後と言わず一ヵ月後かその付近で再検査をしても価値があると思う
特に義母の様に気から病になる神経質な患者には
安心と言う薬を与えるべきだ
これだけ長く付き合っていて受け持ちの患者の性格が分かっていない
義母さんもこんな医師を様々扱いだ

「写真を沢山撮ったからといって治る病気じゃないからね」と来た
じゃあ君が頻度に行なう胃カメラ検査はどうなのよ!と腹の中でつぶやく

義父母と医師を見ていてふと頭に浮かんだが[Spoil]と言う単語
実は毎日パソコンにB-WordMasterから英語の一単語が送られて来る
まぁ私の勉強目的なのだが今日の単語が[Spoil]だった
偶然なのだろうが誰が誰をダメにするのかちょっと考えさせられた半日だった

午後はいつものメンバーが集まって(笑)
d0064859_1553792.jpg

私もおばあちゃん特有の甘えでこの子らをダメにしないようにな・・・と戒めた(*≧m≦*)
[PR]
by r-petal | 2007-09-10 15:22 | Comments(0)
<< 3年か~~ 結婚記念日 >>