思いのままに綴ったブログ
8日 母の眠る菩提寺で大施食会法要が行なわれた
簡単に言えば新盆諸霊のご供養で夕方6時から本堂に集まり合同供養
昨年の四十九日の忌明け前にお盆を迎えたお宅もあるので
御魂は100体を超える数だった

法要時 住職が一人一人の戒名を読み上げてくれた
母の名が読み上げられた時手を合わせると母の面影が現れた
私の心に浮かんだのは元気で強い母ではなかった

私が病室を訪れると時折り見せる半分泣き顔の弱い弱い母だった
「YUKI 寂しかったよ・・・」と抱きついてきたあの母だった

都度違う母の面影は
きっとその時の私の気持ちが母の姿となって現れる気がする
菩提寺で母を偲ぶ私が寂しかったのだ
子離れ出来ない母親だと思っていたけれど
母親離れが出来ない私なんだ・・・また恋しくて涙が止まらなかった

***********
9日 前夜と全く違う私(笑)
夫の実家を訪れると義母さんがナスを切っている真っ最中だった
手が不自由なので2時間前から昼食の準備を始めるらしい
その様子をチラチラと見ながらなるべく手を出さないようにしている
出来る事は自分で・・・母の介助をしている時に実感した事だ

介護も子育ても一緒だ 
必要以上の手出しは愛情ではなく本人のやる気を損ねてしまう
特に年寄りには残存している機能低下を早める結果にも繋がる

危険でなければなるべく見て見ぬ振りをしよう・・・と思った矢先手を出した
フライパンに多すぎるほどの油を注いだ後義母の目は私に向いてしまった
話に夢中になり火を付けた事を忘れてしまった・・・と、ここまでは酷くないが
一人で台所に立たせるのはちょっと危険に感じた事は事実

料理好きの義母からそれを取り上げられたら酷だろうな・・・
と思いながら私がナス焼きを作った

お昼を食べていきなよと誘ってくれたが午後は大仕事を控えていたので断った
本当に大仕事だ 

自宅に戻ると既に娘と孫達が到着していた(*≧m≦*)
d0064859_1422287.jpg

次女が警察署で免許の講習会を受けている2時間半
長女と二人がかりで冬音一人の子守をしなければならない
冬音の子守は本当に大仕事なのだ

先週、次女が美容院に行っている間預かった経験から言わせてもらうと
かなり大変 
次女の顔が見えなくなると冬音が笑っているのも1時間が限度で後は大泣き
長女が代わりに母乳をやるのだが吸いつく所か火が点いた様に泣き叫ぶ
仕方がないのでその間はドライブ 泣き疲れて寝るのを待つしかなかった・・・

こんな風に育ててしまった娘が悪い・・・が冬音の生まれ持った性格もあるだろう
今は何とか慣れさせて1週間後に迫った成人式に娘が参加出来るようにせねば!
せめて1次会だけでも・・・

警察署へ向かう途中で冬音は寝た 次女が車から降り長女の運転は続く
30分後チャイルドシートで寝ていた冬音が突然目を開けた
本当に突然!って感じで・・・笑っていたがいつ泣き出すかこちらもヒヤヒヤだ
d0064859_14235634.jpg

残り30分辺りで遂に泣き出してしまった
交通違反は重々承知しているが冬音を抱き上げたが泣き止まなかった

初回と違い冬音の目から余り涙が出ないので何とかなる気がしてきたが
耳元で泣かれる声は私にしたら騒音100デシベルは超えていたかも(涙)

「終わった・・・」と言う次女のメールはまるで半日の様に感じた

冬音は母親の次女が抱いた途端泣き止んだ・・・

本番の成人式は次なる作戦を考えねば!
冬音も汗ビッショリだろうが私も冷や汗ビッショリだった
[PR]
by r-petal | 2007-08-10 14:29
<< 夜の外出 可愛いお客様(*^_^*)ビッキー♪ >>