6度目の部屋移動 個室へ
「母さん、今日のお昼は病院のお弁当を頼んだからいらないよ」長女からのメール

多分すぐ飽きるだろう 「じゃあ明日から三つのお弁当を持って病院に行くよ」
今日から数日の間 私の昼食はS病院小児科病棟317号室 
二人の娘と翔悟と冬音と一緒に食べる事になった(笑)

**********************
昏睡状態 経管栄養中止27日目 3階療養病棟51日目 発症から100日目

5月16日(水曜日)
母さん、こんな時だけど今日は何の日だか覚えている? 
今日は私たちの25回目の結婚記念日、銀婚式だよ 
私にとって25年前の結婚式の思い出は喜びより悲しい日だった 
母さんが式の間、嫁ぐ私を見ては寂しさの涙ばかり流していたから
私は笑顔になれなかった 
だから毎年夫も私も式の思い出は語らなかった

在宅介護をしている頃、我が家に来る度母さんは私にこう聞いたよね
「ゆきさんは真面目かい?」って 
仕事に対してとか金銭感覚とか色んな意味があるだろうけど
多分女遊びをするかしないかと言う意味だと私は解釈した 
そう聞かれる度『ゆきにすごく大事にされているよ』って答えると
母さんの言葉はいつも同じだった「それが一番だ」
母さんは父さんに自分だけ見つめていてもらいたかったのかな

**********
早朝5時 座敷で物音がしたので翔が起きた 
階段を下りていくと長女がシーツやタオルを洗面所に運んでいた
「翔悟が吐いたの」その言葉にめまいがした

毛布・シーツ類、翔悟の唾液が飛んだ物全て粉ハイターに浸けて洗濯を始めた 
熱いお茶を飲んで頭の整理、さて今日一日どう行動しようか 
午後には母さんの部屋移動がある

7時15分 娘と一緒に自宅近くの診療所へ 
次女の病院ではまだ診察が始まらないし待ち時間が長過ぎる、
とにかく便だけでも調べてもらわなくちゃ! 

診察を受け整腸剤その他の薬をもらい自宅へ戻った 
翔悟はその後下痢も嘔吐もなかった 

次女の弁当を作り長女と自宅で昼食を済ませてから10時半S病院へ 
冬音は昨日点滴が外されたのでご機嫌が良い
まだ下痢が続いているようだがおっぱいの飲みも良い
12時には母の病院へ向かった 

農道を走っていると長女から電話が入った「翔悟の熱が39度ある」
Uターンして自宅へ戻る 
入院準備をして冬音が入院している小児科外来へ電話を入れると
今日は乳児1ヶ月検診があるので紹介状がなければ受診出来ないと言った 
ふざけてる!

再び診療所へ、紹介状を書いてもらい受け入れ時間を確認してもらうと
検診終了時間の3時に連れて来るよう言われた 

3時…母さんの部屋移動に間に合わない 

長女が賢くんを呼び寄せてくれた
「翔悟は私たちの子供だから自分たちで病院に行くから、
母さんはばあばの所に行って欲しい」娘に甘えることにした

自宅で賢くんの到着を待った 翔悟は39度の熱、私の腕の中で寝ていた
1時少し過ぎ 娘たちは診察時間の3時が来るまでアパートで過す為我が家を出た
見送る後姿がドアから消えた時、最悪だと思った 何故こんな事に・・・

2時少し前母さんの病室に到着 
部屋移動はまだ行なわれる前だった、間に合った

今日の母さんの手足は少し暖かくなっていた、呼吸も苦しそうではない
看護師にバイタルサインを聞くと熱圧は114/72 
体温は35.7度だがサチュレーションは88~90%に上がった

目を拭いていると看護師3人が入ってきて個室移動になった 
母さんの引越しが最後だった
今日の部屋移動は母1人ではなかった 
母が個室に移される為に随分のお年寄りがあちらこちらの部屋に引越しになった 

6回目の引越し先は306号室、今度こそここが最後の部屋になるだろう
「YUKIさんが居る時はドアを閉めていいからね」とFさんが言ってくれた 

今まで廊下を通る介護員や看護師の監視下にあった母さんは
家族と居る間だけその目から開放された
 
ドアを閉めて母さんの体を拭いていると
長女から翔悟がロタウィルス感染と分かり入院になったとメールが来た
家を出ていく時に娘が残した言葉を思い出した
「母さん、こんな大変な時に迷惑かけてごめんね」
謝らなければならないのは私だ 
こんな大変な時に付き添ってあげなくてごめんよ 
ここには誰の目もない、母さんと二人だけ 泣きながら体を拭いた

暫くすると次女からメールが来た「二人部屋に移動、同室者にびっくりだわ」
このメールで気分は一気に変わった 
部屋移動があったのは母さんだけではなくS病院の小児科病棟でも
今日新しい入院患者翔悟とその付き添い長女の部屋に
冬音とその付き添い次女が移動された 姉妹で同室、笑えた
そして明日から暫く私の昼食は小児科病棟317号室 二人の娘と孫達と一緒だ

3時 ドアがノックされた
「おむつ替えどうしますか?」懐かしい、馴染みの若い看護員だった

今日から母さんのおむつ替えは自由になった 
『一緒に手伝ってくれますか?』
久しぶりに看護師の補助の役目ではなく
母さんの体の状態を確かめながらゆっくり替える事が出来た

5:20pm 帰り際の母さんの体温は36度まで上がった

病院を出る時娘達にメールを送った
「明日病院に行くので今日はもう行かないよ 
今夜は父さんと二人で記念日を祝います 
あなた達も久しぶりに姉妹で楽しんでね」こんなに安心した入院は初めてだ
[PR]
by r-petal | 2007-05-17 08:17 | Comments(3)
Commented by SATSUKI at 2007-05-17 23:13 x
次女ちゃんのメール・・・私もパソコンを相手に笑み(*^_^*)
今日、M母から聞いたのですが、
私の赤ちゃんの時の下痢の原因は、
たぶん、、、
M母が、牛乳を飲ませたからかもしれない様です。
M母は、ミルク(母乳?)に似ている牛乳を好奇心から飲ませたとの事・・・
40年も前の話だから、定かではない様ですが、、、
(この話も笑えるでしょ?!)

銀婚式、おめでとうございます♪

すごいなぁ~。。。
私には、経験できない事をたくさん経験なさっているYUKIさん、
いつも尊敬しております。

Commented by satsuki at 2007-05-17 23:18 x
追伸:
M母の会社PCのデスクトップの画像が!
なんと!
冬音ちゃんでした~☆ミ
このブログからコピーしたんだね。。。
超ビックな冬音ちゃんです!
(見に来て欲しいくらい!)

Commented by YUKI at 2007-05-18 09:21 x
【SATSUKI さん】
私もM母さんからその話聞いちゃいましたよ(*≧m≦*)
「私の腸が弱いのはそのミルクのせいね」って仰ったそうな爆))
え?!と思うような事をサラリとなさるのがM母さん
若い秘訣はその辺にあるのでは・・・??

デスクトップのお話も一足先にM母が報告してくれました
改めてSATSUKI さんのコメントを読み嬉しさ倍増!ありがとうございます

私からも一言
事務所スタッフの様子をこっそり携帯で撮るSATSUKI さん
好きだわ~~(決して暇人ではありません(*≧m≦*))
<< 個室2日目 冬音の入院 >>