顔面痙攣
5:30am 私たちの起床と同時に次女が台所に入ってきた
「母さん、おはよう もうひと寝入りするからおやすみなさい」
次女は座敷へ戻って行った(笑)

GW前の夫の仕事は今日が最後 明日から7日まで会社は休み
特別な計画は母がこんな事態なので一つだけしか予定はない
5日 長女の息子、翔悟のお宮参りと初節句祝いを
賢くん一家と私たち夫婦だけの内輪で祝う事になっている

「4日に翔&迅を連れてアウトレットに行かないか?」と夫が言った
無言でいた私に「そんな気にならないか・・・」と付け加えた
『明日の母さんの状態を見てから決めても良い?』「勿論だ」
どんな状態であったとしても行きたくないな・・・

****************************
昏睡状態 経管栄養中止12日目 3階療養病棟36日目 発症から85日目 

5月1日(火曜日)
母さん、午前中に長女が我が家に来て私が出掛ける間際に次女もやって来たよ
今夜はしゅりと冬音は泊まって行くからって自分の分のご飯を持ってきたの
長女はお昼に食べようってすいとんを持ってきた 
それぞれがそれなりに気を使ってくれているよ(笑)

********************

病院に向かう途中郵便局のぱるるから翔悟のお宮参りの掛着の代金を送金した
当初無駄だから賢吾くんの親戚から借りると聞いていたので安心していたら
賢君のお母さんがお店からレンタルすると聞いて慌ててネットから着物を注文した 
送金が確認出来次第発送、遅くても4日には必着でお願いしますとメールを入れておいた 

祝いまで後4日しかないのに何も準備が整っていなくて長女よ、ごめんよ
本当に母さんの容態が微妙だから予定が全く立たない
喪服の長襦袢の半襟も袷から単に付け替えた これは姉さんの分 明日は私の分の予定

12:30pm 母さんの痙攣は昨日より落ち着いた感じだが
治まったわけではなく唇が休みなくパクパク動いている状態 今日は主に顔面痙攣
頭の中の血管が神経を圧迫しているために起こってくるらしいが・・・
 
左手も昨日よりは幾分だけ治まっているがこちらも完全ではない 
開眼する時は昨日とほぼ同じで微痙攣開始から治まるまでの間だけ

尿取りパットの残数が3枚 とても明日まで持たない…困ったな 持って来るのを忘れた
昨日はまだ2日位大丈夫だと思っていたが
キャップと呼ばれるやり方でパットを敷いているようだ 

一枚はフラットシートの上に置きもう一枚を短冊のように3つ山に折って
直接陰部に置くので一回のおむつ替えに2枚使用する 10枚/1日 一気に減るわけだ
と言うことは母さんの尿量が多い結果になる
驚いたことに早朝5時と10時のおむつ替え時にK1と書かれていた 
パットに付着程度の便がまだ出るんだ

Uさんに母さんの薄い毛布を洗濯して乾燥機にかけてもらった 
娘に自宅に買い置きしてある尿取りパットを来る時忘れず持ってくるように電話をした

「ばあば 顔が変わったね 小さくなった」と次女
「あごがもっと尖がっていたよね」と長女
言われて見れば…でも毎日見ていると小さな変化が分からないが
多分痙攣箇所のせいだと思う 母さんの今日の箇所は喉に近い 
院長が言っていたが喉の痙攣で呼吸困難になる可能性もある 
でも4時の検温時にはサチュレーションも94と血中酸素量も十分だ

従姉に叔父夫婦+娘達と孫たち 
今日も大勢、母さんに会いに来てくれた

4時半になると唇の痙攣は止まり口を開け穏やかな顔で寝始めた
バイタルサイン(体温・脈拍・血圧)は全て正常 
母さんの体力はまだ持ちそうだな…そう感じた
[PR]
by r-petal | 2007-05-02 07:45 | Comments(0)
<< 母さんと私の免疫力 母さんの未練 >>