3度目の痙攣
昨日と違い良い天気だ

今日は姉にとって夫側の姪の結婚式 
めでたい日だが姉さんは母さんの事も気にかかるだろう

大丈夫だよ 姉さんの代わりに母さんをちゃんと世話するから
昨日の様に逃避したいなんて思わないから

***************************
昏睡状態 経管栄養中止9日目 3階療養病棟33日目 発症から82日目

4月28日(土曜日) 
母さん、もう少ししたら長女がこの病院に来るよ 
昨日からまた持病の腰痛が出てね
土曜日の午後、診察が出来るのはここしかないの 
娘のアパートからは遠いけれどばあばにも会えるからってここを選んだみたいだよ 
一足先に私が受付を済ませておいたから初診でもそう待たずに診察が受けられると思う 
考えてみたら母さんがここに居るから私もここに居る 
だから家族もこの病院を受診した 
父さんの肺炎、夫の大腸検査そして長女 母さんを含めて4人だね
      
**********
12:30pm 1階外来の受付で初診手続きを済ませて病室へ
母さんはいつも通りに自力呼吸で目を閉じ寝ていた 
今日も左手が時々ヒクヒク動く 昨日より強い
予感が湧いた

外は大雨 携帯から長女に電話を入れた 
予約は入れたけれど雨が落ち着くのを待ってからの方が良いんじゃないかなって 
娘は診察を受けている間に雨が落ち着くと思うから予定通り行くと言った 
それも一理ある

午後の診療開始時間10分前に娘からメールが来た 一階外来へ下りた

先ずは看護師から簡単な問診そしてレントゲン その間私は翔悟を抱いていた

医師の診察が始まった時診察室の前の椅子に座って診察結果を廊下で聞いた
「ヘルニアだけど手術の必要はないと思う 直りますよ きっと直ります」安堵した

娘はこの病院で長期リハビリをする気はない 
通うには遠過ぎるので母がこの病院に居る間だけだ
物療室に娘と翔悟と向かいマッサージのIさんにお礼を言いがてら孫を見せた

毎日通っていてくれたIさんはもう母のマッサージは不要になった 寂しいものだ
でもね Iさんが行なっていたマッサージは完全じゃないけれど
私が受け継いでいるからね お世話になりました そして娘を頼みます 
翔悟と私は3階へ戻った

FさんやUさん、看護師さんたちが集まって翔悟をあやしてくれた

リハビリを終えた娘が来た直ぐ後、叔父夫婦が見舞いに来てくれた 
母の左手が来た時より動いているが分かる 更に予感が強くなった

おばさんが熱々の鯛焼きを持って来てくれたので談話室に移動した 
皆でそれを食べて叔父夫婦も娘も帰って行った 

病室に戻って暫くすると左手だけではなく顔も震え出した 
また始まる・・・そう思った 
直ぐにナースセンターに行き報告 痙攣は1分以内に治まった 
そしてまた始まった
この時は婦長も来てくれたが前回より短かった 
もうじき3時になる、気持ちを落ち着かせる為に院外に出た 
これが私の思い過ごしでありますように・・・
正直予感が的中したらまたあの痙攣開始の歪む母の顔を見る事になる
卑怯だが逃避したかった

病室に戻った時、母さんは開眼して口を大きく開け痙攣の真最中だった
床ずれ防止マットは部屋を出た時と逆の位置にあるから
おむつ替えが行なわれた後だ 
そして枕元にストップウォッチが置いてあった 
微痙攣の後のおむつ替えの結果はこうなるのは分かっていた

母さんは3度目の痙攣が始まった 時計は4分を経過していた
婦長と看護師を呼びに行った 
「薬どうする?」 『入れてください お願いします』

私に問わずとも婦長の判断で処置は出来るはずだ 
でも側に居る私の願いを先ず尊重してくれる
その時期が近い事が分かっているからこその思いやりだと思う

内服薬のエビレナード8mlが直ぐに経管から入れられた 
点滴とは違い即効性はないので薬が効き始めるのに3時間以上かかった 
その間Fさんが何度か見に来てくれた

『Fさん 薬が効いて痙攣は落ち着きますよね?』
「大丈夫 きっと効くよ」

『Fさん 叔父達が帰った後で良かった 
         こんな姿を見たらまた気落ちしてしまう』
「けさよさんも分かっているから皆が帰るまで頑張っていたのよ」

『Fさん どうしていつもこの時間帯なの? 
午前中なら父さんが居て、夜なら姉さんが居てくれるのに・・・』
「けさよさんはね YUKIさんならちゃんと世話してくれるって分かっているのよ」

『Fさん 母さんはどうしてみよしさんみたいに静かに死ねないの?』
Fさんは私のつぶやく様なこの問いには
隣で肩を抱いていただけで何も答えをくれなかった 

母さん、院長は痛みも全く感じないって言ったけれど私にはどうしてもそう思えない
どうして苦難な生き方を選ぶのかな? 母さんも私もそんなに悪い事をしたのかな?

姉と姪が来た 夫が来た 
薬もやっと効き始めてくれて母さんの痙攣は治まり始めた
19:10 夫と共に病院を出た

19:45 母さんの血圧は152/72 熱は36.1度 
痙攣止めの追加があったと姉からメールが来た
[PR]
by r-petal | 2007-04-29 06:38 | Comments(0)
<< 痙攣下での開眼 母の入浴 >>