痙攣の始まり
朝7時 昨夜の母の様子が知りたくて病院へ電話を入れた
看護師の話によると痙攣は夜中に治まったらしい 熱もなく
血圧も130前後でこちらも落ち着いている様子 
苦しまず一夜過せたんだ 良かった

直ぐに駆けつけたいけれど容態が悪くなったのは母だけではなく
義母も同じらしい 午前中様子を見に行ってから母の病院へ行きたい
悪い事が二つ重なる度思う。。。体が二つ欲しい!と

**************************
経管栄養20日目 3階療養病棟16日目 昏迷状態65日目

4月11日(水曜日) 
1:30pm 寝ていた母さんは体拭きで目を明けた 
一昨日から左手の動きが活発になった
手の甲を内側に向けても暫らくすると外向きにしてしまう
これは良くない事だから母さんの意思に背くからね 
手の甲を強引に内側に向ける

指は微かにだけれどボールを握ったり緩めたりしている 
これはリハビリ効果もあるから頑張って続けてね 
いっそその腕で私を殴っても良いよ

2:30pm 母さんのおむつ替えを済ませた 
尾骨の床ずれも良い状態で合格だ
内股の乾燥肌も大分良い状態になってきた

3時頃ベッド脇に座って母さんの左手を監視していた時だった 
いつもと違う指の動きをしている
その内、腕や上半身もピクピク動き出した 
直ぐに毛布をめくって足の動きを確かめてみた、
同じ様に動いている 顔も力みで赤くなってきた 全身痙攣だ 
ナースコールを押した

看護師が来る頃は幾分痙攣が治まったが血圧は211/114 
直ぐに瞳孔の動きや酸素量を測ったが目の反応あり 
酸素数値も95と正常だった

看護師は母の痙攣が治まってから時々血圧を測ってみて下がらない場合、
もしくは痙攣が酷くなるようなら医師に報告すると言った
看護師が再び病室に来た時は微痙攣になり血圧も125/?落ち着いた

介護員Fさんが何も知らずに午前中の母さんの様子を報告に訪れてくれた
「けさよさんね、ひ孫さんが・・・」『Fさんごめんなさい 母さんに痙攣が起こって・・』
「何時から?」経過を話した 『Fさん、これが次への始まりになるのかな?』
「待っていて、看護師に聞いてくるから」

婦長が来てくれた
経管栄養に入れる飲み薬の痙攣止め薬があると言うが
今後の治療をどうするかまた医師と話し合いになるだろう 
婦長には二階で使用したアルビチアン使用は望まない事と私の思いを告げた

4:00pm 最初の痙攣から(四六時中見ている訳ではないから
正直これが本当に最初の痙攣なのかは分からない)1時間経ったが
痙攣は完全には止まっていない 頭と首がピクピクと横に動いている状態が続いている 
母さんは目を閉じて口を半分開け苦しそうな顔だ

5時までこの状態が続くようなら夫に電話を入れてもう少し病院に残ろうと思った

4:20pm 院長と婦長が来た 
喉付近の筋肉痙攣が起こった場合呼吸困難に陥る可能性があると言う
その場合の処置はもう自ずと知れている 人工呼吸器:延命処置だ

母さん。。。私がこの言葉を医師に告げるのはもうこれが最後だよね?
この言葉を口にする度どんなに胸が締め付けられて、
諦めや見捨てる気持ちじゃないと自分でも分かっていても
『先生、どうか無治療でお願いします 母を自然に逝かせてやってください』拷問だ

肩を叩いて院長は出て行った

『母さん ごめんよ もう十分頑張ったよ』
母さんは笑っていた じっと私の顔を見つめてくれた 
これで良かったんだ

痙攣が酷くなった場合息苦しくてこんな穏やかな顔は出来なくなる
父・姉・夫 主だった親戚に電話を入れた
今の笑顔の母の顔を見ておいてもらわねば!

定刻の5時 介護員が経管栄養のパックを持ってきた
『痙攣状態でも食事をするのですか?』ビックリしてつい聞いた
「確かめてきます」と出て行ったが戻ってきたのは看護師だった
今夜は食事は中止になった
母さんは嫌いな経管栄養食拒否したのだなと思った

次々に会いに来てくれた親族に母さんは穏やかな顔で答えていた

痙攣も徐々に落ち着いてきて7時少し前には頭だけの微動になった
仕事帰りに立ち寄ってくれる姉さんに後を託して帰った

真っ暗な玄関のドアを開けたら留守電ランプが点燈していた
夫の実家からだった
義母が脳のCTを撮ったらしい 母同様脳梗塞の危険因子を持っている
緊急事態ではないが気分的に落ち込んでいる様だ
いつもの事だと余り緊迫感を持たぬ夫に代わり明日励ましに行って来よう
これも嫁の務め 
あ~ぁ 体が二つ欲しいわ。。。
[PR]
by r-petal | 2007-04-12 07:44 | Comments(4)
Commented by バウ at 2007-04-12 08:49 x

前Pの日記は
うふふ^^だったのに(これだけでYUKIちゃまには分かるはず♪)
今日のは・・・

>肩を叩いて院長は出て行った
心情をさっしてくれたんだよね

どれを選んでも納得するはずもなく(できるはずもなく)一生懸命考えたのにな
延命を望まないことは酷なことと、とられるんだろうな
そう、思ったもんだよ
わたしは、ちゃんと分かってるから

自分の身体も労わる事
Commented by 犬好きかあさん at 2007-04-12 20:28 x
2人のお母様の面倒を 愛情をもって実行しようと心がける
YUKIさん。。。常に前向きに頑張るYUKIさん。。。どうぞ体調崩しませんようにm( _ )m
Commented by YUKI at 2007-04-13 08:01 x
【バウさん】
おっせわ~~になりました(*≧m≦*)
つかの間の喜び。。。と思った日だったけれど
今日は調子が良ければ入浴日 風呂上りの方が効果が倍増だろうから
まだまだ活躍回数はあるぞ~~

院長に言わせると私はとんでもない親孝行娘だそうだ
とんでもないとは。。。過保護を意味するのか爆))))))
違うよなバウさん
私は母さんを我が家で世話してあげる事が出来なかった分
ここでバウさんの様に孫達にも手伝ってもらってさ。。。
今は物言わないけれど一杯目で会話してさ。。。
そして何時かバウさんが言ったようにあの世で一杯謝るよ
この言葉は。。。。。Chu だな(テレテレ)
Commented by YUKI at 2007-04-13 08:12 x
【犬好きかあさん】
現段階、双方の愛情は大分差がありますが(笑)
僅差になるよう努めてはおりますが多分、母の存命中は無理だと思います

最近体重が1キロ増えまして。。。と言うか増やしました
お陰でスタミナ不足にはならず
夜の睡眠もバッチリ取る様にしていますよ
いつも暖かい応援ありがとうございます
<< 母の食事 新しい保湿剤 >>