新しい保湿剤
母さん 今日もお土産があるよ 
母さんの今の皮膚の状態に一番あった保湿剤だよ
K社のキュレルシリーズの薬用ローション
これはね私のネットのお友達、Hさんから教えてもらったの
知らないって事は時に良かれと思っても逆効果な事をしちゃう 
もしかして母さんが今までの保湿剤でヒリヒリ感があったのならごめんよ 
今回はちょこっとだけど母さんの為に皮膚の勉強もしたよ

********************
記録の為、ブログ内には努めて薬品名を明記している 
もう一つ、明記する理由は願いの意味もある

私のブログを読んで私と同じような経験を持つ人やネットの友達が
より良いアドバイスをくれるからだ 
医師や看護師が全て正しいとは限らない事を私も自分の闘病の時味わった
一参考として大変役立つのは患者本人やそれを世話してきた家族の声だと思う 
エビデンスに囚われず自分や家族に合った答えを必死になって模索する 
凄いパワーだ

今まで母さんの保湿剤としてウレパールやメンソレータムを使ってきた
確かに見た目の皮膚の状態はとても良くなったが見過ごした事があった 
これを指摘してくれたのがネットの友達Hさんだった 
娘さんのアトピーで一生懸命勉強したその知識を分けてくれた 

ウレパールは水分保持を助ける効果があるけれど
刺激性があるから敏感になった肌にはヒリヒリする事があると言う 
原因は尿素含有軟膏だからだ
サランラップの様に薄くなった母さんの今の肌には刺激があったかもしれない

彼女は【セラミド】と言うヒントをくれた 早速ネットで検索して情報収集した
幾つかのページを閲読すると彼女の教えてくれた通りだ 
セラミドケアの大切さを一つ学んだ 

じゃあメンソレータムは?と成分を見ると保湿剤成分に尿素系が含まれていた 
痛みを感じない位だからヒリヒリ感なんて・・・って妥協したくない
文句も言えない母さんになったからこそせめて肌位一番良い状態で保ってやりたい
薬局に立ち寄り自分の肌に試し塗りをしてみて
同シリーズのクリーム系ではなくローションタイプを選んだ

********************
経管栄養19日目 3階療養病棟15日目 昏迷状態64日目 

4月10日(火曜日) 
2:00pm 寝ていた母さんに呼びかけをすると目を明けた 嬉しくなる
ここ最近こんなにすんなり目を明けた事がなかったので余計に喜びだ

『今日はちょっと暑いから汗かいてない?体拭きから始めようね』
体全部を拭き終えて新しいローションを塗りおむつ替えを済ませ
物干し場に行っていれば1時間なんてあっと言う間だ 
3時のお茶時間、コーヒーを作った(勿論インスタント)

母さんは食に余り欲がなかったからきっと気にはしないだろうが
『私一人で飲んでごめんよ』と謝った 
そうでもないか・・・よく見りゃ怒っている感じだ
怒っていても良いから何か言ってくれればな・・・

マッサージ師のIさんが「けさよさんの足肌の色が良い色に変化してきましたね」
Iさんは私が保湿剤を塗り始めた事を知らないから正直な意見だと思う

少ない栄養状態だから余り効果は出ないと思っていたけれど変化が認められた
機嫌が良いのはそのせいなのだろうか
今日の母さんは本当に珍しく殆どずっと目を明けて何か言いたそうに口を動かしていたが
夕食前に来た痰取りが済んでからまた無表情になってしまった
その無表情な顔は定刻の食事時間になっても変わらなかった

母さんはよほどこの食事が気に入らないらしい・・・
[PR]
by r-petal | 2007-04-11 08:50 | Comments(0)
<< 痙攣の始まり プチ花見 >>