三番目の孫
日曜日明け方4:00am 隣に寝ていた冬音の一人喋りの声で目覚めた
顔を覗くと目をパッチリ明けて何か話している
『ねね おはよう』その声で娘も目覚めた
すっかり慣れた手付きでおむつ替えをして乳房を吸わせていた

昨日の夕方次女と孫が我が家に泊まりに来た
冬音を誰が風呂に入れるか夫と議論の末(笑)公平に二人で風呂に入れた

夜は二階で孫を真ん中に娘と川の字で寝た
夫は一階で翔&迅と川の字で寝たかどうかは定かではない(笑)

もう数時間もしたら二番目の孫、翔悟もやって来るだろう
そして午後には三番目の孫に会いに出掛ける予定

****************************
経管栄養16日目 3階療養病棟12日目 昏迷状態61日目 

4月7日(土曜日) 
1:40pm 母さんは寝ていた 最近はちょっとの刺激では起きなくなった
顔を近づけると便臭い 

記録書きにも二日続きのラキソ服用で10時のおむつ替え時はHK3とあった
『少し早いけれど体の洗浄が済んだらおむつ替えしようね』
その刺激で母さんは目を明けた 乾燥していた肌は大分良い状態になった

おむつを外してみると、やはり便が出ていた しかも軟便 
量はそう多くないので一人でも大丈夫だ
二回目にしてはそう時間もかからず終えた気がする 
10時と同じくHK3+軟便の意味する(ナ)と記しておいた

おむつ替えと洗浄で気持ちが良くなった(と自己判断)母さんは再び眠りについた

母さんと同室のとくりんさんの身内が洗濯物を取りにやってきた 
日本人じゃないように思える 彼女に会うのは今日で二回目 
前回は洗濯物を置きに来たが背中を向けているとくりんさんを覗き見しただけで
声もかけずに出て行った おばあちゃんは寝ていたのではないのに・・・

今日も洗濯袋を手に取るとベッドのとくりんさんに
「バイバイ」とだけ行って出て行った
院長が言った通りここはこんなお年よりばかりなのだろう・・・

斜め向かい部屋の君子さんがさっきから「お~い」と叫んでいる 
車椅子をベッドの近くに持ってきて欲しい様だが暫らく誰も来なかった 

真向かいのおばあちゃんは一定の時間になると拍手を繰り返す 

隣の部屋のおばあちゃんは食事時間になると必ず夫が来て介助している
テーブルには綺麗な花が飾られている

とくりんさんの様に一日中ベッド上で上半身だけ動かしているお年よりも居る
母さん、最期に色んな人生を背負った人たちがここには居るね 

3:00pm 介護員がおむつ替えに来たので既に済ませた事を告げた
「ありがとうございました」と頭を下げて出て行った

母さんは寝ながら色んな顔をする
安心して熟睡している顔 何か楽しい夢でも見ているのかな 唇が笑う
逆に怖い夢を見ているのか、泣きそうな顔する 
喉が気持ち悪いのか苦痛の顔
勿論声には出さないけれど、まるで冬音や翔悟みたいに
寝ていて突然泣き出したり笑ったり・・・

そっか 今の母さんは赤子に生まれ変わったんだ
冬音が誕生して、翔悟が誕生して、新しい母さんが誕生して・・・
母さんは私にとって3人目の孫だね

4:00pm 床ずれ防止枕を左背から右に替えたのを期に病室を出た

母さん、夕方しゅりと冬音が泊まりに来るよ 
だからいつもよりすこ~し早めに帰るけどごめんね 
昨夜ね、誰が冬音をお風呂に入れるかって話になってね 
そりゃ、夫じゃなくて私だよね(笑)
[PR]
by r-petal | 2007-04-08 07:55
<< 母さんとひ孫 経管栄養15日目 3階療養病棟... >>