経管栄養15日目 3階療養病棟11日目 昏迷状態60日目
4月6日(金曜日) 
午前中娘二人に孫二人連れて夫の実家を訪れた
義母は孫とひ孫の到着を楽しみにしながらきっと朝早くから昼食の用意をしたのだろう
お得意の赤飯とお吸い物を作ってくれてあった

義父母と娘達の間に入って気を使うから
たった1時間半足らずの訪問時間だったのに私はドッと疲れた

「YUKIさん 最近ひとりで遊びに来てくれないね」と義母
冬音の誕生、翔悟の誕生、そして母の容体悪化 
今年になってから一度も週日に訪れず、週末夫と出掛けるのみになってしまった

『母の事が落ち着いたらまた以前の様に遊びに来るからね』
母さんが落ち着く・・・安住の地へ旅立つ事を意味する
その日が一日でも早くに・・・と願う親不孝な娘だ
その日が来るまで私は夫の実家にはひとりでは行かれない
今の精神状態では接していて義母に愛情が湧いてこない・・・義母に対しても親不孝な嫁だ

                 ************
1:30pm 3階の階段を上った所で介護員のFさんとIさんに会った 
直ぐ近寄ってきてくれて「けさよさん今お風呂なのよ~お部屋で小休止していて」
って言われた まだ何もしていないのに(笑)

洗濯担当のUさんが廊下で手招きしている『何々?』
「院内の個人毛布を洗濯することになったの けさよさんの毛布は?」
『母さんの毛布は病院の毛布だよ』「じゃあごしごし洗っても大丈夫ね」
Uさんは私物の物だと凄く気を使って扱う 
昔母さんのつなぎパジャマのファスナーを壊されたことがあったけれど
あの時はUさんは正月休みで担当は看護師 自宅洗濯と知らずに洗ってしまった 
「私だったらファスナーをきちんと止めて洗濯ネットに入れて洗うから
そんなミスは絶対にしないのに くやしいよ」
確かに看護師のミスでも苦情を言われるのはUさんだ 

自分の仕事に自信を持っている 素晴らしい事だが
母さんの病室にたどり着くまで立ち話で結構時間が過ぎてしまった(笑)


母さんのベッドは空だった 当たり前か
どんな様子でお風呂に入っているのかな
午後お風呂に入るなんてここに入所して8ヶ月になるが初めての事だ

3階に上がって来るのは2時を過ぎるだろう
今日は3時のおむつ替えはする必要がなくなった 仕事が一つ減ってちょっと拍子抜け

母さんが帰ってきた 『お帰り~』さっぱりとした顔をしている
パジャマを一緒に着せますか?と介護員が聞いてくれた 
「変わったパジャマですよね」『今日が初おろしなんです』

介護員が言う変わったパジャマとは上下全て外せるように
所々にマジックテープが付いているので全てを外せば一枚の布の様になる
昨年入所した時に母さんが着るよう用意したが
母には普通パジャマが許可されず、つなぎパジャマばっかりだった 
8ヶ月も経過したが遂に役に立つ日が来た

洗面所でコーヒーを作って病室に戻る私を見てFさんが飛んできた
「けさよさんの今日のパジャマ あれ、YUKIさんが作ったの?」 まっさか~~

あのパジャマは硬化が進んだお年寄りに無理に体を曲げずに脱ぎ着出来るので
寝たきりの介護用の一例として紹介したいと言った どうぞどうぞ
会った序だ。。。母さんの体に一番良い保湿クリームは何か尋ねた 
「直ぐに調べて報告します」とナース室へすっとんで行った(笑)

看護師が保湿用にR製薬のメンソレータムを使っていると報告に来てくれた
それって今まで母さんが使っていたクリームと同じだ 
ウレパールは医療用品だから3階では出せないらしい

母さんが遅い昼寝に入ってから1時間以上だ 
入浴したばかりだし…今日は寝かせておいてあげるよ

4時半 夕食時間が近づいたからか、目を明けた 
楽しみなのか嫌だからか分からないけれど
やっぱり目を明いていてくれたほうが私の話し相手になる

5:10pm 珍しく今日の夕食はちょっと遅かった
Iさんが母さんの様子を見に来てくれた 
「昔の元気だった頃のけさよさんを思い出すね」
確かに問題児だった母さんは今との差が大きいかもしれない 
私は努めて昔の母さんと比べないようにしようと思う 
でなければ今の母さんの存在を否定する事になる
[PR]
by r-petal | 2007-04-07 07:44
<< 三番目の孫 続:Fさんの言った達成感とは・・・ >>