Fさんの言った達成感とは・・・
4月4日(水曜日) 
経管栄養13日目 3階療養病棟9日目 昏迷状態58日目 
     ************
2:00pm 病室に入ると母さんは目を閉じていた お昼寝か・・・
『母さん、来たよ』
頭を撫ぜながらこう声をかけるといつもなら目を明くのに
今日はどんなに呼びかけても手を握っても目を明いてくれなかった 

堪らず体を揺すりながら大声で何度か呼んでも目を明かない 嘘でしょ・・・
思わずどんな呼吸をしているか胸元に耳をあてた 大丈夫しっかり呼吸はしていた

洗面器を持って看護師に午前中の母の様子を聞こうとベッドから離れた時薄目を明けた
『脅かさないでよ、意地悪』心配した気持ちが怒りになった
足拭きをちょっと頑固にやったのがきっかけになって目を明けているようになったが・・・
母さん、怒っているでしょ 睨んでるよ(笑)

廊下でひろこさんたちが帰って来る声がした 
「桜が見えましたか?~」とFさんの声
そっか 院内では今日は桜の花見大会があったのか・・・・
母さんも元気だったら参加出来たのにね
河川の桜は・・・と、私もちらっと窓の外を見たら 嘘!・・・雪が舞っている 
今日は驚かされっぱなしだ

3時近く看護師が入って来て母さんのリハビリを行ってくれた
通常午前中に行われるようだから今日まで様子を見る事が出来なかった
初めて見させてもらった 
今のリハビリは母さんが元気な頃、物療室で行っていたOさんやHさんより手緩かった 
残存する機能維持目的リハビリと
今はただ硬化を遅らせるだけのリハビリでは目的が全然違うから当たり前か・・・虚しい

時間が経つ毎に吹雪きだした 
『母さん、ごめんよ 今日は夕飯時に一緒に居られないかもしれない』
もう積もる事はないだろうが先週普通タイヤに替えてしまったから今日は早めに帰ろう

母さんの顔が穏やかになった
『母さん、そんな顔したって駄目だよ 今日は絶対に早く帰るからね』
母さんが声を発しなくなって一体何日経つのだろう? 
こうやって毎日母さんの側に座ってパソコンのキーボードを打ちながら
顔を眺めていると目と心で会話をしている気になる

あれ?明るくなった 振り向いて外を見れば雪は止んでいた 
母さん決まりだ・・・夕食付き合うよ(笑)

3:00PM 
おむつ替えに来た介護員を介助しながら母さんの体のカサカサについて話をした
『保湿剤を私が勝手にパジャマを下ろして塗っても良いですか?』
「娘さんが行うのは全然大丈夫ですよ、
現に在宅介護からここに入院したお年寄りは
自宅で娘さんがやっていたお母さんの痰取りもしていますよ」 へぇ~凄いや

痰取りなんてやったことがないからそれは看護師にお任せして私は母さんの体の皮膚管理
今まで使っていた保湿クリームで良いのかウレパールの方が良いのか
またFさんと相談して決めよう

母さん・・・段々に世話することが増えて来て張り合いだ こうでなくちゃ
ふとFさんが言っていた達成感って何だか分かった気がした
今までの母さんの世話はほんの手始めで本当の世話って
動けなくなった母さんに何をすべきかと言う事じゃないかな 
私が成し遂げる事は残り少ない母さんの体が少しでも長く綺麗に維持するという事だ 
そう言えば最初の脳梗塞になっても母さんは数年間はきちんと化粧もしていたものだ 
髪も私が染めていたね 母さんは確かにお洒落だったよね 

日が沈みかけた頃から母さんの顔が赤くなってきた また微熱かな
様子を見に来てくれた看護師に告げ熱を測ってもらった 37度
室内の明かりを点けた 
昨日ネオンの様にチカチカしていた電灯が新しい物と交換されていた

4日ぶりに部屋から外出許可が出た君子おばあちゃんが(風邪を引いていた為)
車椅子で食堂に向かって暫らくすると母さんの食事が運ばれてきた 
 
[PR]
by r-petal | 2007-04-05 07:14
<< 続:Fさんの言った達成感とは・・・ 経管栄養12日目 3階療養病棟... >>