行いが良ければ。。。
保育器内の翔悟。。。今日の午後もしかしたら娘の病室に戻ってくるかもしれない
長女からまたまた嬉しいメールが昨夜届いた

翔悟が保育器に入ってから4日間。。。涙を堪えた時、安堵した時、喜びを感じた時
色々な思いの時を過したが最後はやっぱり感謝に尽きる
娘に渡した出産祝いカードに添えた言葉だが【幸せとは幸せだと感じる事が出来ること】
普段忘れがちな大事を翔悟が教えてくれた
**********************
1月22日(月)
午前中長女の病院を訪れてから自宅で小休止(* ̄m ̄)
冬音の顔からエナジーを貰って母の病院へ。。。
小休止のつもりだったけれど大休止になって(笑)
母の午後のおむつ替えの時間に間に合うかが怪しくなってしまった(*≧m≦*)

到着時間は3:03pm 母さんの行いが良ければ間に合うし悪ければ間に合わない
運任せだ。。。それでも急いで廊下を走っていくと向こうから助手のH君が歩いてくる
「こんにちは」と挨拶を交わしてすれ違い様「お母さんリハビリ室に居ますよ」と教えてくれた
『本当ですか!』母さんがリハビリを受けるなんて。。。行いが良さそうだ(*^_^*)

部屋に入って行くと母は丁度リハビリが終わった所で車椅子に乗っていた
車椅子の押し手は叔父 付き添いは叔父の妻と母の一つ上の姉。。。賑やかいぞ爆))
「お待ちかねの娘が来たぞ」と叔父 母さんは威勢が良かった

母の病室に入ろうとしたらドアが閉まっていておむつ替えの真っ最中
良かったね母さん

廊下で叔父達とドアが開くのを待っていると婦長がやって来た
早速叔母の様子を聞いてみた

数日前から続いているタール便が未だ止まらないらしい
この便は消化管、例えば胃とか十二指腸などで起こった出血が大便と混じったもので
通常は黒くなるらしいが従姉が言っていた良くない状態とはこの事だったんだ
加えて段々に排尿の量も減りつつあるらしいが意識ははっきりしていて
直ぐに危ないと言う時ではなさそうだ

確かに婦長の言う通り意識はまだしっかりある。。。声に反応する
叔母は今、従姉のM姉さんたちの仕事が一段落付くまで頑張っているのだと思う
今まで世話してくれた感謝の気持ちを込めて。。。

母のおむつ道具を持って叔父達と1階へ トレイ前で別れた

「ベッドのシーツ交換だったから車椅子に移動した序にリハビリ室に連れて行きました
折角良い車椅子があるんだもんね。。」とFさん
そっか。。。強引でも連れて行ってくれたのはFさんか
さすがの母さんでも断れないわけだ(笑)
そして母専用の車椅子が役立っているようで嬉しかった

談話室。。。母の指マッサージをしていると何時もより早い時間帯にうめこさんがやって来た 
私も今日は何か良い行いをしたのだろうか、これなら早目に帰れそうだ(=v=)
一方洗いあがったおしぼりはいつもより遅い到着時間だったので
母さんも久しぶりに参加して、4枚のおしぼりを巻いた

母さん。。。帰るよ また明日だ
[PR]
by r-petal | 2007-01-23 09:09 | Comments(3)
Commented by SATSUKI at 2007-01-24 23:20 x
YUKIさん、おばあちゃんの様子を教えてくれてありがとうございます。

日曜の夜、息子たちを連れて病院に行ってまいりました。
そうなんです、随分と意識がはっきりしておりました。
それにしても、、、
不思議です。。。
YUKIさんのおっしゃる通り、M母のことを思い、
私たちの仕事がひと段落するまで、頑張ってくれたのですね!
ある意味、恐るべしM母の念・・・
これが繋がっている人間の意識層なのかしら?
などと、随分と理論的な事を言ってしまいましたが、
こうして、この世にまだ生きているおばあちゃん。

「おばあちゃん、わかったんだね、わかってくれてありがとね」

と、そんな言葉をかけて帰ってきました。

Commented by SATSUKI at 2007-01-25 23:54 x
YUKIさん、今日は、おばあちゃんの息をひきとる瞬間まで一緒に居てくれてありがとう、本当にありがとうございました。
おばあちゃん、幸せだったと思います。

本当にありがとう。。。。


Commented by YUKI at 2007-01-30 17:01 x
【SATSUKI さん】
コメントレス 随分遅くなりましたね ごめんね
叔母の葬儀が終わった翌日から仕事復帰ご苦労様

叔母の最後は羨ましいほど穏やかな時でした
私の母も。。。と言うより私自身が叔母の様な引き際をしたいなと感じました
短い間だったけれどT家の側で一緒に居れた気がします
M母から今度は私がバトンタッチ 
手抜きをしつつ母と思い出を作っていきます

暫くは大変でしょうがT家一丸となって事々を無事終えますように
<< 長女の思い 保育器の中の翔悟 >>