十年一日
眠い。。。睡眠不足の原因は夫!
昨日は会社の忘年会 
今日が急遽出勤日になったので一次会で絶対に帰ると言って出掛けたが・・・
結局帰宅は午前様 12:50am近く 夫は壺中の天地に居た様だ

長女の夫、賢くんも会社の忘年会だったので
夕べは私も長女と二人だけのプチ忘年会
私は夫の早期の帰宅を信じて早々に打ち上げしたのに。。。。怒り沸々(笑)

****************************
12月15日(金)
大沢山の洗濯物を干して病院へ向かった
前日父も私の到着時間には来ると言っていたが10分ほど待ったが来なかった

母は穏やかな顔で寝ていた 暫く寝顔を見ていたけれど思い切って声をかけた
『母さん おはよう』 母は薄目を明けてにっこり微笑んだ
「かぁちゃん来てくれたんだ」母はまた自分の母親と思い込んでいた
祖母の事を母はそんな風に呼んでいたのだろうか 
一度でも良いから祖母に会ってみたかった

『布団をめくると寒いよ~~』案の定母は悲鳴をあげた
母は昨日談話室に連れて行ったままの支度で寝ていた 寝苦しくなかったのだろうか

記録書きには今朝の時点までに排便がない 今日で4日目
先週の様な酷い状態だったら困るので
昨日外出届けを出す際に夜の下剤、ラキソ服用を相談してストップしてもらった
期待はしなかったが外出前にトイレに連れて行った 出そうもないがマッサージを続けた
お尻を洗っていると便意を訴えてくれた お陰でK3玉子大の大きさの便が一つ出た
序に排尿もその場で済ませてくれた 粘ってみるもんだ、出だしは良好

病室に戻ると廊下の隅に父が待っていた おむつ替えが始まったので出てきたのだろう
中に入って母の着替えが出来ないので叔母の病室に回るとこちらもおむつ替えの真っ最中
廊下で母と暫く待っていると父がやって来た 「こっちも入れないのか」
父が付いて来たので母の雲行きが怪しくなった
『父さん、後は私一人で出来るから帰って良いよ』
その言葉をすんなり聞き入れ本当に帰って行った 母は父の後ろ姿を見て舌を出した

扉が開いたので部屋に入ると。。。叔母は寝てる
夢心地で替えてもらったんだね 母同様朝は苦手なようだ(* ̄m ̄)
再び母の病室に戻り外出の着替えをしていると介護員Fさん続いてIさん
お洗濯担当のUさんが見送りに来てくれた
看護師から許可書をもらって玄関に向かう、途中母が叔父と叔母の名前を口にした
『会いたい?』と聞くとうなずいた 今日のスケジュール一部変更
先ずは母の弟宅を訪れて次に母の一つ上の姉宅に回ろう!みんな喜ぶよ

案の定どちらの家でも母の突然の訪問を大喜びしてくれた
母さんも優しい顔で応対してくれた 途中経過も良好、きっとこのお天気のせいだ

外の空気を吸ったせいか母もすっかり目が覚めた様で会話も至って普通
無事我が家に到着したのはお昼少し前 急いで下準備したお昼を温めた

今日のメニューは水分不足で便秘気味の母の為にサケと卵とじの雑炊
具沢山の味噌汁にカボチャと大根の煮物・すりおろし林檎を用意したのに。。
「雑炊はいらない」と言い出した
困ったな。。。我が家のご飯は少々固めに炊き上がってるし
改めてサケを焼いて細かく砕いてご飯にまぶしておにぎりにした
母は半分は自分で 後の半分は介助でペロリと食べ終えた

変われば変わる 実家のご飯はいつも柔らか過ぎる位の水分量
父母達は硬いご飯を好まなかった 下手すりゃお粥に近い時もあった
そう言えば母さんは先週の少々固めの五平餅も喜んで食べてたっけ
院内の母のご飯は他の年寄りと違い毎回握り飯になっている 
思い出せばそれもちょっと硬めだ、でなければ形にならない
そっか 母は十年一日じゃないけれど4ヶ月の間にすっかり硬さに慣れてしまったんだ
母のメニューから雑炊は撤去ね (*≧m≦*)

最初に長女の結婚式のビデオを見せた 続いて次女の結婚式のビデオ
今日はリハビリが受けられないのでその間私は母の右手をマッサージしていた 
時々痛みを訴えるがやめて欲しいとは言わなかった
この右手のリハビリに関しては未だに暗中模索
夫はこの期に及んでこれ以上苦痛を味あわせない方が良いという
でも悪化するのを見過ごしには出来ない 母が倒れた時の繰り返しはしたくない

12月6日撮影 この状態から指を伸ばす事は出来なかった
右手は手首から腫れた状態で動かすと痛みを訴える
d0064859_13161554.jpg

家でも1時間以上 院内の談話室でも帰る間際まで30分以上マーサージを続けた結果
今日リハビリを受けなくても人差し指と薬指そして小指の固さが多少緩んだ
d0064859_1310952.jpg

思った いきなりリハビリを受けるから苦痛が伴うんじゃないかな?
少しでもマッサージをしてOさんのリハビリを受けたら少しは苦痛が減るんじゃないかなって
早速明日から実行してみよう! 但し母がその気になったらだが。。。
拒否したら私のマッサージで補えば良い 
今の段階では悪化を遅らせる事位に気楽に構えよう

話は前後するけれど母の帰宅は予定時間を1時間オーバーしてしまった
これもお天気のせいだ(*≧m≦*)急いで帰るには明るい
帰り支度を始めた頃長女がやって来て見送りをしてくれた
母は我が家から仁愛に戻る事を拒む事はなかった

夜 長女が帰った後、パソコン内の画像整理をした
リハビリ中の母の画像が目に留まる
d0064859_11573588.jpg
 
今現在リハビリで苦しんでいる指の交差が自然に出来ている
撮影は9月4日 入所して6日目
この画像をプリントアウトして母に見せようと思った
私が手術で入院する数日前に夫が撮影してくれた両乳房と同じ様に
母の励みになってくれるのを信じて 
[PR]
by r-petal | 2006-12-16 12:17 | Comments(2)
Commented by SATSUKI at 2006-12-17 23:04 x
Kおばちゃんの画像が、祖母の元気だった頃に良く似ていて驚きました。
さすがは姉妹だわ~(#^.^#)
普段は忘れている祖母のこと(汗)YUKIさんのブログを読むと思い出す時間となります。
いつもありがとうございます!(^^)!
Commented by YUKI at 2006-12-18 10:19 x
【SATSUKI さん】
老人の体の衰えはきっとみんな同じなのね
この記録が誰かの参考になれば私も頑張る甲斐がありそうだね(* ̄m ̄)

SATSUKI さんも来年の夢実現で更に忙しくなりそうだね
そんな時祖母であるおばちゃんを思い出す時間になる様
これからも記録を綴っていきます
こちらこそ閲読してくれてありがとう
<< 後藤さんのお陰 リハビリの痛み >>