介護員は私の友達
週が変わって月曜日
お陰さまで今日も天気が良さそうだ(*^_^*)
母の洗濯物も午後の訪問時には乾くだろう お日様様々だ

例の渡し板 父が翌日(土曜日)ペンキを塗って持ってきてくれた
さすが大工!完璧
・・・と思いきや、渡し板を固定する止め板の寸法を10センチも勘違いした為
用を成さなかった もう一度止め板だけ作り直すことになった

さっきその父から電話が来た
寸法間違えをした板。。。今日我が家に持ってきてくれるかと思ったら
「午前中に病院に行った時、外来玄関に名前を書いておいて置くから持っていけ」
何だよ・・・持ってきてちゃんと合うか確認なしかよ・・・ま。。父さんらしいや
父が作り直した板が合えば母を迎える準備はほぼ整う事になる
母さん。。。いよいよ翔&迅と再会出来るよ!

**************************************
12月3日(日)
夫が朝、2台の車のタイヤ交換をした
信州は既に長い冬の始まり、先週チラッと雪が舞った
夫の仕事が済んだ後ガソリンスタンドへ向かった
セルフを初体験 始めはドキドキしたけれど結構楽しかった
自分で灯油を入れると1ℓ辺り4円も安くなる
専業主婦は収入がない。。。少しでも節約節約(* ̄m ̄)

翔&迅を連れて夫の実家へ行った
居間のストーブは相変らず撤去されていない
夫もこれ以上注意するのは諦めたみたいだ
こんな事が出来るはずもないのは重々承知の上だけど
『今度また同じ事故が起きた場合 私は何もしないからね』夫に言った

お陰さまで義母の火傷は日に日に痛みが遠退き元気な様子 
誕生日にプレゼントしたぬり絵を毎日やっている様で出来栄えを見せてくれた
早くも二冊目が欲しい様子。。。良いリハビリになって私も安心した

唯心配事が一つ 義母も最近とんちんかんな事を言う事が多くなった
その時はその時・・・
ずっと自分に言い聞かせてきたけれどこの先本当にどうなるのだろう

姉と時間をずらせて病院で落ち合う事にした
全く別の時間にしようかと思ったけれど私も姉と話がしたい
最初に私が行って暫くしてから姉と合流 そして私が帰る 
後は姉と母の二人にすれば私の事など忘れるから
母は三回楽しい時間を持つ事になる
良い作戦だと思ったんだけどな・・・

昼食が済んだばかりの母は威勢が良かった(*≧m≦*)
大声を張り上げて笑顔で私を迎えてくれた 先ずは抱擁
時々不思議に思うけれど母はエプロンを外してしまうのだろうか?
パジャマの襟元にはやたら食べ物カスが付いている
日曜日は一斉シーツ交換の日だからベッド上は綺麗になっていた

暫く話をして車椅子に移動 いつも通りにトイレに連れて行く
相変らずオムツ替え拒否が続いていてシートもずっしり重い
本当に困りもの 拒否の回数がドンドン増えている気がする

3階病棟では先ず介護員がオムツ替えを行なう 
手のかかるお年寄りは二人一組で行なう場合もある
患者が暴れたり拒否したりすると介護員は看護師に報告して手を出さない
そうなると二人ないし三人の看護師がやってきて強制オムツ替え
私はまだその最悪場面には遭遇した事がないけれど順序はそうらしい

母に素直になれと言ってもその時は聞き入れるが覚えているはずがない
それに母は本当に私の時は協力してくれる
そんな素直な可愛い母だから訪問を止める事が出来ない、自己満足かもしれないが
一回でも快適な環境で排泄行為をさせてやりたいと思う

3階に戻った時姉と会った
母もご機嫌麗しく三人で談話室へ向かった
私も気働きが足りなかったな。。。と反省
つい姉と話が弾んでしまう 勿論母をのけ者にしているわけじゃないけれど
結果的に話しについてこられない母はそう思うのかな。。。雲行きが怪しくなってきた
無表情でちょっと反抗的で機嫌が悪い母に変わってしまった
かと思うと再び機嫌が良くなる 母心と秋の空だ

『結局三人って言うのが駄目なのよね
母さんは一対一で相手をした方が良いかもしれないね』姉と出した結論
ベッドに寝かせて私は帰る事にした

介護員が病室に入ってきた
「お願いがあるのですが 爪を切ってもらえませんか?」
ついこの間母の爪を切ったばかりだと言うと
「午前中のオムツ替えの時 別の介護員が爪でひっかかれたんです」
と言われて姉と平謝りした
介護員の腕には赤く三本線が付いたと聞いて更に姉と謝った
母は爪切り拒否もしたようだ 
 
「申し訳ないのですが三人の看護師で強制替えをさせて頂きました」
確かに怒った時の母は私だって恐怖を感じる 当然の処置だ
それにしても母さん。。。当の本人は人事の様な態度だった

そろそろ3時のオムツ替えも始まる時刻
この時点で母のオムツは濡れていなかったので来た時の状態を記入しておいた
【15時の欄:H 多】 これで夜8時まではオムツ替えはなし、けが人も出ないだろう

さっきも書いたが母の機嫌は時間により直ぐ変わるが
看護師や介護員への態度は一貫して遠慮か拒否態度が変わらないし
入所当時の問題行動に戻っている気がする
家族に対してなら我慢もするが病院側は仕事と割り切っても忍耐に限界がある 
母さん。。【介護員は私の友達】これを覚えさせるのが今後の課題だ
[PR]
by r-petal | 2006-12-04 12:14
<< 長女の日 父の表彰 >>