母の日復活作戦
『父さん、お願いがあるんだけどな。。』
朝一で父に電話を入れた
『母さんの車椅子がもうじき届くんだ
家のトイレに手すりを付けてもらえないかな?』
母が我が家に来た時の為にトイレに実家と同じ手すりが欲しかった
父にとったら仕事柄お手の物 夫に頼むより安心(* ̄m ̄)
快く引き受けてくれた
これで手落ちはないかな?

********************************
11月14日(火)
「11時半頃迎えを頼むな」そう言って夫が出勤
数日前から右目の不調を訴えていた夫が今日眼科診察を受ける
目の奥の違和感。。。心配だった

夫は十代の時左目を失しなっている 部活中の事故
以来片目は義眼 人一倍苦労をして生きてきた
だからこそ残った右目、気がかりになるのは当然
検査には瞳孔を開く薬を使う為数時間車の運転は出来ない
会社から眼科までは部下に送ってもらい
治療を終えたら眼科から会社までは私が送ることになった
正確に言うと私ではなく長女の車(* ̄m ̄)
先週エスティマのオイル交換を予約してしまったので長女に頼んだ

9:00am 車をディーラーに預けた
迎えに来てくれた長女と家に戻ってティータイム
眼科に居る夫から電話が入る
「予定より早く終わりそうだから今から迎えに来てくれ」
30分後病院に着いた

夫の目の状態は余り心配した事はなく
目の裏側に水泡があり 1ヶ月の漢方薬で様子見になった
『病名は?』
「よく分からないが働き盛りの中年に多い病気らしい」
。。。夫らしい これでは調べようがないや

「少し早いけれど、どこかで昼飯を取るか」と夫
長女も私もそのつもりだった 爆)) 勿論夫のおごり
会社近くの食堂で山かけマグロ丼を美味しく頂いた(=v=)
d0064859_1431389.jpg

夫を会社に送り届けて実家に向かった

12時を少し過ぎたばかりだったので父は昼食中
母が在宅生活をしていた頃と同じように質素なおかずだったが
味噌汁だけは中身が豪華 種類豊富 父の自慢料理だ
野菜嫌いの母はこの味噌汁で結構な種類の物を摂取出来ていた

「午前中に病院に行ってきたけれど
機嫌が悪かったからすぐ帰ってきた」
そこを我慢して居てあげれば母の態度も変わるだろうに…

後の予定も詰まっていたので父の食事中に話を進める
(私も気長に父に付き合おうとは思わない お互い様か)

母の介護員に対する最近の態度・父と私の訪問時間のズレ
最後に母の外泊の事を告げた 父は反対はしなかった
30分ほど居て今度は母の病院へ

相変わらず落ち着かない様子で辺りを探っている感じ
「よく私の居場所が分かったね」会話も相変わらずだ

廊下で物音がすると頭を上げて「誰だ?」の繰り返し
談話室に居ると、こう言う態度は少ない
やっぱりベッドに寝かしつけたままの状態は良くない
でもリハビリやおやつ会の誘いを断っているのは母自身
自分からベッド生活になる様仕向けてしまっている

こうやって母自身が父の介護意欲を失わせた様に
介護員を本当に敵に回す結果になってしまうのだろうか
母さん。。。このままの状態だと母さんの居場所はなくなるよ
お願いだから大人しく余生を過して欲しい

同時に我が身に問いかける
もし。。。外泊により母の態度が今以上悪くなったらどうする?
それにより母の居場所を無くす事態を招いてしまったらどうする?
そこまで私が責任を持てるのか? 等々。。。

不安は一杯ある 自信なんて全然ない
だけど今のままでは母の精神状態が悪くなる一方 
これ以上暴力的になったらこの病院から出されてしまう
父はもう母を自宅で世話をする気はない
どうしたらいいんだろう?

今日一日そんな事を考えながらいつも通りにトイレの介助 
いつも通りに談話室で過し
いつも通りに母を安心させる嘘をついて病院を後にした

暗くなるいっぽうの気持ちを少し明るくしてくれたのは夫の言葉だった
「YUKI 難しく考えないで以前の様にお袋さんを昼間家で預かって
夕方病院に送る日を復活させればいいじゃないか
様子で外泊に切り替えるって方法もあるぞ」

そっか。。。母の日復活作戦か
それ位の短時間なら私だってそう大変じゃないし
本当に母と翔&迅の二人きりになれる。。。。ありがとう幸
それにしても私って間抜けね。。どうしてそれに気が付かなかったんだろう(* ̄m ̄)
[PR]
by r-petal | 2006-11-15 14:19
<< 医療病棟201号室 母専用の車椅子 >>