自費出版
10月下旬から始めた自費出版作業が昨日完了して製本に入った
タイトルは【くされ縁 在宅介護 VOL1 】

母が口癖の様に言っていた言葉
「YUKIと私はくされ縁だ」その言葉の一部を引用して表題にした

2004年11月7日から今年7月 次女の結婚式までの記録本
今、母は療養型病院に長期入所しているが
つい最近まで在宅介護で暮らしていた日々があった

出版予定の本は2004年、母の二度目の緊急入院から
約1年8ヶ月間の記録日記
ネット上のハンドルネームやイニシャルを全て実名に変え
やはりネットでは言えなかった気持ちを所々にぶちまけた
私にとって本音の本に仕上がった

出版冊数は僅か二冊 一冊は自分自身の記念として 
もう一冊は姉に読んで貰いたい為 
母と私の詳しい記録が其処には残されている

私たちは俗に言う種違いの姉妹 お互い父親が違う
その為に独身時代は随分遠慮など遠回りをしていた気がする

共に違った重荷を背負わされた姉妹の共通する思い
それが自宅にはもう戻れないかもしれない母親への愛情
姉も私も母から沢山の愛を注いでもらった 二人で今その恩返中

自費出版と言っても恐るべしネット世界(* ̄m ̄)
印刷代は1ページが僅か7円 
基本料金を入れ2冊出版+送料込みで4,000円弱
印刷業界にとっては驚くべき低価格 
編集と構成、全て作者自身で行なう為可能になるビジネス

B6サイズで143ページの本作りに
文字数や画像配置で何十回かネット上で校正を繰り返した
お陰で右肩はパンパン状態 目もかなり疲れチカチカ状態
安く仕上げるって。。本当に骨の折れる作業だわ(*≧m≦*) 

イースト会社から果たしてどんな製本が届くのか
首を長~くして待ってる私(=v=)

********************

11月6日(月)
随分ブログアップをサボってしまった(>▽<
先週は娘達の買い物と母の病院 空いた時間に本の校正
一週間があっと言う間に終わってしまった感じ

ちょっと遠出して大型子供専門店へ出かけてベビー布団を購入 
値段や品質を比較してベビーベッドは別の店で選んだ
どちらも我が家で使う予定
翔や迅が孫達に近寄れぬようにする為に必需品

一方娘達は入院時の妊婦下着や新生児下着選びに熱が入っていた
妊婦用下着。。。
私の出産の頃には考えられないほど種類が豊富で。。驚かされた

細かい問題行動はちょこちょこっとあったけれど
母も大分大部屋生活には慣れてきた様子 やれやれだ。。。

週半ば頃から私の左乳房に痛みを感じ始めた
乳腺症があるのでしこりみたいなものは以前からあった
生理が来るのだろうか? でも7月以来ストップしてるし。。。

私が乳癌で右乳房を失ったのはご存知のはず
術後ホルモン治療のノルバディックスを5年近く服用していたが
これはエストロゲンと言うホルモンを押さえる作用がある
癌の再発や転移を防ぐ為の治療だけど
生理が止まってしまう人もいる
副作用で太ってしまう人もいるらしいが。。。定かではない

私の場合は服用2年間はほぼ正常に生理があったが
3年目以降は三ヶ月に一度 
そして半年に一度と不順になって止まってしまった

ノルバの服用を止めた途端 
今度は生理が1ヶ月以上続いて止まらなくなった
二人の妊婦達と一緒に婦人科検診を受けた時もあった

そう言えば四ヶ月後に再診と言われたのに未だ受けてない(* ̄m ̄)

とにかく久しぶりの乳腺の張りだったので生理なのか
何かしらの兆候か。。内心は憂鬱状態であった

土曜日の晩から下腹部と腰に痛みが出てきたので、こりゃ。。。
日曜日の朝 4ヶ月振りに生理復活
痛みが酷かったので夫の実家訪問も母の病院もキャンセルして
一日自宅から一歩も出なかった 
姉は大事な行事があったので訪問は無理と承知
父さん母に会いに行ってくれたのかな? 

1日病院に行かなかっただけなのに久しぶりに感じる
母の訪問もすっかり日常の極当たり前の事になった気がした

病院前に娘達とホームセンターで買い物をしている時
吐き気を感じた 冷えたのだろうか 
「母さん 家に戻ろう 顔色が悪いよ」と娘達
母の病院は直ぐそこ ここまで来てひき帰せない『大丈夫行こう』

病室の入り口で母の顔を見た
いつもなら「YUKI~~!!」と奇声をあげて迎えてくれるのに
今日の母はじっと私の顔を見つめたまま何も言わない

ご機嫌斜めかな? ベッド脇に近づいたが私の顔を見つめるだけ
『母さん』と声をかけると 顔を壁にそむけて私を見ようとしない
再び『母さん』と声をかけた
母は左手で自分の顔を被い その内泣き出した

『ごめんね 昨日はちょっと具合が悪くて来られなかったの』
「寂しかったんだよ」母は未だ泣いている 抱きしめた

「YUKI 本当に寂しかったんだよ」ごめんね母さん 私も泣いた
昨日は誰も会いに来てくれなかったのだろうか

先週の金曜日、防水シートとタオルの洗濯物があった
それを持ち帰ろうとした時、娘が制した
「じいじだってたまには洗濯をするべきだよ 暇なんだし」
確かに娘の言う通りだ 時間はあるはず 

そのままにしておいた洗濯物月曜日の今日もそのまま残っている
来てそのまま帰ったのか 来なかったかのどちらかだ
「ジグソーパズルなんか渡さなきゃ良かったね」と怒る娘
私だって父には怒ってる 沸々と。。。。

あれ?気が付いたら吐き気がすっ飛んでた (* ̄m ̄)

その後は機嫌が上々で娘達にからかわれながら笑顔の母だった
問題は4日続きの便秘 
先週は背中まで汚れるほどの多量軟便があった

こりゃまたラキソだな

ラキソとは正式名 ラキソベロン液と言って
大腸を刺激し腸の運動を活発にして排便をうながす下剤
私も大腸検査の時に服用した 
あの時は更にマゴコロールって下剤もプラスされたけど…
母は便秘になるとこの薬を10滴飲まされているみたいだ
余り強い薬じゃないから効果が出るかは分からないけれど
服用されれば今回で二度目になる
浣腸よりは気分的に楽だろう

機嫌が上々だったのは母だけではなく叔母もそうだった
はっきりとした口調で答えたし目もパッチリだった

今の母さんにとって一日中一人ぼっちは耐えられない孤独感
まだまだ私の訪問は休めないね (*^_^*)
[PR]
by r-petal | 2006-11-07 09:29 | Comments(2)
Commented by Mより at 2006-11-07 11:16 x
昨日は連絡ありがとう。
久しぶりに沢山の洗濯物を持って午前中行ってきました。
私も、土曜日、日曜日と病院へ行かなかったの伯母さんの様子が分からなくてごめんね。
夕方遅くなるのでYUKIさんとも会えませんね。
本を出版したとのこと私も是非読んでみたいな・
又、見せてください。
Commented by YUKI at 2006-11-10 09:21 x
【M姉さん】
レス遅くなりましたm(_ _;)m
昨日は久しぶりに会えて嬉しかったです

母は昔同様寂しがり屋で困り者ですね
M姉さんが済まなく思う気持ち 嬉しいです
でもこれは家族で協力 父に自覚を持ってもらわないと!
本と言っても文庫本 立派なものではないけれど
届いたらお渡しするので是非読んで見てください
<< 第一回介護ケアプラン説明 療養型に移行 >>