「ここに居る間は気持ち良く過して欲しいから。。。」
今日(19日)はピースの歯石取りの日
手術が行なわれる動物病院は我が家の近くにあります
父が11:30にピースを病院に預けて我が家に来る予定
久しぶりに父と昼食を共にしようと思っています

おっと。。。その前に私がする事が二つ
7:25amから村内の資源ごみの収集立会い当番参加 時間にしたら30分程度
それが済んだら義母の訪問
今日も一日忙しいぞ~~~

****************
10月18日(水)
ロックミシンの調子が今一
無理もない。。。このミシン、私が洋裁学校に入学した時に購入した物
19歳の時だ 。。。。四捨五入すると30年近く使っていた事になる(*≧m≦*)

本当は最新式の縁かがりだけではなく
縫い合わせやまつり縫い巻き、ロック等々出来ちゃうのが欲しい所だけれど
直せばまだまだ使えそう。。。入院治療で復活してきました

午前中は暫く中断していた小物作りをしていました
お友達のプレゼント用に作った小物 明日発送出来そうです(*^_^*)

水着にタオル。。。ドライヤーと荷物は結構沢山
院内初の母との入浴を楽しみに出掛けました

その母、ベッド上で左手をテーブルに伸ばしスプーンのキャップを叩いていた
その音はイライラしたご機嫌斜めの曲を奏でていました(* ̄m ̄)

『呼んだ?』と声をかけると驚いたように私の顔を見つめる母
「どうして居場所が分かったの?!?」と同時に嬉し泣きしました
が。。。涙は出てこない

『母さん涙が出ていないよ』と言うと「出てるよ」と反論された(*≧m≦*)

介護士のFさんが直ぐに病室に入ってきた
「入浴時に使う椅子だけど小さいものしかないから
部屋で使っている普通の椅子を置いておくね 背もたれもあるし安全だから」

『濡れちゃうけれど良いんですか?』って聞くと 
「拭けば乾くから良いのよ
今日ね。。一階のリハビリ室の前のホールでカナリヤの会主催のコンサートがあるの
入浴前に参加しない?」と言われた
d0064859_105535.jpg

コンサートと言っても歌の会
カナリヤの会とは平均すると母に劣らない位の年齢のお年寄りが
定期的に病院訪問をして一緒におしゃべりしたり歌を歌ったり。。。。
時間にして30分位かな

『母のトイレを済ませてから伺います』
今日のスケジュールは決まったね(=v=)トイレ→コンサート→入浴
母にとってはいつもと全く違う生活 良い刺激になりそうだ

オムツを外すとパットは綺麗なまま 10時のオムツ替えから3時間
余り水分を取っていない様子 
便の頭が出てきたんだけど引っ込んでしまってそれきり

トイレ横のエレベーターから次々に車椅子のお年寄り達が降りてくる声がする
母はもうこの声で落ち着かない 「もういいよ」と言い出した
じゃあまた後でね 

そのままホールへ移動 コンサート開始に十分間にあった
母は15番目の聴衆 かなり奥の前席に位置する
介護士さんが母の隣に椅子を置いてくれたけれど後から後から入ってくるお年寄り
とても私がこんな良い位置に居ては悪い気がしてきたので廊下側の入り口に立った

総勢50人近くのお年寄りが集まった(* ̄m ̄)
叔母の姿を探したけれど見当たらない。。。やっぱり無理だよね

【里の秋】で始まったコンサート 伴奏は生アコーディオン
一生懸命歌う人や ちょっと頑張って歌う人 眠っている人 色々だ
わが母は?。。。と見ると お! ちょっと頑張って歌ってる人 爆))))))
【赤とんぼ】 【ちいさい秋見つけた】と童謡は続く
d0064859_10164191.jpg

全8曲の内終わりの3曲になると口を結んだまま歌わなくなった
その内辺りをキョロキョロして私を探す
もう帰りたいから連れて行け。。って顔をしてる(TmT)
途中退場はとても無理な位置 もう少し我慢してよ ×サインを送る

アンコールに【信濃の国】が入ってしまい。。世の中母の思い通りにはならない(* ̄m ̄)
イライラしている様子が分かる

症状の重いおばあちゃんから退場 そしてエレベーターへ
母の順番はまだまだ先になりそうだ

出口の所でおやつのゴマプリンを配っている
順番が来るまでお年寄りはこれを食べて時を過すのに
母はそんな物はいらないと言うような態度を取る 
一応私が受け取って外来談話室に移動した

「こんな夜遅くに迷惑な事だ」と母 夜(*≧m≦*)今は2:30pm まだまだ明るいよ
時間を告げると母は夜中の2:30amだと思い込んでいる
結局ゴマプリンは母の胃袋へ収まった

エレベーターに戻ると最後のお年寄りが乗る所だった
介護士のFさんが近寄ってきた「院内の別の入浴場所見てみる?」
集団で入るお風呂場。。。もしかしたら私一人介助が無理なら当然そこに入る事になる
是非!。。。と言う事で見に行ってきた

車椅子が入るのだから当然だけど脱衣所はとてつもなく広い
ドアはなく脱衣所と風呂場はカーテンで仕切られていた

「ただね。。。ここに入るとなるとYUKIさん半ズボンか何か。。。」
『大丈夫(*^_^*)水着用意してあります』
「じゃあ 今日個人風呂に入れてみてもし無理のようならここで来週は入れてみようか」

この際母のわがままではなく私の入れやすい方でなくては私も身が持たない
今週は個人風呂 出来ても出来なくても来週はこの集団風呂に入るつもりだった

入浴前に水分補給をして二階のお風呂へ
脱衣所に入るには二段の階段を登らなければならない
勿論手すりは付いているけれど果たして母は登れるのだろうか
お湯をためている間母を移動させ衣類を脱がせることにした

介助して立ち上がらせる 二段の階段も何とか登れた
Fさんが用意しておいてくれた椅子に座らせて先ず私は水着に着替えた
母の衣類を脱がせている間に湯も適量 ここまでは順調
d0064859_10904.jpg

浴槽の淵に座らせて片足ずつ湯の中に入れていく
体が温まったら再び浴槽の淵に座らせて椅子の上に運ぶ
。。。ここまでは我が家で入浴させていた時と同じに出来る

問題その1は洗浄 
椅子から体がすべり手を離すと体が右に傾いて転倒しかねない
体は何とか洗えたけれど とても髪を洗う事は無理

シャワーで体を流した後 もう一度湯船に入れた
体が温まる頃 その浴槽内で母の髪を洗った
ちょっと後ろに頭をそってもらってシャワーで泡を落とす
当然浴槽内はシャンプーの泡で一杯になるけれど
上がる時シャワーで体の泡を落とせば良いこと 洋式スタイルで解決

母が湯舟に居る内に濡れた椅子を拭いてバスタオルを置く
そこへ母を移動 体の濡れを別のタオルで拭きながらお茶を飲ませた

母が座ったままの椅子を引きずりながら脱衣所へ移動
立たせている間に椅子にパジャマを敷きその上にオムツを置いて座らせた
片手で母を支え 右足に母の体を乗せ 
左手で衣類を椅子に乗せるのは結構大変だった 時間もかかった
再び母が湯上りのお茶を飲んでいる間に私も着替えた

問題その2は下りの階段
我が家で入浴させていた時もそうだったけれど入浴は母にとって凄い運動量
一気に体力が無くなってしまう
平地移動なら引きずって行く事も出来るけれど高が二段の階段でも危険だ
私の体にも結構負担だった 
階段ギリギリに備えておいた車椅子までの距離が遠く感じた
でもこれも一時 何とか無事に母を車椅子に座らせた時は汗びっしょりになった

初回にしては上出来だと思った(*^_^*) 
数こなせばこれもトイレでオムツ替えするのと同様コツを覚え慣れるだろう

3階の病室前にFさんが居た「どうだった?」と心配顔
簡単に様子を報告

「ねぇYUKIさん 院内にもう一つ浴室があるの
集団風呂よりそちらの方がおばあちゃんリラックスして入れると思うんだ」
母をベッドに寝かせておいてそのもう一つの浴室を見に行った

集団浴室のミニバージョンって言う感じかな
脱衣所から浴室は車椅子で移動出来る
でも母が一人入るには広過ぎるくらいの浴槽だった
d0064859_10101745.jpg

『こんな大きな浴槽に一人だけで入るなんて贅沢です』と言うと
「本来なら私たちがしなければいけない事を
娘さんが手助けしてくれるからこちらも凄い感謝しているのよ
それにね おばあちゃんがここに居る間は気持ち良く過して欲しいから。。。」

Fさん。。。胸が熱くなった 感謝の気持ちで一杯になった
この病院に母がいつまで居るのか分からない
そして私が母の入浴介助をいつまで出来るか分からないけれど
出来る間はここを使わせてもらおう

母さん。。。この病院を選んで良かったね(*^_^*)
[PR]
by r-petal | 2006-10-19 10:22 | Comments(6)
Commented by Mより at 2006-10-19 15:43 x
今、病院へ洗濯物取りに行ってきました。叔母さんに会ってきたよ・・
先日のように怒っていたらどうしようと思いながらよってみると、
あれ。M子どうしたの?と何時もの会話懐かしいなと言って手を握ってくれたよ、私は多分分からないだろうと思いながら聞いて見ました。
昨日、YUKIさんと一緒にお風呂に入ったでしょう?
返事は・・入らないよ入ったらもっと肌が奇麗になっているはずじゃんか。
これでお風呂に入ったなんていえないよ。YUKIもいい加減な事を言うよ。だって、もう完全に変よね。認知性の始まりかしら?
YUKIさんの言っているヘルパーさんのFさんとはブログの写真に映っている人かしら?
その人だったら私にもとても良くしてくれます。
母が入院の時も、Sさんと一緒に心配してくれました。私は2人にとても
感謝しています。
叔母さんより母は話す事が出来ないけれど言う事には理解しているような気がしています。今日はお風呂に入ったらしく山のような洗濯物だったよ。
Commented by YUKI at 2006-10-19 17:41 x
【M姉さん】
それでかぁ~~今日母の所に行ったら盛んにM姉さんの事を話すの
それが笑っちゃう内容でね(* ̄m ̄)
『M姉さんが来てくれたの?』って聞くと
「最近あったこともないよ だから来るわけないじゃん」だって 
お互い同じ扱いされてるのね 爆))))))
もう一つM姉さんが背の小さい人と一緒だったって言うの
背の小さい人?心当たりある?
多分私とM姉さんの事はかなり母の脳裏にインプットされていると思うよ

私もね 昨日のお風呂楽しかったねって言ったら
「お風呂に入ったのかい?」って(* ̄m ̄)
誰が来ても直ぐ忘れる母 
残念だけど認知症は始まりじゃなくてかなり進んでるよ
とみえさんも
もすけさんもしっかり生きていると信じ込んでいる時もあるよ

そうそうFさんってM姉さんが言う人だよ
いつもニコニコしててハキハキしてて。。。
Fさんのお父さんもこの病院に入院して居たんだって
患者の家族である時も過してきている人だから
仕事としての介護士も身内の気持ちも分かる人だと私は思ってる
Fさんに出会えた事が凄く嬉しいし私も感謝してる

昨日もあったのにまた洗濯物??!!
毎日本当にご苦労様
Commented by 犬好きかあさん at 2006-10-20 06:41 x
入浴介助の大変さが文章から伝わってきます。。。水着を用意するところはYUKIさんらしい名案ね\(◎o◎)/!お疲れ様です。
でも楽しんで対処しようと考えてるYUKIさんだから苦にしないかな? 
それに 見事な役者を演じてお母様に対応してますよね ふふふ(^.^)
Commented by ジョンママ at 2006-10-23 00:27 x
YUKIさんが作っていた小物・・・うちへのだったのですね!
ステキなプレゼント!(^o^)/ ありがとうございました。
大切に使わせていただきます。
お礼にミニ翔君と迅君を作ってみました。
明日ごろ届くかしら・・・

うちもお風呂に入れるのが大変です。。。
自分ひとりでは入れないのに、「明日入るからいい」とか「風邪引いて寝こむと困るから」とか逃げ口上が上手で・・・(^^;)
うまくなだめながら裸にして、お風呂に入ってしまえば、「気持ち良いね~♪」と喜んでるのにね^m^
嫌がるのにあまりうるさく言うのも嫌なので、1週間に1日でも入れば良いかなと気楽に考えてます。
Commented by YUKI at 2006-10-23 10:47 x
【犬好きかあさん】
レスがすっかり遅くなって済みませんでした

2階の浴室は鍵がかかるのですが
今後入浴予定のお風呂はカーテンで仕切られているだけ
まだまだ裸体を見られるのは恥ずかしいお年頃 爆))))))
水着は必需品になります(* ̄m ̄)
母の満足した顔と安心した顔 これが見れるだけで元気になります
元気な頃から私とずっと暮らすのが夢でした
叶わなかった母の夢 
今少しだけど実現してしていると思えば。。役者でも何でもなります ハイ!
Commented by YUKI at 2006-10-23 11:30 x
【ジョンママ】
そうなんですよ~~
ちょっと遅れちゃったけれど気に入ってもらえて嬉しいです

先ほどはお話出来て楽しかったです
電話でも言いましたが本当に箱を開けた途端喜びの大声を発しました
キリプレで狙っても手に入らないジョンママの手作り編みぐるみ
しかも翔&迅なんて思ってもいなかったので喜びも一入
本当にありがとうございましたm(_ _;)m
大事に飾らせてもらいます(*^_^*)

ジョンママのおばあちゃんも入浴大変ですか。。。
母は入浴を嫌がらないのですが一人で入れないのでそれが大変

>うまくなだめながら裸にして…
(* ̄m ̄) おばあちゃんに手こずらされていますね
でも入ればその気持ちになるのですから入れ甲斐もありますね
そっそ。。。週一で十分ですよね お互い気楽に気楽に
<< 父の変化 拒否行動の末の。。。決断(*≧... >>