老人と水分
夕方、会社でブログを閲読している姉から電話があった
昨日の松茸酒を読んでのコメント(*≧m≦*)
「YUKI、松茸酒は軽くあぶって1ヶ月間日本酒の中に漬け込んで飲むんだよ」と。。。

【あぶる】と言う言葉より【1ヶ月】の言葉に反応した私
『1ヶ月も待てないじゃん。。。』爆)

夜にもお友達から携帯へメールが来た
「匂い松茸…と言いますが軽くあぶってから日本酒に入れて飲まれましたか?」とあった
すみません。。夜の携帯は酔いもあり誤字があったら失礼なのでここでレスm(_ _;)m
『あぶらず 薄切りの松茸を日本酒に入れレンジで2分チンしただけ(* ̄m ̄)』
 
姉やお友達のコメントは大変参考になりました
まだ松茸は2/3残っているので今日は早速軽くあぶり 
忍耐が必要だけど1ヶ月経った松茸酒堪能します(* ̄m ̄)

因みにネットで調べたところ 古今東西作り方は色々あるようで

レシピその1:日本酒に松茸を薄く切っていれ、熱燗にするだけです(我が家と同じだ)

レシピその2:松茸を焼き細く裂きます
       大き目のぐい呑、または湯のみに酒を入れ裂いた松茸を入れる
       かぼすを一滴たらすとおいしいですよ (かぼすか。。。良いかも)

レシピその3:2合のお酒に1本分の薄切りを入れて沸かし
        さめるまでおくと、上等の松茸酒が出来る(熱めの燗が好みだわ。。。)

レシピその4:熱燗にスライス又は裂いた松茸入れて3分待ちます(待つんかい。。。)

とまぁ上記4つのレシピは我が家のように即!飲みたい短気の方用かな(*≧m≦*)
姉のように本格的に熟成された松茸酒を飲みたい気長な方は
軽くあぶって1ヶ月漬け込んで堪能なされませ(* ̄m ̄)

********************

10月6日(金)
簡単に(いつもだけど(*≧m≦*) 家事を済ませてホットカーラーの電源を入れた
ドレッサーは二階にある 髪をとかしていると階段をカシャカシャカシャと音がする
『翔だ』 我が家の長男犬の翔 雨音が大嫌いな弱虫
大雨が降るともうストーカー 抱っこして欲しくて行く先々私の後を付いて来る

『階段を登ってきちゃだめ!』 勿論階段の登り口には柵が置いてある
d0064859_9811.jpg

普段は決して登らないんだけど雨の日は必死の覚悟でその柵を越えて来る
迅は決して同じ行為はしない
翔が二階に達する頃 下で迅が「僕も~~」って鳴く

一度下ろせばいつもなら諦めるけれど
今日の翔はよほど怖かったのか3回も登ってきた
居間からホールに飛び出さない用の更に背の高い頑丈な柵を置いた

今日は日本髪の結い上げ練習~~
従姉の息子さんの結婚式も後一週間余り。。。セット代だけでも浮かせないと!
カーラーを髪全体に巻いて。。。こんな感じ 爆))
d0064859_902210.jpg

昨日白髪染めをした際 痛んだ髪だけ切りますね~~って言ってたのに
巻いてみると。。。スキ過ぎ 髪量が足りない(TmT)
思いっきり逆毛と付け毛をしたけれど今一。。。
どうしよう 後1週間。。。(>▽<;;
何とか夜会巻きにしたけれど納得出来ない。。
こりゃ 明日も挑戦だな。。。。

夕食の下準備をして病院へ出かけた
叔母の病室に行ったらドアが閉まっていた オムツ替えの時間なんだろう
後からまた来よう 母の病室へ向かった

オムツが気になるのか盛んに触っている
私の顔を見た途端 「良いところに来てくれた トイレに行きたい」と言った
「早く」「早く」と急かす
。。。ったって車椅子を持ってきて靴を履かせて。。ってやっていたら間に合わないだろう
『母さん シート敷いてあるから間に合わなかったら出しちゃって良いからね』
「大丈夫 我慢できるよ」と言っていたけどトイレで外した時はもう出た後だった

今日も白い粘液が陰毛の辺りにびっしり付いていたが尿量は少ない
水分不足かな?
ウォッシュレットのお湯を出したままでオムツシートで箇所を洗う
気温が下がったせいかお湯の温度も上がって母も気持ちが良さそうだ

「こんな事までさせてごめんよ」と母『良いの 良いの 娘だもん(*^_^*)』
頑張って排便を試みたけれど今日は駄目だった

母と一緒に叔母の病室に回った
叔母はまだ点滴中 記録書きでは食事が出されていて【全】の文字(*^_^*)
『こんにちは』って言うと叔母が笑った!
訪ねるようになって初めて叔母が笑い顔を見せてくれた
熱が下がって食事も出来て気分も良いのだろうな。。。
『痛いところある?』って聞いても「ない」と言ったし(=v=)

母はベッドの叔母を「誰だい?」って言った(*≧m≦*)
元気な頃の叔母の姿を思い浮かべているのだろう 確かに細くなって面影はない
でも今日の叔母は痛い所もかゆい所もない幸せな顔をしていた

談話室に行くと君子おばあちゃんが午後の仕事の真っ最中
不自由な手で一生懸命院内のオシボリをまるめていた
d0064859_911562.jpg

「見事だね」と母がその仕事ぶりを褒めたので君子おばあちゃんの前の席に車椅子を止めた
『母さん 君子おばあちゃんは毎日二回ここでああやって仕事しているんだよ」と言うと
「給料はもらってるのかい?」と聞く 自分で聞けば良いのに聞けない母

返って来る言葉は知っているけれど君子さんに給料の事を聞くと
「ただでやってるんだよ」と答えて母を驚かせた「年寄りを邪険にして可哀想だ」と

おやつに出たゼリーを食べ ヨーグルトを飲ませてお茶をポットから注いできた
「わしにもお茶をくれ」と君子おばあちゃん
君子おばあちゃんは毎回コップを二つテーブルに置く 
ストローは一個のコップに2本ずつ入れてある 注ぐと一気にその2コップを飲み干す

羨ましいな。。。君子さんを見て思うことがおばあちゃんのコップの数と同じ2つある
比べる対象は母になるけれど
一つ 自分から何かをして欲しいと他人に頼む意思表示が出来る
二つ 自ら注意して水分を少しでも多く取ろうとする意思がある
どちらも今の母には出来ない事だ

ヘルパーさんのIさんがやって来た
「今日も娘さんが来てくれて良かったね」と足を止め母の手を取って言葉をかけてくれた
「お陰さまで幸せものです」と気張って答えていた

看護師さんにはどうしても遠慮があって聞きづらかったけれど
思い切ってIさんに尋ねた『排尿時の白い粘液って何ですか?』と
「ここのお年寄りに多いのよね 水分不足なのよ
お茶をドンドン飲んで欲しいのだけど 美味しくないしね」

「わしも看護師さんにいつもお茶を飲め 飲めって言われてる」と君子さんも意見を述べた

そっか。。よくあるケースなんだ
母の場合コレステロールや中性脂肪が高いから余り甘みのある飲み物は良くないな
翔や迅みたいに野菜スープ飲んでくれると良いのだけど甘みがないし(*≧m≦*)
カロリー控えめで飲みやすいスポーツドリンク。。用意しよう

『母さん ヘルパーさんや君子おばあちゃんみたいに水分一杯取ろうね』
うん うん。。。と母 その場しのぎの返事だと思うけれど毎回言い聞かせていこう

4:00 排泄なし
『買い物して来るからちょっと外出するよ』 「直ぐ帰っておいでよ」と母
いつものやり取りで家路へ

家に居た娘達 
長女はババロア 次女はくずきりを作っておりました(*≧m≦*)
[PR]
by r-petal | 2006-10-07 09:17 | Comments(0)
<< 年寄りの冷や水 松茸酒(=v=)ムフフ♪ >>