二日分まとめブログ 叔母と母
ブログの閲読者が一人増えた 私の姉(*≧m≦*)
忙しくて未だ自宅のパソコンの設定作業が済んでいないらしいけれど
会社のパソコンから時間がある時にインターネットが見れるらしい
休日か夜遅くにしか母の様子が分からない姉の為に更新頑張ろう!
それに携帯パチパチでの報告から開放されるし~~爆))))))
**************
9月29日(金)
義母さんの宿題・三文字熟語の回答、ネッ友に頼んで私は病院へ
途中お友達の一人からブログに答えをアップしたと携帯に連絡が入る
『ありがとうございます 帰ったら見させていただきます♪』楽しみだ

今日から母の世話の順番を変えることにした
昨日まで談話室で適当な水分を取りながら
母の歩行力の回復を待ってからトイレに連れて行っていた
でも私がオムツ替えをする度シーツには便が付いている状態
立ったり座ったりしていると便だってつぶれるし
はっきりと意識がなくても気持ちの良い事ではないはず

トイレから帰ってまたベッド 支度が済んだらまた車椅子
。。。と二度手間だけどこれもリハビリ 母には頑張ってもらおう

二階のトイレの洗面所下には保温されたオシボリが炊飯器の中に入っている
それを二枚持って一階のトイレへ移動
案の定オムツを外すと便が出ている
それにシートはずっしりと重い かなりの尿量だ

そう言えば10:00のオムツ替えの欄が白紙になっていた
ヘルパーさんに替えてもらえなかったのか?
違うな。。。きっと母が拒んだのだろう そう思うようにした

いつも通りにお尻を洗ってそのオシボリで拭く
「痛い」と母は言う 確かにオシボリは硬い綿布 
色んな余り布をカットしただけの物だから肌触りは今一 でも暖かさはある
最後にお尻拭きシートで洗浄

ここまでは回数を重ねる毎 手際良く出来ていると思う
でも。。どうしてもオムツ付けが上手く出来ない(TmT)
使い捨てのオムツの上にフラットシート更にその上に尿取りパットと三枚のオムツ
三枚一度をずれないように持って、立っている母の尻に当てる 
ふらつく母にきちんと装着するのは相変わらず苦戦
必ず尿取りパットが落ちたりズレたり。。。

結果。。。完璧でなくても良い事にした
残便が車椅子やパジャマに付かなければ良い事だ
タオルで前隠しして病室のベッドでオムツをきちんと装着 
落ち着いたら再び母を起して車椅子へ移動 

気持ちよく談話室でお茶出来るね(*^_^*)

『おばちゃんの所に行ってみようか?』と母を誘う
「入院しているのか?」と聞く 昔母と見舞いに行った頃を思い出すのだろう
「近くを通りかかって寄らないで帰ったら薄情だな。。行こう行こう」と母
(*≧m≦*)自分は入院しているなんて全く思っていない
夕方になると帰りたいとヘルパーさんを困らせている母 
少なくても今は入院している事を忘れている 

叔母は。。。目を明けていました~~~(=v=)
『こんにちは』ってこえかけると小さな声で「こんにちは」と返す
『痛い所ある?』と聞くとうなずいた

背中を中心にさすっていると「トイレに行きたい!おしっこが出そうだ」と母
尿意を感じるのなら間に合うかもしれない
『明日また来るからね』と言って病室に戻った

さっき一階のトイレで尿取りパット使ってしまったので部屋で替える事にした
出そうだって言ってから数分経ってしまったから間に合わないだろう
オムツを外すと尿ではなく便だった
追加便があったことを記して病室を出た

自宅の駐車場に車を入れていたら次女も到着(*^_^*)
お婿さんの渓くん。。今日から夜勤と稲刈りで実家に帰る
次女は金・土と我が家に泊まって日曜日の晩帰る予定(* ̄m ̄)

ネッ友さんたちに託した三文字熟語
何と!一日で14問回答があった w(*・o・*)wスゴ
義母の喜ぶ顔が目に浮かぶ。。。ありがとう!!m(_ _;)m

9月30日(土)
ブログで既に触れたように最後の1問の回答を入力してプリントアウト
その紙持っていざ出陣(*≧m≦*)

朝の挨拶と共に入っていくと 義母さんまだパジャマ姿
朝食が済んで歯磨きの最中だった
私が手に持っている紙を見るとニコニコ顔になった
「YUKIさん凄いね~~」とやたらと感心
『違うのよ 北は関東、南は九州のお友達が助けてくれたのよ(*^_^*)』
インターネットの世界をよく知らない義母さんだけどやたら感心してた

居間に入って座っていても中々義母さんが来ない
「おおいちょうか。。こけしってこんな字なんだ。。知らなかったよ」
と感心している声が台所から聞こえてくる
(*≧m≦*) 私だって知らなかったわ爆))))))

やっと居間に来た義母さん 震える手で鉛筆を持ち回答の清書をしてた
来週水曜日のデイサービス。。。楽しみでしょ(*^_^*)
改めてネットのお友達に感謝ですm(_ _;)m
くれぐれも。。。一人で全部やったと言わないようにね 

洗濯干しを済ませてくれたあった次女と一緒に病院へ
夫は明日のゴルフの為に練習場へ 
なるべくゆっくり行っておいでよと送り出した (* ̄m ̄)

病室の母 天井を見つめていた
何か母に時間つぶしになるような物ないかな~~毎回そう思いつつ。。。
ベッドに添え付けられるベビーの回転おもちゃって駄目かな??

『オッス!』って挨拶すると「何ちゅう格好してるんだ」と母
失礼な。。。素足でジャージにエプロン姿で何が悪い(*≧m≦*)
「白髪が目立ってるよ」と母 
本当に美容院に行かなくちゃ!
従姉の息子さんの結婚式も迫ってるしね(*≧m≦*)
しかし。。耳と目だけはしっかりしてるわ

昨日から始めた 先ずトイレ作戦
袋にオムツとフラットシートに尿取りパットを入れてタオルを持った
車椅子への移動 次女が手伝ってくれよとしたけれど断った

娘の手を借りれば凄い助かる でも一人で出来なければ日常困る 
いつも誰かが居るわけではない以上先ずはコツを覚えなきゃ

手を取って体を支えるよりも移動の時は右手で腰に手を回し
左手でお尻を下から持ち上げる。。。この方が車椅子に移動する際お互いが楽
かなり力は必要だけどね(*≧m≦*)

車椅子押しは次女が居る時は遠慮なく頼む
娘もその方が張り合いだろうし何れは私も乗せてもらう時もあるだろう(* ̄m ̄)
しっかりマスターしておくれ。。。

一階のトイレ ここでも便座移動は一人でやった
パットの上にはやはり便が出ている
「ばあば やったね! 便秘は辛いもんね」と次女
妊娠して何度か便秘経験ありの娘 辛さが分かるのだろう 励ましあってるし。。

お腹を押すともう一つ出た
お尻処理をして さて。。。問題のオムツ付け
やはり娘の力を借りるか。。そう思った時、娘がこう言った
「母さん 立って付けるんじゃなくて車椅子にオムツを敷いてそこに移動したら?」って

なるヘソ。。それ良い考え★★
車椅子にオムツを敷いてその上にフラットシートを置き
最後の尿取りパットを母の尻に当てたまま車椅子に座らせる
これならパットがずれない ¥(^_^)やったね!

実際にやってみると思ったほど上手くは出来なかった(>▽<;;
母がオムツの真ん中に座ってくれなかったから右は留められても左が留まらない。。。
ま。。回数重ねりゃ何とかなるでしょう このままタオルを掛け病室に戻った

オムツ・衣類を整えて談話室へ お茶タイム
娘に母の話し相手を頼んで叔母の病室へ

4人部屋の叔母の隣の空きベッドは既に数日前から新しい患者が入っている
母と同室はマダマダ先の話かな(*≧m≦*)

叔母は今日も目を明けていた
『かゆい所ない?』と聞くと 「体中がかゆい」って答えた
最初は背中をこすっていたけれど返って熱を帯びて逆効果になるかと思い
指圧のように背を押した
「気持ちがいい」と叔母 かゆみより筋肉のこりの方が強いのだろう
「すまないね」って言ってくれた 初めてだ

その後何か言葉を発してくれるのだけど聞き取れない
何度も繰り返してくれる内にそれが「名前は?」って言ってる事に気が付いた
『YUKIだよ けさよの娘だよ』って言ったけど思い出せないみたいだった
でも。。。叔母は何時になく一杯話をしてくれた

もっともっと話をしたかったけれど私の腰に限界が来た(*≧m≦*)
また明日指圧に来るからね。。。『すまないね』また言ってくれた
ちょっと可哀想だったけれど病室を出た

談話室でNHKの大河ドラマ【功名が辻】を観た
あらすじが分からぬ母も真剣に画面を見つめている 好きなのよね 時代劇
序に国体の開会式まで観てしまった(*≧m≦*)
長野県の選手の入場を観終えてから病室に戻った

3時のオムツ替えの時間になる
でも母のパットは綺麗だったので記録書きに【H/K共になし】と記しておいた

私たちが帰るのをいつも以上に寂しがる母
娘を送ったらまた戻ってくるからと部屋を出た
今夜帰りたいってヘルパーさんを困らせなきゃ良いけど。。。。 
[PR]
by r-petal | 2006-10-01 09:18 | Comments(0)
<< 冷凍庫~~♪ 素晴らしきネッ友 >>