お出掛け記録アップ
毎日少しずつ進めていたプチお出掛け記録
先ほどアップが完了しました
http://www17.plala.or.jp/r-petal/2006ueda.html
久しぶりのアルバム書きだったのでかなり時間を費やしてしまった。。(>▽<;;
今回はのんびりペンションで過す旅だったので大した見所はありませんが
。。。覗いてみてください(*≧m≦*)
翔&迅も久々一杯登場!!!

****************

9月25日(月)
母の記録書きに因ると日曜日からずっとオムツ替えの度便が出ている様子
肛門を締める括約筋の力が弱ってきてるんだろうな

背骨の一番下の仙骨の神経
この神経には肛門などを動かす神経(運動神経)と
便意などを感じる神経(知覚神経)の二つの作用があるという

仙骨神経は肛門だけではなく尿道の括約筋を締める作用もあるので
便と同時に尿も漏れるようになる場合がほとんどらしい

治療方法は二つあり弱った括約筋を強化する練習と電気刺激
共に病院の指導を受けなければ自分だけでは出来ないと言う
医師にこれを申し出るのは。。。。如何なものかと思案中

車椅子に乗せ先ずはベッドの上の食べ物のカスを片付ける
トイレに連れて行って母を立たせてみる
その様子でオムツを取るか取らないか決める

今日は母の足は立っていることに耐えられそうだ
パットには微便が付いていた
便座に座らせると軟便が少し出た 
ウォッシュレットのお湯を出し続けてお尻を洗う 

オムツ替え時に便が確認された場合 
洗剤の空容器にお湯を入れ、それで肛門を洗ってくれるヘルパーさんも居れば
お尻拭きシートだけでふき終わりにするヘルパーさんも居る
本当に人によって違いがある
オムツ替えは5時間毎 長時間便が肌に付着状態でいたら肌はいつか荒れる
私のしている事は余り役に立たないだろうけど少しでも肌荒れを遅らせたい

母をベッドに寝かしつけて叔母の病室に回った
お!!ラッキー 今日の叔母はパッチリお目目を明けていた

『おばちゃん YUKIだよ』と言い掛けてやめた
覚えていない事を言われるのは気分が良くない
現に最近晩酌時に話したことを翌朝忘れる事が多い私
(それってヤバイよ。。と娘に言われるけれど(*≧m≦*)
認知症と酔った症状とは違うかもしれないけれど 確かに気分が悪い(笑)

『こんにちは』って声をかけると 「こんにちは」って答えてくれた
きっと叔母は私の事を新米ヘルパーさんと思っているのかな?
『今日は痛い所ない?』って聞くと 「かゆい」と叔母
首かな? 『ここ?』って聞くとうなずく
触ったらかなり肌が荒れている 薬を塗ってあるのだろうか、ちょっとべたついている
掻いてこれ以上肌が荒れても可哀想だからティッシュでトントンと押した
暫く続けていたら目を閉じた叔母 それきり眠っちゃった(=v=)

母の病室を覗く
天井を見ながら盛んにオムツの辺りを探っていた
この状態だとまだまだつなぎパジャマは外せないな。。。
そのまま帰った

9月26日(火)
先週退社した長女。。。風邪気味で咳が出ている状態
熱はないようだけど咳き込んで吐いたとメールが来た
幼児期よく次女が風邪を引いて困らせたけれど今は長女の方が心配事が多い
「ばあばに会いに行く」と言う長女
風邪でも移したら大変だ 暫く自宅謹慎 早く直してよね

今週次女の夫、渓くんの出勤スケジュールは6:00~14:00
定時では戻らず3時間ほど残業してくるらしい
決まりだね(*^_^*) 今日はプール日にしよう

昼前おにぎり6個作って次女がやって来た かなり大きめなおにぎり
「二つは今食べて 残りはプールが終わった後食べよう」と娘
(*≧m≦*)これじゃあまた太りそうだよ。。。

1時間 かなりしっかり歩いて入浴
温泉施設を出たのは3:00 
のんびり残りのおにぎりをパクついている時間はないので車中で食べる
『もう一個食べれるね』と会話 こりゃ私まで太りそうだわ(笑)
プール帰りに父の家に寄るのも日課になりつつある
ピースの歯磨きもあるしね(* ̄m ̄) これ次女の担当

父は玄関に居た 少し前にお茶を飲んだばかりだという
「やっと屋根のペンキ塗りも済んで二階の窓拭きをしていた」と父
毎日何だかんだと時間を過しているようだ

「本当に暮れに餅つきをするのか?」 『男手は一杯あるから今年はやろう』
「じゃあ杵や臼 綺麗にしておかなきゃだな」と嬉しそうだ
『父さん 餅つきは未だ未だ先だよ 慌てなさんな。。』と笑った
30分ほど居て『さて帰るか』と言うと「もう帰るのか」と父

母が入院してから31日が過ぎた その間ずっと一人ぼっち 違ったピースが居た
でも。。。。やっぱり寂しいのだろうな
『遠慮しないでピースを連れて泊まりにおいで』と声をかけて出た
父が車が見えなくなるまで見送ってくれた 珍しい。。。孤独なんだな

病室の母 顔を見せると抱きついてきた 母も孤独なんだろう 
今日もオムツ替えの度便の付着がある
ごめんよ 今日はお尻洗ってあげる時間がないんだ

車椅子に移動させているとリハビリ師が来た
母のリハビリは夕食前に続行されているようだ
丁度良いや その様子を見て帰ろう 
リハビリ師に母の車椅子を頼んでベッド上を掃除
相変わらず食事に苦戦しているようだ 一杯カスが落ちている

ポールを使って3m位の距離を時間をかけて歩いているが
リハビリ師の補助がなければ歩けない状態だった
一人で歩けていた日を思い出した
今日はこの後体操とカラオケ大会になるらしい
きっと母は一人 仲間に入らずポツンとしているだろう。。。
そんな姿を想像しながら病院を出た
[PR]
by r-petal | 2006-09-27 09:19 | Comments(0)
<< 介護認定変更と。。インド人には... 母は中世のドイツ騎士 >>