父の誕生日と消えたことわざかるた
9月1日
我が家の愛犬 翔と迅
それぞれ持病を持っていて翔は外耳炎
迅はカイカイ病
獣医で診察を受けた後は暫く小康状態だけれど一向に治る気配はない
最近長時間の留守が多いせいか迅のカイカイ病がまた復活
気が付くとしょっちゅう体をかいている
遂にはひっかき傷から出血して化膿してしまった
翔の耳の検診も母の入院で延ばし延ばしになっていた
これ以上放っておけない 朝一で別の獣医に連れて行った

「迅くんの場合 アレルギーと言うより極度の乾燥肌が原因でしょう」
へ?乾燥肌??若いのにもう爺さんかい(*≧m≦*)
「飲み薬で治すのではなく 先ず保湿効果のあるシャンプーで経過を見ましょう
早速今日から三日に一度シャンプーをしてください」との事

「翔くんの場合は 慢性外耳炎まで行っていません
この子は耳垢がたまりやすい体質なのだから
定期的に耳掃除と塗り薬の抗生剤で治りますよ」
今までの獣医さんでは月一度の洗浄と抗生剤一回の割で治療してきたけれど
この獣医の話では塗り薬は最低5日続けなければ効果がないと言う
。。。今までの治療は何だったのだろう???

幸いどちらも自宅で治療が出来そうなので助かった
自宅に戻って早速逃げ回る迅をとっ捕まえて風呂場へ 
皮が剥けて酷い部分を特に念入りにシャンプー剤をすり込んで5分放置
洗浄が終わって風呂場のドアを開けると翔が待機していた(=v=)
『僕もシャンプーさせられるんですか??』ってな顔してる
今日は忙しいから翔くんのシャンプーはなし 安心してね(*≧m≦*)

おっと!10時だ 出掛けなきゃ!
実家に向かう途中 開店したばかりの酒屋によって珍しい瓶の焼酎を一本購入
父はボトルに凝っていて 勿論中身の液体にも凝っているけれど(*≧m≦*)
空き瓶を使って細工物を作るのが楽しみの一つだった
今日は父の73歳の誕生日 病院に行く前に届けてあげたかった

駐車場に着くと父の車はなかった きっと母の病院に行ったのだろう
玄関に向かうとピースの声 お~~威勢が良いね~~元気だったピース?
かなり肥満犬なんだけどヒョンヒョン飛び跳ねて出迎えしてくれた(*^_^*)

居間に入るとシ~ンと静まり返っている ピース以外誰もいない
当たり前だけど何時も座っている母の姿もそこにはなかった
几帳面な父だからきちんと整頓され小奇麗な部屋だけどそこには団らんがない
この先ずっと父はこの部屋で一人きりなのかと思ったら哀れに感じた

ちゃぶ台の上に焼酎のボトルを置いて立ち去るつもりだったけれど
何か父に祝い言葉を残して置こう 
そんな気持ちで紙を探したけれど見つからない 本当に何もない家だな~~
そうだ 広告の裏でも良いや 
新聞紙入れを見るとダンボール紙が一枚 広告よりましよね(=v=)ムフフ♪

「お父さん 祝73歳」とマジックで書き始め
お誕生日おめでとう!の後の言葉が出てこない。。。。。
ピースが隣で邪魔をするせいもあるけれど(笑)

ふと目が母が普段座っていた場所を見たとき 
救急車で病院に搬送される前の母の姿を思い出した
高熱と脱水症状 
加えて失禁した状態で身動き出来ずにいた母を放っておいた父に怒りの感情を持った
そんな父に介護されるより施設でも病院でも預けたほうが母の為だと思った
そして次に浮かんだのは母が私に見せた一つ目の顔だった

母が最初に脳梗塞で倒れたのは今から8年前
父が母を介護し始めて8年経ったんだ その間何千回も母のあの顔を見せられてきたんだ
辛いと言うよりここ数年はやりきれない思いを毎日していたんだ
それなのに労わりを父に持ってあげなかった親不幸な娘だったと気が付いた
その気持ちを綴って家を出ようと玄関まで来て。。。。ひき戻った
ボトルの包み紙に【飲みすぎるなよ!】と一言書き加え
(自分も気をつけねばと思いつつ。。。)今度こそ玄関へ

タイミングが良いのか悪いのか。。。父が帰ってきた(*≧m≦*)
母の朝の様子を簡単に聞いて車に乗った 置手紙。。。やっぱり照れくさいし~~

病院に着いた時は昼時
どんな様子で食事をしているかと暫く覗いていた
母は一人でおかずを食べるのに格闘していた 本当に苦戦していた
スプーンを口まで持って来れないから口を近づけて食べてる
その内疲れたのかため息を付いて皿を置いてしまったまま見つめていた
『かあさん 頑張れ!』って心の叫びが聞こえちゃったのかな?
ヒョイとこちらを向いて目が合っちゃった。。。
「あれ!YUKIじゃん!どうしてここに居るの?」ときた
見つかっちゃったか~~~爆)

かあさん おかずは何? 「まずい魚よ 食べてごらん」 鯖だ
食材は全て小口に切られていて食べやすそうだ

毎回自分で食べてるの? 「それくらい出来なくちゃぁ 生きてる価値がないわ」ときた
早く食べないと片付けられちゃうよ 「情けないね~~食べるってこんなに大変なものかい」
これもリハビリ ほら練習練習!  「もういらない」

もういらないと言った時の母は絶対にもう一人では食べない性格
仕方がない。。やしなってやるか
「たった一人の妹なんだからそれ位の事はしたって罰があたらないよ」と母
どうやら今日の私は母の妹だそうだ。。
妹でも弟でも良いや 私だって分かれば(*^_^*)

今日はじいじの誕生日だって知ってた? 「そうか 幾つになった?」
ばあばが今年83だから10引いた年 幾つになる? 「計算は面倒くさい」で。。終わり

食事の後 恒例のことわざかるたを始めた
2年前二度目の入院の時院内の病院で買ったことわざかるた 今回も大活躍しています♪♪
 
いくよ~~~ 豚に何?   「豚に真珠!」 ピンポ~ン!正解
仏の顔も?  「三度!」ピンポ~ン!正解 
次 もろはの。。。何?  「つるぎ!」 
ばあば、これ昨日は答えられなかったよ!大正解!
毎回必ず答えられないカードが3枚ほどある 今日はそれを事前にパスしておいた

一通り全てのカードを終え 二回目 三回目と繰り返しているうちにあれ?と気付いた
おかしいな~?あのカードがないよ? 「何がないの?」と母
ばあばの事を一番表しているあのカードがないの  「何だ?」
【憎まれっ子 世にはばかる】 母大爆笑
冗談ではなく本当にこのカードだけ見当たらない 
ベッドの下 衣装ケースの後ろ 全てを探したけれど見つからない
不思議だ。。。。

マナーモードにしてある携帯が鳴った 叔父からの電話だ
母の一番のお気に入りの弟で心配で毎日電話をくれる 
顔を見たくて仕方ないのだ
今日は機嫌も良いし来てもらうことにした

数分後叔父夫婦が到着 母の安定した精神状態を見て安心して返って行った
私も叔父夫婦をガッカリさせなくて安心した

三時近くになると看護師が部屋に来て二人部屋から四人部屋に移動になった
移動が済むまで母と車椅子で院内散歩に出た

この病院は狭いから同じ箇所をグルグル回り
どの部屋も殆どが寝たきりのお年寄りばかり
かあさんだけだよ 出歩いて看護師さん困らせるの 「。。。。。」無言かい

一階の談話室で飲み物を買った
昨日はミカンだったから今日はりんごジュースにしようね 
「YUKIは買わないのかい?」
甘いものばっかりだからお茶持ってきたよ 病院にもビールが売ってたら良いのにね
母大爆笑 「YUKIは本当に酒好きだ」 ピンポ~ン! 大正解(*^_^*)
d0064859_10572153.jpg

そろそろ移動も済んだかな? 新しい病室に入った
母の顔がこわばる 二人部屋では入り口だったので奥の患者は見えない
。。と言うより寝たきりで殆ど声を出さないから母には個室に思えたと思う
この部屋は入り口で全ての患者が見える
どのおばあちゃんも寝たきりで時々奇声をあげるおばあちゃんも居る
タイミングが悪いんだよね~~こんな時にオムツ替えに来たから益々不機嫌になる母

この病院に母の姉がもう長期入院しているのはお知らせ済みだけど
その叔母の世話をしている従妹が立ち寄ってくれた
つなぎ型パジャマ 叔母はもう使わないからと届けてくれたのに
母は横を向いて話そうともしない
環境の変化と嫌いなオムツ替えのせいだけど困った母だ
幸いに元々物事前向きに考える楽観的タイプの従妹だし
叔母の世話できっとこんな光景も手馴れているはず!? 
落ち込んではいないと。。思う
改めて叔父夫婦の時でなく良かったと思った

「家に帰りたいな」と母
入院生活は転院前から8日目になるけれど初めて帰りたいと口に出した
かあさんは腎臓がちょっと悪いの しっかり直さないと辛いのは自分だよ
検査が済めば直ぐに帰れるよ 
嘘つきYUKI 胸が痛むけど母の為だ

バイブにしてる携帯が鳴った 夫の帰るコールだ
かあさん また来るからね 「すぐ戻ってくる?」
夕飯の支度したら直ぐ来るよ だからベッドで待っていてよ
嘘つきYUKI 私の言葉なんか直ぐに忘れる事を願って病室を出た

帰路 次女からメールが届いた
【じいじにお誕生日おめでとう!って電話したよ
淋しそうだったから今度一緒にご飯を食べる事にしたよ】

ありがとう。。。

しばらくして長女からは電話がきた
「じいじにおめでとうって電話したよ 嬉しそうだった
仕事辞めたら遊びに行くよ」

ありがとう。。。。

夕食時 夫に今日の話をした
「今年の暮れは婿二人引き連れて親父さんの所で餅つきでもするか!」

ありがとう。。。。。でも。。暮れって先過ぎない?!?(*≧m≦*)
[PR]
by r-petal | 2006-09-06 11:08 | Comments(2)
Commented by バウ at 2006-09-07 12:11 x
お^^
笑ってる。笑ってる。

今日は誰になるんかな<妹、弟、それとも叔父、伯父、小父、伯母、叔母、小母、母、父

ある意味当ってるから不思議
何がって、娘以外に見られるって事が
だって前世じゃ二人の関係は分からないもんねw
もしかしたら前世じゃ母様はとーってもいい子過ぎて我慢してたのかもね
だから今、目一杯我儘言ったり手をほしがったりしてんだよ(* ̄m ̄) ププッ

え?YUKIちゃんが我儘言い放題だったんでお返しされてんのかーい
んじゃ。。。前世じゃ二人は夫婦だったり?(ぉぃ、こら)w

にしても、この親にしてこの子等ありだわね
まっこといい娘だわ(ちみも、娘御達も)

父様への労いと気付き
なんだかホッとしてしまった
わたしも許してもらえたかな・・・って、そう思ったよー(こないだメルで返信したと思うけど憎しみが同居する優しさってのは辛いのよ)w
Commented by YUKI at 2006-09-07 18:07 x
【バウさん】
(*≧m≦*)ププッ 笑ってるね 
今日の私は娘の私だったよ(*^_^*)
実は今日は誰になるかなって期待をしながら行ったんだけどね爆))))))

>前世じゃ二人の関係は分からないもんねw
そうなのよ~~私も思う もしかしたら私たちは夫婦だったかもしれない
きっとわがままな妻(私)で夫である母はずっと我慢していて父は娘かな爆))))))
親不孝な娘(父)だったかもね~~~

>父様への労いと気付き…
バウさん 気付かせてくれたのはバウさんと母だったかもしれない
感情を露にしたあのメールの返事は私に父への労りが欠けていると教えてくれたメールだった
こんがらがっていた糸を解してくれた思いだったよ
また変てこな考えを持った時は渇入れてね
「精一杯尽くしても何かしら後悔はする」と言ったバウさん
「だからこそ無理せず構えていくことが大事⌒⌒深呼吸するのだぞ」って言ってくれたバウさん
思いっきり深呼吸して。。。すっきりした(*≧m≦*)
いつもありがとう
<< 笑顔 近況報告 その3 >>