二つの母の日
本題に入る前に今日のビッグニュースから(*≧m≦*)
数日前夫が会社から電話を寄こした
「新聞社に何か翔たちの写真を送ったか?」
ん??しばし沈黙
で。。。思い出した 爆)

先月地方新聞A社の月間イベント【第三回我が家のペット自慢フォトコンテスト】の応募に
我が家の翔と迅のタキシードとウエディングドレス画像を投函したんだっけ(*≧m≦*)
タイトルは「お父さん お母さんお世話になりました」
って別に翔たちが嫁いだわけじゃないけど(>▽<)

どうやらその結果発表が載っていたらしい
この新聞 地域によって配達される日が違っていて
夫の会社に届いても我が家にはまだ届いていなかった

ねぇねぇ。。。大きく載ってる?
「何とか賞に選ばれていたぞ」 やったね(*^_^*)
で。。。今夜持って来てくれる?
「会社の新聞だからそれは出来ない
配達されるのを楽しみに待ちなさい」ときた 意地悪だな~~~
d0064859_1674068.jpg

そんな会話から数日後の今朝 我が家にも届きました~~
早速ページをめくっていくと。。。
あった! 賞に選ばれたペットは5作品
我が家の翔&迅は【伊那愛犬賞】だった
d0064859_16144157.jpg

賞品はペットショップからのグッズが届くらしい 楽しみ~~(*^_^*)

そう言えばこのタキシードとウェディングの再使用ももう直ぐ
次女ちゃんと渓くんの記念写真の時にも着せちゃおう~~


そろそろ本題に
実母のヘルパーみたいな日を作って四年近く
実は後ろめたさも感じながら続けてきていた
母には丸一日我が家か温泉地で過しているのに
義母には週末の それも1時間程度の訪問で終えていた
確かに義母は自分で料理もボツボツやれるし 
趣味の刺繍や俳句でそれなりに人生を楽しんでいる
でも真剣に話を聞いてくれる誰かがいないのは実母と立場は一緒
それを分かっていながら出来なかったのはやはり私が嫁としてでしか接する事が出来なかったからだ
なるべくなら避けて通りたい義母の介護
だから義父に任せきりな所もあったのかもしれない

その義父にも限界の時が来た
喧嘩が絶えない状態になって私たちに呼び出しが来る
義父もギリギリまで我慢してそして爆発する 父と同じだ

介護は決して一人で出来る事ではない
不自由になった本人もやりきれないだろうが
もっと辛いのはそのわがままになった妻(もしくは夫)の世話をする側
綺麗事を言っていられない時が多々ある
怒鳴りたくなる時もある
誰かがそのケアを手伝わないと共倒れになる

もう一つ母の日を作ろう 今度は義母と義父の為に。。。
義母は今の所デイサービスも利用しているし入浴も一人で出来る
一番して欲しいのは話し相手
丸一日じゃあ私の身が持たないけれど(*≧m≦*)
せめて数時間 そうだな 午前中の2時間程度なら出来ない話ではない
毎週私が定期的に来るとなると励みにもなるだろうし愚痴相手が出来る
少しはストレス発散出来るだろう

先ず夫にこの事を話した 
嬉しそうに「ありがとう」と言ってくれた
もっと早くにすべきだったね その顔を見た時思った

と言うことで 昨日が初義母の日のスタートでした
私が来ると言うので数々の煮物を用意して待っていてくれました
娘にお土産のお菓子も揃えてくれていたり 待遇バッチリ
ま。。毎回こんな風に展開はせずこっちがストレスもらう事もあるだろうけど
私も今長女のお婿さんの姑
そして近く結婚する次女の若お婿さんの姑になるわけだ。。
二人の娘に恥じない姿を見せておかなきゃね(*^_^*)
[PR]
by r-petal | 2006-04-28 16:19
<< 激動のGW(*≧m≦*) 新しい仕事のスタートと新しい命の誕生 >>