無題
タイトルが思いつかなかったので無題(*≧m≦*)

昨日のブログの続きになるけど
世の中って何が起こるか予想は付かない(>▽<
私が7月まではこの病院とおさらばね。。。
お世話になりました。。
な~んて少々感慨に浸っていた頃
同じ病院で別の出来事が起こっていた。。。。。
そうとは夢にも思わず家に帰ってブログをアップして夕食の準備を始めようとした時だった

電話が鳴った
「おばあが(こんな言葉で失礼m(_ _;)m
義父は普段義母の事をこう呼んでいるもので。。)
夕べから呼吸が苦しいって言い出してさっき入院したんだ」
あれま。。。私もついさっきまでその病院に居たのに
それに3日前に義母に会った時はまずまず元気だったのに

早速夫の携帯に電話を入れた
「今夜寄らないとまずいかな?」ときた
\(--; ォィォィ 誰の親だ。。。
夫の言葉にも無理からぬ所があって
幼い頃から入退院を繰り返してきた母親に対してそう緊迫感がないのだ

ひとまず夕べは夫に様子を見に行ってもらう事にして
途中で投げ出していた夕食の支度をしていると次女ちゃんのお帰り
早速義母の入院の話をする やっぱりこの子も緊迫感薄し。。。
気持ちは分かるけど義母がちょっぴり可哀想に感じた

「お腹すいた~~先に夕飯食べてもいい?」と次女ちゃん
勿論よ 父さんだって待ってないもんね(*≧m≦*)

そうそう 今日ね母さん病院で…って主治医とのやりとりを次女に報告した
お喋りしながら夕食をしていた娘が突然沈黙
ん???と思って娘を見ると顔を真っ赤にして泣き出したそして怒り出した
「どうして薬を途中でやめたの!どうして最後まで飲んでくれないの!」
正直 本当に正直娘がこんな態度を取るなんて思いもしなかった
娘はきっと途中で薬をやめる=悪い結果になると思い込んだようだ

「父さんは反対しなかったの?」 
ちょっとした(*≧m≦*)でも最終的には母さんの考えを尊重してくれたよ

「私が母さんと同じ立場だったら反対しない?」 
母親の立場なら娘の行為止めるかもね でも。。。。
自分が味わった今なら考えを娘に委ねる気がする

昨日お友達がブログにコメントを入れてくれたあの言葉
【答えは自分の中にある】その通りだと思う
昨日今日決めた事じゃない ずっと以前から考えてそして出した結論
母さんは揺るぎませんよ~~~あしからず そしてその気持ちありがとう

と。。。ちょっと長くなったけど夕べのブログの続き

**********************
さて今日のブログ(*≧m≦*)

午前中に再び病院へ
夕食をほとんど食べれていたのを夫から聞いていたので気重ではなかった

内科の入院病棟は5階
運動の為エレベーターを使用せず階段で上がった
さすがに5階に着いた時は 息切れ イヤハヤ(>▽<

西病棟一番奥の三人部屋。。。随分遠くの部屋に入っちゃったのね(*≧m≦*)
ナースセンターを通ったら グッドタイミング 義母の主治医が居た
予約は入れていないけれど毎回入院計画を家族に伝えてくれないので自ら尋ねた
「喘息からの酸素不足 退院は19日辺りかな?」との事

部屋に入っていくと義母さん起き上がって笑顔
これなら予定より早く退院出来そうかな(*^_^*) 
入院手続きの書類などを書いて
義母の欲しいものを売店で購入して暫く雑談の後病室を出た

義母さんの欲しがったもの。。。ノート(*≧m≦*)
お得意の俳句を書き留めて置きたかったらしい
多分沢山の俳句がこの入院中に思い付きそうね。。。。
[PR]
by r-petal | 2006-03-09 15:46 | Comments(4)
Commented by 犬好きかあさん at 2006-03-09 20:50 x
世の中いつ何が起きるか分からないのが常ね?!
まさか今来ている病院に身内が運び込まれているなんて驚き以外
無いわよね?喘息も軽く考えてはいられないこともあるのでしょう?
思いのほか軽く済んで良かったわね。。。YUKIさんお役目御苦労様
ですm<_>m
話は戻り 次女さん優しいのねぇ~!!感心しちゃったわ! 我が娘だと
したらあっさり『ふぅ~ん...そうなんだ』って言うと思うわ。。。

Commented by バウ at 2006-03-10 09:45 x
義母様・・・とりあえずは元気なのねん。良かったわね^^
やっぱ、YUKIちゃんはよか嫁ばい
緊迫感薄い旦那さん&娘ちゃん・・・それまでの経過があるんだろうけど、それを踏まえてYUKIちゃんが見せるお姑さんへの優しさ

メルでも聞いたけど改めて日記読むと決意した時の情景が浮かんできたよ
次女ちゃんの気持も嬉しいね・・・でも切なくもあるね
「子不幸してるな」
これは忘れちゃいかん
だからと言って、それを償うとか補うとかそういうんじゃなくてYUKIちゃんがYUKIちゃんらしく生きて行ってくれる事が何よりだよ

前にも言ったけど絶対諦めない<回りも自分も

自分が法律よ!わたしが世界を動かしてんだ!くらいで丁度いい(笑)
またゆっくりメルするからね。待っとってな^^
つーかテルするぞ!
ぁ。。。携帯メルはちょこちょこすっから
Commented by YUKI at 2006-03-11 09:12 x
【犬好きかあさん】
本当に何が起こるのか分からぬ世の中
まさかね~~(*≧m≦*)
喘息。。義母の持病で普段から万全の予防をしていても
長年の薬による抵抗力の低下
自身が持っているその他の病気により
予防しても予防出来ない事態になるのですよね
昨日 やっぱり病院に行ってきましたが
一昨日より昨日 そして今日は更に回復している事を願いつつ
午後辺り娘たちを連れて行って参ります

振り返ってみてこの病気の退院後はいつも次女が傍に居てくれました
リンパ節郭清した為の退院後のリハビリ。。一緒に通ってくれました
術後の術痕の画像撮影 次女が4年間務めてくれました
術痕のテープの貼り変えも次女がしてくれました
共に過してきたそんな時間があった故
あの子にはあの子なりの思いがあったのでしょうね
多分長女なら犬好きかあさんのお嬢さんと同じ反応かもよ。。(*≧m≦*)
ってあらま。。私ったら長女には話してなかったわ爆))))))
Commented by YUKI at 2006-03-11 09:46 x
【バウさん】
思ったより元気だったわ(*≧m≦*)
バウさん。。。私はよか嫁を演じてるだけかもしれない
でも少なくても病む前の自分より気持ちは込めてるつもりだぞよ
ちょっとの差だけど。。な
随分前に一足先にバウさんに伝えた薬の事
遂に実行した。。。まさかね次女が泣き出すとは思わなかった
考えてみたら次女が学生だったって状況もあるけれど
いつも私の傍に居てくれたんだよ
術後のリハビリ通い学校が休みだったから
付き合ってくれて椅子に座ってその様子を見ていてくれた
痛くて投げ出したくなるのを次女の視線の応援で頑張れた
物干しの竿に右手が届かなくてあきらめようと思ったとき
後ろで「あきらめるな~~」って渇を飛ばしてくれた
術後の経過の画像もカメラマンを務めてくれた
一緒に一杯時を共に過してきたよ
そんな娘だもん 怒るのは無理ないよな。。。
子不幸。。ちょっぴりしちゃったね
でもバウさんが言うように私らしく生きていくよ
バウ家のお子達との繋がりのように
私も次女ちゃんとこれから喧嘩したりハグしたり(=v=)

こっちも携帯メルはちょこちょこするぞ(*≧m≦*)
<< 3月10日(金) ひと区切り >>