葬儀の様子 そして。。。
昨日は夫の叔母 義母の姉ですが
ここの所体調が思わしくない義母の代理として葬儀に参列してきました
出棺は10:30予定ですが叔母の家は自宅から離れている為7:30慌しく家を出ました
長時間翔&迅は留守番の為 夫に早朝散歩に連れ出してもらいました(*≧m≦*)

私が過去参列した葬儀は皆【葬式仏教】
宗派によって多少の違いはあるでしょうが
つまり僧侶が行なう葬儀や回忌法要でした

でも昨日の葬儀は【友人葬】と言って僧侶は居らず
故人の家族・ご親族・友人で執り行なわれました
通夜には夫も私も参列しませんでしたが
僧侶ではなく喪主の息子さんが読経したそうです
葬儀当日も出棺前・火葬前後・骨上げの際 その息子さんが読経していました

結婚式も地方により種々様々でしょうが
葬儀ほど様式の違いが激しい物はないな。。。そう感じました

独特な葬儀に加えて身内と言っても私たちの結婚式以来交流がない叔母や叔父
従妹も大きくなって結婚して子供が出来て~~ってな感じで殆ど見知らぬ身内
結構立ち振る舞いも嫁として義母の代理として気を使う~~(>▽<;;
しかも最後の儀式の精進落しを済ませる頃には日も暮れ夕方
心身共に疲れて帰宅しました

自宅の駐車場に着くと真っ暗な家の中から翔&迅の出迎えの声が聞こえてくるんだけど
足が浮腫んでヒールが履けない (TmT)

玄関に入って灯りを付けて郵便物を抱えて家の中へ
翔&迅の熱烈歓迎を受けて夫の入浴中に簡単に夕食準備に取り掛かった(*´ο`*)
電子レンジがチ~ンと鳴る間 郵便物のチェックをしていると。。。
w( ▼o▼ )w お友達の茶介ママさんからの封書発見!!

何だろう? ちょっと帰宅直後より元気になったりして(*≧m≦*)

封を開いて先ずは同封された手紙を読ませてもらった
昨今にない直筆 これだけだって嬉しいのに
包装をといてみると。。。目に付いたのはburberryのロゴ
d0064859_1249754.jpg

(=v=)ムフフ♪ 今でこそ夫のお気に入りブランドFILA品が多いけど
burberryって思い出があるのよね~~
そう言えば最近は高校生のマフラーでお馴染みだけど 
若い頃イギリス文化に結構ハマッてた私 
かのキャサリン・ヘプバーン(知らないか)の素敵なコートの裏地がburberryで
勿論本物なんて高くて手が出ないから似たような裏地で作ったコートでキャサリン気分
。。。懐かしいな~~
な~んて昔を回想していたらすっかり疲れてたの忘れてた 

ピンク地で周りがチェック柄の品良いハンカチは私様に
そしてもう一枚のリバーシブルになっているパイル地のハンカチは。。
勿体無いけど(*≧m≦*)夫のダッシュボードの上に飾ろうっと!

茶介ママ ありがと!
思うに茶介くんが居たからこんな素敵なプレゼント頂けたのね(=v=)
[PR]
by r-petal | 2006-02-23 12:57 | Comments(2)
Commented by 犬好きかあさん at 2006-02-25 08:09 x
迷いましたが こういう例もある... ということで 書き込みます。
亡父の場合 家族控え室を利用し 夫・私・母の3人で(娘は実習初日で欠席)私宅近くの葬祭場で『焼香・出棺』という極簡素な形に
しました。兄弟姉妹達も高齢ですし 私も気疲れで体調を崩すのは
目に見えていましたし 快く了解も得られたので 読経も無く
地味な家族葬になりました。。。1年が経ち 思い返しても 後悔は
ありません。 85歳の母に万一のことがあった場合も 今のところ
父の時と似たようにしようと考えています。 戒名もありません。
後日 新聞の投書欄に 僧侶の意見として〝戒名が無くても問題ない〟
と載っていました。
Commented by YUKI at 2006-02-26 14:55 x
【犬好きかあさん】
葬儀の一例をアップしてくださってありがとうございました
冠婚葬祭 年々派手になりつつありますが
祝い事にしても葬儀にしても余り本人に関係ない。。
ちょっと見栄的に行なわれる所がありますが
本来のあるべき姿って
犬好きかあさんがお父さんを見送った葬儀もあって良いのではないでしょうか
また葬儀一切行なわず散骨のみで故人を見送る形もありますよね

今回の葬儀は友人葬または「同志葬」とも呼ぶそうですが
故人が入会していた学会の仕来りに従って行なわれた葬儀です
私は無宗教ですのでこう言う形の葬儀は初体験でしたので大変驚きました
【家族葬】はそう言う仕来り的な物がなく本当に身近な家族だけで執り行う
気疲れがなくこれも自然な葬儀だと思いますよ
お墓 田舎ほど派手に無理をして建てます 
戒名。。。長ければ長いほど高価なお布施が必要になります
それらは一体故人にとって何になるのでしょうね
<< 初体験:車内一泊プチ旅行 久しぶりの。。。 >>