冬に備えて
スマホからの投函です
冬に備えて翔たちのハウスを新しくしました。
d0064859_09091735.jpg

枠組みが木とパイプなので以前のハウスみたいに
翔や法被が屋根の上に乗ってつぶされる心配はなくなりました(笑)

d0064859_09110914.jpg

d0064859_09112532.jpg

d0064859_09115595.jpg


横壁の開放も出来るのでお掃除楽々です♪
d0064859_09172045.jpg

最近寝ている時間が多くなった翔の為に
夏からブレスエアーマット(高反発クッション材)に変えました
空気層が96%を占めるエアー循環構造なので
夏涼しくて 冬暖かく過ごせるらしいです~
[PR]
by r-petal | 2016-10-03 09:07 | ワンズ | Comments(6)
Commented by 犬好きかあさん at 2016-10-07 19:57 x
へぇ~洒落たものがあるんですね。。。
3匹3様の寛ぎ方ですね(^^)
Commented by r-petal at 2016-10-21 10:26
今までのハウス型の物は内側に毛が付きやすく掃除が大変でした(^_^ゞ
加えて翔はもうそんな元気はなくなりましたが法被がハウスの上に乗っかりペシャンコにするためハウスの場所は窓際と限られていましたが(紐で屋根を吊っていたため)これは移動可能ですし大変重宝しております
Commented by ruru at 2017-01-15 13:59 x
YUKIさん、お久しぶりです
以前、愛犬の刺繍を作って頂いたリッキーの母です
作品の中にもアップして頂いてます
リッキーも昨年12月に16歳で亡くなりました。
毎日寂しく。。。
今はまだ心のリハビリ中です
YUKIさん、もう刺繍はされてないのですか?
メールがわからなかったのでコメント欄に質問させていただきました。
Commented by r-petal at 2017-01-20 08:43
ruruさん!お久しぶりです
リッキーちゃんの刺繍はサンプルとして今でもちゃんと保管してありますよ
あの時は楽しい時間をありがとうございました

お亡くなりになってまだ日も浅く寂しい年明けになりましたね
私も昨年父を亡くし寂し思いをしておりますが
ruruさんにとって大事な大事な家族ですものね
毎日共に暮らした愛犬との別れは時に肉親以上に辛い別れだとお察しします
今でも大事にされてリッキーちゃんは幸せなわんちゃんですね

翔も今年11月で16歳を迎えます
耳も大分遠くなりお昼寝の時間も長くなりましたが
お蔭さまで食欲は衰えずありがたいことです

一方、父が生前私に託した三番目の犬 法被(はっぴ)と言いますが
年齢が一番若いのですが左目と性器に持病がありまして
23日にMRIを撮り脊髄に異常がないか調べることになっています
今、我が家では一番手のかかる子になっていますが
この子はまだ将来があるので目の治療は終わりがないでしょうが
もう一つの病気は治してあげたいです

質問の刺繍の件ですが
私も大分目に疲れを感じる年になりまして
オリジナル作業は再開する自信もなく申し訳ないです
Commented by ruru at 2017-01-20 21:09 x
こんばんは~
お父様を昨年亡くされたのですね。。
寂しいですよね。。
うちも両親他界しており見守ってくれてると思います
しかし!リッキーとの別れもこんなにつらく悲しく寂しいとは。。
亡くなってからは寂しさで胸をえぐられる日々でした
少し軽めのお薬などにも頼り今は気の持ち方も変わり
元気にしております
翔君も今年16歳なんですね!!
翔君迅君法被君
またブログ覗きに来ますね
ダックス大好きですから~

YUKIさん!目に疲れを感じる年!!
同じ同じww
以前3点作ってもらったものを
大切に大切に保存してあります!!
今回、いつも持ち歩けるようにハンドメイドで
何か作り刺繍を付けようと思ったのですが
勿体なく。。手が出せなかったのでww
思い切って使おうかなって思っています
多分。。
季節ごとに交換したい骨壺袋に付けると思います
今はね。。骨壺が愛おしくってww

Commented by r-petal at 2017-01-30 11:45
ruruさんもご両親がすでに他界されているのですね
リッキー君との生活は密接だっただけに
薄紙を剥ぐように心身の辛さは快方に向かうと思います

骨壺が愛おしいってお気持ちわかります!
いつも一緒に居たくて私も母が亡くなっ時に母のお骨を収めた
カロートペンダントを7年間離せませんでした

私の作品を大事にしてくださっていてありがとうございます
<< 法被の事 新盆 >>