義父の事
YUKI家の墓地は我が家から国道に出る小路の脇にあります
(自宅から歩いて2分ほどの墓地です)
お蔭で夫は毎朝出勤時に義母の墓参りが出来るのですが
2回の豪雪の時、宅地の住民が集まってこの小路の雪かきをしました
ので・・・義母の墓には近付けない始末^^;
昨日撮影した画像で墓地だけ孤立しています
d0064859_12113657.jpg


義母さん 皆の墓参りはもう少し待っててね
d0064859_1212841.jpg

そしてどうか義父さんの事 応援しててね!

****************************
昨日 義父と9時にS病院受付で待ち合わせした

道路状況が心配だったので30分ほど早く自宅を出たものの
家回りの雪山に苦戦してエスティマを車庫から道に出すのに5回も切り返しをした
(大雪以来初めて車庫から出しました)
道路がまだ酷い状態なので軽自動車だと心配だったのでエスティマにしたのですが
心配した通り病院の駐車場も除雪が不十分で大型車を止めるスペースがなくて
こういう場所は軽自動車の方が役にたった
仕方なく入り口から一番遠い駐車場へ止めた

待ち合わせ時間より30分も早いのに
身障者スペースには義父の車が止まっていた

受付を済ませて外科外来で待っていると
思ったほど待ち時間はなく主治医から義父の名が呼ばれた

義父は昨年4月に肺癌手術を受けている
同時に肺気腫だと診断を受けているので
主治医も日常の呼吸困難はあり得ると言ったが
他に病気があると大変だから念のためにと
血液採取 CT レントゲンそしてエコーの検査を受けることになった

検査に向かう前に主治医自ら義父の右手首から血を採取した
動脈血ガス分析と言って肺機能を調べる検査だそうだ
(酸素を取り込んで二酸化炭素を出す働きが正常か調べる検査)

他の検査はあちらこちらに移動しなければならないので車椅子を借りた

先ずは血液採取(これが結果が出るまでに一番時間がかかりそうだし)
次にレントゲン→CT→最後に超音波室へ移動した

義父が検査室に入っている間に夫へ経過報告のメールを入れる

全て終わって再び外科外来へ やっと11時半頃主治医から呼ばれた

念のためにと受けた検査の結果は全て出てはいないけれど
1ヶ月前に撮影されたレントゲンと比べると
右肺の部分ある白い影は更に増えているのがわかる

幾つか予想される最悪ケースを告げられたけれど
ちゃんとした結果は来週の受診時まで待つしかない

ただ動脈から採った肺機能の数値が良い状態ではないので(呼吸不全)
自宅酸素療法を始めることになった

同時に主治医から何度か同じ注意点を繰り返された
装置を付けたからと言って自宅で安静にしていてはいけないらしい
呼吸が楽になった分、運動を含め普通の日常生活を続けて過ごさないと
益々肺の筋力が弱まり最悪自力で食事も出来なくなるそうだ

主治医の言葉は自分にも言い聞かせた
私がやった方が早いからとついつい手を出して来たけれど
これからはこの行為が返って義父の為にはならないんだ

病院で義父と別れて私は一旦自宅に戻り
待っていてくれた長女と孫(せいな)からエネルギーを補充して(*^^)v
酸素濃縮装置を運んできてくれる業者の到着に合わせて義父宅へ向かった

携帯ボンベを使っているお年寄りを見かけることがあったが
装置を見るのは初めて 結構大きいのに驚いた
d0064859_12233212.jpg

この装置
部屋の空気を取り込んで窒素を取り除いて酸素を濃縮して供給する仕組みらしい
通常は3 取り扱いが簡単なので安心した
d0064859_12241597.jpg


自宅でのイメージ画像です(ネットからお借りしました)
d0064859_1353679.jpg

d0064859_1354810.jpg


外出時は携帯用酸素ボンベ使用
d0064859_136079.jpg

最初は鼻の中を通る空気が冷たいと言っていってたが今日は大分慣れた様子
夕方また様子を見に行ってきます~

検査結果が全て出るまで色々気になるけれどひとつひとつ乗り越えて行かなきゃ!
[PR]
by r-petal | 2014-02-19 12:32 | ひとり言
<< 続:義父の事と夫の事 夫の事 >>