ザ スリー 爺ちゃんズ
「桃栗3年、柿8年」 とはよく聞きますが
実際我が家の花桃は苗から今年3年目で開花しました
d0064859_1615268.jpg

撮影日は18日ですから今日は盛りを過ぎつつあります
d0064859_1615413.jpg

ここの所冬に逆戻りしたかと思うほど気温が低めでしたので
満開になるまで日数がかかりました
d0064859_16155579.jpg

バラ科サクラ属のこの花は花桃 
d0064859_1616988.jpg

観賞用なので実は食べられません
d0064859_16164154.jpg

花桃の源平は一つの木に白・ピンク・赤と別々の花が咲きます
d0064859_16212966.jpg

2011年4月30日南信州昼神温泉から遠山郷で1泊 翌日は平谷村で1泊
その旅の最終日の帰路 再び昼神温泉に立ち寄って購入した源平桃です
d0064859_16221712.jpg

所でこの故事は以下のように続くようです
梅はすいすい13年
柚子は大バカ18年
林檎はニコニコ25年
女房の不作は60年
亭主の不作はこれまた一生  あーこりゃこりゃ・・・だそうです(笑)

*******************
中々更新が出来ず またお友達のブログにも遊びに行けない状態が続いています
今日は私の歯科検診の日も重なった為義父の病院はお休みさせて頂きました

翔の事 
義父の事 
皆様にはご心配をおかけしたままで申し訳ありません
どちらもまだ完治・・・とは言えませんが経過は順調
その様子をチラっとお知らせしておきます!(^^)!

先ずは昨年還暦(人間の年齢)を迎え11月には64歳を迎える翔爺ちゃんの事から

16日からスタートしたエラスポールの注射は昨日折り返し点に達し
今日で8回目となりました

迅はお留守番 翔入りキャリーバックは特別席に置きます
この席は夫がアクリル板を使って丁度良い高さまでに仕上げた翔専用の席です
迅は大人しく座っている子ではないので大概は私が抱いています
d0064859_16235975.jpg


シートベルトは私が作りました 
長さ調節が出来るのでバッグを使わない時は
この上に籠付き別パーツを取り付け(これも夫が作ってくれました)
その時は翔のハーネスにこのベルトを付けて安全確保出来ます
d0064859_16242041.jpg



病院では毎日こんなに太い皮下注射を受けますが大人しくしています
d0064859_1626514.jpg

1日1回のこの注射は今月末29日まで続きます

1日目と2日目は右足が痺れているのか立ったままのおしっこでした
(翔は右足を高く上げおしっこしていました)
夜中のトイレもあるのでゲージの傍に布団を敷いて寝たのですが
く~ん く~んと(一人寝が出来ない甘えん坊爺さんです)泣くので
一緒に寝たのですが起き上がる状態ではありませんでした
その内2階で寝ていた迅も1階に下りてきて
(迅が動き回って寝れぬと夫が夜中に連れてきました)
私は翔と迅に挟まれて就寝^^;

3日目から後足が大分動くようになり 
便秘気味だったのですが庭に出すと
数歩歩いてちゃんと以前の姿勢で排泄も出来るようになりました

4日目から夫が帰ってくると大きな声も出るようになり
昨日からゲージ生活が嫌になったのか「出せ~~!」と威勢が良いです
院長先生の仰るのにこんなに早く効果が出た子も少ないそうで
10回で注射を止めますか?と聞かれましたが
(逆に効果が出ないと金銭的な事で断念する子もいるそうです)
最後の14回まで受けたいと伝えました

翔は3年前にこの病気になった時から獣医の勧めで毎日
プロアントゾンと言うサプリメントも続けています
今回こんなに早く効果が現れてくれたのもこの薬のお蔭だと思っています

脱ケージまで後6日
例え以前と同じように歩行出来るまで回復しなくても
私たちはその事を受け入れる心の準備と生活環境を変え始めています

次!
今年80歳を迎えた(1月)爺さん(夫の父です)
術前検査で肺気腫+肺線維症も分かったので
放射線治療や抗がん剤治療は危険が高いため
癌摘出手術は腹腔鏡下手術法
負担の少ない 縮小手術法で肺部分切除を行いました

17日13時半から行われた手術はほぼ予定通り4時少し前に終了
(実際の手術開始は14時頃だそうです)
その後直ぐに病室に戻ってきました
意識もしっかりしていて普通に会話が出来ましたし
手足を動かすように指示が出ました
私たちは術後2時間ほどで帰りましたが
その1時間後にはベッドの角度を上げて座った姿勢になったようです

翌日から自分で食事をしていましたし 午後には自分の足でトイレにも行けました
リハビリも兼ねてB1の売店にも買い物に行っているようです(義父は4階にいます)

昨日の午後、明日24日に退院許可が下りましたが
ちゃんとしたリハビリが出来ていない為28日の日曜日まで退院を延ばします
その後義父が1人暮らし出来る自信が持てるまで我が家で過ごします
と言っても寝ていたのでは逆効果になるので
昼間は自宅へ帰って自分のやりたいことをして過ごすようです

21日に談話室で撮影した息子親子 
お互い嬉しそうではありませんか(-m-)
d0064859_16292072.jpg


次!
やはり今年80歳になる(9月)爺さん(私の父です)
義父の肺癌が発覚した頃 「喉から血が出た!」と電話してきて驚かされましたが
こちらは扁桃腺からの出血
父はニトギスと言う血液をサラサラにする薬を飲んでいるので
血管が弱った扁桃腺の辺りから出血したのでは・・・と言う診断でした

お騒がせ爺さんですが実父ですものね・・・^^;
毎年光前寺の桜見物に出掛けていたのですが昨年は四国の旅もあり中止
それをとっても残念がっていましたので義父入院中でしたが
19日、義父に会いに行く前に桜見物に行ってきました

しばし光前寺の枝垂れ桜をどうぞ(例年より色が薄いかな)
d0064859_16311111.jpg
d0064859_16302392.jpg

d0064859_16321087.jpg


この後こぶしの里へ移動して
d0064859_1634182.jpg



こちらの娘親子は・・・まぁ度々撮影しているので娘の気持はそれなりに(笑)
d0064859_16341870.jpg


兎にも角にも
爺ちゃんズよ元気でいておくれよ~~♪
[PR]
by r-petal | 2013-04-23 16:43 | ハプニング | Comments(9)
Commented by みーと at 2013-04-23 23:06 x
YUKIさん、携帯に「又改めてメールしますね」と言いつつ、そのままになっちゃっててごめんなさい。翔ちゃん&お舅さん、徐々に順調回復!ホッとしました。翔ちゃん、薬の効果、早くでてきて良かったですね。
車のキャリーバックをうまくはめ込めるアイディア特等席!すごい良いですね。実父さんも、吐血!?さぞ、ドキッとしたでしょう・・・心配だったのでは・・・お大事に。お爺ちゃん’s、どうぞ、それぞれにお大事に!
旦那様とお舅さん、さすが親子そっくりですね~今回の写真であらためて思いました。
そして、源平桃!この紅白混ざった3色が1本の気に咲く桃、綺麗ですよね。うちの近所にはこれの「枝垂れ桃」タイプを植えてるお宅があって、とっても綺麗です。「桃栗三年、柿8年、梨の馬鹿めは18年」と言うのは聞いたことがあったけど、梅・柚子・林檎・さらには女房不作(笑)亭主の不作は一生(苦笑)とは!そんな続きと〆があったとは知りませんでした~
そして枝垂れ桜の美しいこと!!
Commented by r-petal at 2013-04-24 15:12
みーとさん~~~そんな事は全然気にしないでね
寧ろ私の方が怠ってる事が多くてごめんね!

こうやってネットをしているとケージの中からクンクン切なそうに鳴くの
座布団を膝の上に置いてなるべく平らな姿勢で寝ていられるように抱っこしてます
ちょっと良くなるとわがままで(笑)
迅坊はお尻の方で丸かって寝てるから私のお尻は椅子から落ちそう(-m-)

飛出し防止ゲートがまた一つ増えました
ご飯も楽な姿勢で食べられるようにテーブルも用意したんだ
特等席は夫が何度も試行錯誤して作り上げた傑作品(笑)
実は没になった代物もいくつかあるんだけどね(-m-)

父さんの吐血電話には本当に焦りました 
こっちも入院だなんてなったら身が持たないところでした
生前約束してくれた通り母さんが助けてくれたんだよ♪

枝垂れ桃!!!!!素敵だよね こっちにすれば良かったと後悔してます(笑)

桃栗の後にこれほど続くとは私も初耳
御亭主はいつの時代も叩かれますなぁ(-m-)
Commented by バウ at 2013-04-24 17:34 x
みとちゃんちでめっけたので飛んできたよ(笑)
何とか一息つけたんだね。良かったよ

みとちゃんもビックリしてるけど、翔ちんの特等席ってば最高だね&旦那さん褒めほめだよー(うちじゃ思いもつかないし考えないし@@;)

爺ちゃんズ←これええねwww
義父様ってばいい笑顔だね~それにパワフル!前向き(闘ってるね)なのが満面の笑みから伝わってきて、こっちまで元気になるわ^^v
YUKIちゃまのトト様もなんちゃなくて良かったよー

桃栗。。。。わたしの知ってるのもみとちゃんのと同じで梨の馬鹿めはの方
歌があるからそれで覚えてたんだが、YUKIちゃまφ(..)のもあったりして!だったら聞いてみたいもんだよね((爆))
Commented by ベルママ at 2013-04-24 23:42 x
亭主の不作はこれまた一生  あーこりゃこりゃ・・・ですか(爆笑)
我が家は 女房の不作は・・・かも~(笑)

朝のお局様、色々とお疲れ様でしたね。
二人+一匹の お爺様達、それぞれに頑張っていますね。

写真を見て感じましたが
それぞれの親子・・・やはり似ていますね。

ご主人が嬉しそうな顔をされたのは
YUKIさんが親身になって面倒を見ているからだと思います。
これから益々YUKIさんを大切にしてくれる筈ですよ・・・ムフフ。

翔ちゃんの注射の写真を見てベルの時を思い出しました。
11ヶ月間、ベルも点滴をする為に私が注射をしていました。
慣れても、手が震える時があったり
針の刺し所が悪いと血が出てしまったり
失敗の連続でしたがベルはじっと耐えてくれました。

あれで良かったのか悪かったのか今でも分かりませんが
ベルと少しでも長く居られた事は
私達夫婦にとって・・・多分ベルにとっても
幸せな時間だったと思います。

翔ちゃんが少しでも元気になってくれる事を
心からお祈りしています。

あ、人間の お爺様達の事も しっかりお祈りしていますからね(笑)




Commented by 将棋を知らない母 at 2013-04-25 06:03 x
うわぁーーー
大きな注射ですねぇー
なんだか浣腸くらい大きいです。頑張れ翔ちゃん。。。

YUKIさんは、本当にいい奥さまなんだなーとお父様とご主人の写真を観て思いました。だってにこにこ嬉しそうなんだもん~
お父様との生活、頑張りすぎず頑張ってねぇー
Commented by r-petal at 2013-04-25 07:50
バウさんおはよう♪ 良い天気だよ!(^^)!
飛んできてくれてありがと♪
翔が一番気がかりだったんだ 
何とか自力歩行は出来そうだけど
いつまた再発するかと思うと・・・それはきっと
この日の事を忘れかけた頃突然来るかもしれない
人間大好きで来客があると大興奮するんだよね
病気の時にしか使わなかったこのゲージは
今後その対策にだしっぱにして置くよ

時に娘より翔が可愛いらしいよ(笑)

義父の写真ってどれを見ても怖いんだよね
これはチーズ チーズで三回目の画像(-m-)
病院食は不味い!が口癖で 退院したら美味い肉を食べたいそうです^^;
地下の買い物もエレベーターを使っているから実際は結構歩行力が落ちてるんだよね
こんなにのんびり出来るのも後3日 下界に戻ったらビシビシ扱います(笑)

明日やって来る父さんにこの画像を含めて数枚プリントアウトしてやるつもり
早くも来年の年賀状用のハッピーとのツーショット画像が出来上がってるし(笑)

桃栗はどうも地方によって違うみたいだね
私もきいてみたいものだわ(-m-)
Commented by r-petal at 2013-04-25 07:55
夜局様おはようございます♪
コメント制限のタブが出てしまったので二つに分けます
>我が家は・・・
何をおっしゃる(笑) 
昨年ベルママさんが緊急入院した時のご主人のご様子はくららさんからちゃ~んとお聞きしております(=v=)
どちらも大事なパートナー あの時は大変でしたが互いに感じる事があった事でしょう

夜局様にメールを送ったあの日は気持が最悪でした
こんな所で打明けちゃうのも恥ずかしいのですが泣くだけ泣いて良いと仰ってくれ
流すものを流し終えた後楽になりました 感謝しています

夫親子は最近恐ろしいほど似てきました^^;娘たちからも言われているんですよ
逆に昔、父と私は瓜二つと入れまして、親不孝な娘の私は最悪気分でした
所が最近そう言われなくなったのですが見る人が見るとやはりまだその残像が残っているのですね(大爆)
Commented by r-petal at 2013-04-25 07:56
夜局様続きです
>これから益々・・・
このコメントは夫に是非読ませねばいけませんね(笑)
お互い様なんですよね 夫も私の父に良くしてくれるんです

受診画像で悲しい過去を思い出させてしまったようですみません 
でもベルちゃんはきっと痛みは感じていなかったはずです
寧ろ自宅でベルママの治療だから心安らかだったと思います 
どんなに愛されていたかあのお墓が物語っています
ベルちゃんと同じ年に亡くなったピースの祥月命日がもうじき来ます 
元気になった翔を連れて墓参りに行きたいな

コメントをくれたバウさんも長い間寝たきりのワンちゃんのお世話をして最後を看取っています
私もお二人の様に翔&迅と最後まで一緒に過ごしたいな

翔の事 序のじい様の事 応援ありがとうございます<(_ _)>
Commented by r-petal at 2013-04-25 07:56
将棋母さんコメントありがとう♪
そうなのおっきいの 女医さんだと最後は両手を使って液を入れてるよ
浣腸(笑) 言われて見れば確かにね(-m-)

普段はそう仲の良い親子じゃないんだけど
手術と言えば一大事だもんね
互いの大切さを痛感した出来事じゃなかったのかな
この気持ちを忘れなきゃ良いんだけどね(笑)
ベルママさんのコメントにも書いたけれど
あの自己中の父に付き合ってくれてるから私もそのお返ししているだけ
普段は夫より良くしてもらってるし(笑)

実父も義父もそうだけど別居しているから良い関係を保てているんだと思うよ
退院して暫く我が家に居ると思うけど互いに3日が限界だと思う(大爆)
<< あれから1ヶ月 エラスポール(皮下注射)で内科... >>