1週間ほど
49歳の誕生日に長女が描いてくれた母と私の絵です
(母が亡くなって三か月後に迎えた誕生日でした)
娘として私を喜び励ましたかったのでしょう
期日指定で送ってくれてました
d0064859_14155516.jpg

娘が用いた画像の撮影日は
2005年2月3日節分の日で母は81歳 私は49引く3歳でした
探してみたらその日の記録が残っていました!
(当時はブログでなく日記と呼ばれ人気でしたね)

2005年2月3日 温泉日
高校3年生って2月に入ると週一日だけ登校 他の日は殆ど学校へ行かない 
次女の場合 バイトに自動車学校そして就職先への研修と結構忙しい
今日は午前中路上運転以外はフリーだと言う 
じゃあバアバと一緒に温泉に行く?と聞くと 大喜び 
若いのに次女は結構温泉好き そしてバアバっ子

娘の教習が終わる10:50を待って実家に向かった

何度か利用している介護温泉 
今日は入浴時間を1時間から30分延長してもらった
母が自分で脱ぎ着が出来れば1時間で十分だけれど1人で2人分は結構忙しい
もっとも今日は次女が居てくれたから1時間でも十分間に合ったけれど
予約を入れたのは昨日だったのでキャンセルは無理だった

介護温泉に向かう途中レストランで昼食を取った
メニューは母と私が親子丼 次女は牛丼 
ごはんの量が結構あって頑張ったけれど少し残してしまった
本当に大盛り

母も半分位残したかな~~
で。。。次女は見事平らげその上母の親子丼の味見をしていた
若いって素晴らしい!

今日の温泉宿 いつもと違って泊り客や宴会客が居るのか結構の人混み
でも家族風呂の予約は前後に入っていないようでゆっくり利用出来た

母の髪を洗い終えると次女が母の体を洗ってくれた
その間自分の髪を洗ったり体を洗ったり。。。本当に助かった
お陰に今日は浴室まで車椅子を入れなくても娘と2人支えて脱衣所に移動も出来た
湯上りに母はドリンク 私は無糖の缶コーヒー 
娘はアイスクリーム それぞれの好みの飲み物を飲んで帰宅

以下略


     ******************
この頃の母はかなり認知症も進んでいて
周りに人が居るとこんな笑顔を見せてくれませんでした
この画像は家族風呂の脱衣所で次女が撮影しれくれた大事な一枚です
きっと目の前でカメラを構える次女に微笑んでいたのでしょうね
d0064859_1481097.jpg

母と最後に会話した日は皮肉にもこの日から丁度2年後の2月3日でした
未だに母離れ出来ない娘ですね(苦笑)

この母と同じ顔をした地蔵様を探して~とお願いした所 
10日前に届いたのがこの石地蔵
d0064859_1492570.jpg

私のミッションを達成すべく頑張ってくれた御仁にただただ感謝です
地蔵石の裏にはこう書かれています
「手を合わす心」
実際に手を合わす事も心で手を合わ事も今まで沢山あり
これからも沢山あるに違いない

**********************
********************

早朝、翔&迅を連れて夫とドライブに出掛けてきた
場所は自宅近くの天竜川沿い 
「YUKIはここで見ているだけだぞ」と夫

ポケットから出したカメラを構えるとファインダーに不意に振り向いた夫が居た
d0064859_14111928.jpg

「大丈夫だよ 私は動かないから」と微笑み返した

今朝はすこぶる体調も良く 朝食も美味しくて心で手を合わせました
意味深長なブログになりましたが
1週間ほど・・・入院した気分になってまったり時を過ごします

実際入院していてもベッド上でネットを使える時代ですものね
自宅謹慎が退屈したらそちらへ出歩くかも(笑)
[PR]
by r-petal | 2012-07-29 14:30
<< カレンデュラ 祭りを逃れて >>