束の間の雨上がり
法事の日の夕方、お友達から手づくりパンが届いたのですが
d0064859_1515481.jpg

数時間後には忘年会で出掛けてしまったので
日曜日の晩、夫と食べました
まんまにさん毎度です!(^^)!

その時に作ったトマトのブルスケッタが余っていたので
たまには娘&孫抜きで(笑)
昨日は「ひとりランチ」を楽しみました!(^^)! 
トースターでパンを焼き(少々焦げるくらい)カッテージチーズとリーフを乗せ 
d0064859_1515536.jpg

ここまでは夫の時と同じ でも…器に拘りまして
即席だけどクラムチャウダーのスープも添えました
d0064859_15165175.jpg

d0064859_1518498.jpg



一方こちらは夫と食べたブルスケッタ
d0064859_15192063.jpg

ちょっと色々に差がありますね~~(笑)
その代りこの日は素敵なお酒が付いてまして…月桂冠大吟醸です!
d0064859_15194295.jpg

135mlのプチサイズでしたが私は半分残し後日の楽しみに♪
夫はギンギンに冷やしたみぞれ酒で私は名の通り雪冷えで(-m-)

甘くもなく辛くもなく濃でもなく淡でもなく丁度中間のお味でしょうか
それにしてもこう冷え込みますと大吟醸より
極々普通の日本酒で熱燗より更に温度高めの飛びきり燗で頂きたいですね~
ヒレ酒なんぞぴったり♪

************************
************************
3日前の日曜日
義母の一周忌と隣組の総会を無事終えることが出来ました
その日は前夜から雨が降り続いていて
でもお蔭様に気温は低くありませんでした

親族とは菩提寺集合して10時から法要が始まりました
3年前の実母の法事と違い、特に私が終始和やかな気持ちで過ごせた気がする 

どう表現すれば良いのだろうか
孫のねねは4歳にして既に3回の葬儀を経験しているせいか
驚くほど神妙に手を合わせてくれている姿を見て

あの時何も知らず眠り王子だったとうご
今回は私の膝の上で退屈にしていた姿や

何事が起こっているのか分からぬみおが笑顔で歩き回っていて

せいなはあの時のとうごと同じように長女の背中で静かに眠っていた
そんな雰囲気の中、私同様義母はひ孫の姿を目を細めて見ている気がしてきた
そして実際孫たちも心の何処かにこの日の事が残されていくのだろう
例えば
どうしてみんな黒い服を着ているのだろう?
どうしてみんな手を合わせて祈っているのだろう?とか

静かな流れの本堂の雰囲気とは逆に外は一転し始めた
経が済み住職の話が終わる頃、激しい雨音が頭上に響き渡った

この雨の中での墓参りは年老いた親族たちには無理だと判断
義父と親族は直接会席場へ向かい
娘夫婦と私たちだけで墓参りに行くことにして寺から別行動

墓地は車で5分ほどの場所
駐車場に車を止めて夫と私たちだけ車の外に出ると雨は小雨になり
ピタリと止んでしまった
こんな事ってあるのだろうか 思わず天を仰いでしまった

車の中で待機していた娘や孫たちも降りてきて花や線香を手向けていると
義父や親族の車が近づいてくるのが見えた
途中で止んだ雨に義父たちも墓に方向を変えたようだ

息を引き取る寸前に娘たちを再び呼び寄せたように
今回も親族皆を呼び寄せた義母 
「やっぱりてるちゃんだね」と叔母たちも感心しておりました
その気持ちは夫も娘も私も同感 

母の法要を済ませてくれた坊様と
義母の法要を済ませてくれた坊様の言葉には類似する箇所があり
親の死を境にその思いは私から娘たちに
そして孫へと人を愛しむ気持ちを繋いで行くのが努めと改めて感じた
二人の母の似寄りが家族愛だったように

会席は大人16人孫4人
小さな食堂の一室を貸し切って行ったので人手が足りず
調理場から配膳など手伝っていたのでゆっくり味わう間もなかったけれど
一役目を終え食事を楽しむ義父の姿を見て私も人心地がした

次回の法事からはYUKI家一族のみで執り行う予定

墓参りの時だけ止んでいた雨は会席所に着く頃には再び降り始め
その後何度か激しい雨を降らせ夜の会の送迎バスが来るまで止まることはなかった

             ★
折角なのでおまけの忘年会のお話をチラっと
夫が司会する総会も恙なく終わり
料理は特別珍しいものでは無くとり鍋と鯛の活き作り

敢えていえば土壌のから揚げと
d0064859_1531174.jpg


朴葉焼きくらいかな
d0064859_1532035.jpg


酣に始まった(こちらも夫が司会)ビンゴ大会
一等~三等 特別賞は逃したけれど
中頃にビンゴになって
d0064859_15324943.jpg


狙った景品をゲットできました(笑)
d0064859_15331947.jpg

鬼ごろしで有名な尾張 清洲城信長のしぼりたて
[PR]
by r-petal | 2011-12-06 15:48
<< 昨夜の夕食のお話 初の年忌法要と役納め >>